「キッチンはとり」にまつわる記事

【衝撃】おにぎりに味噌を塗った「味噌おにぎり」が激ウマ

日本人のソウルフードといえば、誰が何と言おうと「おにぎり」であろう。人のため、あるいは自分のために心を込めてニギニギし、ハムッと食べれば……味はもちろん、握った人のことまで思い出す! これまでの人生、いくつもの「思い出のおにぎり」があったはず。ソウルフードというより、心の食、「心食」なのかも知れない。

それはさておき、みなさんは「味噌おにぎり」をご存知だろうか? 食べたことあるだろうか? もしも知らなくて食べたことなかったとしたら、人生半分損してるよ!!

続きを全部読む

【革命的】見たこともないレシピ「持ち歩けるもんじゃ」を作ってみた!

東京出身の私にとって「もんじゃ焼き」は馴染みの深いメニューである。決して “いわゆる下町” で育ったわけではないのだが、よくお店に行って もんじゃ焼きを食べていたし、父がいない夜食の時、手抜きしたい母がもんじゃ焼きを作ることもあった。

そんな私(羽鳥)が、常々考えていたこと。それは……「持ち歩けるもんじゃがあっても良いのではないか?」ということだ。ハンバーガーのように。大阪の『たこせん』のように。アイデアは膨らむ一方だが、なかなか試作できなかった。──しかし!!

続きを全部読む

【軽さ最強】クセのない「純白ごま油」で揚げ物したら激ウマすぎて行列ができた! 具材は何でもOK&使う油は1cmでOK!!

数ある自炊料理のなかでも、「揚げ物」は敷居が高い。簡単なのは知っている。サクサク美味しいのも知っている。でも……いろいろ面倒くさいのだ! 油もたくさん使うし、油臭くなるしよォ〜ぅ……と悩んでいたところ、実にナイスな情報を耳にした。

なんでも普通のサラダ油ではなく、ごま油を使うと良いらしい。それも単なるごま油ではなく、ニオイもクセもない「白いごま油」が最強なのだとか。しかも、使う油もフライパン底から1センチくらいでOKときた。最高かよ! でも……ホントなの!?

続きを全部読む

【実は楽】料理が面倒という人こそ「ぬか漬け」がオススメ / 古漬けなら手入れは週1でOK

仕事が忙しかったり、独り身だったりすると、ついつい食生活が雑になってくる。雑なモノを食べていると、おのずと生活も雑になる。たまには、いや、できることなら毎日、自炊して「ちゃんとしたゴハン」を食ベたほうが良いに決まってる。

ちゃんとしたゴハンを食べると、当たり前だが「よ〜し、ちゃんとしたゴハンを食べたぞ!」という晴れ晴れとした気持ちになれる。でも……「自炊する時間がない」ってことも、わかってる。そんな人にこそオススメしたいのが、『ぬか漬け』なのだ!!

続きを全部読む

【焼き茶漬け】古いゴハンはフライパンで焼いてお茶漬けにすると劇的に美味くなる

炊きたてフレッシュな「ホカホカごはん」は天下無敵の4番バッターだが、少し時間の経ってしまった「カピカピごはん」や、冷凍ストックしておいた保存用のごはんは、食卓の戦力としては乏しくなる。少なくともエースではない。ベンチだ。

だが、そんなベンチ的な選手であっても、たった一手間加えるだけで魅力的な選手に生まれ変わってしまうのが料理の魅力&奥深さだ。ということで今回ご紹介したいのは、一度食べたらやみつきになることマチガイナシの「焼き茶漬け」である。

続きを全部読む

超簡単&確実に激ウマなタイ屋台風チャーハン「カオパット」の作り方 / たぶんタイ人に食わせても納得する本場レベルの完成度!!

タイに行ったことのある人ならば、きっと誰しもが「カオパット(タイ風チャーハン)」を食べたことがあるだろう。小奇麗なレストランで食べるよりも、なぜか屋台のカオパットの方がアロイ(うまい)んだよなァ……なんて思う人も多いのでは?

そんなカオパットを日本のタイ料理屋さんで注文すると、どういうわけだか「コレジャナイ感」があったりする。荒々しさが足りないというか、なーんかビミョーに違うのだ。あの味を……もう一度……食べたい!! ということで、私(羽鳥)が研究に研究を重ねたレシピがコレだ。材料さえ完璧に揃えたら激ウマ確定。作り方も超カンタン!

続きを全部読む

【簡単おやつ】3分で作れる激ウマ「コロコロきなこもち」の作り方

もう1月も半ばを過ぎたので、正月気分は抜けていることだろう。だが、実に正月っぽい “ある食材” が余っているのではないだろうか? 答えはそう、モチである。それも、使いやすいサイズの「切り餅」だ。さ〜て、どうやって食べようかなァ〜……

……なんて悩んだ時に、ぜひとも試してほしい食べ方がある。甘くて美味しい「きなこもち」だ。それも単なるきなこもちではなく、ちっちゃくてコロコロと、チビッコでも食べやすい一口サイズのきなこもちだ。作り方は以下のとおり!

