「キャンピングカー」にまつわる記事

【まるで装甲車】タフすぎるキャンピングカー(8800万円)が「世界の終わり向け」だと話題に / 1000リットルの水が搭載可能なモンスター!

最近は地球温暖化や異常気象、新ウィルス発生による疾患などの問題が起こっていることもあり、ゾンビ映画や世界終末を描く映画やテレビドラマが人気を博している。

そんななか、1000リットルの水が搭載出来て、給油なしで何日も走るモンスター級キャンピングカーが登場! 「世界終焉向け」だと話題になっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

スクールバスをキャンピングカーに大改造 → 1万6000キロを走破! その大胆な改造ぶりが最高に “男” っぽくてカッコイイ件

女性が男性のタイプを語る時、本音はともかく「優しくて誠実な人」といった言葉が、一番良く聞かれるのではないかと思う。それに、重たい荷物を持ってくれたり、一般的に女性が苦手とすることを男性が苦もなくやってのけたりすると、‟ドキっ!” とするものだ。

そして個人的に、車の改造や日曜大工ができる男性も、「カッコいいな~!」と思ってしまう。そんななか、ある男性がスクールバスをキャンピングカーに大改造して、1万6000キロをドライブ! その車の改造っぷりが、なんとも ‟男” を感じさせて超クールなのである!!

続きを全部読む

【男のロマン】1泊2日で2万円! レンタルキャンピングカーに乗ってワイルドな旅に出かけよう

「キャンピングカーに乗って、自由気ままに旅をしたい」という憧れを持っている人は多いだろう。目的地はその日の気分で、地図を広げて車中泊できそうな場所を探す。ひと眠りする前に満点の星空を眺めながら、ワイルドすぎる旅を自画自賛するなんて……最高だ。

実際、人気はかなり高まっているようで、2014年にはキャンピングカー業界全体の総売り上げが過去最高を記録したらしいのだ。というわけで今回は、キャンピングカーをレンタルしてその魅力に迫りたいと思う。

続きを全部読む

【東京オートサロン2014】車で「暮らす」ことに特化したカスタムキャンピングカー『PICCOLO』の機能性が素晴らしい!

千葉幕張メッセで開催しているカスタムカーの祭典、「東京オートサロン2014」(2014年1月10~12日)。その会場で興味深いカスタムカーを発見したのでお伝えしたい。

・車中泊を余儀なくされたときに

車に求められる機能は移動や輸送だけではないはずだ。ときには、長期間滞在することもある。それがキャンプのような娯楽であれば、良いのだが、被災して車中泊を余儀なくされることも想定される。そんなときに、神奈川県のディーラーであるオートワンの「PICCOLO」シリーズは威力を発揮するに違いない。4人乗りの軽バンで、4人が身体を伸ばして就寝できるからだ。その秘密はポップアップルーフにある。

続きを全部読む

【素朴な疑問】キャンピングカーのトイレ処理はこうやってるみたいだよ!

放浪好きなら一度は憧れるのが「キャンピングカーでの生活」だ。気の向くままにクルマを走らせ、テキトーな場所で夜を明かす。誰も俺を縛ることはできない。俺は自由だ、フリーバードだーぁっ! ……と妄想するのは毎日である。

だが、ふと疑問に思う。トイレ付きのキャンピングカーに溜まった汚物は、果たしてどこへ行くのだろうか……と。バキュームカーを呼んで汲み取ってもらうのだろうか?

ということで調べてみると、答えはアッサリと見つかった。どうやら、「カセットトイレ」なるシステムで汚物処理をしているようだ。

続きを全部読む

完全に住めるレベル! 男のロマンを刺激する、リビング&ロフト付きの改造トラック

なんということでしょう! 一見、何の変哲もない普通の部屋。キッチンがあり、奥にはデスク。ノートパソコンも置いてある。少し狭いながらも、住みやすそうな良い部屋だ。

しかし、ここ、なんとトラックの中なのだ!!

続きを全部読む

住んでも良いレベル! 設備充実の超小型キャンピングカー

イギリスのスクーターメーカーが、ロイヤルウェディングを前に、画期的なキャンピングカーの発売を開始した。ウィリアム王子とケイトさんの晴れ姿を一目見ようと、4月29日の祝賀パレードの際は、長蛇の列が予想されるのだが、この小型キャンピングカーがあれば、野外でも快適にパレードを眺めることができそうだ。車内設備はかなり充実しており、住んでも良いのでは?と思うほどなのだ。

続きを全部読む

見ているだけで夢広がる!

ドイツの工業デザイナー、コーネリアス・コマンス氏がデザインした小さな小さなキャンピングカー「bufalino」には、キッチンも冷蔵庫も水タンクも、テーブルも電気も収納スペースも、そして寝るためのスペースも……一人旅をするときに必要な最低限のものは全て完備されている。

いわば世界一小さなキャンピングカーだ。

続きを全部読む