「ガジェット」にまつわる記事

スマホにソックリな超小型拳銃が登場!『007』のガジェットにしか見えないぞ!!

アメリカでは銃による大量殺人事件が多発し、銃規制が大きな問題となっている。第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が当選した後、米国内でヘイト・クライムが増加したこともあり、銃の売り上げが倍増しているとも報じられている。

そんななか、スマホにソックリな超小型拳銃が開発されたのだが、誰かがその銃を持っていても、スマホを手にしているようにしか見えないレベルなのである!

続きを全部読む

TIME誌が「最も影響力のあったガジェット トップ50」を発表! 1位 iPhone、4位ウォークマン……10位になぜかアレが!?

なくても生きてはいけるけれど、あればとっても便利なガジェット。元々は “ちょっと気の利いた小道具や装置” に使われていた「ガジェット」という言葉だが、今では “デジカメや携帯情報端末などの小型の電子機器” を指すことが多いようだ。

そして今回、米ニュース雑誌『TIME』が「これまでで最も影響力のあったガジェット トップ50」を発表した。どんな物がノミネートされていたか、ちょっと見てみよう!

続きを全部読む

『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』に登場した自動乾燥機付きジャケットが誕生!! 濡れてもたった30秒で乾いちゃうぞ!

科学者ドクの作ったデロリアン・タイムマシンで、主人公マーティが30年後の未来へ行ってしまう大ヒット映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』(以下『BTTF』)。マーティが行く未来が2015年10月21日だったため、今年は、なにかと『BTTF』関連のニュースが世間を賑わせていた。

現実世界の2015年は、劇中で登場したホバーボートや自動ひも結び機能搭載のスニーカーが実現! そんななか、今度は自動乾燥機付きジャケットも誕生したというので紹介したい。

続きを全部読む

「腕時計のように着用できるカメラ付き携帯用ドローン」がスゴいぞ!! 将来的にスマホと連携も可能

商品の配送時間短縮を目指して、2015年よりAmazonが配送に使用すると発表して注目を集めている小型無人飛行機「ドローン」。ドローンによるピザの配達がインドで成功したとのニュースも報じられ、近い将来、我々の日常生活に深く関わってきそうである。

そんななかカメラ付きの携帯用ドローンが開発され、ミニコプターのように空を飛んで撮影する機能がスゴいぞ!! ということで紹介したいと思う。特に自撮り撮影が好きな人は要チェックだ!

続きを全部読む

Googleが開発中の「涙で健康状態をチェックするスマートコンタクトレンズ」が話題

Google(グーグル)と言えば、最近スマホと同じような機能を果たす眼鏡「グーグルグラス」を発表し大きな話題となった。しかし眼鏡だけにとどまらず、次はスマートコンタクトレンズの開発プロジェクトに着手したというのだ。このコンタクトレンズをつけると、レンズが涙の成分をチェックして健康状態を知らせてくれるというのである。

続きを全部読む

ジェームズ・ボンドも愛用! 魚のエラ呼吸の要領で水中で酸素を吸入できるガジェットが話題

ダイビングに興味はあるけど、免許を取るのに時間もお金もかかるうえ、重い酸素ボンベを背負わなければならないので手が出ずにいた……という人は多いかもしれない。しかし、そんなダイビング器材が不要になるかもしれないのだ。水中でも簡単に酸素を吸入できるガジェットが発表され、魚のように身軽に泳げるようになるかもしれないのである。

続きを全部読む

犬の脳波を分析し人間の言葉に翻訳してくれるガジェットが登場

犬を飼っている人は、自分の犬が何を考えているのか、会話ができたら楽しいだろうな……と、一度は思ったことがあるだろう。ある研究チームが、そんな飼い主の夢を叶えるガジェットを開発し、犬好きの間で話題になっている。これで人間の永遠の友達である犬と、日常的に意志の疎通ができる日が来るかもしれないのだ。

続きを全部読む

4割の幼児が言葉を喋り始める前にスマホなどのガジェットを使用 / 2歳以下の幼児はガジェットを使うべきではないとの調査結果

かつてパソコンや携帯電話がない生活を送っていたことが信じられないほど、現代人は電子通信機器に頼り切った生活を送っている。大人になってからスマホなどを使い始めた世代と違い、現代の子ども達は生まれた時から電子通信機器に囲まれた生活を送っているのだ。

ある調査により2歳以下の約4割もの幼児が、話せるようになる前にスマホやタブレットに慣れ親しんでいる事実が判明し、「様々な面で影響があるのでは?」と懸念の声が上がっている。

続きを全部読む

最先端テクノロジーでも取って代わることができない物もあることを表現したフランスのCMが秀逸!