続きを全部読む

【検証】さびしいアラフォーのオッサンが女装&料理を生配信したらこうなった! 全米で爆発的ヒット中のライブ配信アプリ『Live.me』

「ひとりぼっちでさびしいな……」だとか、「せっかくのパーティーなのに、集まったのはたったの2人……」なんて時、はたまた「はっちゃけた自分の姿を、もっと大勢の人に見て欲しい!」なんて思う時がある。つまるところ、さびしい & 人恋しい。

そんなさびしさや人恋しさを紛らわすのにもってこいなのが、ネット経由で見知らぬ人と触れ合うこと。となると思いつくのが「チャット」であるが、どうせだったら “文字” と触れ合うよりも、 “人” そのものと触れ合いたい!! そんな時にオススメしたいのが、海外で爆発的ヒット中のライブ配信アプリ『Live.me』だ。実際に使ってみたぞ!!

続きを全部読む

【衝撃】ウインナーに塩コショウをふって焼いて食べると激ウマ

みんな大好きウインナー! そのまま食べてもウマいけど、焼いたり茹でたりすると超ウマい。ケチャップやマスタードを付けて食べるのもベリーグッドだ。だがしかし……私が一番好きなのは、「塩コショウをふってフライパンで焼く」食べ方である。

「そ、そんなの常識だろ……!! 今さら何を……」と思った人は、私と同じ考えだ。“ウインナーに塩コショウして焼く” は常識だと思っていた。ところがどっこい、なななな、なんと……この方法で食べたことのない人が実は多いらしいのである!! 衝撃!!

続きを全部読む

【誰も知らない伝統レシピ】砂糖を一切使わない「すき焼き」が激ウマ! これに慣れてしまうと普通の甘ったるいすき焼きが食べられなくなる

ひとくちに家庭料理といっても、その家だけに代々伝わる独自の料理というものがある。子供のころは一般的な料理だと思っていたのに、大人になってからハッと気づく。ウチだけだったんだ……と。名前こそ同じなのに、違う料理だったのか……などと!!

そんな “ウチだけだったんだ” 的な家庭料理を紹介するのが、先月から始まった「誰も知らない伝統レシピ」のコーナーだ。記念すべき第2回は、私(GO羽鳥)の家に代々伝わる人気メニュー『砂糖を使わないすき焼き』をご紹介したいと思う。

続きを全部読む

【超簡単レシピ】わずか3分半で完成! 一度食べたら絶対ハマる「薬味うどん」の作り方

コンビニ弁当や外食ではなく、何か家で “マトモなメシ” を作って食べたい。……でも時間がない! そんな時に役立つレシピが、今回紹介する「薬味うどん」だ。一度でも食べてしまったら、そのお手軽さと美味さから……絶対にハマってしまう自信アリ!

作り方もチョー簡単。テクニックも不要! 冷凍うどんを使えば、わずか3分半で完成するぞ!! 私は週に3度くらいは食べている。食材と作り方は以下のとおりだ。

続きを全部読む

【超簡単レシピ】驚くべき再現度! なんちゃってペッパーランチ風ビーフペッパーライスの作り方

肉を食べなきゃ、肉を……と思った時、たま〜にムショ〜に食べたくなるのが『ペッパーランチ』の「ビーフペッパーライス」である。牛肉&バター&コーン&ごはん+コショーの組み合わせをジュウジュウ焼きながらハホハホ……は、反則的に激ウマい!! 

だけど近くにペッパーランチがない! わざわざ行くのも面倒だ!! そんな時にぜひとも試してほしいのが、今回紹介する「なんちゃってペッパーランチ風ビーフペッパーライス」である。フライパンのまま食べれば、 “ジュウジュウ” も再現可能だ!

続きを全部読む

【誰も知らない伝統レシピ】羽鳥家に代々伝わる栄養満点の家庭料理『荏原病院』

ひとくちに家庭料理といっても、その家だけに代々伝わる “なんだかよくわからないオリジナル料理” というものが、たまにある。子供のころは一般的な料理だと思っていたのに、大人になってからハッと気づくのだ。ウチだけだったんだ……と。

そんな知られざる家庭料理を紹介するのが、今回から始まった「誰も知らない伝統レシピ」のコーナーだ。2回目に続くのかどうかは分からないが、とりあえず記念すべき第1回目は、私(GO羽鳥)の家に代々伝わる料理『荏原病院』をご紹介したいと思う。

続きを全部読む

【衝撃】グレープフルーツを半分に切って砂糖をかけて食べると激ウマ

みんな大好きグレープフルーツ! 味そのものがウマイだけではなく、ビタミンCやリコピンが豊富に含まれているため、シミ&そばかす予防ならびに美肌効果も期待できるというのだからチョー最高。毎日食べたら女子力アップ間違いなしだ。

さて、突然だが今回は、そんなグレープフルーツの超絶おいC(シー)食べ方を紹介したいと思う。「そんな食べ方あったのか!」と思う人も多いはずだ。どんな食べ方なのかというと……“グレープフルーツを半分に切って砂糖をかけて食べる ” だけ!!

