「ウクライナ」にまつわる記事

列車が来ても動かないワンコ動画にネット民涙 / その理由は「もう1匹の犬を守るため」

危ない! この動画を見れば、誰だってそう叫んでしまうことだろう。雪が積もる線路上に横たわった2匹の犬に向かって、列車が猛スピードで走ってくるのだ……。しかし犬たちは、その場から動かない。

なぜか? その理由は、1匹の犬が、怪我をしたもう1匹の犬に寄り添い守っていたからなんだとか。詳細をお伝えしたい。

続きを全部読む

チェルノブイリ原発の石棺を覆う「巨大シェルター」の設置映像が公開

1986年4月26日、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所がメルトダウン。人類史上最悪と言われる原発事故を引き起こした。30年経った今でもその爪痕は残っており、爆発した4号機は「石棺」と呼ばれるコンクリートなどの建造物で覆われてきた。

しかし、石棺が老朽化。放射性物質が漏れる恐れがあるため、新たなシェルターで覆う計画が進行していた。そして2016年11月29日、長年かけて準備された計画が完了した。それに伴い、設置するまでの映像が公開されている。

続きを全部読む

無料でスマホをゲットするために本名を ‟iPhone7” に改名した男性が話題 / 家族は大ショック!!

音楽や動画も楽しめて、地図をチェックしたりSNSをするにも便利なスマホは、我々の生活には欠かせない存在となった。それゆえに、「スマホと結婚した男性」まで現れる世の中になってしまったが、さらに上を行く人物が登場! なんと、無料でスマホをゲットするために、名前を ‟iPhone7” に改名した人物がいるというのだ!!

続きを全部読む

【世界筋肉美女探訪】そのフトモモで挟まれたいッ! 美女大国ウクライナのモデル “Bakhar Nabieva” さんのプリプリ筋肉に世界が注目

美女大国No.1として挙げられるのがウクライナである。街ゆく人がみんな美人、歩いているだけで幸せな気分になれるとかなれないとか。素人でもこんなに可愛いんだから、それがプロとなれば……ということで、今回はあるモデルを紹介したい。

彼女が注目されているのは、その美しさだけではない。何と言ってもそのフトモモ!! ネットユーザーに「触ってみたい」と思わせるほど魅力的なフトモモの美女なのである。

続きを全部読む

【マジかよ】ウクライナ軍がエヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』を演奏!? 謎の動画が世界を駆け巡る / コラ動画という指摘も

東欧の美女大国として知られるウクライナ。現地の様子は、ウクライナからの直送記事「ナターシャ通信」でもご紹介してきたが、いま、あるウクライナ関係の動画が話題になっているという。

なんと、ウクライナ軍が、テレビアニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌を演奏したという動画が、ネット上を駆け巡っているのだ。マジで!? 一体、何が起こったというんだ!? 

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】その距離75メートル! 幻の超ロングシュートがウクライナで決まる

ゴールキーパーはチームの守護神だが、れっきとしたフィールドプレイヤーでもある。そのため、彼らの蹴ったボールがそのまま相手ゴールに入っても、得点が認められるのはご存知の通り。試合時間がない中で攻め上がり、ゴールを奪うことも少なくない。

時として生まれる「ゴールキーパーによるスーパーゴール」。先日、ウクライナで漫画のようなゴールが炸裂していたのでお伝えしたい。なんとゴールキーパーが75メートルの超ロングシュートをぶち込んだというのだ!

続きを全部読む

【動画あり】長いミーティングに女性従業員がキレた! 同僚に「母乳をぶかっけて」ミーティングの終了を宣言する決定的瞬間

本日2月12日はブラジャーの日である。今から100年以上前の今日、1913年にアメリカ人女性がブラジャーの原型となるものの特許を取得したことからワコールが制定したらしいが、そんなブラジャーの日にふさわしい(?)ニュースが飛び込んできたので、動画と合わせて紹介したい。

事件の概要を簡単に説明すると、1人の女性がミーティング中に片乳を引っ張り出し、周囲に母乳をぶっかけたのだ。どうやら、長過ぎるミーティングにイライラしていたらしい……。

続きを全部読む

【炎上】在日ロシア大使館公式Twitterのつぶやきが酷いと物議「日本がプリウスをウクライナに送ったら事故が増えた。苦笑 」

泣く子も黙る宇宙の覇者・ウラジーミル・プーチン大統領をボスとする国といえば、“おそロシア” ことロシアであるが、このたび、在日ロシア大使館公式Twitterが信じられないつぶやきをして、インターネット上で物議を醸している。

なんと日本がウクライナ内務省に1500台のプリウスを贈呈したところ、事故が増えているとして指摘しているのだ。

続きを全部読む

【マッスル天国】見渡す限り “筋肉オタク” ! ウクライナ「筋トレ公園」がヤバイ!!

