「オーストラリア」にまつわる記事

【世界ヤバイ】今まで食べてきた「海外の寿司」をまとめてみたらカオスが生まれた / 中国、ケニア、キューバなど

あー寿司食いたい! 寿司が食いたいでござる!! 365日、毎日寿司でもいいよ~。日本人が愛してやまない、文化の極みたる寿司。寿司は今や海を越え、世界中で食べられるようになった。そりゃそうだ、だってウマいもん。

ところで、本日6月18日は「国際寿司の日」らしいぞ。さすが偉大なお寿司さまはスケールが違いますな~。実は我々ロケットニュース24の記者たちも、海外で寿司を食べた経験が意外とあるのだ。そこで今回は、世界の寿司事情をまとめてドドンとお送りしちゃおう! と張り切った結果、想像以上のカオスが生まれることに。

続きを全部読む

【見て答えて】この写真の中に「2メートルのヘビ」が隠れてるよ! 見つけられる?

かくれんぼ能力が高い動物と言えば、そう、ヘビだ。細長い体で、狭い所にス〜ルスル。ヘビに本気を出されれば人間はお手上げ。見つけられっこない。今回は、そのことがよく分かる写真をご紹介したい。

ある1枚の写真の中に「2メートルのヘビ」が隠れていると言うのだが……ええ? 本当にここにヘビがいるの? 全く分からないよ!

続きを全部読む

人懐っこすぎて解雇されちゃった警察犬が超カワイイ~! 新しい就職先で本来の才能を発揮中!!

どんな仕事でも、その人の適正により向き不向きがあるが、それはワンコも同じなようである。というのも、警察犬として訓練中だったワンちゃんが、「フレンドリーすぎる」という理由で解雇されてしまったというのだ! しかし、その後は新しい就職先も決まり、本来の才能を発揮しまくっているらしいぞ!!

続きを全部読む

【リアルジョーズ】体長3メートルの「人喰いザメ」がボート内にダイブ! 73歳のおじいちゃんが危機一髪の事態に!!

最近、サーフィンや海水浴を楽しんでいる人が、サメに襲われる事故が世界中で多発している。浅瀬にやってくるサメもいるため油断がならないが、たとえボートに乗っていても注意は必要なようだ。

なぜなら、73歳のおじいちゃんの操縦していたボートに体長3メールものホホジロザメが飛び込んで来たというのである!

続きを全部読む

泥酔から目覚めた男性のスマホに「自分の寝室にいる警官の自撮り写真」が! 親切な警官のおかげで帰宅できていた件

お酒が好きでつい飲み過ぎてしまうという人は、一度や二度ぐらい、「一体どうやって自分が家までたどり着いたのか覚えていない」という経験をしたことがあるのではないだろうか。不思議と帰れてしまうものだが、海外から珍しいニュースが入ってきた。

まさに、そんな体験をした男性が泥酔から目覚めると、「なぜか自分の寝室にいる警官2人の自撮り写真」をスマホに発見! なんと親切な警官が、酔い潰れた彼を家まで送り届けてくれていたというのだ!!

続きを全部読む

【衝撃】テレビの中に「アリの巣」が出来るとこうなる

その突飛な行動で人間をドン引きさせることも多い昆虫。この度も、あるお宅の家具にアリが巣食ってしまったというのだが、ん? そんなことでドン引きするの? と被害者が撮影した写真を見てみると……おおう。これは絶句モノ。

オーストラリア在住の girldata さんが、海外掲示板『Reddit』に投稿したこの写真。そこに写るは、テレビのスクリーンを覆い尽くさんばかりのブツブツ……そう。これ、全てアリ! テレビのスクリーンの中に、アリが巣を作ってしまったのだ!!

続きを全部読む

【粋な表現】世界的アイスクリームブランドが同性婚の合法化を “独自の方法” で後押し! 豪『Ben and Jerry’s』のメッセージが話題

米発のアイスクリーム会社『Ben and Jerry’s』は、2012年に日本に再上陸して以来、ジワジワと人気を集めている。

そんな、人気アイスクリームブランドがオーストラリアで、「同性婚が合法化されるまで同じフレーバーのダブルはナシ」と発表して話題を集めているというのだ。

続きを全部読む

知ってた? 世界は「ネコの形」をしているんだよ!

