「アート」にまつわる記事

美しいけど悲しい……「ペットボトルの海で泳ぐ人魚の写真」に託されたメッセージとは

今、ある写真シリーズが「美しいけれど悲しい」と注目を集めている。それはペットボトルで作られた海を泳ぐ人魚たちの姿を収めたもの。

一目見るなり「美しい」と思ってしまうが、一方の「悲しさ」はどの部分から来るのか? この写真に込められた意味をお伝えしたい。

続きを全部読む

プリングルスだけで作った大きな輪っかがスゴい!! まるでアートオブジェ

スナック菓子「プリングルス」は、数多くのフレイバーを楽しめることもあり、日本でも大人気! 普通なら、プリングルスを ‟食べる” 以外の目的で何かに使おうとは思わないが、世の中には発想豊かな人がいるものである。

というのも、ある女性がプリングルスを使って、アートオブジェのような大きな輪っかを作成し、Twitterに画像を投稿。すると、「これはスゴいぞ!!」と超~話題となり、‟いいね” が16万件を超える人気ぶりを見せているのだ!!

続きを全部読む

【動画】永遠に見てられる!「砂に模様を描き続けるテーブル」が神秘的すぎてヤバい!!

2016年も残すところあと3カ月を切り、いよいよ枯葉舞い散る “秋” の到来である。そこで今回は、「芸術の秋」であるこの季節にピッタリの超アートなテーブルをご覧に入れたい。

そのテーブルの名前は『Sisyphus(シシュフォス)』である。鉄球が転がりながら砂に美しい模様を描き続けるというこのテーブル。資金調達サイト「Kickstarter」にて、すでに約1億6000万円(約158万ドル)以上の資金を集めているらしい。

続きを全部読む

有名アルバムジャケットと映画の登場人物を一体化させたインスタがカッチョえええ! 『スター・ウォーズ』やニルヴァーナなど

近頃は、iTuneでアルバムをダウンロードするのが当たり前になり、昔ほど、アルバムジャケットのデザインが注目されなくなっているように思う。対してLP時代を経験した人は、インテリア代わりに、お気に入りのジャケットを飾っていたという人もいるのではないだろうか。

そんな、音楽史に名を刻んだアルバムと、映画の登場人物を一体化させたハイブリッドなアートを紹介するInstagramが、大人気となっているので紹介したい。意表をついた組み合わせとそのカッチョ良さに、思わず唸らされてしまうこと間違いナシだ!!

続きを全部読む

【新ビジネス】芸術的な “大麻タバコ” を作る職業「ジョイントローラー」が大盛況! 機関銃型ジョイントは約71万円ナリ

日本では非合法だか、米国では4州とコロンビア特別区で嗜好用大麻が解禁され、コーヒーやコスメに大麻を使用した商品などが製造され、大麻ビジネスで沸きに沸いているようだ。

そんななか、大麻とタバコ用の巻紙を使って作品を作ってしまう、‟ジョイントローラー” と呼ばれる職を持つ青年が登場! 機関銃や、ホットドッグなどの作品を大麻で作り上げてしまう青年が、か~なりカッ飛んでいるので紹介したいと思う。彼の作品は、なかには70万円もする物もあるというのだ!!

続きを全部読む

【根気ヤバイ】「点描」のスゴさと大変さがよく分かる動画

絵画には様々な技法があるが、読者の皆さんは、点描というテクニックをご存知だろうか。デザインを線ではなく点で描き、筆などで色を付けずに、影やタッチなども全て繊細な点で表現する方法だ。

あるアーティストが、そんな点描で作品を作り上げる様子を動画に収めているのだが、その細かい作業の過程がため息もので、その根気っぷりに脱帽すること間違いナシなのだ!

続きを全部読む

【後悔しないの!?】有名人の「炎上ツイート」をタトゥーとして体に刻んでいく男性が話題

タトゥーは完全に消すことができないだけに、デザインや場所選びには慎重にならざるを得ない。それでも、現在付き合っている恋人の名前を入れたり、ちゃんと意味を理解しないまま漢字を彫ってしまい、後で大後悔してしまう人もいる。

そして、 ‟あるモノ” をタトゥーとして体に刻んでいく男性が、変わっていると話題になっているので紹介したい。パっと見は、特に珍しいデザインでもないのだが、よ~く見ると、「こんなの彫って後悔しないの!?」といったタトゥーなのである!

