「キリマンジャロ」にまつわる記事

【マサイ通信】第57回:マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その10

マサイの言葉で「こんにちは」はスパ(Supa)! 「ベリーグッド」がシダイ ナレン(Shidai Naleng)で、「男」はエロ(Ero)で、「戦士」がモラン(Moran)、そして対ライオン1勝のマサイ族の戦士であるオレの名前が、ルカ(Luka)だ!!

もう57回も続いている当連載「マサイ通信」の中でも、もっともお手軽かつ手堅い人気を誇っているのが写真集だ。シンプルなのが好きなのかな。つーことで今回も「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」の新作をお届けするぞ!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第56回:マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その9

マサイの言葉で「こんにちは」はスパ(Supa)! 「どうもありがとう」がアッシェ オレン(Ashe oleng)で、「愛してる」がカンヤー オレン(Kanyorr oleng)、そして対ライオン1勝のマサイ族の戦士であるオレの名前が、ルカ(Luka)だ!!

もう56回も続いている当連載「マサイ通信」の中でも、もっともお手軽かつ手堅い人気を誇っているのが写真集だ。分かりやすいんだろうな。つーことで今回も「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」の新作をお届けするぞ!!

続きを全部読む

ケニアの床屋で109円カットしたらこうなった【マサイ通信】第15回

ジャンボ〜(こんにちは)! 久々のスワヒリ語だ。別にマサイ族の言葉「マー語」を覚えてなくても、オレたちマサイ族はスワヒリ語も話せるから、これからケニアに行こうとしている日本の皆さんはスワヒリ語を勉強した方が良いかもな。

それはさておき、たま〜にオレは、遠く離れた町に行く。カラマ(kimana)って町でな、キリマンジャロがドッカーンとデカく見えるんだ。そんなカラマの町の美容院……っていうか床屋さんで、髪を切ってみたのでレポッてみたいと思ってる。

続きを全部読む

【マサイ通信】第11回:これが「マサイバイアグラ」だ! 産地はキリマンジャロで効果は12時間持続

ソパ! もう覚えたよな。マー語で「こんにちは」の意味、それがSOPAだ。ルカだ。対ライオン1勝、マサイ族の戦士、ルカだ。そう、オレタチはウォリアー(戦士)だ。アントニオ猪木よろしく、いつなんどき、誰の挑戦でも受けるのが戦士だ。

そこで今回ご紹介したいのは、戦う男の秘密兵器、まぼろしの「マサイバイアグラ」だ。完全ナチュラル、大自然が産んだマサイ族のバイアグラについて徹底解説しよう。

続きを全部読む

エベレストやキリマンジャロに行った気になれる!? 世界最高峰の眺めをGoogleストリートビューで体感せよ!

去る3月19日、Googleストリートビューにて、またまた新たなスポットが公開されたみたい。その場所とはなんと、世界最高峰と呼ばれる屈指の山々!

かのエベレストをはじめ、アフリカ・キリマンジャロに南米・アコンカグア、ヨーロッパ大陸で最も高い山エルブルスなど、一生に一度は訪れてみたい景色がすぐそこに。こ、こ、これはスゴイ。Googleさん、相変わらずイイ仕事してくれますな~。

続きを全部読む

両手両足のないカイル・メイナードさんがキリマンジャロの登頂に成功! 前人未到の挑戦に込められた思い

アフリカ大陸最高峰として有名なキリマンジャロ。山頂の標高は5895メートル。これまで何千人もの人が山頂に到達してきたが、先月キリマンジャロの山頂に到達したある男性はこれまでの登山者と異なっていた。

その人物はアメリカ人のカイル・メイナードさん(25歳)。先天性四肢切断という障害があり、生まれつき両肘、両膝より先の手足がない。そんな彼がキリマンジャロに登頂したのだ。両手両足の無い人がキリマンジャロの登頂に成功したのは初めてのこと。

続きを全部読む