「ギフハブ」にまつわる記事

【たぶん4択】ASKAさんの「お茶」が “陽性” になってしまった謎の「答え」がついに判明!? ASKA「頂いたコメントの中に正解者がいた」

ASKA。ああASKA。あの日以来、ずっと私は『ギフハブの謎』について考え続けており、寝ても覚めてもASKAである。おそらく明日もASKAである。昨年末、そんなASKAさんの公式ブログに、とても気になる事が書いてあったのをご存知だろうか?

それは2016年12月29日の「事実は小説より奇なり。」というエントリー。ざっくり説明すると「なぜ提出したお茶が “陽性” になったのか?」の謎について語っているのだが、なんとASKAさんは「頂いたコメントの中に、正解者がいたことに驚きました。」と書いているのだ! “お茶陽性の謎” を解いた人物がいるというのだ!!

続きを全部読む

ドラッグ事情通「ASKAさんの歌詞を紐解けばギフハブの謎が見えてくる」

いつぞやか歌手のASKAさんがポロリと口にしてしまった謎の組織名『ギフハブ』。同組織の活動内容は、主に「盗撮や盗聴」であり、スマホ用のアプリも開発しているとのことであるが、詳細は不明だ。しかしその謎に、ひとつの答えを出した男がいる。

「あの日から、オレはずっとギフハブについて研究していた」と語るのは、毎度おなじみロケットニュース24の顧問ドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏だ。彼いわく、「ギフハブの謎は、ASKAの歌詞に書いてある」とのこと。詳し話を聞いてみた。

続きを全部読む

【速報】ASKAさんがブログを更新 / タイトルは「尿とお茶」

2016年12月19日、東京地裁は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで11月28日に逮捕された歌手のASKAさん(58)が釈放され、ネットユーザーからは「謎の組織 “ギフハブ” の陰謀では?」という声が挙がっていたことは以前の記事でお伝えした通りである。

その後、釈放されてからすぐに自身のブログ「aska_burnishstone’s diary」を通じてメッセージを発信しているASKAさん。ついに本日2016年12月22日に更新された記事で、なぜASKAさんが「なぜスポイトで吸い上げたお茶を警察にさし出したのか」についてに触れはじめた。

続きを全部読む

【速報】ASKAさんが不起訴により釈放 / ネット上は謎の組織「ギフハブ陰謀論」が話題

朝日新聞デジタルによると、本日2016年12月19日、東京地裁は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで11月28日に逮捕された歌手のASKAさん(58)を不起訴とし、釈放したという。この報道を受けてネット上では様々な声が上がっている。

続きを全部読む