「クルマ」にまつわる記事

最高に使い勝手のいい電気自動車が爆誕! 軍用車両のように超ワイルドな「BOLLINGER B1」がこちらです

ガソリン車と比べ、走行音が静かで維持費が安いといわれる電気自動車。しかしガソリン車やハイブリッド車などに比べ、ラインナップが少ないのが惜しいところだ。そんななか、電気自動車らしからぬ超ワイルドなマシンが発表された。

まるで軍用車両のようにゴツいマシンの名前は「BOLLINGER B1」だ。タフな電気自動車を求めている方に最適なマシンの内容を、動画とともにご紹介したい。

続きを全部読む

こちらが「横転したまま爆走するバン」ですが、事故でもスタントでもありません

街の道路を行き交う多くの自動車。痛車や超高級スポーツカーなど、珍しい車を目撃した経験をお持ちの方も多いだろう。しかし、横に倒れたまま走る車を見た方は、ほぼいないに等しいハズだ。

というより、そもそも横に倒れてしまった車は走行不能である。ところがどっこい、横に倒れたまま走っている……ようにしか見えない、クレイジーな改造車が存在していた。

続きを全部読む

【素人はマネ厳禁】市販されているジャガーの新型車で『15mの回転ロングジャンプ』をキメた動画がこちらです

英国王室御用達の高級車メーカー「ジャガー」。スポーティーでありながらも気品溢れる、英国らしいスタイルが特徴だ。そんなジャガーが驚くべき偉業を成し遂げたのでお伝えしたい。

なんと新型車の初披露と同時に、らせん状に横転しながらジャンプする危険な技「バレルロール」を量産車でキメる部門の世界最長記録を樹立したのだ。15.3mにも及ぶロングジャンプ成功の瞬間を、ぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【貴重映像】佐藤健もビックリ! トヨタ社長がスバルの車で激しいドリフト

自動車に興味はなくとも、誰もが名前を知っている「トヨタ自動車」。しかし、同社の現社長『豊田章男(とよだあきお)』さんについて詳しい方は、それほど多くはいないだろう。

先日、そんな世界的自動車メーカーの社長である豊田さんの意外な一面が見られる動画を同社がネットで公開。そこに収録されているのは、なんと他社製のマシンに乗り、超アグレッシブな走りをみせる豊田社長の姿だった。

続きを全部読む

【対決動画】遅い車に乗った「運転上手」と速い車に乗った「素人ドライバー」がサーキットでタイムを競うとこうなる

ドライバーが持つ技術と経験を駆使し、チューンナップされた車を操るカーレース。テクニックとマシン性能、どちらも優れていなければ勝てないのは言うまでもないが……しかし、あえて選ぶとすれば、どちらが重要なのだろうか? 

海外の人気 YouTube チャンネル「Donut Media」が、遅い車に乗った「運転上手」と速い車に乗った「素人ドライバー」を対決させるという、たいへん興味深い動画を公開して人気を博している。さて、どちらが勝つのかに注目だ。

続きを全部読む

【動画あり】ロールスロイスが世界最高額の新型自動車を発表 / 1台なんと約14億円!

各国のセレブたちに愛され続ける英国の超高級車メーカー「ロールスロイス(Rolls Royce)」。フレデリック・ヘンリー・ロイスとチャールズ・スチュアート・ロールズの2人が1900年代初頭に立ち上げた、たいへん歴史の深い自動車会社だ。

先日、そんなロールスロイスが、驚くべき価格の新型車を発表して世界中から大きな注目を浴びている。高価なことで知られる同社の中で、なんと史上最高級の自動車だというのだ。

続きを全部読む

【動画あり】運転中でも変形できる「リアルなトランスフォーマー」がロシアで爆誕! ハンドメイドで作った天才に世界中から熱視線

トレーラーやスポーツカーなどがロボットに変形する、CG技術を駆使した大人気映画『トランスフォーマー』。これまで劇場では4作品が発表され、来る2017年8月4日には続編も公開予定だ。

そんな中、本物の自動車がロボットに変形する、リアルなトランスフォーマーをハンドメイドで作ってしまったロシア人が登場した。現在、世界中から注目を浴びているそのロボットをぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【感動巨編】「日産 スカイラインGT−R」のユーザーレビューがもはや人生! チンピラ中古車屋とオジサンの友情が熱すぎる!!

