「ギャング」にまつわる記事

ブラジャーまでしてた! 中米の「ギャングのボス」が女装して脱獄 → 声がオッサンすぎてばれる → 女装写真が全世界に公開

男性が初めてブラジャーを身に着けるとき、心の中で大きな壁を乗り越えなくてはいけない。「そこを越えたら引き返せないのでは!?」という恐怖感が生み出す壁だ。そしてその壁を乗り越えた男性だけが、ブラジャーのもたらすスリリングな背徳感を味わうことが出来る……と、個人的には思う。

「知らんがな!」という声が聞こえてきそうだが、今海外で話題になっているマフィアのボスも、そんなブラジャーのもたらす恐怖感と背徳感を一瞬だけ味わったのかもしれない。というのも、彼は脱獄するために “そっちの方法” を使ったのだから……。

続きを全部読む

覚せい剤精製所で飼われていたニシキヘビが薬物依存症のためリハビリ施設に入院 / 更生に7カ月もかかる

人気海外ドラマ『ブレイキング・バッド』により、世界中に知られるところとなった薬物メタンフェタミンは、覚せい剤の一種で精製の際に有毒なガスが発生する。

そんな、メタンフェタミンの精製所で飼われていた2メートルもあるニシキヘビが、その煙を吸い込んだため依存症となり、リハビリ施設で更生する事態になったというのである!

続きを全部読む

【アホすぎ】ギャング22人が拳銃を握ってマネキンチャレンジ → 警察に見つかって御用に!

‟マネキンチャレンジ” といって、マネキンのように微動だに動かず、同じポーズを取り続けるチャレンジが世界中で大ブームになっている。

そこで、「俺達もヤってやろうじゃん!」とばかりに、22人のギャングが、拳銃やショットガンを手にマネキンチャレンジすることに! そして、ギャングの一人が、その様子をSNSに投稿したところシェアされまくり、案の定、警察の御用になってしまったというのである!!

続きを全部読む

【動画あり】わずか数日で再生1000万回超! 海外で撮影された『リアルGTA』のクオリティがマジでハンパない!!

何でもありの非日常ゲーム『GTA(グランド・セフト・オート)』は、あまりにヤバすぎて日本で発売規制がささやかれるほどの作品だ。どれくらいヤバいかというと、暴力、犯罪など朝飯前。何なら警察とバトルだってしてしまう。

ゲーム界に革命を起こした作品としても知られているが、現在同作品を現実世界でリアルに再現した動画「Real GTA」が、世界中で大ヒットしている。公開からわずか数日で1000万回再生を突破し、そのクオリティが絶賛されているぞ!

続きを全部読む

【世界のホテル】中国の闇アヘンを支配! 伝説の上海ゴッドファーザー「杜月笙(と・げつしょう)」の倉庫に泊まってみた / 1泊1260円~

旅先のホテルはただ寝るだけの場所じゃない! 宿泊自体がひとつのイベント、旅の大きな楽しみと言えるだろう。

旅のスパイスになりそうな一風変わった宿泊施設を紹介したい。それは、元上海マフィアの倉庫だ。上海が「魔都」と呼ばれた1930年前後、アヘンの闇取引で巨万の富を得、上海を裏で操った伝説のギャングスター「杜月笙(と・げつしょう)」の倉庫である。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』 “ゴンゾ” の素顔に迫る!! シーズンの途中でノー・  ドーズと役が入れ替わる / 俳優になる前はボディーガードや彫師をしていた

出世から見放されたイマイチな人生を送り、末期癌を宣告されてしまった高校教師ウォルター・ホワイト。家族に遺産を残すため、化学の知識を駆使して高純度スーパードラッグを生み出した彼が、人生最後の賭けに出る異色作『ブレイキング・バッド』。

かつてないほどオリジナルなストーリーが展開する本作では、登場人物の死に方も斬新だ。ATMマシーンに頭を押し潰されたり薬品で溶かされたりされてしまうのだが、先日「一番最悪な死に方をしたキャラTOP10」で第1位に輝いたノー・ドーズを紹介した。

