「アレルギー」にまつわる記事

【新入生いじめ】ピーナッツアレルギーの青年が顔中にピーナッツバターを塗られて危険な状態に! → 加害者が起訴される

以前ロケットニュースで、重度のピーナッツアレルギーを患っていた女性が、ピーナッツバター・サンドイッチを食べたばかりの恋人にキスされ、アナフィラキシーショックを起こして亡くなるという痛ましい出来事をお伝えしたことがある。

時として食べ物アレルギーは、死を招く可能性もあるため厳重な注意が必要である。そんななか、ピーナッツアレルギーの青年が ‟新入生いじめ” でピーナッツバターを顔中に塗られ、危険な状態に陥っていたのというのだ。

続きを全部読む

【検証】花粉症じゃない人の目に “花粉をたっぷり” ブチ込んだらこうなった

ツラい、ツラい、マジでツラい。花粉症はマジでツラい。花粉から逃げ切る術はほぼなく、部屋の中だろうとヤツらは目や鼻に侵入してきやがる。鼻水は “スンッ” と流れ落ち、目をパッチリ開き続けることも困難だ。だがしかし……。

こんなにツラいのに「花粉症じゃない人」からすると、何がどう苦しいかサッパリわからないらしい。……それだけならいいが、中には「大げさでしょ(笑)」などと小馬鹿にしてくるヤツらまでいる……許せん! お前ら……強制的に花粉症にしてやるからな!!

続きを全部読む

夫にアレルギー反応を起こしてしまう妻の生活が壮絶 / 難病と闘う夫婦の愛に感動!

ひと昔前に比べると、最近はアレルギーを持った人が増えたとも言われている。大気汚染や食品に加えられた添加物などにアレルギー反応を起こし、様々な症状に苦しむ人がたくさんいる。

そして、なかには人にもアレルギー反応を示し、愛する夫の手を握ることも出来ない女性がいるというのだ。そんな難病、マスト細胞活性化症候群と闘う夫婦について、お伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【なぜ?】女性が恋人とキス → 直後に死亡 / 母親がその危険性を訴える

いつ何が起きて、人は命を落とすか分からない。重大疾患を抱えていなくても事故に巻き込まれることもあるし、思わぬことで最後の時を迎えてしまう場合もある。

まさに、そんな事態に陥ってしまった女性がいるので紹介したい。彼女は、不注意で恋人とキスしてしまったばかりに尊い命を失い、彼女の母親が、その危険性を真摯に訴えているのだ。

続きを全部読む

1日に1万2000回もくしゃみが出る少女 / 原因は不明! くしゃみのせいで食事もとれず学校にも行けない状態に

花粉症や鼻炎アレルギーに悩まされている人は、くしゃみが止らない辛さを痛いほど分かっているだろう。かくいう筆者も、風邪でもないのに突然くしゃみを連発することがあるので、アレルギーを持っているようだ。

それほど症状がひどくないうちは生活に支障は出ないが、ある少女は、なんと1日に1万2000回もくしゃみが出るというのである!! そのため、学校にも行けない状態になってしまった気の毒な少女についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【動画あり】カフェインアレルギーの女子がノンカフェインのペプシを初めて飲んだらこうなった!

疲れた朝に、シャキっ! と目覚める助けとなるのがカフェインだ。読者のなかでも毎朝欠かさずコーヒーを飲んだりして、1日を始めるエンジン代わりにカフェインを取っている人もいるだろう。

しかし、世の中にはカフェインアレルギーのため、カフェインを含んだ飲食料を摂取できない人がいる。そんなアレルギーを持っている女子が、初めてペプシを飲んだらこうなった! という動画「Girl cries after tasting Pepsi for the first time」が話題を呼んでいるので紹介したい。一体彼女は、初めて体験する味にどんな反応を示すのだろうか!?

