「アメリカ人」にまつわる記事

【大発見】フライドチキン好きのアメリカ人にセブン・ローソン・ファミマのチキンを食べ比べてもらったら、アメリカ人の意外な側面が見えた!!

以前の記事で、アメリカ人がおかしいと感じる「日本のピザのトッピング」についてお伝えした。ロケットニュース24英語版のアメリカ人、プレストン(別名:キングP from コロラド)は、コーン・ポテト・マヨネーズがピザに乗っていることが納得できないそうだ。

では、これまたアメリカを象徴する料理のひとつ、「フライドチキン」はどうなのだろうか? 大手コンビニ3社のチキンを買ってきて、それぞれをプレストンに食べ比べてもらった。彼はどのチキンが気に入るのだろうか?

続きを全部読む

ユネスコの世界遺産委員会が7月5日、「明治日本の産業革命遺産」を全会一致で世界文化遺産に登録することを決定した。

喜ばしいことかと思いきや、日本の佐藤地ユネスコ大使が「1940年代に一部の施設で大勢の朝鮮半島に人々などが意に反して厳しい環境下で労働を強いられた」と述べた。

また、その内容を英文で説明する際に『forced to work』と、強制労働があったと思われる文言を使用してしまったため、日本政府が「強制労働」を認めたと解釈されてしまうのでは? という懸念の声があがっているのだ。

続きを全部読む

温泉に入ったことがないアメリカ人を温泉へ連れて行ってみた

日本が誇る名湯といえば、群馬県にある「草津温泉」だ。温泉街の中心地にある観光地『湯畑』は、平日でも多くの観光客が訪れる。

そんな草津温泉は日本人ならなじみ深い場所だが、風呂に入る文化のあまりないアメリカ人が行ってみたら、どう思うのだろうか?

続きを全部読む

アメリカ人は「週に23時間ネット上の交流」に費やしていることが判明

ある調査によると、日本人は週に平均49時間、アメリカ人は週に平均40時間、ネットを利用しているという。だが、ひとくちに「ネットを利用」といっても、どのように使っているのかは人それぞれだ。ニュースサイトや動画サイトを見ている人もいるだろうし、買い物に使っている人、オークションや株取引に使っている人もいるだろう。

しかし、おそらくネット利用者のほぼ全員がやっていることといえば、Eメールや SNS を使っての「ネット上の交流」であろう。はたして、どのくらいの時間をネット交流に費やしているのだろうか? ということで今回は、アメリカにおける調査結果をお伝えしたい。

続きを全部読む

日本人とアメリカ人は物の見方が全然違う! 絵をどんなふうに見るかであなたの文化がわかる簡単テスト

突然だが、まずは5秒間、この絵をご覧いただきたい。

5秒経ったら、いま見たものがどのような絵だったかを簡単に言い表してみてほしい。このとき絵を見てはいけない。記憶や自分が受けた印象などを頼りに、どんな絵だったかを言葉にしてみよう。その言葉が、あなたの文化を表しているそうだ。

続きを全部読む

こんなに日本を愛してくれてありがとう! アメリカ人イケメンが歌う日本LOVE曲が世界で大ヒット!!

彼と友達になりた~い! そう思わずにはいられないほど素敵すぎるアメリカ人イケメンが、現在世界のネットユーザーたちをアツくさせている。

ニューヨーク出身のAlex Yorkという名前の彼は、この度『AMERICAN BOY』という曲のミュージックビデオをYouTubeに公開した。この曲は、彼の日本旅行体験をもとにして作られたものなのだが、その内容が素敵すぎるのだ!

続きを全部読む

「アメリカ人は年とともに賢くなるが、日本人は25歳から75歳まで知能が変わらない」という驚愕の研究結果

年をとるにつれて、人は賢くなっていく。きっと多くの人がこう思っていることだろう。しかしあなたが日本人であるなら、これはどうやら間違いのようだ。なぜなら日本人の知能は25歳から75歳まで変わらないから。

これはカナダのウォータールー大学の研究により分かったことで、25歳から知能がそれほど変化しない日本人に対して、アメリカ人は年をとるにつれて賢くなっていくという。

ウォータールー大学は186人の日本人、225人のアメリカ人に協力してもらい、次のような研究結果を導き出している。

続きを全部読む

【インタビュー取材】アメリカ人に聞いてみた「日本のイメージ」「日本でしたいこと」「会ってみたい日本人」

アメリカといえば○○○なイメージ、中国といえば○○○なイメージというように、みなさん世界の国々に対して、様々なイメージを持っていることだろう。しかし逆に、世界が抱いている日本のイメージとはどんなものなのだろうか? 日本で生まれ育った私たち日本人にとって「日本のイメージ」とは想像できそうで、なかなかできない。

ということで前回に続いて、10月13~16日に開催された「ニューヨーク・コミック・ コン」(New York Comic Con)で出会ったアメリカ人の方に、「日本のイメージ」、そして「日本でしたいこと」、「日本の変なところ」、「会ってみたい日本人」についてインタビュー取材してきた。

インタビューした40人のうち2人しか日本に行ったことがなく、彼らの声は海外での日本のイメージを知る上でまさに最適の資料と言えるだろう。それでは、自分が想像する日本のイメージと、海外の方が実際に抱いている日本のイメージを比べながら、今回のインタビューを見ていってほしい。

続きを全部読む