「キアヌ・リーブス」にまつわる記事

【突撃】キアヌ・リーブスは本当に「良いヤツ」なのか? 実際に会って確かめてみた!

世界的なアクションスターであるキアヌ・リーブスは、ネットでは別の意味でも大人気。自身の主演作の打ち上げパーティーに入れなかったり、ラーメン好きだったり、そのどこかホッコリとしてしまうエピソードから「めっちゃ良いヤツなのではないか」と言われている。

しかし、この「キアヌ・リーブス良いヤツ説」はあくまでネットの噂。というわけで、この噂を確認するために、実際キアヌ・リーブスに会ってみることにした

続きを全部読む

【3分でわかる】アクション映画嫌いの私が魅了された『ジョン・ウィック』の魅力

敵をバッタバッタとなぎ倒していくアクション映画に、カッコ良さや爽快感を感じる人は多いだろう。だが、私(中澤)はアクション映画があまり好きではない。どうせ見るなら、見終わった後に色々考えさせられる映画が良い

そんな私が最近見て超面白かったのが『ジョン・ウィック』である。そう、キアヌ・リーブスが主演と製作総指揮を務めるバリバリのアクションものだ。なぜこの映画はこんなに面白いのか? 私が魅了されたポイントを3分で説明したい。

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】ハイキックを「マトリックス避け」でかわした選手が話題

1999年に公開され、映像界に衝撃をもたらした映画『マトリックス』。ロビーの銃撃戦をはじめ、ネオ(キアヌ・リーブス)のカッコいいアクションは、今でもさまざまな作品に影響を与えていることで有名だ。

中でも体を思い切り反らせて銃弾を避けるシーンはインパクト大。通称「マトリックス避け」なんて呼ばれているが、まさかの映像に世界が仰天する事態となっている。なんでも、タイで行われた格闘技の試合で似たような動きを繰り出した選手がいたというのだ!

続きを全部読む

【動画あり】キアヌ・リーブスの射撃トレーニングがカッコよすぎると話題

『マトリックス』をはじめ、『スピード』など数々の映画に出演してきたキアヌ・リーブス。ハリウッド俳優でありながら公園でひとりメシをする、さらにはラーメン二郎が大好き疑惑など、どこか親近感が湧く男でもある。

現在、そんな彼にまつわる一本の動画「Keanu shredding with Taran Butler」が、カッコよすぎると話題になっている。収録されているのは、なんと射撃トレーニング映像だ!

続きを全部読む

キアヌ主演映画『47 Ronin』のポスターが流出しネットで拡散中! 海外の声「これはクワイ=ガンだ」

先日、未公開のある映画のポスターが流出し、現在海外サイトで大きな話題になっている。

その映画とは、2013年12月25日全米公開予定の『47 Ronin』。これはハリウッドと日本が手を組み制作している映画で、『忠臣蔵』をベースにしたストーリー展開を見せるようだ。またキャストは主演のキアヌ・リーブスに、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子、赤西仁と超豪華メンバーが勢ぞろいしており、日米から高い期待が寄せられている。

続きを全部読む

「キアヌ・リーブスはラーメン二郎が大好き」疑惑浮上! 注文方法は「ヤサイマシマシ、アブラオオメ!」

その味と量で多くの人を魅了する「ラーメン二郎」。一度ラーメン二郎のラーメンにハマってしまうと、なかなか抜け出せないらしく、毎日のように通い詰めるお客さんもかなりの数いる。そして今回、「そんなラーメン二郎にある世界的著名人も夢中になっているのでは?」という疑惑が浮上した。そう、その世界的著名人とはあのハリウッド俳優キアヌ・リーブスだ。

これは11月30日の「笑っていいとも!」に登場したお笑い芸人・入江慎也(カラテカ)氏によって明かされた。彼の話によると、キアヌは某ラーメン店「J」のラーメンが大好きらしく、そのお店では大抵「ヤサイマシマシ、アブラオオメ!」と日本語で注文しているとのこと。

続きを全部読む

キアヌ・リーブスが、おバカ映画に帰ってくる!

世界的な映画俳優として知られるキアヌ・リーヴス。『マトリックス』をはじめとするさまざまな映画出演で活躍する彼は、一流のスターといっても過言ではないだろう。その彼なのだが、その昔、どうしようもないおバカ映画に出演していたのをご存知だろうか?

その映画とは、『ビルとテッドの大冒険』、『ビルとテッドの地獄旅行』という2作だ。ロック好きの高校生の2人が、タイムトラベルの果てに、宇宙一のロックバンドになるという、とんでもない設定の映画なのだが、この3作目が制作されることが決まったようだ。それもキアヌ自身の口から、映画の進行状況について報告されたという。

続きを全部読む

ひとりメシ状態のコアラが切なすぎると話題に

職場や学校、はたまた出先のレストランで……ひとりで食事をとる「ひとりメシ」は少し切ない。例えばそこがラーメン屋や牛丼屋、立ち食いそば屋なら気にはならない。しかし、食堂や共用スペースなどの「人が多くて広い場所」でのひとりメシは、孤独を感じてしまうこともしばしばだ。

そんな哀愁ただようひとりメシ状態のコアラの動画が話題になっている。

続きを全部読む