「ウサギ」にまつわる記事

ベッカムにそっくり! 動物保護団体の投稿した『可愛いウサギと一緒に写った男性』がイケメンすぎてネット女子大歓喜

「イケメンと可愛い動物ならどっちがいい!?」と聞かれたら、女性なら迷ってしまうのではないだろうか。まさに、そんな究極の選択を迫られそうな画像が、SNSで話題となっているので紹介したい。

ある動物保護団体が、「可愛いウサギと一緒に写っていた男性」の写真を投稿したところ、その男性がイケメンすぎて、ネット女子から「デヴィッド・ベッカムに似てる!」といった具合に、黄色い声が挙がりまくっているのである!

続きを全部読む

現実世界で「ウサギとカメのレース」が開催される → まさかの展開でカメ勝利!

誰でも子供の頃に、一度は「ウサギとカメ」の童話を読んだことがあるのではないだろうか。足が速いウサギと遅いカメが競争をし、ウサギが余裕をカマして昼寝をしたり道草を食っていたら、コツコツと前進していたカメに追い抜かれて負けてしまう……というストーリーだ。

いかにも寓話的な結末だが、現実世界で行われた「ウサギとカメのレース」で、結果が観衆の予想外の展開になり、大きな話題を呼んでいるのである!

続きを全部読む

【新商品】『チョコパイ<女王のショコラベリー>』が甘さ控えめで激ウマ! 上品な味で女王気分を味わえるぞ!!

「チョコ好きなら誰もが1度は口にしたことがある」と言っても過言ではないお菓子といえば、そうチョコパイ。何気ないおやつタイムを至福のひと時に変えてくれる、あの美味しさの虜になっている人も多いだろう。

そんなチョコパイの新商品が2016年6月14日に発売されたぞ! 気になる味は「女王のショコラベリー」。ん? ショコラベリーは分かるが、 “女王” って何よ!? メッチャ高級感があるネーミングだし、これは激ウマに違いない! さっそく購入して食べてみた。

続きを全部読む

【閲覧注意】遭遇したら絶対チビる! 狂気のイースターバニーが襲ってくる動画がマジ恐怖

イエス・キリストの復活を祝う「イースター」。日本ではあまり馴染みがないが、今年2016年は3月27日にお祝いされ、例年通り海外のキリスト教圏では盛大にイベントが開かれた。

そしてイベントの目玉といえばシンボルであるウサギの着ぐるみだが、タチの悪いドッキリ動画が公開され、ビビる人が続出している。それもそのはず、深夜に狂気のイースターバニーが襲ってきたら誰だってチビるだろう。

続きを全部読む

すぐに見つけられる? ウサギの大群の中に卵が隠れているよ!

イエス・キリストの復活を記念する「イースター(復活祭)」。キリスト教最大のこのお祭りは、 “春分の日の後、最初の満月の次の日曜日” に行われると決まっているのだとか。今年2016年は3月27日にお祝いされ、ネット上でも様々なイースター関連の投稿で賑わったようだ。

そんな中、1枚の可愛らしいイラストが話題を集めていた。イースターの象徴であるウサギがたくさん描き込まれているのだが、そこに1個の “卵” が紛れ込んでいるというのである! さて、あなたは “卵” をすぐに見つけることが出来るかな?

続きを全部読む

どう見える? 有名な「アヒルとウサギのだまし絵」の見え方でクリエイティブ度が分かるらしい

突然だが、みなさん。1892年にドイツの雑誌に発表された “アヒルにもウサギにも見える” 有名なだまし絵をご存じだろうか? きっと「美術の教科書で見たことがある」という人も多いだろう。

実は今、この絵の見え方でその人がクリエイティブな傾向にあるかどうかが分かると、ネット上で話題になっているようだ。一体どうやって? まずはアヒルとウサギ、どちらが見えるか確認してみよう!