そこで今回は、ノー・ドーズの相棒で自動車解体所で腕を挟まれて出血死した、ゴンゾ役を演じたヘスス・ペイヤンにスポットライトを当ててみたい。

続きを全部読む

『ブレイキング・バッド』トゥコに撲殺された “ノー・ドーズ” の素顔に迫る!!  元ギャングで5歳にして殺しを目撃! 非行少年に教えを説く慈善活動に専念

成功から見放され、うだつの上がらない人生を送っていた真面目な高校教師ウォルター・ホワイト。余命いくばもないこと知った彼は、一攫千金を狙って高純度ドラッグの精製に乗り出すことに! 麻薬にギャング、マフィアに銃撃戦と、今まで彼と無縁だった世界が描かれる『ブレイキング・バッド』では、死とバイオレンスが満載だ。

そんななか、ウォルターが監禁して殺さざるを得なかったドラッグディーラー、クレイジー・エイトについて記事にした際、「一番最悪な死に方をしたキャラTOP10」を紹介した。そして、トップ10の第1位に堂々とランクインしたのが、キレ方が超ハンパないギャングのトゥコにボコボコに撲殺されてしまうノー・ドーズだ。

そこで今回は、ノー・ドーズを演じたセサール・ガルシアの素顔に迫ってみることにした。

続きを全部読む

【衝撃動画】正気か!? ギャングの襲撃現場に居合わせる大ピンチでもまったく動揺しない男

戦国大名・武田信玄の軍旗に記されたとされる「風林火山」。それぞれのフレーズはどれも響きがよく、現代でも例えとして使われることが多い。その中でも「動かざること山のごとし」は堂々としていて実にかっこいい。

これは少々のことで動じないという意味なのだが、なんとロシアにはギャングの襲撃に居合わせるも「動かざること山のごとし」を遂行した男がいた。そんな正気か疑いたくなる様子は動画「Just another day in Russia」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【おそロシア動画】アディダス率100パーセントのロシアンギャングの集会がマジでヤバい!

ロシア人のアディダス好きはハンパない。特にギャングはハンパない。どんだけ好きなんだよ! っていうくらいアディダス愛にあふれている。

そこで今回は、そんな彼らの集会のもようをご覧いただきたい。アディダス好きのロシアンギャングが集まるとマジでヤバいということがよく分かる動画である。

続きを全部読む

【動画あり】アントニオ猪木議員が衝撃発言「ヤクザと関わっていたのはジャイアント馬場」

燃える闘魂といえばプロレスラーのアントニオ猪木だ。つい先日の参院選では日本維新の会から出馬して見事当選。現在は「アントニオ猪木参院議員」であるが、2013年8月5日に日本外国特派員協会で行われた記者会見で衝撃的な発言をしたと話題になっている。

外国人記者から「日本におけるギャング(ヤクザ)とスポーツの関係」について質問されたアントニオ猪木参院議員は、以下のように返答した。 続きを全部読む

【素朴な疑問】なんで映画のギャングは銃を横向きに構えるの?

よくハリウッド映画などで見かける、ギャングが発砲する時に銃を横に倒す姿。拳銃を右手に持っているとすれば、銃の上側の面を左に倒して、バン! とやる、あの独特の持ち方だ。

まっすぐ構えた方が命中率は上がりそうなものだが、あれってカッコつけてるだけ? それともちゃんと理由があるのだろうか。Quoraという会員制のQ&Aサービスサイトで、元アメリカ海軍の射撃教官でもありイラク戦争での戦闘経験もあるジョン・デイヴィス氏がこの疑問に答えている。

続きを全部読む

ギャング同士のケンカが迎えた意外な結末! 最後は思わず失笑

ギャング同士がお互いプライドをかけてケンカをしている。赤いTシャツの男性と緑のTシャツの男性は、素手で殴り合いをしているのだが、緑の男性が武器を持ち出した。これに対抗して赤い男性も武器を取ることに。2人の果たし合いはどうなってしまうのか? 最後はなぜか、見ていて失笑してしまうような結末を迎えるのである。

続きを全部読む