「カメラマン」にまつわる記事

カメラマンに「直筆サインが ‟ムスコ” に見える」と言われたイケメン俳優トム・ハーディが「最高!」と大喜びしながら彼をハグ

日本でも大ヒットした映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主演を張り、素晴らしい肉体を披露してくれたイケメン俳優トム・ハーディ。『レヴェナント:蘇えりし者』では、仲間を裏切る冷酷な男を演じてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、その演技力も見せつけた。

そんな彼が、ファンにサインをねだられて応じたところ、その場にいたカメラマンに「サインが ‟ムスコ” みたい」だと言われて、超大喜びしていたというのだ!!

続きを全部読む

【マジか】部屋に戻ると「巨大なコモドオオトカゲが待っていた!」って動画がヤバい!!

クモやゴキブリでも、いきなりヒョコっと現れたらビビってしまうというのに、それが野生動物だったりしたら、腰を抜かしそうになるに違いない。

まだ、可愛らしい小動物なら許容範囲かもしれないが、では、大きな爬虫類だったらどうだろうか!? なんと、「ホテルの部屋に戻ったら、巨大コモドオオトカゲが待っていた!」という、驚愕の経験をした人がいるというのである!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第31回:マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その5

マサイの言葉で「こんにちは」はスパ(Supa)! 「どうもありがとう」がアッシェ オレン(Ashe oleng)で、「愛してる」がカンヤー オレン(Kanyorr oleng)、そして対ライオン1勝のマサイ族の戦士であるオレの名前が、ルカ(Luka)だ!!

いまオレは、モーレツに写真熱が高まっている。カメラマンになろうかな……な〜んてな! 戦士兼記者兼写真家のマサイ族なんて世界初だろ。つーことで今回も「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」の新作をお届けするぞ!!

続きを全部読む

【危機一髪動画】低空飛行の飛行機に頭をフッ飛ばされそうになった旅行者が激写される

そこそこ人生を生きていたら、もう少しで命を落としそうになった、‟間一髪” な瞬間を経験したという人は結構いるだろう。「もし、数秒遅かったら命を落としていたかもしれない……」と思うと、背筋が凍りついてしまいそうになるが、そんな瞬間を捉えた映像が話題となっているので紹介したい。

低空飛行する飛行機に、頭をフっ飛ばされそうになった旅行者が激写された動画「360°: Landing Plane Nearly Hits Tourist」を見ると、まさに ‟危機一髪!” な瞬間に、肩がすくむ思いになってしまうに違いない!

続きを全部読む

【大変身】ホスト専門スタジオで撮影したら狩野英孝か西城秀樹みたいになった! でも「昭和の大スター」感は出ていて大満足!!

男に生まれてきた以上、一度くらいはギラついてみたい。ギンギラギンにさりげなく、ホストみたいな格好をしてみたい! ということで、上下セット約1万円の激安スーツ(白)を通販サイトで購入し、ついでに派手なシャツも3枚ほど用意した。

ひとり自宅でファッションショーをしてみたところ、まるでホストっぽくなりゃしない。こうなったらもう、以前に佐藤記者が利用した「ホスト専門スタジオ」のお世話になるしか道はない! 美容室でヘアメイクをした後、ホスト風の撮影に挑戦してみた!

続きを全部読む

『北朝鮮の日常』を公開したあるカメラマンの SNS が話題 / ネットの声「美しい」「等身大の人間が写っている」

“不思議の国” 、“恐ろしい国” と呼ばれる北朝鮮。日々ニュースなどでその名を聞いても、外の世界に伝えられるのは統制された、いわば作られた情景ばかり。実際に、北朝鮮ってどんな場所なのだろう……?

ということで今回注目したいのが、あるアメリカ人カメラマンの SNS。北朝鮮を訪れた彼は、そこで撮影した写真を Facebook や Instagram で公開しているのだ。一体、どんな風景が写っているのだろうか?

続きを全部読む

【衝撃画像】激高したライオンがこっちに向かってくる姿が猛烈にヤバイ! 確実に「死」を覚悟するレベル

動物は人間の考えもつかない行動をとることがある。それが野生であればなおさらだ。最近海外で、息遣いまで聞こえてきそうなライオンの写真が話題となっている。

その写真を見ると、敵意むき出しの雄のライオンが今にも駆け出して、カメラマンに襲いかかろうとしている姿が収められているのだ。このあとカメラマンは大丈夫だったのか!?