ハマると深い車の世界。車種やカラーはもちろん、生産された年代や国、部品にいたるまで、好きな人は本当に細部にまでこだわっている。その愛の深さが垣間見えるのがユーザーレビューだ。

この度、クルマ総合情報サイト「carview」に投稿されているとあるユーザーレビューが「逸品だ」と話題になっている。「チンピラ中古車屋だったころディーラーからの業販で入庫しました」から始まるそのレビューはもはや人生! 中古車屋とオジサンの友情が熱すぎる!!

続きを全部読む

【マジ話】シンガポールでは自販機で「車」が買える

世界で最も自動販売機が普及していることで知られる日本。治安の良さに加えて、人口密度の高さや、優れた技術力がその理由なんだとか。だがしかし、海外にそんな日本ですら存在していない驚きの自販機が設置されたらしい。

今回ご紹介するのは、シンガポールに設置された高級中古車専用の自販機だ。あまりにも大規模なその自販機の姿は圧巻! 世界一高価といっても過言ではない豪華な自販機をぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【爆速対決】「新型スーパーカー」5車種の中で最も速いのはこれだ!

最新技術を詰め込んで作られるスーパーカーは、まさに各自動車メーカーの “顔” と言っても過言ではない。ではどのマシンが最も速いのか? 今回はそんな疑問に答えてくれる動画をご紹介したい。

動画に収録されているのは、2017年3月25日に茨城県の筑波サーキットで行われたタイムアタックの様子だ。さて、国内外の新型スーパーカー5車種の性能はいかに!

続きを全部読む

【速すぎ】ホンダ「新型シビック TYPE R」がFF車の最速タイムを更新! 公開された動画が大迫力!!

2011年に惜しまれながらも日本での販売が終了した(限定車を除く)、ホンダの人気車「シビック TYPE R」。そのニューモデルが今年2017年の夏頃、日本を含む世界各国で発売される。

6年ぶりとなる日本での発売再開にファンから歓喜の声があがっている中、その新型シビック TYPE Rがなんと、世界的なサーキットで最速記録を更新したというのだ。そこで今回は、スピード感溢れる動画と併せて記録の内容をお伝えしたい。

続きを全部読む

レーシングゲームの進化がコレだ! っていう動画が懐かしくて面白い

今や実写に迫るリアルなグラフィックも珍しくなくなった、レーシングゲーム。コンピューターの高性能化やVRの流行も手伝って、さらに発展していくことは必至といえよう。

では、これまでレーシングゲームは時代とともに、どのような進化を遂げてきたのか? 人気のYouTubeチャンネル「Donut Media」が、その過程をまとめたとっても興味深い動画を公開してるので、ご紹介したい。

続きを全部読む

【さすがイタリア】ランボルギーニのパトカーがお洒落すぎる

洋服や食べ物、さらには街並みまで、全てが絵になるオシャレ大国「イタリア」。その気質はクルマのデザインにも反映されており、スタイリッシュなスポーツカーの多くがイタリア製であることは有名な話だ。

同国では、高級スポーツカーブランド「ランボルギーニ」がパトカーとして稼働しており、つい先日、新車が1台が追加されたという。さて、ランボルギーニのパトカーは一体……?

続きを全部読む

【赤ちゃん爆睡】走行中の車内を再現!「フォード製のベビーベッド」がマジ画期的!!