魔法の言葉『マッスル』! 時代が筋肉(マッスル)を求めていることは、「フーターズにアニキ版が誕生」したり、「ウホカレが世界を席巻」していることから、まず間違いないだろう。けれども、マッスルを育てるのは結構大変。お金だってかかりそうだ。

と一方のウクライナでは、無料で体をムキムキにできる『マッスル天国』が存在しているようだぞ! 青空の下、老若男女が本格的なトレーニングに励んでいるのである!!

続きを全部読む

【やはり?】プーチン大統領は宇宙人と関係していた……!?「ウクライナ危機」は宇宙人がプーチン大統領を焚き付けたものとの声がついに上がる

現在の史上最強人類と言えば? マイク・タイソン? アレクサンドル・カレリン? ノンノン。彼らはまだまだ、生易しい。この男と比べれば……。そう、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領である。そして今、プーチン大統領と宇宙人の繋がりを指摘する声が挙っているのだ。

なんだってありのプーチン大統領。私(筆者)、いや、ロケットニュース24は知っていた……いつか “プーチン大統領と宇宙人の関係” が明るみに出る日が来ることを!!!

続きを全部読む

【完全に中毒】ついに時代はここまできた! サッカーの試合中にスマホを操作した選手が激撮される

もはや日常生活をする上で欠かすことのできないツールである「スマホ」ことスマートフォン。暇さえあれば、朝から晩まで画面と向き合う。そんな “スマホ中毒” な人は数多く、今や現代っ子とスマホは切っても切れない関係にまでなっている。

近年は「ながらスマホ」が社会問題となりつつあるが、ついに……というべきか、なんとスマホを操作しながらサッカーの試合に出場したプロ選手が出てきてしまったのでご報告だ。その様子は、動画「”Hello!” Ridiculous Ukrainian footballer answers his Mobile Phone during a football match!」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【ナターシャ通信】モルドバは「穴場」の国! ウクライナ人が行ってみたよ!!

『ナターシャ通信』は、ウクライナに住むナターシャがお届けするコラム。ユニークな日本語はナターシャの個性としてご理解いただければ幸いです。以下はナターシャの寄稿です。

皆さん、フランスとかイタリアとかドイツとかよく旅行しますよね。近頃は穴場スポットを探す観光客が増えています。たとえばフランスにいったら、みんなが行かないところを探しています。今日は、非常に知られていない「穴場だらけ」の国について書きたいと思います。モルドバ共和国という国をご存じですか? 旧ソ連の国のひとつで、ウクライナとルーマニアの間に挟まっている国です。

続きを全部読む

【新星現る】まだ16歳! バービー人形にそっくりの新たな “リアルバービー” が話題 / 本人「整形もダイエットもしていません」

以前ロケットニュース24では、“リアルバービー” と呼ばれる女性を何人か紹介した。その呼び名が示す通り、彼女たちの容姿は人形そのもの。人間離れした美しさに驚いた人も多いだろう。

今、そんな女性たちに匹敵する美しさを持った、新たな“リアル・バービー”が話題になっているので取り上げたい。海外サイトで「ニュー・ヒューマン・バービー」と紹介されている彼女はまだ16歳。その容姿は、彼女自らがSNSにアップした写真でも確認できるぞ。

続きを全部読む

WWEの試合でマネジャーが過激すぎるマイクパフォーマンス「ロシア大統領は私のアイドル」と発言し炎上騒ぎに

ウクライナ東部で発生した、マレーシア航空機の撃墜事件を受け、アメリカをはじめとする欧米諸国はロシアへの圧力を強めている。ウクライナの親ロシア派が撃墜したのではないかという疑惑がもたれていると同時に、国際調査団に対して親ロシア派が妨害を続けているからだ。

ロシアは親ロシア派に対して協力させる責任があるとして、オバマ大統領はプーチン大統領とロシアを批判している。事件の真相はいまだ謎に包まれているのだが、米・露の二国間の緊張が思わぬところに飛び火したようだ。最近行われたアメリカのプロレス団体「WWE」の試合でロシア出身の選手のマネージャーが、マレーシア機撃墜をうかがわせる発言をして、炎上状態となっているのである。

