「カスタムカー」にまつわる記事

【神サービス】TOYOTAの「カスタムネームプレート」が激安で製作可能と判明! クオリティ高すぎィィイイイ!!

個性はとても大事である。“みんなと一緒” が良いケースもあるが、大好きな趣味くらいは個性的に攻めたいもの。中でも「カスタムカー」や「デコ車」に代表されるよう、自動車好きな人はこだわりを持つ人が多い。

そんな自動車好きにオススメしたいのが、TOYOTAのオフィシャルサービス『C-HRカスタムネームプレート』だ。たったの3530円(税込)でオリジナルネームプレートが制作できる上に、そのクオリティは世界のTOYOTA基準! 車好きは絶対に見逃すなよ!!

続きを全部読む

【動画】両さん顔負け! 車好きの警官が自作した『上下逆のレーシングカー』が絶対に二度見するほどヤバい!!

惜しまれながらも40年の歴史に幕を閉じることになった国民的漫画が「こちら葛飾区亀有公園前派出所」だ。ご存知の通り、ずる賢いけど憎めない警官『両津勘吉』が主役の物語である。

今回は、“米国のリアル両さん” とも言うべき、とっても愉快な警官の動画をご紹介したい。その警官はヘンテコな車を自らの手で製作することで有名らしいのだが……その車がどんなものかを以下でお伝えしよう。

続きを全部読む

【注文可】映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に出てきた車両の進化版が受注生産で販売中!!

2016年のアカデミー賞を総ナメにした最高のロードムービーといえば「マッドマックス 怒りのデス・ロード」である。すでに続編の製作が発表されており、その完成を心待ちにしている方も多いのではないだろうか。

映画「マッドマックス」シリーズの特徴は何と言ってもゴリゴリに改造されたカスタムカーだが、今回は全くカスタムしていないにもかかわらず、初めからマッドマックス感がMAXになってしまっている車をご覧に入れたい。

続きを全部読む

車内で「おい、あれ見ろ! すげえのに乗ってるぞ!!」って言われて撮ったような写真28選

日本では一風変わった車やバイクを見る機会は少ないが、海外では思わず二度見してしまうような光景に出くわすことが多々ある。実際に目の当たりにして「すげえのに乗ってる!!」とシャッターを切った人もいることだろう。

それでは具体的にどのような破壊力を持ったものが写っているのか。たとえば今回ご紹介する28枚の写真がそうだ。捕まらないのが不思議。海外だからこそ許される光景をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【東京オートサロン2014】車で「暮らす」ことに特化したカスタムキャンピングカー『PICCOLO』の機能性が素晴らしい!

千葉幕張メッセで開催しているカスタムカーの祭典、「東京オートサロン2014」(2014年1月10~12日)。その会場で興味深いカスタムカーを発見したのでお伝えしたい。

・車中泊を余儀なくされたときに

車に求められる機能は移動や輸送だけではないはずだ。ときには、長期間滞在することもある。それがキャンプのような娯楽であれば、良いのだが、被災して車中泊を余儀なくされることも想定される。そんなときに、神奈川県のディーラーであるオートワンの「PICCOLO」シリーズは威力を発揮するに違いない。4人乗りの軽バンで、4人が身体を伸ばして就寝できるからだ。その秘密はポップアップルーフにある。

続きを全部読む

【東京オートサロン2014】これがユーノス・ロードスターだと!? 学生制作のストリートロッダーが超絶カッコいい!!

2014年1月10日から3日間の日程(11・12日が一般公開)で開幕した、日本最大級のカスタムカーのイベント「東京オートサロン2014」。趣向を凝らしたカスタムカーが一同に集結し、その技術の粋を余すところなく披露する。

今回記者(私)が注目していたのは、昨年コンセプトカー部門で優秀賞を獲得した、専門学校生の作品だ。昨年は廃車寸前のビートルを、最新技術を搭載したエコカーに大変身させていた。そして今年は……ユーノス・ロードスターをストリートロッダーに変貌させていた! 細部にまでこだわった作り込みは圧巻の一言に尽きる!! めちゃめちゃカッコいいーッ!

続きを全部読む

コンパニオンだけじゃない! 東京オートサロン2012の車もセクシーだった

露出度の高いコンパニオンが大勢参加していたカスタムカーのイベント「東京オートサロン2012」。1月13日から3日間の日程で、千葉・幕張メッセで開催された。今回は出展企業367社、世界最大級のカスタムカーのイベントとあって、延べ25万人の車ファンが来場したそうだ。

開催2日目に参加した私(記者)は、露出度高めのコンパニオンに夢中で、車を撮影していたことをすっかり忘れていた。実はカメラのSDカードにセクシーな車の画像がたっぷり収められていたのを思い出したので、ご紹介したいと思う。

続きを全部読む