「イラスト」にまつわる記事

40年以上前の中国のイラスト集を入手! 時代的にはアレだがイラスト的には評価されるべき

イラストは描かれた時代の流行がわかるだけでなく、文化も知ることができる。描かれているファッションやアイテムなどが懐かしかったり逆に新しかったり。特にイラスト集はその時代を集約したものも多いと思う。

そんなイラスト集なのだが、ひょんなことから40年以上前に発行された中国のものを手に入れたのでご紹介したい。日本の40年前と何が違うのかを見ていただきたい

続きを全部読む

スケッチを写真に変換できるプログラムが登場! ネット民が ‟ネコの落書き” で試したら「続々と恐ろしいニャンコ」が誕生して話題に

最近は、画像加工アプリなどで写真に手を加えて楽しめるようになったが、そんななか、自分で描いたスケッチを写真に変換できるプログラムが誕生!

そして、なぜかネット民が同プログラムを ‟ネコの落書き” で試しまくり、「続々と恐ろしいニャンコ」が登場して話題になっているというのだ!

続きを全部読む

【漫画の日】ズブの素人が描いたマンガの絵をプロ漫画家はこう直す「かっとばせホームラン編」

なんでも本日2月9日は「漫画の日」であるらしい。ほかにも7月17日や11月3日もマンガの日でらしいのだが、今日という日を「漫画の日」と定めたのは、かの有名な古書店『まんだらけ』とのこと。ちなみに漫画家・手塚治虫先生の命日でもある。

さて。そんな漫画の日に、ひとりの悩める若者が、泣きそうになりながら私(羽鳥)に相談を持ちかけてきた。話を聞くと、「どうしてもバッティングの絵が上手く描けない」のだという。問題のイラストを見せてもらうと、なるほど確かに下手だった。

続きを全部読む

【新年の誓い】1年間休まずに「絵を描き続けた人」の上達っぷりがヤバい

「新年の誓い」を立てても、1年間破らずにいるのは難しいもの。しかし1年間コツコツ守り通せば、2018年には良いことが待っているかもしれない。そう勇気づけてくれる例をご紹介したい。

それが2016年の「新年の誓い」として、毎日絵を描くことにしたという男性。1年間休まずに描いたその成果が、ネット上で発表されたのだが、さて絵のスキルはどれほど上達したのだろうか?

続きを全部読む

写真じゃないの!? 色鉛筆で描かれたハリポタ肖像画が目ン玉ひんむくレベルの精巧さ / 独学22才女子の超絶テクニックに思わず息を飲む

Photoshop や Illustrator はたまた数百円のスマホのアプリでだって絵が描けちゃう。わざわざ画材をそろえて……というのは少数派になりつつあるかもしれない。

だがしかし! ここに色鉛筆にこだわり続けるアーティストがいる。それも写真を凌駕するほどリアルな人物画を発表しつづけているのだ。その作品と制作の様子は動画
「Drawing Harry Potter, Ron Weasley, and Hermione Granger」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【アメコミ風】ドナルド・トランプ氏の「風刺イラスト」が話題

アメリカ大統領選で共和党の指名獲得が確実視されているドナルド・トランプ氏。大統領候補に躍り出るくらいなので多くの支持を集めていることは確かだが、一方で物議をかもし出す発言も多々あり、多くのアンチがいることも確かである。

そんなトランプ氏を風刺した「1枚のイラスト」がアメリカで話題になっているのでお知らせしたい。アメコミ風に描かれたこの作品、トランプ氏の背後をよく見ると……。

続きを全部読む

写真レベルの精密さ! 鉛筆のみで橋本環奈さんを描き切る動画が半端ない / 古谷振一さんの超絶ドローイングテクに鳥肌が止まらねェ!!

突然だが、絵を描く時に最も大切な作業とは何だろうか。下書き? 塗り? いやいや、それより前にまずは “見る” ことである。描くモノの形はもちろん、影の濃淡やつき方をどれだけ細部まで丁寧に観察することができるか。絵のウマさとは、“目の良さ” と言っても過言ではない。

特に鉛筆画は影のつけ方で光、質感、色を表す。誤魔化しが効かず目の良さが問われるものだ。現在、そんな鉛筆画で橋本環奈さんの似顔絵を描く4分弱の動画が話題になっている。サムネイルを見た時、あなたはまずこう思うことだろう。え? これ写真ちゃうの!? 瞳に魂が宿るレベルの超絶写実的なドローイングは鳥肌必至だ!!