続きを全部読む

【実験】美術館に「何の変哲もないメガネ」を置いておいたら……こうなった

2016年5月24日に閉幕された、東京都美術館の「生誕300年記念 若冲展」。連日長蛇の列で、入場者数は44万以上だったと報じられている。そんなふうに人々を惹き付ける力があるのがアート。けれども力が強すぎて、ときに理解に苦しむこともある。

珍しいアートだなあ……と見る者を悩ませるのだ。今回も、ある美術館に「なんの変哲もないメガネ」が “展示” されていた。さて、メガネを見た人々はどう反応しただろうか?

続きを全部読む

【お母さん赤面】6歳の少女が学校の課題で描いた「朝のママと夜のママ」の絵に大爆笑!

子供は心が純粋なだけに感受性が豊かだし、実に周りのことを良く見て観察している。‟子供は何でも知っている” ではないが、6歳の少女が学校の課題で描いた「朝のママと夜のママ」の絵が、ネットで爆笑を巻き起こしているのだ!

娘の絵を見たママが、恥ずかしさのあまり赤面している様子が、目に浮かんでしまうほどの傑作なのである!!

続きを全部読む

暇な会社員が「大量のポストイットを使った新しい遊び」を生み出したぞ! しまいには近隣のオフィスと競い合うことに!!

オフィスで働いている人は、仕事がない時は、何をして時間を潰しているのだろうか。自分一人が暇なら、こっそりとスマホでSNSをチェックしたり、ネットサーフィンもできそうだが、社員全員が暇だったら、オフィスにだら~りモードが漂いそうである。

そんな、オフィスの雰囲気を一掃するためか、暇な会社が「大量のポストイット(付箋紙)を使った新しい遊び」を開発! そして、その遊びが噂を呼び、近隣のオフィスと競い合う結果になっているというのだ。‟ポストイット・ウォー” とも呼ばれる、新感覚の大人のお遊びについて紹介したいと思う。

続きを全部読む

おばあちゃんが ‟初の個展” を開くも誰も現れず → 孫が「悲しむおばあちゃんを励ましたい」とツイートすると……素敵な展開が!

音楽にしてもアートにしても、自分の作品を公の場で披露することは、とても緊張するひと時に違いない。好評を得られれば次作品を制作する励みにもなるが、評価が悪ければ自信を失ってしまったり、アーティスト生命を絶たれてしまう可能性もあるからだ。

そんななか、あるおばあちゃんが ‟初の個展” を開くも誰も現れず、孫が「おばあちゃんが落ち込んでいる」とTwitterでつぶやくと、思いがけなく素敵な展開に発展したというのである!

続きを全部読む

人間のまぶたをキャンバスにしてしまうアーティストがスゴい! ムーミンやアナ雪を描くファンタジーな世界が素敵すぎるぞ!!

人間は育った環境が人格形成に大きな影響を及ぼし、それに伴い、得意なことや苦手なこともそれぞれ異なってくるものだ。しかし、生まれ育った環境とは関係なく ‟生まれつき●●な人” は存在すると思うのだが、なかでも、手先がメチャクチャ器用な人は、持って生まれた才能の一つではないかと思う。

まさに、そんな女性アーティストがいるので紹介したい。彼女は、人間のまぶたをキャンバスにしてムーミンや『アナと雪の女王』などを描き、小さなファンタジーの世界を繰り広げてしまうのだ。その緻密かつ繊細な作品が、とてつもなくワンダフルなのである!!

続きを全部読む

Googleマップとアプリを使って ‟地図に図柄を描く” サイクリストが「体を張ったGPSアート」を展開! 街全体がキャンバスに!!

趣味や健康のためにエクササイズをする時は、体を動かすことが精一杯で、なかなか他のことに頭を回す余裕はないものだ。

ところが、あるサイクリストは、Googleマップを使ってアートの図案を考え、その通りに街を走ってアプリでイラストを描いてしまうのである! まるで、街全体をキャンバスにしてしまうかのような、体を張ったアートのスケールがケタ違いなのだ!!