電車やバス、タクシーなどに乗車した途端に “揺れ” が心地良くて、睡魔に襲われた経験はないだろうか? また、赤ちゃんのいる方なら、ベビーシートに乗せて車を走らせるとすぐに寝付くという方も多いハズだ。

そこでご紹介したいのが、有名自動車メーカー「フォード(Ford)」の作った画期的なベビーベッドである。なんと走行中の車内に似た環境を、家に居ながらにして作り出してしまう製品だというから見逃せない。

続きを全部読む

【速すぎる】3億円の超高級スポーツカー「ブガッティ・シロン」が本気を出すとこうなる

昨年2016年春、“スーパーカーの祭典” の異名を持つジュネーブモーターショーで、ひときわ注目を集めたクルマがある。その名前は、『ブガッティ・シロン』だ。

世界最速の市販車として名高い「ブガッティ・ヴェイロン」の後継車として登場した同車の価格は……なんと約3億円! しかも500台のみ販売される限定車だ。今回は『ブガッティ・シロン』の驚異的な性能がひと目でわかる動画をご覧に入れたい。

続きを全部読む

【なるほど】世界の自動車メーカーの本場の発音がわかる動画

日本やドイツ、イタリアなどなど、世界には有名自動車メーカーが数多く存在する。しかし、全世界のディーラーをまわった経験を持つ自動車ファンはそう多くないだろう。

そこでお届けするのは、各自動車メーカーのスタッフが本場の発音を披露してくれる動画だ。日本でもおなじみのメーカーが多数登場し、海外に行かずして現地の呼び方を聞くことができるぞ。

続きを全部読む

【動画あり】足まわりが伸びまくる改造車が爆誕! 車をまたいで渋滞を回避……でもメッチャ危なっかしいぞ!!

春を迎えて暖かくなってきた日本列島。いよいよレジャーシーズンの到来だ。レジャーといえばドライブ! そこで気になるのが “渋滞” である。しかし、もう心配はいらない……かもしれない。なぜなら、米国のある企業が大胆な方法で渋滞を回避する自動車を開発したからだ。

その自動車はなんと、足まわりをニョキーーーンと伸ばして車高を上げ、車の列をまたいで走るというではないか。マママ、マジかよ! スゲェェェエエエエーーー!!

続きを全部読む

【やりすぎ動画】スバルのセダン「WRX STI」がボブスレーのオリンピックコースを大爆走!

富士重工業の自動車ブランドである、SUBARU(スバル)。日本には根強いファンが多いことで知られる同社だが、海外でもその人気は健在で、米国では品薄になることもあるのだとか。

そんな米国のスバルが超ワイルドな動画を公開した。内容はスバルの人気スポーツセダン「WRX STI」が、スイスのボブスレー専用コースを爆走するというもの。パワー溢れるその走りはスバルファンならずとも必見だ。

続きを全部読む

キモい痛車で車検に落ちた! 2度目のチャレンジで見事合格 / 2年ぶり2回目の軽自動車「ユーザー車検」総費用は自賠責保険料込みで3万7900円のみ!!

もうかれこれ4カ月ほど前の話になるのだが、キモい痛車で車検に落ちた。痛車というのは、我が愛車の「ミニカちゃん」こと、約3年前に980円で購入した軽自動車の三菱「ミニカ・グッピー」……を、吐き気がするほどキモいおっさん仕様にした車だ。

いちおう、ミニカちゃんの所有名義は私(羽鳥)であり、名古屋に税金を納めているのも私なのだが、ハッと気がついたらキモい痛車「佐藤カー」になっていた。そして……佐藤カーになってから数十日の間に、車検の満了日を迎えてしまったのである。

続きを全部読む

【歓喜】日本で6年ぶりに販売決定! 超人気「シビック・TYPE R」の新モデルが登場!!

2011年、惜しまれながらも日本での販売を終了した(限定車は除く)、ホンダ「シビック・TYPE R」。海外では継続して販売されているこのマシン、2015年に海外モデルを750台限定で日本で発売したところ、428万円という高値であったにもかかわらず、購入希望者が殺到した人気のシリーズだ。

そんなシビック・TYPE Rのニューモデルが今年2017の夏、日本を含む世界各国で発売されるという。動画と共にそのマシンの内容をお伝えしたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4