「カミソリ」にまつわる記事

プロレスラーの曙さんがかかった「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」とは? 実はコスプレイヤー・女装家も要注意の危険な病気

元横綱の曙太郎さんが所属するプロレス団体「王道」は、2017年4月17日、曙さんが右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症にかかり、療養していることを明かした。

おそらく多くの人がこの蜂窩織炎について知らないと思う。実は私(佐藤)も2012年にこの病気にかかったことがある。一体どんな病気だったのか、自らの経験をもとに、お伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【ピンポイント】シェービングクリーム不要の「背中専用カミソリ」が海外で話題! なんと支援額を600%オーバー!!

肌に優しく、しかもキチッと剃れるカミソリが次々と発売されているなか、海外で “ある部分” の毛を剃るためだけのカミソリが話題となっている。

その話題のカミソリの名前は「baKblade(バックブレイド)2.0」だ。なんと、背中の毛を剃るために開発された製品で、クラウドファンディングサイトで目標を遥かに上回る支援額を獲得しているという。

続きを全部読む

【理不尽】ポーランドで “クマのプーさん” がハレンチな存在に!?  理由は「プーは下半身裸だから」とのこと

ポーランドでは「クマのプーさん」が人気だという。首都ワルシャワには「プーさん通り」があったり、村の広場がプーさんで埋め尽くされたりと、様々な形でプーさんへの愛が示されてきた。

ところが、そんなプーさんがポーランドで “けしからん存在” になりつつあるというのだ。しかも、その理由が下半身を露出しているからというもの……。「詳しく話を聞かせてもらえますか?」と、関係者の肩をガクガク揺すりたくなるこのニュース。一体、プー大好き国ポーランドで、何が起こりつつあるのだ!?

続きを全部読む

【エコ】紙で作られた地球に優しいカミソリ登場 / 切れ味が気になる〜!!

「痛いっ!! 紙で指切っちゃった……」

みんな、一度や二度はこんな経験したことあるハズ。紙って柔らかいのに、結構ザックリ切ってくれちゃうんですよね。う〜ん、せっかくだったら、紙のこんな力を何かに活かせないかな……

とういわけで本日ご紹介するのは、スーパーエコな紙で作った紙カミソリ。パッケージもキュートで一押しです!

続きを全部読む

【これは酷い】アメリカの公園で遊具にカミソリを貼りつける事件発生 / 犯人に関する手がかりはなし

アメリカで衝撃的な事件が発生した。イリノイ州のある公園で、何者かが遊具にカミソリを貼りつけていたのである。遊具は当然ながら、子どもが遊ぶものだ。それを知らなかった2歳の男の子が手を負傷したという。地元警察は現在捜査を進めている。

続きを全部読む

ひげの生えている男はモテない / キスすら嫌がられるらしいのでクリスマス前にツルツルになるまでひげ剃っとけよ!

記者(私)はいつも不精ひげを生やしている。それには理由があって、単純に剃るのが面倒だからという訳ではない。はっきり言ってひげ剃りが下手なのである。そんなものに上手下手があるのか? と思われるかもしれないが、あまりにも下手すぎて、口の周りに切り傷が絶えないのだ。

安物のカミソリが原因でもあるのだが、切り傷が絶えないから、どうしても不精ひげが伸びてしまう。まさに悪循環。そんなある日、東京・秋葉原で「ジレットスベ肌診断イベント」に遭遇した。肌のスベスベ具合を超きれいなおねえさん「ブルーサンタ」が診断してくれるというものだ。マジかよ! 肌には自信がないけど、おねえさんに肌を診てもらうぞ! ということで参加してみた。

続きを全部読む