「キャッシュカード」にまつわる記事

ATMで「iPodを使った盗撮事件」が発生 / カードも出てこなくなるらしい

世界中のどこにでもあるATM 。キャッシュカードを入れて、暗証番号を入力するだけでお金を引き下ろすことができるのだから便利なものだ。しかし暗証番号が他人に知られてしまえば、一巻の終わり。偽造カードが作成され、お金は引き出されてしまう。

この度、イギリスのATM で「iPod を使った盗撮事件」が起こったという。iPod が ATM にコッソリ設置されており、人々の暗証番号を盗み取ろうとしていたのだ!

続きを全部読む

【動画あり】ブラジルで発見された「ATMスキミング機」が大胆すぎてヤバイ

キャッシュカードやクレジットカードをATMに入れるとき、気をつけたいのが「スキミング」だ。カードのデータを読み込まれて、金銭的な被害に遭うこともある。海外はもちろん、日本でもスキミング犯罪は多発中。ATMを使う前には、怪しい何かが仕込まれてないか要注意だ。

だがしかし……だがしかし! 気をつけたいけど、気をつけようのないケースもある。たとえばブラジル・サンパウロのATMで発見された、大胆すぎる「ATMスキミング機」は超極悪にして超完璧。絶対に騙されると言い切ってもよいだろう。映像もあるので要チェック。動画のタイトルは「Golpe de Caixa Eletronico Falso」だ!!

続きを全部読む

海外旅行に行く場合、皆さんはどうやって現金を所持しているだろうか? 日本円をそのまま持っていって両替している人もいるだろうし、クレジットカードという人やトラベラーズチェックという人もいるはず。

しかし、もっとも安全かつ便利なお金の持ち歩き方をお教えしよう。あくまで当編集部がベストと思っているやり方なので、ほかにも便利で安全な方法はあるかもしれないが、そういう場合はご一報いただけるとありがたい。

では、海外旅行に行くとき、もっとも安全だと思われるお金の持ち歩き方をお教えするとしよう。まず、VISAデイビットカードを3枚用意する。VISAデイビットカードはクレジットカードとキャッシュカードの中間的な存在である。

特徴としては、VISAクレジットカードが使えるほとんどの店で使用でき、使った分はすべて一括で指定銀行から瞬時に引き落としされる。クレジットカードと違う部分はいろいろあるが、いちばんの違いは、クレジットカードが前借りで支払うのに対し、デイビットカードは銀行口座に入っている残高から瞬時に引き落としされるという部分である。20万円の残高があれば、20万円まで使用でき、50万円あれば50万円まで使用できる。逆に、20万円の買物をするときに15万円しか残高がない場合は使用できない。

続きを全部読む