「カツ丼」にまつわる記事

【朗報】かつや「感謝祭」が本日5月19日から開催! いつもより多い “男” のメニュー2品が160円引きだ!! 野郎ども急げェェェエエ!

とんかつが食いてーーー! サクサクに揚がった肉厚なとんかつを、腹一杯食いてェェェエエよォォォオオ!! あ、そうだ、「かつや」へ行こう。「かつや」でカツ丼か定食を食おう! しかし、いつものサイズではダメだ。もっと……デカいやつがいい……!!

そう、完全にとんかつモードに入った胃袋を、いつものサイズで満たすことなんて不可能だ。出来れば1番量が多いメニューを食べたいところ。そんな全男子に朗報だぞ。「かつや」の中でもボリューミーなメニュー2品が、今日からなんと160円引きになるのである!

続きを全部読む

お酒を飲んだ後のシメにラーメンはもう古い!? 福岡の夜は「カツ丼」でシメるべし / 中洲『博多 藪』

お酒を飲んだ後にどうしても欲しくなってしまう「シメ」。一体、何キロカロリー摂取してるんだ……なんて罪悪感にも襲われるが、ついつい足が向かってしまう人も多いハズ。ただ、人生長いもの。ギルティな味を噛み締め、翌朝に後悔することがちょいちょいあってもいいだろう。

シメの選択肢は地域によって異なるが、もし福岡でシメるならばラーメンやうどんの麺類であることがほとんど。ましてや屋台もあるため、第一候補はとんこつラーメンとなってしまうものだ。確かにそれもイイ。むしろスゴくイイのだが、最高なシメの存在も知っておいた方がいいだろう。聞いて驚くなかれ。まさかの「カツ丼」でシメるのだ。

続きを全部読む

【カツ丼490円】すかいらーくグループのとんかつ店「とんから亭」が激ウマ! 豚のウマみが噴き出しすぎてつゆの味がわからないレベル

ファミリーレストランと言えば「ガスト」。食事はもちろん、喫茶店代わりにも気軽に使えるファミレスチェーンの王道である。そんな「ガスト」を経営しているすかいらーくグループが、とんかつ・からあげ専門店を新たに始めていたことをご存知だろうか。

その店の名は『とんから亭』。カツ丼が490円(税抜)という高コスパ店である。安いからと言って侮るなかれ。衣に閉じ込められた豚の風味はガチだ! 

続きを全部読む

【朗報】本日12月2日から「かつやの定番メニュー4品」が500円になるゾォォオオ! 最大310円引きだから絶対に見逃すな!!

丼物が大好きな腹ペコ諸君に朗報だ! トンカツ・カツ丼チェーンの「かつや」が、本日2016年12月2日からお得なキャンペーンを開催するのでお知らせしよう。

なんと12月2日から12月4日までの3日間、『年末感謝祭!』と銘打ち、「カツ丼」や「カツカレー」など定番メニュー4品を税込500円で販売するのだ。なにィイイーーッ! カツ丼がワンコインだと……これは今すぐ食いに行くしかねぇーッ!!

続きを全部読む

【二郎かよ】「かつや」の新商品『増し増しやさいのチキンカツ丼』がハンパない破壊力! パンチ効きまくりだから軟弱なヤツは止めておけ!!

丼大好きな腹ペコ野郎ども! 待たせたな。とんかつ・かつ丼チェーンの「かつや」から、野郎どもにピッタリの新商品が発売されやがったぞ。「かつや」には、皆すでに週5で通っていることと思うが、今回の新商品は一筋縄ではいかねーぜ……。

その名も『増し増しやさいのチキンカツ丼』。同じく野郎どもの心の友である「ラーメン二郎」を連想せざるを得ない商品だ。勇んで食べに行ったきたが、その名に偽りなしの破壊力であった。ここからは、完食の自信のない軟弱者は今すぐ引き返すがいい。

続きを全部読む

肉をお腹いっぱいになるまでガッツくならココ! 神戸・三ノ宮にある「脂屋肉八」は安い上においしい最強コスパ店

肉好きは全国どこへ行っても肉を食べたくなるものである。もし神戸に行くならば、食べたいのは有名な「神戸牛」。ただ、いかんせん神戸の牛さんはお高いところも数多い。ちょっとばかり値が張るため、予算オーバーというケースも珍しくないだろう。

そこで肉を食べることを断念する人もいるかもしれないが、ちょっと待った! 神戸には安くておいしい上、お腹いっぱいに食べられる店があったのでご紹介したい。その名も「脂屋肉八」。ここは知る人ぞ知る最強コスパ店だ!

続きを全部読む

【意外と合う】かつやの『ぶっかけとろろチキンカツ丼』がさり気なく斬新!「ザクザク醤油」も一度試す価値アリ!!