「人間はネコの召使い」。誰も否定することの出来ないこの真理を、人間は忘れがち。我々は、ネコ様に対して傲慢すぎるのではないか? もっともっと謙虚になるべきなのではないのか……?

なぜなら、私たちは「ネコ様の上」で暮らさせていただいているからだ。え? 知らなかったの? 世界は「ネコの形」をしているんだよ! ほら、こんなふうにね……!!

続きを全部読む

マクドナルドに「ヘリコプターで乗りつけて」ランチを買ったパイロットが超大胆~! 目撃者は緊急事態だと勘違いする展開に!!

世界中で店舗を展開するファストフード店の代表格マクドナルドは、安く手早くお腹を満たせるだけに大人気! 

とはいえ、いくら手軽に利用できても、わざわざヘリコプターを着陸させてまで食べようという人は、まずいないのではないだろうか。しかし、そんな大胆なことをやってのけたパイロットが現れ、ネットで話題をさらっている。

続きを全部読む

【超攻撃的サッカー】ゴールキーパーが自陣をガラ空きにしたままドリブルで大爆走

近年、サッカー界ではゴールキーパーの役割が変わりつつある。これまでは守備に専念というイメージであったが、好まれているのは足元の技術が高く、最後方から攻撃を組み立てられる選手。日本でいえば、浦和レッズの西川周作選手が有名で「攻撃的なゴールキーパー」は重宝されつつある。

まずは自分の技術に自信がなければできないだけに難しいプレーだが、オーストラリアリーグに超攻撃なゴールキーパーが実在! 何を思ったのか、彼は相手に囲まれながらもドリブル突破を試み、自陣をガラ空きにして爆走したという。

続きを全部読む

ニュース番組で女子アナの “油断しきった姿” がお茶の間に流れて放送事故 → その直後の驚きっぷりが「プライスレス」だと大反響!温かい励ましの声も

誰だって、四六時中笑ってなんかいられない。ハリウッド俳優だって、アイドルだって、女子アナだって、ボーッと “魂抜けてます” ってときがあるはずだ。 まあ、スクリーンやテレビ画面で、そんな姿を目にする機会は滅多にないんだけどね……ってちょっと待って!

なんとこの度、あるアナウンサーが、生放送中に油断しきった姿を披露してしまったのだとか。しかもその直後の驚きっぷりも話題になっているそう。彼女は一体どう油断して、どんなふうに驚いたのか? 動画とともにお伝えするぞ!

続きを全部読む

【痛恨のミス】‟シドニー違い” でオーストラリアではなく極寒のカナダにたどり着いた青年が現る! 同じ間違いを犯した人が多数に!!

飛行機を乗り間違えて、全く違う目的地に行ってしまったという人の話を聞くと、一体どうしたらそんな事態になるのかと不思議に思ってしまう。

ところが、‟シドニー違い” でオーストラリアではなく極寒のカナダにたどり着いてしまった青年が現れ、なんと、同じ間違いを犯した人が多数に上ることが明らかになったというのである!

続きを全部読む

【路上にサメ】オーストラリアの町を襲った「サイクロンの破壊力」が一発で分かる画像

ハリウッドの作品で、巨大竜巻に巻き上げられた人食いザメの大群が空を舞い、人々を襲う『シャークネード』というB級テレビ映画があるのだが、そんな映画を彷彿とさせるニュースがネットで話題になっている。

なんでも、オーストラリア東部を襲った強力なサイクロンの影響で、大きなサメが路上に出現する事態になったのいうのである!

続きを全部読む

【男っておバカ】女子の気を引きたくてワニがいる川に飛び込んだ男子 → 腕をちぎられそうになる大怪我を負うハメに!

