「キャンプ」にまつわる記事

【キャンプで試そう】最近の非常食「缶詰パン」がウマすぎてヤバい! マジで毎日食べたくなるレベル

「非常食」といえば、いざという時のためのものであって、味は二の次。食事を摂れるだけで十分。何よりも腹の足しになるのが重要だ。それは間違いないのだが、最近の非常食は製法や技術の進化によって、以前よりも断然おいしくなっている。

レトルト食品はもちろんのこと、缶詰食品もめちゃくちゃウマい! 特に缶詰パンのうまさにはかなり驚かされる。ためしに食ってみろ! 保存するのをやめて、毎日食べたくなるレベルだぞ、マジで!!

続きを全部読む

【感動】完全なインドア派が無理やりキャンプしたらこうなった

柔らかい木漏れ日、舞い散る桜の花びら、春がキターーーーーー! ぽかぽか陽気に誘われて外に出たくなるこの季節。しかし、根っからのインドア派である私(中澤)は外で何をすればいいかがわからない。

Facebookを見てみると、学生時代の友達は何かにつけてキャンプしてる。うわぁぁぁああああ! めっちゃキャンプしたい!! でも、そんなことする友達がいないっ!!!!! ……そうだ! メントスのキャンペーンで優勝したら全部解決すんじゃね?

続きを全部読む

【野球ファン必見】大谷翔平選手に触れられそうな臨場感! 360度カメラで撮影した動画が有能すぎる

2005年に誕生した動画共有サイト「YouTube」は、私たちの日常生活に浸透しており、身近な存在となった。いまや動画をアップして生計を立てる「ユーチューバー」もいるほどだが、画面内で360度自由に見渡せる動画があることをご存知だろうか。

2015年3月より始まった「360度カメラで撮影した映像を YouTube で公開&視聴できる」サービス。もしかしたら知らない人もいるかもしれないが、いよいよプロ野球界でも導入が始まっているので、これを機に知っておこう!

続きを全部読む

【マジかよ】マイナス30度でも余裕で寝られるというテントが爆誕! これなら北極でも野宿ができるぞ!!

あらかじめ言っておくが、私は筋金入りのインドア派である。キャンプなどは基本的にしたくない。それよりホテルのベッドで寝たいのだ。だが、そんな私でも「これなら寝てあげてもいっかな……」と思わず頬を赤らめてOKしてしまいそうなテントが誕生したのでご紹介したい。

驚くことにそのテントは、なんとマイナス30度でも寝られるとのこと。マジかよ! 超インドア人間である私も、試しに北極まで行って野宿でもしたくなってきたぞ! これは同じくインドア派の人にもぜひ知っていただきたい。

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第117話:漢字の勉強の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【新車情報】ダイハツの新型軽自動車『ウェイク』が超スゲェ / 収納も広さも最強! コレなら車中泊で日本一周も快適にできるぞ

2014年11月10日、軽自動車ファンや車内の広さを気にする車好きが待ち続けていた新型軽自動車『ウェイク』がダイハツから発表されたぞ!

以前は東京モーターショーなどで『デカデカ』という名前で登場していた車の製品版だが、やはり軽自動車をメインとするダイハツの新型車だけあって、一目見ただけで「コレは売れるぞ……」と思うぐらいの完成度であった。

続きを全部読む

【突撃体験】戦慄エンターテインメントツアー! 1泊2日の「ゾンビキャンプ」に参加してきたぞーッ!!

理由はよくわからないが、ゾンビが好きな人は多い。過去にゾンビ関連の映画やドラマ、ゲームは数えきれないほど世に送り出されてきた。書店では「ゾンビの作法」なんて意味不明・理解不可能な書籍を見かける。

この夏、そんなゾンビ好きの話題をさらったのが、その名も『ゾンビキャンプ』である! 2014年は4回開催されチケットは全て即日完売と大人気らしいのだ……。私(筆者)はチキンなので行きたくないけど、気付いてしまった以上行くしかない! というわけで1泊2日のゾンビキャンプに参加してきたぞーッ!!

続きを全部読む

これは欲しい! Bluetoothスピーカーやブレンダー付きの「お役立ち機能満載クーラーボックス」が超スゴイ!!

これからの季節は海に山、キャンプにバーベキューと、とにかく欠かせないのがクーラーボックスだ。ただドリンクや食べ物を入れるだけでなく、クーラーボックスにスピーカーやブレンダーがついていたら超便利ではないだろうか? そんなアウトドア派にとって夢のような商品が、登場間近だと話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

中国の「ネット依存矯正キャンプ」が衝撃的だと話題

一種の社会問題になりつつある「ネット依存」。克服するためには「時間を決める」「ネット以外の楽しみを見つける」などが挙げられるが、いま、中国で行われたというネット依存の子供のためのキャンプが話題になっている。