続きを全部読む

【閲覧注意】ショック! 池袋北口の路上に巨大な心霊写真が祀られていた!! Byクーロン黒沢

池袋北口のとある名もなき道路際に、その名も「池袋北口路上美術館」という屋外アート空間がある。

ゴミ処理場に続く殺風景な歩道の壁にそって、豊島区の美しい桜を撮影したアマチュアカメラマンの優秀作品が「さくらフォトコンテスト入選作品」として、これでもか!と展示されているのだ。

私も心に傷を負うたび、つい見に行ってしまう癒やしのパワースポットなのだが、ずらり並んだ、思わずほっこりしてしまう美しい作品の数々──。それらに紛れて約一枚、色々な意味でおっかない作品が吊るされていたのだった!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】あの『世界堂』の福袋(5000円)の中身を大公開! 3万2400円相当のワクワクする内容だった!!

昭和15年に、額縁・絵画のお店として東京の新宿に誕生した『世界堂』。それ以来、様々な画材を取り扱っては、多くの画家、漫画家、美大生などアートに携わる人の “心の拠り所” として存在し続けてきた。

そんな『世界堂』が、福袋を販売しているというではないか。一体どんな物が入っているのだろう……? 気になったので購入してみたぞ! 持ち重りがして迫力のある福袋だったが……こんな中身だったどー!!

続きを全部読む

超ポジティブなホームレス男性が描く風景画がファンタスティックすぎる!! 前向き姿勢で他のホームレスのお手本に

時として、人生には自分ではコントロールが及ばぬところで問題が起きて、窮地に陥ってしまうこともある。そんな時でも、ポジティブな姿勢でいられるかが、人生の方向性を決める鍵となるのかもしれない。

そんな、不運が重なってホームレスになってしまったにもかかわらず、ある男性が、「紆余曲折を経ながらも描く風景画が美しすぎる!」と大きな話題となっているので紹介したい。決して前向き思考を怠らない彼は、他のホームレスのお手本となり希望を与えているというのだ!

続きを全部読む

【悪夢と憂鬱の国 】あの陰気なテーマパーク『ディズマランド』が経済貢献! 小さな町に15万人の観光客と36億円をもたらす!!

‟地球上で一番ハッピーな場所” とも言われる、夢と魔法にあふれた楽園がディズニーランドなら、世界一陰気な場所は、カリスマアーティストのバンクシーが作り上げた「ディズマランド」かもしれない。

いきなり田舎町に出現した不気味なディズマランドだが、超有名アーティストであるバンクシーの知名度も手伝い、期間限定ながら15万人もの人を集客!! 小さな港町に、大きな経済効果をもたらしたというのだ!

続きを全部読む

【ロケットニュース24対GetNavi】美人女性と「キネティックサンド」でアート作品づくり対決してみた!

皆さんは童心にかえるきっかけを何かお持ちだろうか? 目を輝かせて何もかも可能性に満ちて見えていたアノ頃……。気づけば、「働きたくね~」だとか、「楽して金稼げねえかなあ~」だとか、薄汚れた大人になってしまっているに違いない。失敬、少なくとも私(佐藤)はそうだ。働きたくないでござる! 絶対に働きたくないでござる!!

・美人と対決ッ!

さて、そんな私が最近童心にかえるきっかけに触れたのでお伝えしたいと思う。それは、「キネティックサンド」を使ったアート対決だ! しかも対決相手は超美人!! マジかよ、絶対に負ける訳にはいかないッ! という訳で、美人とアート対決してきたぞッ!

続きを全部読む

日焼けして肌にタトゥーのような柄を残す ‟日焼けアート” が流行中!! 専門家は「皮膚癌の恐れアリ」と警告!

夏は海に山にバーベキューに、外でのイベントや活動が増える季節。そうなると気になるのは、もちろん日焼けだ。紫外線対策に余念がない人も多いとは思うが、逆に日焼けすることで、肌にタトゥーのような柄を残す ‟日焼けアート” が流行中だというのだ。

SNSでも話題になっている日焼けアートのなかには、信じられないぐらい精巧なデザインもあり、ビーチなどで注目を集めることは間違いなさそうだ。だが、専門家は皮膚癌(がん)にかかる恐れを警告している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10