「アップル社」にまつわる記事

【米国】サムスンの『GALAXY Tab 10.1』販売に仮差し止め判決  「GALAXY TabにはiPadの模倣が認められる」

6月28日は韓国サムスン電子のスマートフォン「GALAXY S3」の発売日だ。海外ではすでに発売されている国もあり、需要に供給が追いつかないほどの人気を博していると伝えられている。

GALAXYシリーズはアップル社のiPhoneやiPadと並びスマホ・タブレット市場を二分する人気機種として知られている。だが、同時に両社の間では特許をめぐる争いが絶えないこともよく知られているのではないだろうか。

そんななか、アメリカ司法がひとつの判断を下した。サムスンのタブレット「GALAXY Tab 10.1」はアップルの特許を侵害しているとして米国内での販売を差し止めるというのである。

続きを全部読む

中国政府が米国アップル社にブチギレ! 「中国人が権利侵害を受けている。アップルは著作権保護を徹底すべき」 

iPhoneやiPad、iPod touchのユーザーでApp Store(アップストア)を利用したことがない人はいないだろう。これはアップル社が展開するアプリケーションのダウンロードサービスだ。

アプリ次第でビジネスツールにもゲーム機にもブックリーダーにもなり、大変便利なのだが、そこで切っても切れないのが著作権問題である。第三者が権利の保有者に無断で販売するケースが多発し問題化。同サービスは「盗品市場」と揶揄されることもある。

そんななか、中国政府が、中国人も権利侵害を受けているとし「アップル社はAppストアにおける著作権保護を徹底すべき」と苦言を呈した。

続きを全部読む

あの感激を永遠に……「新品のMacBookを開封したときの香り」の香水が開発される

新品の箱を開けるのはドキドキワクワク! 欲しかったものがついに自分のものになる瞬間。中身がわかっていても嬉しいものだ。だが、その感動は時とともに薄れてゆくもの。それを永遠に楽しめたらどうだろうか。

オーストラリアで「新品のMacBookを開封したときの香り」を再現したフレグランスが開発された。え、開封したときの香りがいつでも味わえるだと!?

続きを全部読む

ジョブズ伝記本の日本語翻訳者がブログで告白 / ぎりぎり死なない範囲まで疲れるように調整

アップル社の創設者でありiPhoneの生みの親でもあるスティーブ・ジョブズ氏。彼は2011年10月5日、くしくも新製品『iPhone4S』発表の翌日にこの世を去りました。

彼の死を受けて、オフィシャル伝記本『スティーブ・ジョブズ』日本語訳版(IとIIの2冊で合計3990円/講談社)が、当初の発売日よりひと足早く緊急発売されました。

その日本語訳を行った井口耕二氏が、自身のブログで伝記本『スティーブ・ジョブズ』の翻訳作業について裏話を語っています。どうやら、かなり大変な作業だったようです。

続きを全部読む