続きを全部読む

【キュン死】世界一可愛い “大人のお子様ランチ” と呼びたい! 原宿『ニコラハウス』はキュートなウサちゃん&本格フレンチで死角なしなのだ☆

大人だって食べたいお子様ランチ。以前の記事で、全国で食べられる様々な大人のためのお子様ランチをご紹介したが、今回は「間違いなく世界一可愛い大人様ランチだ!」と断言したい一皿を紹介したい。

お店は、原宿の『ニコラハウス』。同店のお子様ランチは、大人用なのにとってもキュートなウサちゃん仕様! それだけでも心がもってかれそうになるが、さらに料理は本格的フレンチときた。思わずお子様に自慢したくなるほど素敵な一皿なのである。

続きを全部読む

【ウサギの島】からだ中にエサを撒いて地面に寝てみた → ウサギの大群がお腹によじ登ってマジでしわあせすぎる!

どこ見ても、ウサギ! ウサギ! ウサギ! ウサギ好きにはたまらない島といえば、広島県にある「大久野島(おおくのじま)」。いまや日本人だけでなく、外国人観光客にも人気で、大久野島行きのフェリー乗り場近くのコンビニ店員は「ここ最近外国人、特に中国人の観光客が増えたよ。うち(コンビニ)でもウサギのエサ売ってるけど、みんな結構買ってくよ!ガハハハハッ!」と話してくれた。

続きを全部読む

ビバリーヒルズにて「ペットショップでの動物の販売が禁止」されることに! 「保護動物の取扱いのみ可」との条例が可決される

以前、当サイトで「12年間、パピーミルに閉じ込められていた犬の動画」を紹介した。劣悪な環境で仔犬や仔猫を “生産” する場所のことを、「パピーミル」や「キャットファクトリー」と呼ぶが、この動画からも、動物たちがいかにひどい環境に置かれているかがヒシヒシと伝わってきた。

ところがこの度、米ビバリーヒルズ市内の全てのペットショップにおいて、営利目的で繁殖させられた動物の販売が禁止となり、シェルターや動物愛護団体で保護された動物の取扱いのみを許可する条例が可決されたというではないか!

続きを全部読む

【マジかよ】サントリーが動物を採用開始!? イノベーション担当のウサギに話を聞いてみた

「佐藤さんってマジで救いようのない給料泥棒ですよね」、「社内ニートって陰で言われてますよ」と、会社の人たちから壮絶なことを言われ続けている佐藤記者。

確かに彼のことは筆者(私)も給料泥棒だと思っており、LINEで試しに言ってみたらマジギレされたこともある。そんなことも過ぎ去ったある日、彼がいきなり「動物園行こうぜ!」と誘ってきたのだ。

続きを全部読む

【モフモフ速報】お耳に “天使の羽” をもつウサギ!! 着ぐるみかと思ったら本物のモフっ子ウサちゃんだった!

ウサギの特徴と言えば、なんと言っても「長~いお耳」! ……だけじゃない! いま、Instagram でさらに特別なお耳を持ったウサちゃんが人気を集めているという。

どんなお耳かというと、それは「天使の羽」! ふわっふわのお耳がまるで翼を広げた天使のよう。「これ、造りものじゃないの?」と言いたくなるが、天然のモフっ子ウサギちゃんらしいのだ!

続きを全部読む

まるで「我が子を慈しむ母」のよう……ウサギの赤ちゃんを優しく舐める愛情深いワンコ

目の前にいる小さな小さなウサギの赤ちゃんを、まるで我が子のように慈しむ大きなワンコ。

母が子に愛情を注いでいる、どう見てもそうとしか思えない光景をとらえ、動画サイトYouTubeに投稿したのは、ユーチューバーのTexasGirly1979さんです。

続きを全部読む

盗まれたウサギが郵便ポストの中から発見される! 動物虐待にネットユーザーから非難の嵐!!

犬や猫と違って鳴き声を出さないウサギは、どこかに閉じ込められても声を上げて助けを求めることができない。それを狙ってのことか、「盗まれたウサギが郵便ポストの中から発見される」という信じられない事件が起き、ネットユーザーから “動物虐待だ!” と怒りの声が挙がっている。

続きを全部読む

【悪趣味】ニュージーランドのピザチェーンが看板に「ウサギの皮」をびっしりと張り巡らして物議 / しかし苦情に応じず

広告が人々に与える影響は、計り知れないほど大きい。もしも消費者に好印象を与えることができれば、売上がアップするだけではなく、企業イメージも向上するかもしれない。逆に伝えるべき内容を間違えば、企業は途方もない損失を被る可能性もある。

