「カワウソ」にまつわる記事

【衝撃変身画像】超フワフワ犬のポメラニアンが水浴びしたらこうなった!

毎日暑い日が続くが、こんな焼けつくような日に外で散歩しているワンコを見かけると、「毛皮にくるまれて大変だよなあ~」と気の毒に思ってしまうことがある。

特に超フワッフワの長い毛で覆われたポメラニアンは、真夏日だと大好きな散歩も遠慮したくなるに違いない。そんなワンコを気の毒に思ったのか、ある飼い主がペットのポメラニアンを水浴びさせた画像をツイートしたところ……ビフォー&アフターの変身っぷりが爆笑ものだった!!

続きを全部読む

哺乳瓶が忘れられず、親指を吸い続ける赤ちゃんカワウソが猛烈にカワイイ

カワウソ……と聞くと、吉田戦車さんの漫画『伝染るんです。』に登場する「かわうそ君」を思い出してしまう人も多いはず。りりしいまゆ毛に小さな目、シュールな言動、ときに残酷な性格……って、違う違う! そっちじゃない。

カワウソはカワウソでも、今回紹介するのは可愛いカワウソさん。チュッチュッチュと親指を吸い続ける、猛烈に可愛い赤ちゃんカワウソだ!

続きを全部読む

【レア動画】犬の本当の親友は 「カワウソ」 だった! ツンデレなカワウソと犬が無邪気にジャレ合いまくる / これはまさに種を超えた真の友情や!!

並外れた知能で人間の命を救ったと思ったら、今度はグダグダな運動神経で人を和ませてくれる。いつでもありったけの愛情と忠誠心をもって、犬はわれわれ人間とともに全力投球の日々を送っている。

犬の親友は人間に違いない、と信じて疑わなかったのだ。そう、「カワウソ」とあまりに無邪気に戯(たわむ)れる、Facebookに投稿されたこの動画を見るまでは……

続きを全部読む

【カワウソまっしぐら】「チョウチョだ!チョウチョだ!!」 ヒラヒラ舞う蝶に夢中すぎるカワウソさん軍団動画

カワウソ……カワイイながらも、なんだか不思議な存在だ。ヌメッとツルっとしていて、動物園にも水族館にもいて、しかも昔はタヌキやキツネと一緒に「人を化かす存在」だったという。

最近、水族館で握手ができたりと、なにかと人気者なようだが、今回はカワウソのことがもっと好きなる動画をお見せしたい。数匹のカワウソ軍団がヒラヒラと飛ぶ蝶を一生懸命、追いかけるのだが……なんというか、「もう、落ち着いて!」と叫びたくなるくらいのオチョオチョっぷりなのだ。

続きを全部読む

カワウソの鳴き声がけっこう衝撃的な件/かわいい顔して、ンッンッンッンッンッンッンッンッンッ!

つるんとした細長い体で水中を華麗に泳ぐカワウソさんは、動物園の人気者。神奈川県の三浦半島にある「京急油壺マリンパーク」では、コツメカワウソとの握手会が行われていて、「これは絶対に行きたい!」と大好評みたいなの。かわいいカワウソさんと握手、したいわよねぇ~!

動画共有サイト「You Tube」に投稿されている、「Baby River Otter Makes Happy Noises(赤ちゃんカワウソの幸せな鳴き声)」という動画。すんごくかわいいカワウソの赤ちゃんが映っていて、しきりに鳴いているんだけど……え、カワウソの鳴き声ってこんな風なのかぁ……知らなかった!

続きを全部読む

他人の車内で完全にくつろいでいる野生のカワウソがめちゃめちゃ可愛いッ / 人にジャレついて甘える仕草も

動物、しかも野生の動物にここまでされたら、可愛過ぎて追い出せないっ。いや、このまま連れて帰りたくなっちゃうかも!?

動画サイトYouTubeに投稿されていたのは、野生のカワウソが車に侵入した様子をとらえた映像『Otter jumps in car and refuses to leave』。

続きを全部読む

【視聴注意】カワウソたちが猿をかみ殺す動画が恐ろしすぎる

ある動画があまりに恐ろしいと、ネット上で話題になっている。一体その動画には、何が映っているのだろうか? 気になって、記者(私)はその動画を恐る恐る視聴してみた。するとなんとそこには、カワウソたちが猿をかみ殺しているところが映っていたのだ!

動画「monkey death at bronx zoo」には、ニューヨーク・ブロンクス動物園のある飼育スペースが映し出される。見たところ、猿とカワウソを一緒に飼育しているスペースのようなのだが、そのスペース内にある池の様子がなんだかおかしい。

続きを全部読む

カワウソって実はチョー頭が良い!? ちびっ子と追いかけっこする動画が話題に

カワウソといえば、泳ぎが得意な哺乳動物。そんなカワウソとちびっ子が追いかけっこする動画「Playing with an Otter-1 」がYouTubeに公開され、世界中で話題になっている。

これは、カルフォルニア州サンディエゴの「シーワルド」で撮影されたもので、動画公開後、数日で140万再生を超えているのだ。

続きを全部読む