これまでロケットニュース24では「オムライス寿司」や「牛乳チキンラーメン」など、数々の “意外な組み合わせグルメ” をご紹介してきた。そして今回は、ありそうでなかった「とろろ」と「揚げ物」の組み合わせ、『ぶっかけとろろチキンカツ丼』についてご報告したい。

揚げ物はカレーを始め、多くの料理とタッグを組むことが多いが、これまでとろろと出会っていた記憶はない。そもそも、アツアツの揚げ物と冷たいとろろ……これは食べてみたい! というわけで、かつやの『ぶっかけとろろチキンカツ丼』を食べてきたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【福岡グルメ】うどん屋なのに分厚いバラ肉の濃いィ~「カツ丼」が大人気! 地元民であふれる超人気店!! 大野城市『狐狸庵』

もつ鍋・ラーメン・うどんなど、美味しいグルメ盛りだくさんの福岡県。つい先日、福岡に訪れたときのこと、博多在住の知人に「珍しいカツ丼があるよ」と教えてもらったのが、今回ご紹介する狐狸庵(こりあん)のカツ丼である。

「福岡まできてカツ丼か……」とは思ったものの、地元民がオススメする店にハズレなし! というわけで連れて行ってもらったところ、うどん屋なのにどのテーブルからも「カツ丼!」「カツ丼!!」「カツ丼ッ!!」とカツ丼コールが止まらないではないか!

続きを全部読む

【斬新グルメ】カツ丼のなかにそばが混入した奇想天外メニュー「バホそばドン丼」を食べてみた / 北海道・札幌『そば処三徳』

私(佐藤)はこれまでにさまざまな飲食店の取材を行ってきた。食には限界がなく、すでに完成し改良され尽くしたメニューにさえ、新たな手が施されることがある。なかには、どうしてこうなった? と疑問を抱かずにはいられないものまで提供されているから、食は本当に面白い。

最近北海道・札幌に行ったときのこと。まさに食の限界を覆すような斬新なメニューに遭遇した。立ち寄る予定のなかったそのお店には、「バホそばドン丼」というナゾのメニューがあるではないか!? これは食べてみないわけにはいかない! ということで、実際にオーダーしてみてビックリ! カツ丼の中にそばが入っててマジでビビッた!!

続きを全部読む

カツ丼の枠を越えたサクサク感! 専門店のカツ丼は病みつき注意 / 渋谷『かつどん屋 瑞兆』

「今まで食べた○○の中で一番ウマい!」……このように感じる機会は、誰だってそう頻繁にあることではない。が、記者は先日幸運にもそんな飲食店に遭遇したので紹介したい。

そのお店とは、東京・渋谷にある『かつどん屋 瑞兆(ずいちょう)』。ここのカツ丼は、今まで持っていたカツ丼のイメージが変わってしまうほど絶品だったぞ。

続きを全部読む

【カツ丼vsカツカレー】100年戦争に終止符! 両方同時に味わえて710円の「ロースカツ丼カレー」のお得感がハンパないッ!! 秋葉原『かつ丼屋』

お昼どき、男の胃袋と “食った感” を満たし続ける2大料理、それがカツ丼カツカレーだ。今さら言うまでもない大定番ランチであるが、切実なほど悩ましいことが1つだけある……。それは、「どちらにしようか迷う」ということ。

両者の力はまさに五分五分。どちらを食べても満足感は得られるものの、もう一方に後ろ髪を引かれているのも事実だ。そんな、カツ丼vsカツカレーの100年戦争に終止符を打つ逸品を、東京は秋葉原で発見した! それが「ロースカツ丼カレー」であるッ!!

続きを全部読む

【任天堂秘話】ファミコンゲーム『メトロイド』の開発を救った弁慶食堂 / スタッフロールの謎文字「BENKEI」に隠された感動秘話

この食堂の逸話は非常に限られた人しか知らないものであり、今回はじめて知る人がほとんどだろう。「この食堂がなかったら人気テレビゲーム『メトロイド』は存在しなかったのではないか?」と言われている食堂が、京都東山区に存在するのだ。

続きを全部読む

【老舗グルメ】かつ丼好きなら三度は食べておきたい『鈴新』のかつ丼三兄弟

東京・四谷に、かつ丼の老舗がある。昭和22年に創業のとんかつ屋として有名だが「かつ丼三兄弟」として三つのかつ丼を堪能することができ、それがまた かつ丼好きをうならせる味だというのだ。実際に食べてみた。

続きを全部読む

そば屋の出前ライダーが語る「お、この人は通だな」と思わせるそば出前の頼み方

ピザでも寿司でもラーメンでも、そして「そば」でも!……出前というものは素晴らしい。なんといっても電話一本。常連になれば「○○ですが、いつものやつ」だけで、「いつものやつ」が届くのである。ホカホカアツアツの汁物を、なんと玄関まで持ってきてくれるのである。考えれば考えるほど素晴らしいシステムだ。

ということで今回は、経験3年以上のそば屋の出前ライダー氏に「お、この人は通だな」と思わせる、そば出前の頼み方を聞いてみた。

続きを全部読む

吉野家が4月13日15:00から販売を開始した牛丼の特大盛。今まで最大級だった特盛よりもさらに多い肉が盛ってあり、牛丼マニアも大満足の超巨大牛丼となっている。という事で、さっそく吉野家で特大盛の牛丼を食べてみる事にした。

14:50ごろに注文したところ、やはり15:00ちょうどじゃないと販売できないとの事で10分ばかり店内で待機(レシート記載では14:55になっていたが時計がズレていたのだろう)。15:00ちょうどになると、すぐに特大盛の牛丼をテーブルに出してくれた。肉でご飯がまったく見えない! インターネット上では「吉野家の牛丼は肉が少ない」という書き込みが多数あったが、特大盛はご飯がまったく見えない

肉を箸で持ち上げてみて、再度驚きが! なんと、肉を箸で持ち上げても、まだご飯が見えないのである! これはスゴイ。並盛の3倍、大盛の2倍の肉が盛ってあると少し肉を食べたところでご飯に到達しないようである。

続きを全部読む