続きを全部読む

Twitterで広がる「#くまモン頑張れ絵」の輪 / 被災地に向けて励ましを送るイラスト投稿続々

熊本・大分両県を中心とする地震の被災者に対する支援の輪が広がっている。ネット上では、熊本県のゆるキャラ「くまモン」のイラストを描いて、被災者を励まそうという動きが広まっているようだ。

これは、長寿漫画『はじめの一歩』で有名な漫画家森川ジョージ先生の呼びかけで始まったもので、Twitterではハッシュタグ「くまモン頑張れ絵」を付けた投稿が続々と行われている。森川先生は、2016年4月16日にTwitterで次のように投稿し、支援の呼びかけをしている。

続きを全部読む

すぐに見つけられる? ウサギの大群の中に卵が隠れているよ!

イエス・キリストの復活を記念する「イースター(復活祭)」。キリスト教最大のこのお祭りは、 “春分の日の後、最初の満月の次の日曜日” に行われると決まっているのだとか。今年2016年は3月27日にお祝いされ、ネット上でも様々なイースター関連の投稿で賑わったようだ。

そんな中、1枚の可愛らしいイラストが話題を集めていた。イースターの象徴であるウサギがたくさん描き込まれているのだが、そこに1個の “卵” が紛れ込んでいるというのである! さて、あなたは “卵” をすぐに見つけることが出来るかな?

続きを全部読む

【発見せよ】大勢の C-3PO の中に「オスカー像」が隠れているよ! 見つけられるかな?

日本でも盛り上がりを見せている、アメリカの第88回アカデミー賞授賞式。レオナルド・ディカプリオさんが念願の主演男優賞を受賞したり、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が V6 を達成するなど、アカデミー賞関連ってキラキラした話題ばかりだ!

しかし、これからお伝えするオスカー像の話題はも〜っとまぶしい。なぜなら、『スター・ウォーズ・シリーズ』でお馴染みの C-3PO の大群の中に、1体のオスカー像が紛れ込んでしまったというからだ!! C-3PO とオスカー像が一緒になれば……ゴールドすぎて直視できないまぶしさなはず! さて、あなたはオスカー像を見つけられるかな?

続きを全部読む

「一人暮らしの女性のライフスタイル」を描いたイラストがネットで大人気! 自由気ままな生活ぶりがビシバシと伝わってくるぞ!!

一人暮らしは生活費がかかるし、家事も全て自分でしなければならないので、実家住まいに比べたらなにかと大変である。しかし、一人であるゆえの気楽さは何ものにも代えがたく、1度一人で住み始めたら、人と一緒に住むことが億劫になってしまうものだ。

そんな、一人暮らしの女性のライフスタイルを描いたイラストレーターの作品が、ネットで人気を集めているので紹介したい。自由気ままな生活ぶりがビシバシと伝わってきて、これを見たら一人で住み始めたくなってしまうかもしれないぞ!

続きを全部読む

【よーく見て】ただの「白と黒」イラストとちゃうねんで! 実はある “動物” が隠れているんだよ!!

今回ご紹介するのは、白と黒のギザギザ線が何本も入ったイラスト。何かの模様? はたまた何かの背景か? いずれにせよ、パッと見ではあまり注意を引かれないイラストかもしれない。

けれども、「はい、次」と無視しないでいただきたい! なぜならよ〜く見ると、この白と黒の世界の内側に、何者かが潜んでいるというのだ……。一体何が見えるのだろう?

続きを全部読む

【プーさんの日】アメリカ人イラストレーターが描く「プーさん風スター・ウォーズ」が可愛いすぎて悶絶不可避

本日1月18日は、世界を股にかける人気者「クマのプーさんの日」である! 原作者アラン・アレクサンダー・ミルンさんの誕生日にちなんで制定されており、SNS上ではプーさんを世界中の人がお祝いしているようだ。

そんな中、一際目を引くのが、アメリカ人イラストレーターが描く『プーさん風スター・ウォーズ』。微量の違和感もないその仕上がりは、プーさんファンもスター・ウォーズファンも悶絶すること間違いなしだぞ!

続きを全部読む

息をのむ美しさ! デヴィッド・ボウイさんの「50年の変化」が一発で分かる動画がスゴい!!

