「アノニマス」にまつわる記事

北朝鮮と韓国でIT戦争勃発か? 両国のサイトが次々とハッキング攻撃を受ける事態に

国際的なハッカー集団「アノニマス」は、2013年6月25日に北朝鮮の複数のサイトを攻撃すると声明を出していた。ところがその日を迎えると、驚くべき事態が発生した。

・韓国大統領府のサイトが攻撃を受ける

韓国大統領府(青瓦台)のサイトが、同日9時半頃ハッキング攻撃を受けたと報道があったのだ。大統領府サイトのトップページに「Hacked by Anonymous」と記載され、アノニマスのシンボルである「ガイ・フォークス」のマスクを被った人物の画像が表示されていた模様だ。北朝鮮を攻撃すると声明していたはずだったが、これは一体?

続きを全部読む

【画像あり】北朝鮮関連サイトが次々と無慈悲すぎるサイバー攻撃を受ける / サイトに飛ぶと「ブタになった金正恩氏」の画像が表示

刻一刻と緊張感が増す北朝鮮。核攻撃を含む「無慈悲な作戦」を承認したうえ、戦争が勃発するまで「1分1秒を争う段階」と朝鮮人民軍が話しているという報道もあるなか、北朝鮮関連のサイトが次々と無慈悲なサイバー攻撃を受けていることが判明した。

どんな攻撃を受けているのかは、北朝鮮の公式ツイッターアカウント「uriminzok」を見ればよく分かる。

続きを全部読む

世界的に知られる匿名のハッカー集団「アノニマス」の自称リーダーが、米・テキサス州ダラス郡で逮捕された。ダラスの当局はその人物の身柄を拘束し、すでにFBIに引き渡したと伝えている。FBIは公式なコメントを控えているのだが、メンバー逮捕によるアノニマスへの影響はあるのだろうか? そして匿名集団のリーダーとはいかなる人物なのか?

続きを全部読む

国際ハッカー集団アノニマスがコミケ会場に来る! コミケ初日に作戦実行を宣言

日本では10月1日より違法ダウンロード罰則化が施行される。それに強く抗議し日本の政府機関や関係団体に宣戦布告、次々と攻撃したことで日本中に名前が知られた国際的ハッカー集団「アノニマス」。

彼らは違法ダウンロード罰則化以外にも児童ポルノサイト撲滅運動など各方面で抗議・行動をしている。8月8日に公式Twitterに「状況は予断を許さない。我々は緊急行動を発動する」とツイート。その動向が注目されていたが、ついに行動内容が明らかになった。

彼らは「8月10日、有明のやぐら橋付近で清掃活動を行う」と、宣言したのである。有明と言えば日本最大規模の同人誌の祭典『コミックマーケット』の会場、そして8月10日はその初日だ。

続きを全部読む

国際的ハッカー集団アノニマスが今度は小児性愛者に対して宣戦布告 / 児童ポルノサイト撲滅作戦を開始!

先日、日本で違法ダウンロードが罰則化されたことへの抗議として、政府機関等に対して宣戦布告し、一躍注目を集めた国際的ハッカー集団アノニマス。

今回新たな作戦を発表したことで話題を呼んでいる。今回のターゲットは児童ポルノサイト、作戦名は「オペレーション・ペドチャット(Operation PedoChat)」である。「ペド」とは小児性愛者のことだ。

続きを全部読む

国際的ハッカー集団アノニマスが7月7日に渋谷で作戦を行うことを宣言!

違法ダウンロード罰則化を織り込む改正著作権法が成立され、10月1日から施行される日本。それに強く抗議するのが国際的ハッカー集団「アノニマス」であり、日本の政府機関や関係団体に宣戦布告、次々と攻撃したことは記憶に新しい。

その結果、ついに警視庁も本格捜査へ乗り出すなど、一瞬も目が離せない状況であるが、またもアノニマスが日本に向けた作戦を発表した。その名も「オペレーション・アノニマス・クリーニング・サービス(Operation Anonymous Cleaning Service)」。通称「OpACS」こと、街頭清掃作戦である。

続きを全部読む

国際的ハッカー集団アノニマスの日本語ツイートがカワイイと話題に「でもちょっとミスしました。誤爆ごめんな(笑) やっぱり日本語は難しい。」

違法ダウンロード罰則化を織り込む改正著作権法が成立され、10月1日から施行される日本だが、この内容を疑問視する声は日本国中から数多くあがっている。

そんななか、国際的なハッカー集団「アノニマス」も日本の違法ダウンロード罰則化を疑問視。

日本の政府機関や関係団体などに対し宣戦布告し、次々とネット上からサイトを攻撃している真っ最中であるが、彼らがツイッターで発した日本語ツイートが実に可愛らしいと話題になっている。

続きを全部読む

ソニーに攻撃を仕掛けたハッカー集団が声明、「我々がCIAを攻撃した」

ソニーのプレーステーションネットワークに攻撃を仕掛けたと見られるハッカー集団「ラルズセック(LulzSec)」が新たな犯行声明を出した。先日、同じ容疑でスペインのハッカー「アノニマス」のメンバーが逮捕されたのだが、事件との関与が確認されず、即日釈放された。それをよそに、ラルズセックが新たなハッカー攻撃について言及したのだ。

彼らが標的としたは、CIA(米中央情報局)だ。この攻撃により、約2時間もの間、CIAのサイトはアクセスできない状況が続き(現在は復旧済み)、世界中に衝撃を与えている。

続きを全部読む