「キラキラネーム」にまつわる記事

【読めない】2016年「年間キラキラネームランキング」が完全にカオス!姫奈(ぴいな)紅葉(めいぷる)一心(ぴゅあ)など

少子化が叫ばれて久しい昨今。それでも2016年、日本には数多くの新しい命が誕生した。その1人1人にまず与えられるのが名前だが、近年では『キラキラネーム』と呼ばれる個性的な名前も多い。そんなキラキラネームの2016年年間ランキングを「無料赤ちゃん名づけ」が発表しているのでお知らせしよう。

続きを全部読む

『自分が子供に付けた名前』を後悔している親の気持ち色々 「子供が名前負けしてしまった……」など

最近、日本ではキラキラネームが当たり前になっている感があるが、漢字の当て字も多く、「学校の先生は、生徒の名前の呼び方を覚えるのが大変だろうな~……」なんて思ってしまう。

そんな現象は日本だけではないようで、海外でも、変わった名前を子供に付ける親が増えている。そこで、海外掲示板サイトRedditのユーザーが、「自分が子供に付けた名前」を後悔している親の気持ちについて語っているので、いくつか紹介することにしよう。

続きを全部読む

【キラキラあり】「2016年赤ちゃん名づけ男女年間トレンドベスト30」が発表される

時代を顕著に表すもののひとつに「名前」がある。その時代、その年、そのタイミングごとにトレンドが存在することはみなさんご存じだろう。プロ野球選手の松坂大輔選手は、当時甲子園で大活躍した「荒木大輔」選手が由来になっているのは有名な話だ。

それはさておき、2016年11月16日、月間400万アクセスを誇るアプリ「無料赤ちゃん名づけ」を運営するリクルーティングスタジオ株式会社が『2016年赤ちゃん名づけ男女年間トレンドベスト30』を発表したのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【キラキラ?】「2016年男の子のカッコいい名前ランキングベスト30」が発表される

名前は時代で変化していく。江戸時代は「○○衛門」があたり前でも、今となってはごくごく少数派だろう。ただあまりにも斬新……というか突飛な名前だと、それは「キラキラネーム」とされてしまう。いずれにせよ、いつの時代も親が真心を込めて命名することだけは間違いない。

それはさておき、2016年11月初旬、「無料赤ちゃん名づけ」による『2016年男の子のカッコいい名前ランキングベスト30』が発表された。果たして2016年最もカッコいい名前は何なのか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【キラキラ?】「2016年女の子のかわいい名前ランキングベスト30」が発表される

その人が一生背負うもの、それが名前だ。最近ではキラキラネームなんて言葉もすっかり定着したが、いつの時代も親が真心込めて子供に名付けることだけは間違いない。

2016年10月中旬、「無料赤ちゃん名づけ」による『2016年女の子のかわいい名前ランキングベスト30』が発表された。果たして2016年最も可愛い名前は何なのか? 詳細は以下でご覧いただこう。

続きを全部読む

【コラム】うかつに「キラキラネーム」の話題は超危険

漫画のキャラクターや、パッと見で読めないような当て字、さらには外国人風の名前を無理矢理漢字に当てはめた、いわゆるキラキラネーム。記者が学生時代の恩師に聞いたところでは、「本当に読めない名前が増えたよ」とのことである。

何かと話題になりやすいキラキラネームだが、今回は記者の実体験に基づいて「こんな場合はキラキラネームの話題禁止!」という話をお伝えしたい。“死ぬほど気まずい雰囲気” を回避したい人は、ぜひご一読いただきたい。

続きを全部読む

2015年キラキラネームアクセスランキング発表! ひとつの名前に読み方がいろいろあり過ぎて、もう訳わからん!

赤ちゃんの名づけについて、新しい傾向が出てきているようだ。ここ数年、キラキラネームが主流となっていたのだが、古風な名前に回帰する傾向にあるらしい。

そんななか、スマホアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクルーティングスタジオが2015年11月19日に、年間キラキラネームアクセスランキングベスト30を発表した。それを見ると、やっぱり難読なキラキラネームにアクセスが集中していることがわかる。しかも良く見ると、ひとつの名前にいろいろと読み方があって、もう訳わからん!

続きを全部読む

道端で咲いていた花の名前がとんでもなかった / キラキラネームどころの騒ぎじゃなかった

歩いていて道端に咲いている花に目が留まったことはないだろうか。四季がある日本では一年中さまざまな花を見ることができる。ここ最近よく見かける花がある。おそらく夏の花なのだろう。それは小さくて白い花。花の中央が紫色の可愛らしい花。

元日本語教師で、今でも多くの外国人留学生と関わっている私は「この可愛らしい花の名前を外国人に教えてあげよう」と思い、いつもの調子で調べてみた。するとそこには教えることをためらってしまう真実があった──。

続きを全部読む

世界の歌姫 “ビヨンセ” と同名で悩む少女がネットで話題に!! 「私の名前もケイティ・ペリーよ」と同じ悩みのユーザーから励ましのコメントが続々

最近は、子供達に奇抜なキラキラネームをつけるのも珍しくなくなってしまったが、場合によっては本人の存在が名前負けしてしまうこともある。キラキラネームが流行っているのは日本だけでなく、海外でも子供に変わった名前やセレブと同じ名前を付ける傾向が強まっているようだ。

そんななか、世界の歌姫ビヨンセと同じ名前で悩む少女が、ネットで取り上げられて話題になっている。すると、彼女と同じように名前の悩みを抱えるネットユーザーから、 「私の名前もケイティ・ペリーよ!」といった励ましのコメントが続々と届いたというのだ。

続きを全部読む

中国で「翔」という名前は「うんこ」という意味になってしまう?