ビジネスからプライベートまで様々なシーンで活用できる便利なタブレット端末。いまや新聞や本など様々なものに取って代わり、今後もさらにその用途は広がっていくことだろう。

しかし、たとえどんなにテクノロジーが進化しても、何もかも既存の物の代わりになれるわけではない。そんなことを改めて実感させてくれるフランス発のCM動画「Emma, Le Trefle (English)」が話題だ。言語や文化にかかわらず誰でも理解できるわかりやすい内容とユーモアが秀逸だと、いま国境を越えて世界中で人気を呼んでいる。

続きを全部読む

【日本スゲー】GPSやWi-Fiも搭載! 富士通が開発した高齢者用「次世代つえ」が海外で話題に

富士通が開発し、バルセロナのイベントで発表された高齢者向け「次世代つえ」が海外で話題になっている。

この「次世代つえ」は持ち手の部分がLEDディスプレイとなっており、目的地までの方向を示してくれるほか、遠隔地のPCから家族やヘルパーが使用者の居場所を確認したり、心拍数などの情報をチェックすることができるのだ。

続きを全部読む

これは画期的! 立った姿勢で乗れて上下の移動も簡単な次世代車いすがスゴい!

「え、これが車いす?」とおもわず目を見開いてしまうような画期的なデザインの「次世代車いす」が話題になっている。下半身不随の方が移動するためのこの乗り物は「The Tek Robotic Mobilisation Device(略してThe Tek)」という名称の試作段階の装置。トルコの開発会社AMSメカトロニックによって考案されたものだ。

そもそも車いすと呼ぶべきかも分からなくなるほど、これまでの車いすとは大きく違うコンセプトで設計されている。立った姿勢で乗ることができ、ハンドルのボタン操作で高さ調節も簡単にできるのだ。従来の車いすでは難しかった動作も実現できると期待されている。

続きを全部読む

AR(拡張現実)シューティングを楽しめる「ガジェットトイ」がなかなか面白い

最近はAR(拡張現実)を用いたゲームはいろいろと登場している。ゲーム機のカメラを使って、画面上に登場する敵を倒したりパズルを解いたりなど、今までにはない斬新なアイディアを駆使したゲームが続々とリリースされている。

今回ご紹介する「appBlaster」は、そのARの世界観をさらにパワーアップさせてくれるユニークなガジェットトイである。これでシューティングゲームをプレイすると、まるで目の前に現れたモンスターを本当に倒している気分を味わえるのだ。

続きを全部読む

日本未発売の「指マウス」をためしてみた / プレゼンで威力を発揮する予感

パソコンを使うときに、大抵はマウスかタッチパッドでカーソルを操作していると思う。長時間作業をしていると、手首が凝り固まって痛くなったことはないだろうか。また、タッチパッドを操作していて、指先が痛くなるということもあるだろう。

それらの問題を解決してくれる画期的なマウスが登場した。そのマウスとは日本では未発売の「指マウス」だ。ロケットニュース24取材班はデモ機を入手することに成功。使用感を確かめてみたところ、この製品の「エアモード」はプレゼンテーションで相当威力を発揮することが判明した。

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズ時代の本質を捉えた広告10選

元CEOスティーブ・ジョブズの退任で、アップルのひとつの時代が終わった。ジョブズは、明確なビジョンを持ったゲームチェンジャー(物事の流れを変える人物の意)として称賛されてきた。しかし、彼がアップルの広告にも大きく貢献してきたことを忘れてはならない。

ジョブズ時代のアップルの広告は、「ガジェット・フェチシズム」を気取らないもので、多くの感動をコンシューマーに与えてきた。アップル製品が「セクシー」であるのなら、アップルの広告は「親しみやすさを兼ね備えたセクシーさ」があった。CEOスティーブ・ジョブズの元でアップル社は、自社製品を「最高にクールであるが、それでいてアプローチしやすい」プロダクトとして一般ユーザーにもうまくアピールしてきたのだ。

もちろん、キャンペーンの批判などはあったが、ジョブズが率いたアップルの広告は、アップル社の本質をうまく捉えていた。

以下、ジョブズの偉大さがわかるアップル社の広告10種類である。

続きを全部読む

ジョブズ内蔵のiPhoneケースが登場

アップルファンなら必携といっても過言ではない、すごいiPhoneケースが登場した。映画『スターウォーズ』で、カーボン冷凍されたハン・ソロをモチーフに、スティーブ・ジョブズ氏を埋め込んだケースである。これさえあれば、あなたのiPhoneはジョブズと共にある?

続きを全部読む

電子辞書というと、受験生や社会人が使うデジタルグッズという印象が強いのではないだろうか。そうしたユーザーは確かに多いだろうが、メーカーは新たなターゲットを模索しているようだ。

カシオ計算機は2010年6月30日、電子辞書『エクスワード』の新シリーズとして、育児や料理などの家事に役立つコンテンツを収録した家庭・実用モデル『XD-A6200』を、7月23日より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。

続きを全部読む