「アカウント」にまつわる記事

【喫煙悲報】iQOS(アイコス)のサイトにログインできない問題が発生中! パスワード再設定もできずアカウントを捨てるしかない!?

紙巻きたばこから電気加熱式たばこに切り替える人が増えている。日本では、iQOS(アイコス)・glo(グロー)・PloomTECH(プルームテック)の3種類が販売されているのだが、いずれも品薄状態が続いており、供給が安定するにはまだ時間がかかりそうだ。

3種のなかで、フィリップモリスジャパンが販売しているアイコスは、日本における加熱式たばこのパイオニアであり、市場をけん引しているといっても過言ではない。ところが、そのアイコスのサイトにログインできないユーザーがいるもよう。アイコスのWebシステムに、何か問題が起きているのだろうか?

続きを全部読む

【ヤバイ】声優の上坂すみれさんのメイドコスに変態が群がる / ネット民「ママ…」「だいしゅきだいしゅきだうだうばびゅっ〜」

今勢いのある声優と言えば「すみぺ」こと上坂すみれさんである。清純派のルックスでロックにミリタリー、ロシアに精通する彼女は、声優好き男性の女神と言っても過言ではない。

そんなマジ可愛いすみぺが、メイドのコスプレを Twitter に投稿した。はあ……ホンマ可愛ええ。ケースに入れて鑑賞したいわ。この投稿に変態がガンガン吸い寄せられているのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【注意喚起】「『LINEみどりくじ』【公式】」という偽アカウントが出回っているもよう / 誤って拡散しないように気を付けよう

2017年5月1日、LINEに関するデマがTwitter上で拡散されているようだ。LINEのTwitter 公式アカウント(@LINEjp_official)は、「『LINEみどりくじ』【公式】」という偽アカウントが出回っているから注意するようにと呼び掛けている。

続きを全部読む

【就活の闇】面接官はSNSで「名前」を検索されている / ネットに強いと思っているオジサンはマジで要注意!!

SNSの利用は、十分に注意しなければならない。というのも、就活している人にとっては、思わぬ投稿が合否に影響を及ぼす場合があるからだ。面接官は過去の投稿を見ているかもしれない。

最近、そんな話を20代の女性としていたところ、予想外の答えが返ってきた。「それ、面接官も一緒ですよね?」、私(佐藤)は一瞬面食らってしまったが、たしかにそうだ。試す側もまた、試されることになる。ネットに長けているつもりの30~40代は要注意。SNSを甘く見ると、痛い目に遭うぞ~。

続きを全部読む

【ポケモンGO】削除したはずのアカウント消えてないかも! 運営「削除プロセス変更のためできず」 → 訳がわからないので問い合わせてみた

みんな、ポケモンGOやってるかー!? 「もう辞めちゃったよ」という人も少なくないだろう。そんなとき覚えておきたいアカウント削除の方法は、以前の記事で紹介した通り。私(沢井)も、アカウントを取り直すために一度古いものを削除依頼済みだ。2カ月前の2016年7月に。

それに関し、衝撃的なメールが届いた。なんと「削除プロセスが変わったから、削除できなかった」というのだ。さらに「再申請して」とも。ファーーーーッ!? ちょ……何その後出しジャンケン! 一体どういうことなのか、ダメモトで問い合わせてみた。

続きを全部読む

インスタを停止していたジャスティン・ビーバーが早々にアカウントを復活 → 実は単なるアクシデントだったことが判明!

2016年8月上旬に3年振りの来日を果たし、再び、日本女子のハートを震いに震わせた人気歌手ジャスティン・ビーバー。つい先日、ファンの嫌がらせにブチギレた彼が、画像共有サイトInstagramのアカウントを停止したとのニュースを、お伝えしたばかりだった。

ところが、そこはお騒がせのジャスティンのこと、なんと、2週間も経たないうちにアカウントを復活させてしまったのだ!! ……と思いきや、実は単なるアクシデントだったことが判明し、またもやファンをガッカリさせていたというのである!

続きを全部読む

SONY 吉田修平さん、Twitter アカウントが乗っ取り被害か / 犯人は『ポケモンGO』やザッカーバーグ氏などを攻撃したハッカー集団の可能性

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント傘下のSIEワールドワイド・スタジオ プレジデントといえば、吉田修平さん。そう、日本だけでなく世界でも最も有名なゲーム業界人の1人である。

2016年7月20日、そんな吉田さんの Twitter アカウントが何者かに乗っ取られたという。

続きを全部読む

“本名” が放送禁止用語だという男性がFacebookでアカウント凍結を食らって大きな話題に! → 偽名だったと判明

多くの読者がFacebookを利用していると思うが、TwitterやInstagramなどのSNSとは異なり、Facebookは実名登録が求められている。

そんななか、ちょっと変わった名前を持つ男性がFacebookにより偽名判定され、アカウントを凍結されてしまったというのである! 実名なのに、アカウントを締め出されてしまったとは気の毒な話。ネット上で話題になっていたのだが、騒動後、その人物が悪ふざけをしていただけだと、判明したというのだ!