キラキラネームやDQNネームと呼ばれている「変わった」名前があるのはご存知の通り。日本だけでなく、世界各国にもそういった名前は存在する。

そんなキラキラネームだが、中国では近年、「翔」という名前がキラキラネームになってしまっているらしい。なぜかというと、「翔」に「うんこ」という意味があるからだという──。

続きを全部読む

赤ちゃんの名前をインターネットで募集したカップルが話題! 採用された名前とは……!?

日本ではすっかりキラキラネームが浸透して、なかには珍名と言えるような名前まで見かけるようになった。海外でも変わった名前をつけるセレブが増えているが、名前負けしてしまいそうで子供は大変である。そんななか、あるカップルがインターネットで赤ちゃんの名前を募集し話題になっている。一体どんな名前が採用されたのだろうか?

続きを全部読む

全身タトゥーの男性が長いキラキラネームに改名 → パスポートを更新できず → 男性「人権の侵害だ!」

日本で最近話題になっているキラキラネーム。人名とは思えない名前の数々に、唖然としてしまった人も多いだろう。しかし、日本の最近のキラキラネーム以上にインパクトのある名前が海外で注目を集めている。

彼の名前は、キラキラしている以上に、とにかく長い。彼の周囲の人は、「一体、なんて呼んだらいいのだ」と悩んでいるに違いない。そして、彼自身も自ら改名した名前のために、悩まされているという。

続きを全部読む

ペットのキラキラネームが難読すぎてまったく読めない 「女瑠世死霊亜魔外道」「怖栄螺吾瑠獲富腐漢零」

「キラキラネーム」とは、難読な名前をあらわす言葉である。「DQNネーム」と呼ばれることもあるそうだ。近頃はアニメや漫画、ゲームキャラから言葉を借りて、当て字で子どもに命名する人が多いようである。

これは人間の名前に限ったことだろうか? もしかしたらペットにもキラキラネームをつける人がいるのではないか? そう思って調べたところ、衝撃的な名前をつけられたペットがいるらしいことがわかった。その名前は以下のものである。

続きを全部読む

最近のキラキラネームが難解すぎて想像力を働かせても読み解けない 「美望」「男」「黄熊」「姫凜」など

最近の難読な名前には驚かされるばかり。読み方を教えてもらわなければ、一見して読むことができない。これらを俗に「キラキラネーム」や「DQNネーム」というそうである。

そんな名前にまつわるサイト「名前由来net」を運営しているリクルーティングスタジオ株式会社が、興味深いランキングを発表した。月間17万人が利用しているというアプリ「無料 赤ちゃん名づけ」のデータをもとに、キラキラネームのアクセスランキングを集計した。トップ30は以下の通りである。

続きを全部読む

読み方の難しい名前を「DQN(ドキュン)ネーム」や「キラキラネーム」という。その多くが漢字をあてているため、普通に読むことは困難だ。新任の学校教員は随分苦労していると思う。

・キラキラネームに関するアンケート
さて、そんなキラキラネームについて最近 IT 系企業が、10・20代を対象に調査を行った。その結果、全体の4割がキラキラネームと思う人が学校内にいたと答えており、「真九州」、「明日」、「美凪子」、「音」などの名前を挙げたそうだ。あなたはこれらの読み方、わかるだろうか?

続きを全部読む

タレント松嶋尚美さんの第二子の名前が難読すぎると話題に / ネットの声「これは読めないわー」「からし?」

元お笑いコンビ「オセロ」でタレントの松嶋尚美さんが、ブログで第二子の出産を報告した。出産日は2013年6月18日だったそうだが、「大安」の6月27日に出生届を出したことを画像つきで伝えている。生まれた子の名前は「空詩」。うん? 男の子の名前? それとも女の子の名前? なんて読んだらいいのかわからない!

続きを全部読む

近頃、日本ではふりがながなければ読むことのできない、難読な名前が増えているそうです。「永久恋愛(えくれあ)」や「連夏江(れげえ)」など、一目で読み方を想像するのも難しいものも少なくありません。これらは俗に「キラキラネーム」とか「DQNネーム」と呼ばれているそうなのですが、この傾向は日本だけではないようですよ。

海外サイト「babycenter.com」が伝えるところによると、英語圏でもびっくりするような名前が増えているようです。「Excel」や「Google」などPC関連の用語も増えているのだとか。

続きを全部読む

最近のキラキラネームが難読すぎてまったく読めない件 「永久恋愛」「連夏江」など

皆さんに質問です。この名前の読み方、わかるでしょうか? 「永久恋愛」「連夏江」(読み方はこちら(本文下))。どちらも名前なのですが、フリガナなしでは読むことが難しいと思います。これらは俗に「キラキラネーム」とか「DQNネーム」と呼ばれています。

最近インターネット上で、「赤ちゃん命名事典」というサイトが話題になりました。このサイトを見ると、6万件以上登録された名前のランキングがわかります。キラキラネーム順の人気ランキングを見ると、フリガナなしでは読めないような名前が満載です。あなたはいくつ読めるでしょうか?

続きを全部読む

宇多田ヒカルが小沢新党に皮肉「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか」

日本でも屈指のTwitterフォロワー数を誇る歌手の宇多田ヒカルさんが、元民主党の小沢一郎氏の新党に対して皮肉的なコメントをして注目を集めている。彼女は、小沢氏の新党「国民の生活が第一」の結成発表を受けて、Twitterで「キラキラネーム」と表現したのである。この日の彼女の発言は以下の通りだ。

続きを全部読む