「アボカド」にまつわる記事

【海外トレンド!?】カフェラテを「ニンジンやアボカドをくり抜いたカップ」に入れるアイディアが奇想天外! 意外性が大人気に

最近は、個人が経営する個性的なカフェや独立系ロースタリーが増えはじめ、独自のスタイルを打ち出して人気を博している。

そんななか、ラテを「人参やアボカドをくり抜いたカップ」に入れるカフェが、話題になっているというので紹介したい。どうやら、海外ではトレンドになりつつあるようだぞ!

続きを全部読む

【あなたは大丈夫?】アボカドの “危険な切り方” でケガ人続出らしい

トロ〜リおいしいアボカド。サラダでも、寿司でも、ハンバーガーでも、どんな食べ方をしてもおいしいアボカド。思い浮かべるだけでウットリしてしまうアボカド……が、今。この “夢の食べ物”のせいで怪我人が続出しているそう。

アボカドを “危険な方法” で切っていて、ナイフで手をグッサリやってしまうのだとか……って、痛そうだなあ。オイ!

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第43回:一週間寝かせた熟成アボカドが激ウマ! 世にも珍しい自然派バーガーショップ / 三軒茶屋「ハラカラ。」

今や食卓になくてはならない存在となったアボカド。美味しくてリーズナブル、しかも栄養満点とくれば人気にならない訳がない。ハンバーガーとの相性もバッチリで、おそらく「ベーコン」「チーズ」と並ぶ3大トッピングのひとつであろう。

第43回を迎えた『最強ハンバーガー決定戦』でご紹介するのは、そのアボカドがとんでもない存在感を放っている、東京・三軒茶屋の『ハラカラ。』である。なんと1週間熟成させたアボカドしか使用しないという、こだわりのアボカドバーガーは必食だ。

続きを全部読む

【そこかよ】トランプの ‟メキシコの壁” 建設計画にネット民はアボカドの心配 「タコベルがワカモレ不足になる」など

第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が就任し、まだ10日ほどしか経っていない。にもかかわらず、イスラム教徒が多い中東・アフリカ7カ国のビザ発給を90日間凍結するよう大統領令が発せられ、メキシコ国境に壁を張り巡らせる計画が推進されている。

世界各地で新大統領に対する激しい抗議運動が起こるなか、 メキシコの壁建設計画について、アボカドを心配するネット民が続出しているというのだ!

続きを全部読む

ケロッグ「半分に切ったアボカドにコーンフレークを盛っただけ!」という斬新レシピを発表してネット民を困惑させる

朝食といえばご飯やパンが主流だが、サクサクッとコーンフレークで簡単に済ませる人も多いはず。なんて言ったって、早い、安い、ウマいからね! そんなコーンフレークの王様である『ケロッグ』が、不思議なレシピを公開してネット民を困惑させている。

それは……「半分に切ったアボカドにコーンフレークをのっけただけ」というもの。えーと、ちょっと強引すぎやしませんか?

続きを全部読む

【食べにくい疑惑】バンズをアボカドに変えちゃったハンバーガー「丸ごとアボカド・バーガー」が爆誕!!

ハンバーガーのバンズに代わりに、ライスやラーメン、フライドポテトなどで挟む、新感覚のハンバーガーが続々と登場している。食べたら美味しいのだろうが、炭水化物タップリでヘルシーとは言い難いバーガーに対し、この度、バンズをヘルシーな ‟ある物” に変えちゃったハンバーガーが、斬新だと話題を呼んでいる。

しかし、健康路線の狙いは買いたいところだが、「なんだか食べにくそうじゃね!?」と、ツッコミを入れたくなってしまうのである!

続きを全部読む

客「このアボカドが腐ってる!」とFacebookでクレーム → 店が見事に客の噓を見破る! その反撃がガツンとくる件

スイカやメロンなど、中が熟れているのか分からない果物や野菜は、叩いてみたりして買う時に慎重になってしまうものだ。そして、なかでも難しいのがアボカドで、触って熟れていることは分かっても実が黒ずんでいたり、繊維のような筋がたくさん入っていることがあるので注意が必要だ。

そんな、当たりハズレが多いアボカドだが、ある客が「このアボカド腐ってました! 」とFacebookでクレームをつけたという。すると……いとも簡単に店側が客の嘘を見破ってしまったのだ!

続きを全部読む

【超簡単】167円で作れる激ウマレシピ! 私は「アボカド豆腐」に命を救われました

お金が底をつきそうな月末。このまま外食を続けていると給料日まで持たない……でも、料理するのは面倒くさい。そんな時の強い味方が「超簡単・安い・ウマい」と3拍子そろった貧乏飯である。

私(中澤)は、ロケットニュース24に来る前の8カ月間、貧乏飯を研究していた。……というより研究せざるをえなかった。無職だったからね。今回は、そんな死と隣り合わせの研究の中でも “最強” のレシピをご紹介したい。

続きを全部読む

【コラム】「アボガドじゃないよ “アボカド” だよ(笑)」とイチイチ訂正してくる人はなんのつもりなのか?

日本語は美しい。普段何気なく使っている日本語だが、よくよく注意すると、きめ細やかなで繊細な言語であることに気付く。例えば、「かわいい」という意味の日本語だけでも、愛らしい・愛くるしい・愛愛しい……などと様々な表現がある。

できれば正しい日本語を使いたいものだが、言葉は常に進化し続ける。特に現代日本語において、横文字外来語を使わずに会話することは、不可能であると言ってもいい。今回はその外来語を、「どこまで正しく使わなくてはいけないのか?」について話したい。

続きを全部読む