「キャンプ」と言っても、ネットから離れて自然と触れ合う……なんて爽やかなものではない。鬼教官にみっちりシゴかれる、軍事的矯正キャンプなのだ。

続きを全部読む

【生放送】台風のなかテントを張ってキャンプしたらどうなるのか試してみた

現在日本の南から関東地方へ進んでいる「台風8号」。Googleの台風情報によると、関東甲信地方では、11日明け方にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みだという。

果たしてそんななかテントを張り、キャンプをしたらどうなるのか? まだ台風が来ていない山の中にいてたまたまテレビやラジオを聞いていなかった人がデンジャラスな目にあってしまうかもしれない。

続きを全部読む

【撮り直し推奨】どこからどう見ても間違ってるキャンピングマットの使い方

いよいよ夏本番まであと少し。海へ山へと行くには最適なシーズンが近づいてきており、早速予定を立てている人も多いことだろう。そう、アウトドアの商品カタログを眺めるだけでも楽しいのがこの時期だ。

そんな中、海外のカタログに掲載されている「キャンピングマット」がどこからどう見ても使い方が間違っていたのでご紹介したい。一目でわかる間違いはむしろ買い手が遠のきそうなくらいである。

続きを全部読む

キャンプに欲しい! まな板なしで野菜をみじん切りにできるインド式のナイフが超便利ッ!!

これからアウトドアの楽しい季節。天気のいい日に戸外で食べる食事のおいしさは格別。しかし段取りは苦手。そんな方にとても役立ちそうなナイフをご紹介したい。

これは、2012年にYouTubeに公開された動画で紹介されていたものだ。海外のネットユーザーが、インドの道端で出会ったナイフ売りのデモンストレーションに感銘を受け、「Indian knife innovation」と題して映像を公開している。それを見ると、野菜を輪切りにしたりみじん切りをしたりするのに、まな板を使っていないのである。ナイフだけでこれらができてしまうのだ。これはキャンプに欲しい!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】斎藤佑樹投手が気迫の投球を披露し復活をアピール / ネットの声「復活を信じています」「これは開幕25連勝待ったなし!」

2月からプロ野球の各球団はキャンプインした。これからオープン戦も始まり、いよいよシーズンの到来となる。選手たちの仕上がりを楽しみにしている人も多いのではないだろうか。

そんななか、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手のピッチングが見違えるほどよくなったと話題になっているぞ。気迫溢れる様子は動画「再生への第一歩 斎藤佑樹、気迫の投球 2014.02.02」で確認可能だ!

続きを全部読む

靴から飛び出す! 斬新な携帯型テント

アウトドアには憧れるけれど、いかんせんテントを持っていない上収納しておく場所も皆無、というあなた。もしくは、いつでもどこでも1人だけの空間が作れたらいいのに、な~んてお考えのあなたに。

そんなあなたがたにおススメしたいのが、靴にテントを収納しておける、究極の携帯型テント『ウォーキング・シェルター』

続きを全部読む

テントで寝起きすると不眠症が治るらしい / 自然光を浴びることで睡眠サイクルが正常に

暑い日が続く毎日、夜なかなか眠れない人が多いのではないだろうか。疲れているのにいざベッドに入ると眠れない、次の日もっと疲れて会社へ出勤……という悪循環を繰り返している人に朗報が届いた。なんとテントで寝起きすると不眠症が解消されるという研究結果が発表されたのだ。

続きを全部読む

ピクニックやキャンプなど、アウトドアレジャーのお共にマスト! スピーカー付きブランケットで音楽がもっと身近に♪

音楽を日常的に楽しんでいるあなたなら、アウトドアレジャーにだって音楽を連れていきたいはず。

そんなあなたにご紹介したいのが、『SPEAKER BLANKET』なるアイテム。海外サイト『Spinninghat』で購入することができるこちらの商品は、その名のとおり、ブランケットに小さなスピーカーがふたつも内蔵されているという優れモノなのっ。

続きを全部読む

見渡す限り砂だらけ 「サハラ砂漠」に泊まってみた / 温度計の針が振り切れて笑った

皆さん、暑い日の続く毎日を元気にお過ごしでしょうか? 温度計の針が30度を超え、ときに40度にまで迫る勢いになると、それだけでうんざりすると思います。しかし、私(記者)が滞在しているモロッコでは、もしかしたら40度でも涼しいと感じてしまうかもしれません。というのも、滞在した砂漠のど真ん中にあるキャンプでは、50度を超える日さえあるのです。いや、もう温度計の針が振り切れてしまって、何度なのかわかりません。「暑い」というより「熱い」、気温の高さに思わず笑ってしまいました(笑)。

続きを全部読む

「いざ」というときのために覚えておきたい「おしっこ」で火をおこす方法

夏本番、各地で猛暑日を記録しており週末や休日に、アウトドアを楽しむ人が増えている。それにともなって、最近では山での遭難事故が増えているようだ。そんなときに、ぜひとも覚えておきたいサバイバル技術のひとつをご紹介しよう。これを覚えておけば、ライターや着火材がなくても火をおこすことが可能だ。ただし、ヤケドやケガには十分に注意して頂きたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2