続きを全部読む

【最強レシピ】タランチュラ茶漬け

タランチュラといえば、実力はもちろん、見た目のインパクトと華やかさも兼ね備えた、クモ界最強のトップアイドルだ。この世の中には、そんなタランチュラを飼育する人も存在するし、カンボジアの一部地域では、食用としても親しまれている。

それはさておき、つい先日、ひょんなことからタランチュラの缶詰を大量に入手した。そのまま食べても「まぁ、食える」といった味なのだが、調理師免許も持っている私(GO羽鳥)が本気で調理すれば、絶対に激ウマになると確信した。ということで……まずは日本伝統の「茶漬け」とタランチュラを組み合わせてみた!

続きを全部読む

【激安パン】ヤマザキの『スイートブール』を薄く切ってオーブントースターで焼くと激ウマのラスクになる

金欠時の強い味方となる菓子パンと言えば、今も昔もヤマザキ(山崎製パン)の『スイートブール』であろう。これ1個で腹いっぱいになるくらいのメガサイズなのに、なんと価格は100円チョイ。当の私(筆者)も、貧乏時代は何度も何度も助けられた。

そんなスイートブールに恩返しをする意味でも、今回は激ウマな食べ方をご紹介したいと思う。単純明快、薄くスライスしてオーブントースターに入れるだけ。こんがり焼けたスイートブールは、サックサクでアッツアツの激ウマなラスクに変身するのだ!

続きを全部読む

【激安激ウマ】家の台所で焼きたてステーキを食べる「一人立ちステーキ」が攻守ともにマジ最強

モーレツにステーキが食べたい。ジュウジュウの焼きたてステーキが食べたい。イイ店で、ウマい肉が食べたい──けれど、金がない! そんな時に是非とも試してほしいのが、今回紹介する究極至高の台所めしスタイル「一人立ちステーキ」である。

実はこの「一人立ちステーキ」は、数カ月前に紹介した「たちしゃぶ」の派生版なのだが、ハッキリ言って “たちしゃぶを超えた” といっても過言ではない。価格面でも、味の面でも後始末の面でも……すべてにおいて たちしゃぶ を超えてしまったのだ!

続きを全部読む

【そうめん】史上最強に激ウマい! 超簡単「羽鳥式ピリ辛つけそうめん」の作り方

誰がなんと言おうと、夏といえば「そうめん」である。冷やし中華という声もあるが、ビールと冷たいかき氷とUFOと力説する者もいるが、夏といえばそうめん、異論は認めない。ちなみに私(筆者)は「揖保乃糸」派、つゆは「創味のつゆ」一択だ。

そんなこんなで今回は、メチャクチャ簡単に作れるのに究極レベルに激ウマな『羽鳥式ピリ辛つけそうめん』の作り方を紹介したいと思う。本当にカンタン、マジで3分足らずで完成する。しかも “いつでも使える具材” を使っているのがポイントだ!

続きを全部読む

【時短調理テク】家でプロ並みの「鴨南蛮そば」を作りたいなら通販で売ってる「冷凍のスライス鴨肉」を用意しておくといいぞ

家で本格的な「鴨南蛮そば」や「鴨南せいろ」が食べたい! でも、レンジでチンするだけの「冷凍食品の鴨南蛮そば」は味気ない。ちゃんと料理がしたいのン! ──なんて意識の高い人に心からオススメしたいのが、ずばり「冷凍のスライス鴨肉」だ。

サッと火が通るうえ、しっかりと「鴨のダシ」も出るという、実に便利なこの商品。調理師免許も持っている私(筆者)が長年修行してきた都内某所の蕎麦屋でも、実は冷凍のスライス鴨肉を使っていた時代がある。プロも認める便利な肉、それが「冷凍のスライス鴨肉」なのだ。実際に私が調理してみた動画もあるので要チェック!

続きを全部読む

【塗って焼くだけ】台湾式『ピーナッツバタートースト』がマジで美味い

海外に行くと、「ありそうでなかった食べ方」に出くわすことがある。そう、たとえば今回ご紹介する『台湾式ピーナッツバタートースト』もそのひとつだ。

この食べ方に出会ったのはつい先日。私(筆者)が台湾で宿泊したラブホテルみたいな宿のビュッフェにて、台湾のおばちゃんが “いつも食べてます的な慣れた手つき” で作っていた。しかも、メッチャうまそうに食べていた。ということで、さっそくマネしてみたところ……これがモーレツに美味かったのである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2