続きを全部読む

【過酷な宿命】人の肌や頭皮から放たれる微細な粒子に過敏反応してしまう「人間アレルギー」の犬アダム

犬や猫に接すると、くしゃみや鼻水が出たり、咳き込んでぜんそくのような発作を起こす人がいる。これは犬・猫のアレルギーで、体毛やフケ、唾液などがアレルゲン(抗原)となってこれらの症状が出てしまうのだ。犬や猫が好きなのに接することができないというのは、悩ましいところである。

では、逆に犬猫にはこの逆のケースが存在するのだろうか? つまり、犬猫の「人間アレルギー」である。もしもそうなった場合、飼い主と接することが大変難しくなってしまう。しかも彼らはその意志を言葉で伝えることができないのだ。実際にアメリカの動物保護施設で、人間アレルギーの犬が見つかった。その犬アダムは施設にやってきた当初、脱毛と皮膚炎に苦しんでいたという。

続きを全部読む

2億3000万人に1人発症する『重度の水アレルギー』と診断された女性が語る「汗をかいたり涙を流しても命に危険」

アレルギーといっても花粉アレルギーからグルテン過敏症など多岐にわたるが、もし生活に欠かせない水にアレルギーがあったら大変である。そんな2億3000万人に1人の割合で発症すると言われる「重度の水アレルギー」にかかった女性が、自分の汗や涙でさえ命に危険がおよぶと語っているのだ。

続きを全部読む

【衝撃】鼻水が止まらない → 鼻から脳脊髄液が漏れていたことが判明!

今年もスギやヒノキの花粉に、多くの人が苦しめられたことだろう。花粉症でなくとも、風邪や何らかのアレルギーで、鼻水が止まらなくなったという経験は誰でもあるのではないだろうか。

ところが、鼻水だと思っていたらまったく違うものが流れていたというケースもあるらしい。ある米国人が、長引く鼻水に耐えかねて検査を受けたところ、なんと脳の髄液(ずいえき)が鼻から漏れていたことが判明したのだ。

続きを全部読む

【注意喚起】お好み焼き粉を開封してから常温で長期保存するとハンパない数のダニが繁殖するらしい

家でお好み焼きを作る時、必要になるのが「お好み焼き粉」である。小麦粉でも作れるが、専用の粉を使う人の方が多いのでは? そんなお好み焼き粉に関する恐ろしいニュースが静かな話題になっている。

どんなニュースなのかというと……ずばり、「お好み焼き粉を開封してから常温で長期保存するとハンパない数のダニが繁殖する」である。1グラムあたり2万匹以上のダニが見つかったこともあるという。しょええええええっ!

続きを全部読む

寒い時期は要注意!「洗濯物の部屋干しは健康に悪影響」との研究結果

天気が悪い日の洗濯物、みなさんはどうやって乾かしているだろうか。乾燥機派、部屋干し派、そもそも洗濯を諦める派……それぞれに自分なりのやり方があるだろうが、もしもあなたが部屋干し派ならば要注意だ。

ある研究によると、「部屋干しは健康に悪影響を及ぼす恐れがあり、特に喘息(ぜんそく)やアレルギーを持っている人にとっては良くない」とのことで、専門家らがその危険性を訴えているのだ。

続きを全部読む

「天職」という言葉がある。これは生まれもって、その人に相応しい職業のことを指すのだが、それとは正反対の職業についてしまう人もいるだろう。フィル・インクリー氏(36歳)は、まさしくその人。コンピュータ技術者でありながら、テクノロジー・アレルギーなのであ~る。冗談みたいなホントの話、彼の症状はかなり深刻だ。パソコンや携帯電話などが身近にあると、鼻血出たり偏頭痛が起きたり、ひどいときには失神してしまうという。どうしてこのようなことになってしまったのだろうか?

