「イギリス」にまつわる記事

【放送事故】ニュースの生放送で「アダルトな動画を鑑賞するスタッフ」が映り込む事件発生

何があっても絶対に起きてはいけないハプニングが、テレビの生放送での放送事故だ。なにせ、本来映ってはいけないものがお茶の間に流れてしまうと大惨事。内容によっては、謝罪で済まない場合もあるからだ。

とはいえ、生放送にハプニングはつきもの。今日も世界のどこかで放送事故が起きている訳だが、イギリスの生放送でヤバすぎるシーンが放送されて物議を醸している。なんとアナウンサーがニュースを真剣に伝えているにもかかわらず、けしからん動画を見ているスタッフが映り込んでいたというのだ。

続きを全部読む

【驚愕】27枚ものコンタクトレンズが女性の目の中から出てきた! 女性「異物感は目の乾燥が原因かと思った」

コンタクトレンズ使用者なら分かるだろうが、仕事で疲れて帰ってバタンキュー状態だったり、酔っぱらったままベッドに倒れ込んでしまった時などは、ついコンタクトレンズをつけたまま寝てしまうことがある。

これは決して珍しい話ではないのだが、今後はより一層気をつけるようにしたいものだ。なぜなら、そんな状態が度重なっていたのか、目の中から27枚ものコンタクトレンズが出てきた女性がいたからである!

続きを全部読む

そうきたか!「秘密の大麻栽培所を発見した警察」の対応がオチャメすぎるとネット民ニヤリ

現在アメリカでは、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が合法化、いわば大麻先進国になりつつある。その一方、紳士の国イギリスでは大麻の所持も栽培も違法である。

さて、そんな大麻非合法の国イギリスで、秘密の大麻栽培所が発見されたのだが、「捜査に当たった警察署の対応が最高!」だとネットで話題となっているので紹介したい。超茶目っ気タップリな警察のやり返し方が、か~なり愉快なのである!

続きを全部読む

【そこかよ】愛犬が行方不明で絶望的に見つからず → ダメもとで「ある超単純な方法」を試したら瞬く間に帰ってきた!

ペットは家族の一員で、かけがえのない大切な存在が突然いなくなったら、どんなに辛いだろうか。

そんなペットを飼っている人が経験したくないような事態に陥ってしまった一家が、大々的にペットの捜索を展開するもなしのつぶて……。そこで、ダメもとで「ある超単純な方法」を試したところ、瞬く間に帰ってきたというのである!

続きを全部読む

バスとぶつかった直後に平然とパブに入っていく男性が話題に! ネットの声「ビールの力だ」

道行く男性に、バスがぶつかるという交通事故がイギリスで起きた。その様子をたまたま防犯カメラがとらえていたのだが、そこに映っていた事故直後の男性が予期せぬ行動をとり、大きな話題になっている。

事故にあったのは、サイモン・スミスさん(53歳)。彼が歩道を歩いていたところ、急に後ろから2階建てバスが突っ込んできた。サイモンさんは凄まじい衝撃に吹っ飛ばされ、横たわりながら道を滑っていく。そして、立ち上がると、驚きの行動を見せた。

続きを全部読む

【全女性が嫉妬】10歳少年の「化粧テク」がヤバすぎ! イギリスに天才メイクアップアーティストの卵が現る

化粧とは女性をきれいにする魔法である。どんな時でも美しくありたいと思っている女性が、化粧の力を借りればアラ不思議! 美人とおブスの分かれ道は、化粧次第と言っても過言ではないくらい劇的に変化するものだ。

今の時代では、中学生の頃から化粧をする女性もいるというが、なんとイギリスでは10歳の少年が化粧をしているらしい。しかも、その「化粧テク」がヤバいと話題になっているから驚くしかない。

続きを全部読む

【可愛くてムズムズしちゃう】「ハネジネズミ」の赤ちゃんがキャワワすぎ!しかも “チーター並みに脚が速い” すっげーヤツなのだ!!

“猫耳” をつけたタコに「レゴの車椅子」で爆走する子猫……当サイトはた〜くさんの可愛らしい存在をお伝えしてきた。みんなみんなキャワワだったなあ!

