「カニ」にまつわる記事

カニを空中浮遊させて売るスーパー店員さんが激撮される

店頭に立ってモノを売る仕事は大変だ。お客さんの興味を引くのはもちろん、そこから購買意欲を持たせないといけない。いかにしてお客さんに商品を買ってもらうか。それはもう店員さんにとって「真剣勝負」と言ってもいいだろう。

一筋縄ではいかないからこそ、店員さんはあの手この手を使って売ろうとするものだが、少しばかり前から「スゴい店員さんが鳥取県にいる」と話題になっている。聞いて驚くなかれ。なんとその店員さんはカニを空中浮遊させて売っているというのだ!

続きを全部読む

【激安】都内最安値レベルの「カニ食べ放題」がやっべぇぞ! 1995円でマジで食べ放題!! しかもお酒が50円で吹いた / 田端『千九五家』

世の中には様々な “食べ放題” のお店があるが、海鮮系の食べ放題は基本的に高価である。特にカニなんてのは海鮮の中でも上級であり、食べ放題だとかなりいってしまうのが当たり前。故に、コスパを追い求め続ける我々ロケットニュースとは無縁だと思われた。しかし……。

ついに発見してしまったのだ。信じがたい安さを誇る “カニ食べ放題” を! 聞いて驚け、食べ放題1995円だッ。やっす!! なんだそりゃ? 明らかに不適当だと思われる価格設定だが、一体どういうことなのか。そこで実際に行ってきたので報告しよう。先に言っときます。ここやっべぇぞ!

続きを全部読む

【カニの山】ストップまで盛り続ける「カニぶっかけダシ巻玉子」が880円! 居酒屋『にほんいち』が高コスパすぎる!!

フードやドリンクのメニューが豊富で、価格も安い庶民の味方といえば居酒屋だ。4月の新年度、歓迎会などで利用するという方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、都内にもチェーン展開している札幌発の人気居酒屋をご紹介したい。カニを限界まで皿に盛るダシ巻玉子から、コスパ最強の刺身盛り合わせまで、安くてうまいと評判の注目店だ。

続きを全部読む

フレッシュネスバーガーで『クラブケーキ』を使ったハンバーガーがこっそり誕生 / ケーキ? クラブケーキとは何なのか

ジャンキーなファストフードと言えばマクドナルド。一方、ヘルシー&フレッシュなチェーン店と言えば、モスバーガーやサブウェイが挙げられる。……が、しかし! あの存在を忘れていないか? 俺たちの『フレッシュネスバーガー』のことを!! 

控えめな印象だけど、写真詐欺が少なくて安心なフレッシュネスバーガー。そんなフレッシュネスから謎の商品『クラブケーキバーガー』が発売されたという。ケーキ? クラブケーキって何なの?

続きを全部読む

これが390円……だと!? イクラもカニもワンコインでお釣りが来る「北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~」に行ってみた / イベントは明後日10月4日まで

本日2015年10月2日~4日の3日間、東京・渋谷区の代々木公園で、北海道中のウマいものが一堂に会する夢のイベント、「北海道フェアin代々木~ザ・北海食道~」が開催されている。

イベントにはなんと100店ものブースが参加! しかも、いくつかのブースでは、イクラやカニなど、魅力的なメニューが390円で食べられる「390円(サンキュー)トク得グルメ」が、各限定50食で毎日実施されるという。これはもう行くしかないだろ!! というわけで、実際に行ってきたので早速ご報告したい。

続きを全部読む

かなりゾゾ~!! とくるぞ! ツナ缶に混入していた「エイリアンのような謎の物体」がジイ~……とこっちを見つめている件

購入した食品に、人間の歯やゴキブリなどが混入していたとのクレームを耳にしたことがあるが、そんなことがあったら一気に食欲が失せてしまうだろう。

それでも混入物の正体が分かっているだけマシというもので、なんとツナ缶にまるでエイリアンのような謎の生物が入ってたとのニュースが報じられたので紹介したい。誰でも、この未確認生物のつぶらな黒い瞳にジイ~と見つめられれば、ゾゾゾっっっ!! と鳥肌が立ってしまうに違いない。

続きを全部読む

最後の一滴まで飲み干せ! 上海蟹の旨味が凝縮された「土鍋煮込麺」のスープが優雅で高貴でお上品!! 東京・根津『海上海』

中華料理における超高級食材のひとつ、上海蟹(シャンハイガニ)。身は少ないものの味噌はまったりと濃厚で、一度食べたら病み付きになってしまうほど狂おしいウマさだという……食べたことないけど。冬が訪れるたびに「上海蟹め、いつか食ってやるぞ!」と悶々としていたとある日のこと。

たまに出かける庶民派中華料理店で「上海蟹味噌 土鍋煮込麺」なるメニューを発見! しかも1280円!! ラーメンとしては高い気もするが、それで上海蟹がどんなもんか感じられるならば考えようによってはお得やないか!? というわけで、はじめての上海蟹を味わってみたぞッ!!