2016年1月10日、英ロックシンガーであるデヴィッド・ボウイさんが、あの世へと旅立った。彼の死が公表されてから約1日経った今でも、世界中が驚き悲しんだままだ。

「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」にも選ばれたことのあるボウイさんだが、今回はそんな彼の「50年の変化」が15秒で分かる動画をご紹介したい。これを見れば彼の活動がいかに豊かなものであったか一目で理解出来るはずだ。

続きを全部読む

カナダ在住アーティストが描く「ドラゴンボールのカップル」が色っぽすぎぃぃぃいいい! チチのセクシーさに戸惑いを隠せない!!

日本が世界に誇る不屈の名作漫画といえば、我らが鳥山明先生のドラゴンボールである。これまで当サイトでは、スペイン人アーティストが描くドラゴンボールのイラスト「誰が一番敵を多く殺ったのか?」「それぞれの家族」などをご紹介してきたが、またしても秀逸な作品を発見してしまったのでご紹介したい。

続きを全部読む

すぐに見つけられる? この2枚のイラストの中から “パンダ” と “ネコ” を探してみて! 「意外と難しい」とネット上で話題

間違い探しといえば、何と言っても「ウォーリーを探せ」が有名だ。国や時代を超えて旅する “赤と白のボーダー兄ちゃん” を一生懸命探したことがある人は多いことだろう。細か〜く描き込まれた絵の中から、彼を見つけたときは嬉しいものだ!

そして今、ネット上である「◯◯を探せ」のイラストが話題を呼んでいる。それは、ネコとパンダ! なんと「何十羽ものフクロウの中から1匹のネコ」を、「何十体の雪だるまの中から1頭のパンダ」を見つけださなければならないのだとか……。あなたは見つけられるかな?

続きを全部読む

殺人事件の「容疑者の似顔絵」がクオリティ低すぎて話題 / 逮捕時の実物写真と見比べて衝撃を受ける人が続出中!

「この顔に見覚えありませんか?」——そんなキャッチコピーとともに、容疑者の似顔絵が公開されることは珍しくない。言うまでもなく、警察が犯人の手がかりを掴むために行われるものだ。

だがしかし……! とある事件で公開された犯人の似顔絵が、「一体何の手がかりになったんだ!?」と不思議に思うほど、あまりにも酷いと話題になっている。絵自体もヤバいが、逮捕された犯人の写真と見比べてみると……全く似ていないのだ。

続きを全部読む

【スタバ】紙カップがこんなにゴージャスに! アーティストがデコったスターバックスのカップが超クリエイティブで必見すぎる!!

日本でも大人気のスターバックスは、コーヒーだけでなく、地域や季節限定で販売されるカップやタンブラーも大人気である。同じコーヒーを飲むにしても、容器が変わると気分も変わって楽しめるが、あるアーティストが、スターバックスの紙カップをクリエイティブにデコレーションして話題になっている。

捨てるのがもったいないほどクールに施されたデザインは、タンブラーなどのグッズのデザインとして、採用しても良さそうなほどの出来栄えなのである!!

続きを全部読む

【検証結果】絵心のない人が1カ月毎日イラストを描き続けたらどれくらいうまくなるのか

人は褒められると嬉しいものである。それは何歳になっても変わらない。子供ならもちろんのこと、大人になっても他人から褒められると悪い気はしない……というより、褒められてイヤな人間はいないだろう。

そして私事で大変恐縮だが、1カ月ほど前にふとしたことから褒められる経験をした。何があったのかというと、プロの漫画家が絵心を一切感じない私のイラストをこう評してくれたのだ。

「プロでは出せない味がある 正直、嫉妬さえおぼえている」

続きを全部読む

【おっさん歓喜】「アメコミ」と「SDガンダム」が合体したイラストが違和感ゼロで超カッコE! プラモデルにして発売してくれーーー!!

バットマン・スパイダーマン・アベンジャーズなど、もはや日本でもお馴染みとなったアメリカンコミック・通称「アメコミ」のヒーローたち。物語の内容もさることながら、キャラのド派手なデザインも人気の一つといえるだろう。

そんなアメコミのヒーローたちと、おっさん世代の胸を熱くした『SDガンダム』が奇跡の合体! 「うはぁぁーーー、カッチョEEEEEE!!」 とシビれまくるイラストが、 Facebook 上で公開されているのでご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4