・ホンモノのウサギの皮を使った看板

ニュージーランド発祥のあるピザチェーン「Hell Pazza」は、「イースター」限定の一風変わった商品の販売を開始した。その看板に批判が殺到しているのだ。販売を開始したのはウサギ肉を使用したピザなのだが、その看板にホンモノのウサギの皮を張り巡らしているのである。このウサギの皮看板は、正直不気味と言わざるを得ない。少なくとも「このピザを食べよう!」という気持ちにはなれないのだが……。

続きを全部読む

暗闇で蛍光色に発光するウサギのクローンが誕生! 目的は?

今年の流行色、ネオンカラー。今や街を歩けばそこかしこに見られるこの色ですが、海外サイト『Mail Online』によると、なんとウサギまでもが蛍光色に染まってしまったのだとか!? 

ハワイとトルコの科学者たちで結成された研究チームにより誕生したという、クローンウサギたち。彼らは驚くなかれ、暗闇で蛍光色に発光するのだそう。スゴイ! でも、なんで、どうして、そんなことをしたのかしら……。

続きを全部読む

最後に絶対に「ああッ!」と言ってしまう動画 / 子ウサギを外に逃がしたら……

「自然は厳しい」とは、よく聞く言葉だ。人間社会ではその厳しさに直面する機会は少ない。たとえばキャンプをしたり登山をしたりすれば、自分の小ささ・もろさ・弱さを感じることができるだろう。

最近、海外のインターネットユーザーが、自然の厳しさを痛烈に感じさせる動画を公開した。これを見ると、一瞬絶句してしまう。なぜなら、自然が厳しすぎるからだ。思わず「ああッ!」と声が出てしまう。

続きを全部読む

【動画】液体ムヒを頭にのせてじっとしているウサギさん / 液体ムヒが落ちてもじっとしていて超かわいいんだ

夏、虫刺されの季節。特にイヤなのが、知らぬ間に家の中に侵入し、知らぬ間に血を吸う蚊。刺されるとめちゃめちゃかゆいし、おまけにあの羽音。夜中に耳元で、あの「ぷ~ん」という音が聞こえたときの不快感といったら……。

蚊取り線香をたいたり、虫よけスプレーをふったり。いろいろと対策を講じてみても、刺されるときは刺されてしまうもの。そこで、常備しておきたいのが、液体ムヒなどのかゆみ止めですよね!!!!!

続きを全部読む

【新時代動画】馬跳びなんてもう古い! これからは「ウサギ跳び」の時代だ!!

ある二羽のウサギが新時代を築こうとしている。子どもたちの遊び「馬跳び」に代わる新しい遊び「ウサギ跳び」を、このたび全世界に向けて大アピールしたのだ!

動画「Easter Bunnies Playing Leap Frog」にはその二羽のウサギが、実際にウサギ跳びをしているところが収められている。世界大注目のウサギ跳びのルールはいたってシンプルで、まず一羽のウサギが相手に向かって突進する。

続きを全部読む

忍者好きとウサギ好き必見! いろいろと衝撃的な「バニー忍者ハット」おひとついかがですか?

忍者好きのみなさん、そしてウサギ好きのみなさん、お待たせしました! ついにあの商品がやってきましたよ! そう、バニー忍者ハットが!

海外オンラインショップ「Bunnywarez」で販売しておりますこのバニー忍者ハットは、忍者ハットにウサギテイストを加えるというなんとも斬新かつファッショナブルな商品で、現在全米で人気だとか人気じゃないとか、いろいろと注目を集めております。

続きを全部読む

【肉食 VS 草食】 ニャンコとうさたんの壮絶バトル! その衝撃の結末とは!?

獲物を見つけたら逃さない! するどい目と抜群の瞬発力を誇る「ニャンコ」ことネコ、食肉目-ネコ科の動物だ。一方、スタミナはないが最高時速80キロ! 動物界きっての俊足の持ち主「うさたん」ことウサギ。ウサギ目-ウサギ科だ。

ご存知のとおり、ニャンコは狩る者。うさたんは狩られる者だ。その2匹がぶつかったら……その壮絶バトルの様子が動画で公開された。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2