ここまで色々可愛らしい存在を見てきたのだから、もう簡単に「キャワワ」だなんて言えないぞ! な〜んて思っていたら……ああ、またまたキャワワな生き物が登場。ある動物園でカワイすぎる「ハネジネズミ」の赤ちゃんが生まれたんだって!!

続きを全部読む

【検証】イギリス料理は本当にマズいのか? 実際に本格的なイギリス家庭料理を食べてみた結果! 東京・高田馬場「アルズカフェ」

イタリア料理、フランス料理、スペイン料理……。こういった海外の料理に、おそらく多くの人がとても良いイメージを抱いていることと思う。しかし、同じヨーロッパなのに、イギリスだけは「料理がマズい国ランキング1位」のような扱いを受けており、日本人もこのネタが大好物だったりする。

たしかにネットで出てくる画像を見る限り、とてもおいしそうには見えない。が、実際のところどうなのだろうか? 自分の舌で確かめもせずに、伝聞の情報だけでバカにしてよいものか? そこで、本格的なイギリス家庭料理を食べられるお店に行き、自分自身で検証してみることにした!

続きを全部読む

【かっこよすぎ】ネコが海に落ちる → 謎の男性がダッシュでネコを救助 → 何事もなかったかのように立ち去る → ネット民から英雄コールが巻き起こる

仮面ライダーやウルトラマン、アンパンマンなどの “ヒーロー” に憧れている人も多いはず。でも困っているものを助ければ、誰だってヒーローだ!

今回もある男性が、海に落ちてしまった猫を救出。その一部始終が収められた動画を見た人々からは、男性に対してヒーローコールが巻き起こっているのだとか。みんなー! ヒーローが出たぞーーーーー!!

続きを全部読む

【マジか】スポーツジムにとうとう「お昼寝コース」が爆誕

デスクワークがメインの現代社会ということもあってか、ここ数年で一気に広まったスポーツジム。行ったことのある人ならわかるだろうが、ヨガをはじめ、ダンスやストレッチ……今のジムには何だってある。

心身ともにケアすることだって何のその。そう言えるくらい多種多様なコースが揃っているのだが、まさかのコースが爆誕! なんと「お昼寝コース」を作ってしまったジムがあるらしい。確かに暦も5月。気がつけばウトウトしてしまうような暖かさではあるが……。

続きを全部読む

※追記あり【ヒドすぎ】番組の打ち切りを知らされなかった英サバイバル番組の出演者が放置される!「テレビに出てる」と信じて1年間も原始生活を……

海外のテレビ番組は全て撮影を終えていても、視聴率が悪いとストーリーが完結していないのに、途中で放送中止になってしまうことがある。

そんなケースで、ひどい目に遭ってしまった出演者達のニュースがネットで話題になっている。なんでも、出演者が原始生活に挑戦する番組が途中でキャンセルになったのに、その事実を知らされなかった彼らは“周囲から隔離された湾” に放置され、「テレビに出ている」と信じ込んで過酷なサバイバル生活を1年も続けていたというのである!

続きを全部読む

英スタバ店員が少女(11歳)のドリンクカップに「デブ」と書いて大問題に! 少女は傷つき母親が怒りのクレーム / 手違いの可能性も

スターバックスでは、店員がドリンクのカップに元気になれるようなメッセージやイラストを描いてくれることがあり、「そんな心遣いに気分が上がる!」という客の声を聞くことがある。

しかし、そんなケースばかりでもないようで、英スタバ店員が少女が注文したドリンクに「デブ」と書いて大きな問題になっているというのだ。

続きを全部読む

道路に穴があいて危険 →「男性のナニ」の落書きをすれば早く修復されるはず!という発想が天才的

世界中で見られる「街の落書き」。芸術性が高いものから、ミミズがのたくったようなものまでピンキリだ。今回お伝えするのは、ある街の道路に描かれた「男性のナニ」の落書き。