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】そこまでやる!? 臨場感を伝えるためならば手段を選ばないカメラマン

近年、スポーツ中継のクオリティは非常に高くなっている。360度どの角度からも最高の映像が配信され、超スローでも確認できるほどまで精度は進化。それはお茶の間でも臨場感が伝わってくるほどだ。

もちろんそこにはカメラマンたちの奮闘があるのだが、本来撮る立場であるカメラマンたちを撮影した動画「LES CAMERAMEN – PUB SPORT CANAL+」を今回はご紹介したい。臨場感を伝えるためならそこまでやるのかという彼らのプロ根性をご覧あれ!

続きを全部読む

サルの自撮り写真を巡って Wikipedia とカメラマンがバトル / Wikipedia「サルの自撮り写真の著作権はサルのもの。カメラマンに権利はない」

以前ロケットニュース24では、バリ島で撮られたサルの自撮り動画を紹介した。サルが観光客から小型アクションカメラ GoPro を盗み、サルからカメラを取り返したと思ったら、サルの超アップ映像が残されていたという記事であった。

現在それと同じ様に、サルと自撮りにまつわるニュースが海外で注目を集めているので取り上げたい。といっても今回は、「サルが自撮りしていたぞ」というだけではない。その写真を巡って、揉め事に発展したのだ。

争っているのはカメラマンと、恐らく誰もが一度は利用したことがある、あの Wikipedia。争点を簡単に言うと、「サルの自撮り写真の著作権は誰に帰属するか?」である!

続きを全部読む

見ているだけでヒヤヒヤもの! ケージなしで海に潜ってサメを撮るカメラマンがデンジャラスすぎる!!

世の中には、様々なタイプのカメラマンが存在する。ロケットニュース24で以前にお伝えしたように、「思わず “このカメラマンすげえ!” と尊敬してしまうようなカメラマン」もいれば、「メチャ高いビルの屋上から撮影するカメラマン」もいる。

今回はそんなカメラマンの中から、とびっきり命知らずなカメラマンを紹介しよう。そのカメラマンが命知らずな理由……それは彼が実際に撮った写真及び撮影中のショットを見れば分かるだろう。なんと彼は、ケージなしで海に入り、サメの写真を撮っているのだ! 恐ろし過ぎる!!

続きを全部読む

【ワンフェス2014夏】かわい子ちゃん揃いの「女性コスプレイヤー」画像集

2014年7月27日に、幕張メッセで開催された世界最大級のガレージキット・模型のイベント「ワンダーフェスティバル2014[夏]」(以下:ワンフェス)。以前もご紹介したが、このイベントでは、多くのコスプレイヤーが集うことでも有名である。今回は力作ぞろいの女性コスプレイヤーをご紹介したい。

続きを全部読む

カメラマンこそがヒーローだった!! カーチェイスの裏側が一発で分かるGIFアニメがコレだ!

アクション映画につきものなのが、カーチェイスだ。手に汗握る攻防とスピード感あふれる展開は、アクション映画の華と言ってもいい。アクション映画が特に好きでない人でも、時間を忘れてついつい見入ってしまう、それがカーチェイスである。

では、そのシーンの裏側はどうなっているのか? どうやって撮影しているのか? それが一発で分かるiGIF アニメを紹介しよう。見ると、映画の見方が変わるかもしれないぞ。

続きを全部読む

【衝撃GIFアニメ】完全に仕事を忘れて趣味に走ってしまった中継カメラマン

テレビでスポーツ観戦をしている際に必ずといってもいいほどあるシーンといえば「美女すっぱ抜き」だ。カメラマンもといスナイパーが会場にいる数万人の中から狙う美女は大体かわいく、信頼度は抜群に高い。

それだけにすっぱ抜かれた美女を見て「おぉ! かわいい!!」と思った経験がある人も多いだろうが、ブラジルW杯の一コマでは中継カメラマンが完全に趣味へと走ってしまった。ご紹介する GIF アニメを見ればそれがよーくわかるぞ!