続きを全部読む

水産関係者が語る「アメ横で売っている冷凍のカニやマグロは絶対買わないほうがいい理由」ヘタすると10年経ったモノを買うハメに

もう今日で2014年も終わり。年末年始に食べる ごちそう を集めに、デパートやスーパーでたくさんの食材を買い込みたいもの。東京に住んでいる人は、あの “叩き売りの聖地” 『アメ横』の露店へ行き、特売の魚介類を購入した人も多いと思う。

だが、とある水産関連会社に勤める男性によると、「アメ横で売っている冷凍のカニやマグロは絶対買わないほうがいい」らしい。ええっ、安いからついつい買っちゃうけど、なんでダメなの!? 男性はその理由を以下のように語ってくれた。

続きを全部読む

【やってみて】ピザーラの「ザキガニジャンケン」でブチギレる人が続出 / ネットの声「イライラする(笑)」

寒くなると、家から出るのは面倒に感じてしまうもの。そんなこれからの時期に重宝するのが、なんといっても「宅配ピザ」だ。また、12月はイベントが多いだけに、自然と利用してしまう人も増えることだろう。

そんな中、ピザーラは冬季限定のウインタークラブ発売を記念して、ザキヤマさん扮するザキガニとの「じゃんけん勝負」をウェブで公開。勝つとクーポンをゲットできるのだが、思わぬ反響を呼んでいるのが、この「ザキガニジャンケン」である。

続きを全部読む

【魚介好き集合】東京・アメ横の飲める魚屋「魚草」が最高すぎる! 新鮮なカキやカニ・ウニがその場で食えるぞ~ッ!!

東京・上野のアメ横といえば、新鮮な食材を購入できる場所として、年末年始はもちろんのこと年中にぎわっている。そのアメ横に、貝好きをうならせる素晴らしい立ち飲みがオープンしていることが判明した!

正確には立ち飲みではなく、以前からある魚屋なのだが、2013年10月から「飲める魚屋」として営業を行っていたのだ。カキやカニ、ウニなどの新鮮な海の幸を、店先でつまむことができるのである。しかも、カキ1個からオーダー可能だ。実際に1000円で4個の生ガキをオーダーしたところ、あまりのウマさに感動! 涙が出そうになった。こんな店を待っていた!!

続きを全部読む

ブルテリアさんの愛らしさもお忘れなく! カニと格闘するブルテリアが超絶かわいい〜!!

読者のみなさま、お仕事お疲れ様でっす! ここらで一緒に、ちょっぴり一息入れませんか?

ご紹介するのは、動画サイトYouTubeで発見した、とーっても可愛らしい生後3カ月のブルテリアをとらえた映像。この子、果敢にもアノ生物に戦いを挑もうとしているの。

続きを全部読む

【衝撃映像】タカアシガニの脱皮シーンが予想外すぎてビビった

脚がメッチャ長い巨大カニといえば「タカアシガニ」だ。生息地は日本近海の海深く。世界最大の節足動物であり、種としても非常に古いことから「生きている化石」とも呼ばれている。もちろん食べても美味しいぞ!

そんな脚の長いタカアシガニが、どのように脱皮をするのかご存知だろうか? その答えは、新江ノ島水族館が撮影した動画「タカアシガニの脱皮6時間全記録!」を見れば一目瞭然だ。

続きを全部読む

海のモンスターを捕獲! 体重約7キロで甲羅が約38センチの「超巨大ガニ」

オーストラリアで「海のモンスター」とも言える超巨大ガニが捕獲された。体重約6.8キログラム、甲羅の大きさ約38センチメートルのこの巨大なカニは「タスマニアオオガニ」という名前のカニで、オーストラリアでその肉は珍味とされている。

続きを全部読む

「ぶっかけ」というに相応しい量のウニといくらがてんこ盛り! 居酒屋の寿司がウマすぎてシビれる

寿司を食べるならすし屋に行く、当たり前のことかもしれないのだが、その概念を覆すような豪快な寿司を食わせる居酒屋があるのをご存知だろうか? そのお店では、ウニ・イクラ・カニを惜しげもなく使い、贅沢な寿司を提供してくれるのである。メニューには「ぶっかけ」や「てんこ盛り」など、勢いのある言葉が並んでいるのだが、その言葉に相応しい量のウニやいくらが盛られているのだ。一口食べれば、幸せの絶頂へと誘(いざな)われてしまうぞ!

続きを全部読む

なんでも自動販売機で買えればいいのに! そんな「なんでも」が現実のものとなった自動販売機を紹介しよう。なんと、カニの自動販売機が登場したのである! しかも生きているカニである。いや、そんなところまで「なんでも」にしなくていいのだが……。

イギリスのニュースメディアはカニの自動販売機に対して「このカニ、マジで動いてるよ。誰だよこんなの作ったの」とコメントしている。このカニは1パイ190~650円で販売されており、カニのグレードによって価格が違うようだ。出てくるカニはちゃんとピクピク動いているという。

続きを全部読む