続きを全部読む

マレーシア航空墜落事故の影響でウクライナ東部上空を迂回して飛ぶ飛行機 / アプリでリアルタイムに確認

2014年7月17日、ロシアとの国境付近・ウクライナ東部に墜落したマレーシア航空MH17便は、何者かによって撃墜された可能性があると報じられている。 オランダ・スキポール空港から、マレーシア・クアラルンプール国際空港へと向かっている途中だった。

・航空各社がルート変更

事故の影響を受け、ルフトハンザドイツ航空やエールフランス、その他のヨーロッパ各国を飛ぶ航空会社は、一部の路線を除きウクライナ上空を飛ばない航路に変更しているという。リアルタイムで旅客機や輸送機の飛行状況を確認できるスマートフォンアプリ『Flightradar24』(フライトレーダー24)で調べてみたところ、ウクライナ東部上空を飛んでいる飛行機は1機もなかった。

続きを全部読む

ウクライナ大統領ポロシェンコ氏はチョコレート王! ウクライナのチョコは独占状態

第五代ウクライナ大統領の、ペトロ・オレクシイオヴィチ・ポロシェンコ氏に注目が集まりつつあるウクライナ・ロシア情勢だが、実はポロシェンコ氏はウクライナ最大のチョコレートメーカー・ロシェンのオーナーでもあるのだ。

・その味は他のチョコレートと別格

ウクライナのお土産の定番といえばチョコレート。外国人もウクライナ人も、キエフに行ったらロシェン専門店に行ってチョコレートを買って帰るという人が多い。実際に食べればわかるが、その味は他のチョコレートと別格。ビター感がありながら、子どもにも好かれるソフトな甘さがある。

続きを全部読む

【ナターシャ通信】女性のために身体ひとつで闘う女性集団「FEMEN」

『ナターシャ通信』は、ウクライナに住むナターシャがお届けするコラム。ユニークな日本語はナターシャの個性としてご理解いただければ幸いです。

皆さんは、FEMEN(フィーメン)について聞いたことがありますか? トップレスで抗議する女性たちです。実は、「FEMEN」という言葉は、「フェミニズム」から来ていて、ウクライナで結成された女性抗議団です。今回は闘うウクライナの金髪女性たちについて、お伝えしたいと思います。

続きを全部読む

【ナターシャ通信】ウクライナ東部の今 / あとどのぐらい涙や血が必要なの?

『ナターシャ通信』は、ウクライナに住むナターシャがお届けするコラム。今回はウクライナ東部の現状について、ナターシャが切実な思いで伝えています。今まさに起きていることを、彼女の言葉で綴っています。ぜひ目を通してください。

皆さんこんにちは、ナターシャです。実は正直いうと、書きたいことが1つあったのに、ずっとこの話から逃げていた気がします。「パリ」やほかの軽い話について書いたりして、すごく痛い話があるのに、私の実家であるウクライナの東部の話を書けませんでした。

でも今朝起きた時に、「誰かが助けてぇぇぇ」とものすごく叫びたくなりました。これからする話は重いかもしれません。正直過ぎるかもしれません。まじめ過ぎるかもしれません。でも一番書きたい話です。もしよかったら、私の実家の話を読んでくれませんか?

続きを全部読む

【北京ロンドン鉄道旅7】ウクライナ キエフ → ドイツ ハンブルグ

中国・北京から英国・ロンドンまで鉄道で旅をするルートを実際に移動し、皆さんにご紹介するこの連載。旅のルートと経由地は、北京 → ウランバートル → モスクワ → キエフ → ワルシャワ → ベルリン → ハンブルグ → アムステルダム → ブリュッセル → ロンドンとなる。

・ウクライナ キエフからドイツ ハンブルグ

前回はロシア モスクワからウクライナ キエフまでの旅路をご紹介した。今回はウクライナ キエフからドイツ ハンブルグまでのルートをレポートする。北京からモスクワまではシベリア鉄道の旅だった。詳細は以下のとおり。

続きを全部読む

【北京ロンドン鉄道旅6】ロシア モスクワ → ウクライナ キエフ

中国・北京から英国・ロンドンまで鉄道で旅をするルートを実際に移動し、皆さんにご紹介するこの連載。旅のルートと経由地は、北京 → ウランバートル → モスクワ → キエフ → ワルシャワ → ベルリン → ハンブルグ → アムステルダム → ブリュッセル → ロンドンとなる。

・ロシア モスクワからウクライナ キエフ

前回はロシア マリンスクからロシア モスクワまでの旅路をご紹介した。今回はロシア モスクワからウクライナ キエフまでのルートをレポートする。北京からモスクワまではシベリア鉄道の旅だった。詳細は以下のとおり。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5