続きを全部読む

発表会見のマスコミあるある50

何か世間に対する発表があったとき、開かれるのが「発表会見」や「記者会見」だ。駆けつけるのは、記者やカメラマンといった報道陣。いわゆるマスコミである。テレビや新聞、そしてネットに公開されるのは、カメラの向こうの被写体側だ。

では、カメラのこっちの「現場」側では、どんなことが起きているのだろうか。はたしてどんな状況なのだろうか。ということで今回ご紹介したいのが、私(筆者)たち報道側の体験談から導き出した「発表会見のマスコミあるある50」である。

続きを全部読む

【グルメ撮影】料理を美味しく撮りたい! 素人とプロカメラマンに絶品「松阪牛100%ハンバーグ」を撮ってもらった結果

美味しく料理を撮りたい! パンケーキ! お寿司! ステーキ! ハンバーグ! いろいろ美味しい料理はあるけれど、デジカメやスマホでじょうずに撮れたことがない(涙)。そんな人は多いのではないだろうか?

・撮影クオリティーにどれだけ差が?

そこで今回、プロカメラマンと素人で、料理の撮影クオリティーにどれだけ差が出るのか確かめてみたぞ! プロカメラマンは立花奈央子先生。撮影のお題は、松坂牛100%のハンバーグだ。どう考えても美味しいに決まってる(笑)。あとは「美味しく撮る」だけだ!

続きを全部読む

見ているだけで心臓がキュッとなる! 高い場所が大好きなカメラマンの撮った写真がスリルあり過ぎ!!

世の中には「高い所が大好き」という人がいる。しかも中には、あまりにも高いところを愛し過ぎていて、常識では考えられない場所で、常識では考えられないチャレンジをする人もいる。

ロシア人の青年、キリール・オレシュキン氏もそのうちの1人。カメラマンでもある彼は、そんな常識はずれのチャレンジを撮影して公開しているのだ。それらの写真は見ているだけでヒヤヒヤもの。思わず目を背けたくなるほどスリル満点である。

続きを全部読む

人はこうして老いていく! 男性が約25年にわたり自分の顔を毎日撮影してまとめた動画が話題

今、顔写真だけを何枚も収めた1本の動画が、話題を呼んでいる。写真は白黒で、全て正面を向いた同じアングルのカット。しかも登場するのは、ただ1人の男性のみ。ではなぜ、それだけの動画が注目を集めているのか? 

それは、男性がおよそ25年にわたり毎日撮り続けた膨大な数の写真が紹介されているからである。YouTubeで公開されているその動画を見ると、パラパラ漫画のように、年齢による表情の変化が分かるぞ。

続きを全部読む

【放送事故か】 大人気ドラマ『半沢直樹』の最終回に思わぬものが映っていた!

大人気のうちに最終回を迎えたドラマ『半沢直樹』(TBS系)。最終回の視聴率は関東地区で42.2パーセント、関西地区では45.5パーセントだった。これは『家政婦のミタ』(日本テレビ系)を上回る記録で、平成の民放ドラマでは1位の高視聴率だという。

・画面の下にチラリ

その最終回で、本来うつるべきではないものが画面に入っていたようだ。それはクライマックスシーンでの出来事。なんと画面の下方に、その場にいるべきではない人がチラリと見えているのである。

続きを全部読む

思わず「このカメラマンすげえ!」と尊敬するカメラマン写真30選

一瞬をとらえるプロフェッショナル、それがカメラマンという職業である。誰よりもイイ写真を撮りたい。少しでもイイ写真を撮りたい! その気持ちが強ければ強いほど、プロの技がキラリと光る。

ということで今回ご紹介したいのは、思わず「このカメラマンすげえ!」と尊敬してしまう30枚のカメラマン写真だ。写真に対する彼らの姿勢と、身震いするほど真剣な表情にご注目いただきたい。

続きを全部読む

【プロすぎる】阿修羅のように外部フラッシュを駆使するカメラ小僧が激写される

写真撮影時に気をつけたいのが「光源」だ。特に人物写真ならば光は大切。プロのカメラマンたちは、カメラや周辺に「外部フラッシュ」を使っていたりもする。屋外撮影でもそれは同じだ。

そんななか、コスプレ会場で「コスプレイヤーを撮影しているカメラ小僧のプロすぎる装備」の写真が中華圏で静かな話題になっている。一体どのような装備なのかというと……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2