続きを全部読む

アレルギーの原因は、食物、金属、犬猫など様々。日々悩んでいる方も多いことでしょう。

アメリカの「MSN NEWS my health news daily」では、1歳の頃にペットの犬や猫に接することで、動物アレルギーになりにくくなるという研究結果を発表しています。

続きを全部読む

フードアレルギーでご飯しか食べられない女性

世の中にはさまざまな物に対してのアレルギー症状を持つ人が存在する。お金、雨水、チョコレート、タバコの煙などなど。これらに対する拒絶反応のために、大変な生活を送っているのだ。最近、生活に欠くことのできないある物への反応のために、不自由を強いられているある女性の存在が明らかとなった。その女性は、なんとフードアレルギーのために、12年間も白米だけの食事で生活しているという。

続きを全部読む

近年の日本の住宅環境は、アレルギー疾患の増加を背景に、ダニの温床となりやすいカーペット面積が減少、フローリング面積が増加し大半を占めるようになっている。これにより、最近ではハイパワー化した掃除機の排気風による床面のハウスダストの舞い上げが問題となっている。そうした問題を解決するために、三洋電機が新たな掃除機を投入する。

三洋電機は2010年9月1日、集塵能力をさらに進化させ、0.08マイクロメートル以上の微粒子をほぼ100%捕塵し、細菌やウイルスもキャッチする空間清浄サイクロン『エアシス』を10月21日より発売すると発表した。さらに、新ブラシ搭載でハウスダストが溜まりやすい部屋の隅、角、すき間も一気に掃除ができるという。価格は、オープンプライス。メーカー希望小売価格は、11万5,500円(税込み)。

続きを全部読む

 
皆さんは、朝起きたときに突然クシャミが出たり、鼻水が出たり、鼻づまりになった経験はありませんか? 風邪をひいていたり、鼻炎アレルギーでもないのに、寝起きのときだけそんな症状が出てしまう。それを『モーニングアタック』といい、原因も究明されているのです。
 
『モーニングアタック』とは、私たちが起きているときに機能している交感神経と、睡眠しているときに機能している副交感神経の移行が脳内でうまくいかず、そのときの弊害としてクシャミや鼻水、鼻づまりが発生するという症状です。
 
寝ているうちに顔面や布団に積もったチリやホコリが鼻から入って粘膜を刺激し、クシャミや鼻水を発生させることもあるそうですが、いくら部屋を清潔にしていても朝からクシャミが止まらないという人は、『モーニングアタック』の可能性を考えてもいいかもしれないですね。
 
そんな『モーニングアタック』ですが、いくつか予防することができる方法があるそうです。取材班が行きつけの医師にお話をうかがったところ、「寝不足にならない、疲れすぎない、ストレスをためない」というのが『モーニングアタック』の予防につながるらしい。また『アレジオン』というアレルギーを抑える薬も、人によっては効果的なのだとか(入手や使用には医師の処方箋が必要)。
 
『モーニングアタック』で悩んでいるOLの東山さん(24歳)は、『モーニングアタック』予防のために「寝る前に12時間くらい効果がある鼻炎カプセルを飲んでいます」とのこと。それにより、わずかですが寝起きに『モーニングアタック』の症状がやわらぐのだとか。しかし、健康のためにもずっと医薬品ばかり飲んで症状を軽減させつづけるわけにいかないですよね。
 
『モーニングアタック』にお困りの方は、医師に相談して効果的な治療をしてもらうのが得策のようです。医師によると、もともと鼻炎アレルギーの人ほど『モーニングアタック』になった場合の症状はひどくなるらしいので「私って鼻アレルギーだけど、もしかして『モーニングアタック』になっているかも?」という方は、お気をつけください。
 
 
<あの人はこんな最近の記事も読んでいます>
マクドナルドの秘密! タイのドナルドは日本語上手!
ゲームメーカー美少女コンパニオン集【東京ゲームショウ2008】
ゲームメーカー美少女コンパニオン集【東京ゲームショウ2008】
今年のゲームショウで注目のベスト3【東京ゲームショウ2008】
当取材班の乗った長距離バスから人が転落・その瞬間の動画
 
執筆:インターニューススタッフ