男性は、気になる女性の気を引くためなら多少の無理をしてしまうこともあると思うが、そこにお酒が入るとトンでもないおバカなことをしてしまうようだ。

というのも、ある酔っぱらった男子が女子の気を引きたくてワニがいる川に飛び込んだところ、腕をちぎられそうになる大怪我を負ってしまったというのである!

続きを全部読む

同性愛者の性的嗜好を ‟ソース” に例えた動画が胸にググっと来る! ユーモアたっぷりなオチも最高!!

ひと昔前に比べると、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の人々がカミングアウトしやすい環境が整ってきたとはいえ、それでも、親に自分の性的嗜好を告白出来ないという人は多いようだ。

そんななか、同性愛者の性的嗜好を ‟ソース” に例えた動画が、「胸にググっと来る!」と話題になっているので紹介したい。そして、ユーモアたっぷりなオチも最高なのである!!

続きを全部読む

【ガンズ赤っ恥】豪メルボルンのライブで「シドニー!」と叫んでブーイングの嵐!! 豪ならではの事情が背景に

2017年1月に24年振りの来日を果たし、日本中をロックさせてくれた米人気ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズ(以下ガンズ)。現在、再結成ライブでワールドツアー中の彼らが、南半球で大失態!

なんと豪メルボルンのライブで、「ハロー、シドニー!!!」と叫んで赤っ恥をかいてしまったというのだ!! 会場がブーイングの嵐に包まれたその背景には、オーストラリアならではの事情が隠されているらしいぞ!

続きを全部読む

【超難問クイズ】写真の中にいる「1.8mの巨大ニシキヘビ」を見つけられるかな?

コアラやカンガルー、羊などがで有名な国「オーストラリア」だが、ある危険な生物の生息地として昔から世界に知られている。それは『ヘビ』だ。

今回は、様々な場所にヘビが出没するオーストラリアならではのクイズをご紹介したい。同国のヘビ捕獲業者がFacebook上で公開した写真がクイズの題材なのだが、これが超難問! さあ、あなたは隠れたヘビを見つけれられるだろうか?

続きを全部読む

【マジか】ビールヨガなるものが誕生してネットで話題に! ビールを飲みながら体を鍛えるらしい

最近は糖質ゼロのアルコール飲料が発売されるようになり、以前ほど、お酒を飲んでも罪の意識を感じなくなった。しかし、それでもカロリーを摂取していることに変わりはない……。

飲みたいけど、飲んだら罪悪感を感じてしまうアルコールだが、ヨーロッパでビールヨガなるものが誕生し、世界的に広がりつつあるというのだ! なんでも、ビールを飲みながら体を鍛えるらしいのだが、一体どんなエクササイズなのだろうか!?

続きを全部読む

【悲劇】全豪オープンテニスで剛速球が股間を直撃するチンプレーが発生

2017年1月16日から29日にかけてオーストラリアで行われている「全豪オープン」。4大大会のひとつということでハイレベルな戦いが繰り広げられているが、1回戦から思わぬアクシデントが起きてしまった。

なんと剛速球が選手の股間を直撃し、うずくまって動けなくなる悲劇があったという。一体、どんな形で当たったのか、動画「New balls please: Stan smashes Klizan where the sun don’t shine | Australian Open 2017」を確認してみると……ギャッー!!

続きを全部読む

【圧倒的強さ】セアカゴケグモは巨大ヘビと戦っても瞬時に制圧 / まるで忍者のような暗殺術

もともとその地域に生息していなかったのに、人の手によって他地域から入ってきた動物を「外来種」と呼ぶ。アメリカザリガニ、ブラックバスといったところが有名だが、数えたらキリがないほどその種類は多い。

そしてここ数年、ニュースでたびたび報道されているのがセアカゴケグモだ。海外では「死亡例」もあるほど有毒なため、絶対に触ってはいけないと注意喚起されるが、もし噛まれてしまったらどうなるのだろうか。今回はその万が一を動画「Snake Caught in Web Battles Redback Spider」と合わせてお伝えしよう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9