しょうもない「ナニ」のイラストなのだが、そこには「道路に穴があいて危険だから、早く修復して!」という願いがこめられているのだとか……。

続きを全部読む

【ほれ見たことか】余裕ぶっこきすぎた総合格闘家のKO劇が美しすぎる

勝負の最中に気を抜くこと。それすなわち「敗北」だ。もし格闘技の世界で油断しようものなら愚の骨頂。コンマ数秒後に自分がリングにお寝んねしていることだってあるだろう。だからこそ、ゴングが鳴るその瞬間まで選手たちは神経を研ぎ澄ませる。

だが、そんな格闘技の試合で、あろうことか余裕ぶっこきすぎた総合格闘家が実在。一瞬でお寝んねしたと話題を集めている。その様子は、動画「Crazy MMA Head Kick Knockout – Guy gets destroyed dancing」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【全員見つけたら神!】英陸軍による「ジャングルに何人の兵士が隠れてる?」って問題がめちゃムズ!!

過去、当サイトでは「この中に◯◯が隠れています。見つけて下さい」系の問題をいくつもお伝えしてきた。しかしこれから紹介するのは、これまでにない難しさ! 最・難・問の激ムズレベルだと断言したい。

英陸軍が出題した「画像に何人の兵士が隠れてる?」という問題なのだが……マジで隠れてんのか!? と逆ギレしたくなるほど全く兵士が見つからないのである!!

続きを全部読む

知ってた!? 英ウィリアム王子は「ある理由」で結婚指輪をはめないらしい

2011年に結婚した英ウィリアム王子とキャサリン妃は、愛らしいジョージ王子とシャーロット王女をもうけ、絵に描いたようなロイヤル・ファミリーを築き、国民から絶大な人気を誇っている。

そんな、「完璧な夫にして父親」というイメージが強い王子だが、今まで一度も結婚指輪をはめたことがないのだという。それは一体、なぜなのだろうか!?

続きを全部読む

【ヒドい】“景観をブチ壊す” との理由でおじいちゃんの黄色い車がブチ壊される / おじいちゃん「次はライムグリーンの車を買ってやる!」

京都などの観光地では、周囲の景観を崩さないよう、コンビニの看板を地味な色に変更するなどの配慮がなされている。観光客にしてみたら、写真を撮影する時に統一感がある方が仕上がりに満足できるので、嬉しい心配りであることは間違いない。

そんななか、「イギリスの田園風景をブチ壊す」との理由で、あるおじいちゃんの黄色い愛車が破壊される事件が発生! 憤ったおじいちゃんは、「次はライムグリーンの車を買ってやる!」と息巻いているらしいのである。

続きを全部読む

【ガクブル】英Amazonから届いた荷物に「猛毒を持ったサソリ」が混入していたらしい

ネット通販は、部屋着のままショッピングが出来てしまうし、実際に店舗で買うよりも数多くの商品から選べるうえ、価格も安いので頻繁に利用している人もいるだろう。

そんな便利なネット通販だが、英Amazon から届いた荷物から「猛毒を持ったサソリ」が出て来たとのニュースが、ネット民を震撼させているというのだ!

続きを全部読む

イギリスでは「運転中に携帯電話が使えなくなる」かも! 電波をブロックして交通事故減少を目指す計画が進行中

日本だけでなく、運転中の携帯電話の使用を法律で禁じている国は多い。しかし、周りにパトカーや警官がいないことをいいことに、ついスマホをチェックしたり電話をかけてしまう人がいる。

そこで、「そんな出来心すら許さない!」とばかりに、イギリスでは携帯電話の電波をブロックするシステムを導入することを検討中で、運転中に携帯電話が使えなくなるかもしれないのだ!

続きを全部読む

男性が “クリスマスが嫌いな奴は国から出て行け” とツイート → ネット民がユーモアいっぱいに対応 → 男性逃亡

「◯◯が嫌なら国に帰れ」「国から出て行け」という言葉を、あなたは耳にしたり、目にしたことがあるだろうか? 今この言葉は、人種や宗教などを理由に他者を差別する人々が使う常套句(じょうとうく)となっているようだ。

今回も1人の男性が “クリスマスが嫌いな奴は国から出て行け” といった内容のツイートを投稿した。しかしその後、なかなか面白い展開に発展したのだとか……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 17