続きを全部読む

自分の名前をTwitterでアカウント検索してみろ! 一般人のなりすまし被害が相次いでいるらしいぞ

私(佐藤)は、時々 Twitter で自分の名前を検索している。いわゆる「エゴサーチ」というヤツだ。たまに街で声をかけられることがあり、一緒に写真を撮ったりしているので、会ったことを喜んでもらえたかどうか気になって、検索している。

今まで投稿だけを検索していたのだが、「佐藤英典」でアカウントを検索してみたところ、ちょっと驚くようなことに気づいた。それはほとんど投稿がないアカウントがいくつか見つかったのだ。これは同姓同名の人たちなのだろうか? それとも……。あなたも念のため自分の名前で検索してみると良いだろう。

続きを全部読む

LINEが注意喚起! 電話番号や認証番号を尋ねてくるなりすましに十分に注意しよう!!

コミュニケーションツールとしてすっかり定着している「LINE」。その利便性を逆手にとって、悪用するケースが後を絶たない。昨年秋口にはアカウントを乗っ取って、iTunesカードなどを購入させるケースが続出していた。

最近になって新手のなりすましのケースが発生しているようだ。LINEの公式ブログによると、電話番号や認証番号を聞き出す被害が報告されている。これに乗ってしまうと、自分のアカウントが使用できなくなるので十分に注意しよう。

続きを全部読む

死んだら自分のFacebookアカウントはどうなる? Facebookが「過去の出来事」を追悼機能として提供すると発表

毎日使っているFacebookやツイッターなどのSNSアカウントが、自分が死んだらどうなるか考えたことがある人はいるだろうか? そんな疑問に答えるべく、Facebookが今までの「故人のアカウントに関する方針」を変更し、新たな機能を追加したことを発表したのでその内容をお伝えしたい。

続きを全部読む

Twitterのアカウント乗っ取りに注意! アンケートで「パスワード」を求められても絶対入力してはダメ

インターネットサービスで利用するアカウントやパスワードの管理は十分にされているでしょうか。Twitterでアカウントを乗っ取るアンケートが見つかり、ここ数日、物議をかもしています。

もしもそのようなサービスを発見しパスワードの入力を求められても、入力しないようにしてください。今回見つかったアンケートは、次の内容を表示していたようです。

続きを全部読む

【衝撃】AP通信Twitter「ホワイトハウスで二回の爆発、オバマ大統領負傷」と報じる → 2分で13.5兆円消失

最近Twitterのハッキング騒動が増えています。つい先日も吉野家のアカウントがハッキングされたのではないか、という騒動がありました。

そんななか、アメリカの大手通信社 AP通信(The Associated Press)が衝撃的な情報をTwitterに投稿し、一時株価が乱高下する騒ぎになっています。以下はその投稿内容です。

続きを全部読む

【マジかよ速報】ヤフオクで『ドラクエX』のアカウントが25万円で落札された!? すべての職業が高レベルで高額ゴールド付き

『Wii』のオンラインゲームとして人気を博している『ドラゴンクエストX』(スクウェア・エニックス)。そのアカウントがインターネットオークション『Yahoo!オークション』に出品され、約25万円という高額な価格で落札された(入札数が0になっているが)。詳細は以下のとおり。

続きを全部読む

ハッカーはいちばん身近な所にいる!? 約10人に1人は恋人のオンラインアカウントにアクセスしたことある

他人のコンピュータに不正に侵入することなどを意味する、いわゆるハッキング、もしくはクラッキングと呼ばれる行為。コンピュータに熟知した、自分とは無関係の第三者によるものだと、あなたが思っているならば、それは大きな間違いである。

最新のある調査によると、「男性の10パーセント、女性の6パーセントが、恋人のオンラインアカウントを勝手に使い、ソーシャルメディアなどを盗み見したことがある」という事実が判明したのだ。

続きを全部読む

世界最大のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)と言えば、言わずと知れたFacebookだ。パソコンを使っている人であれば、Facebookという名前を一度は聞いたことがあるだろう。

Facebookは、mixiでお馴染みの日記のような使い方だけでなく、コカ・コーラやレディー・ガガのファンページに代表されるように、プロモーションとしての役割も果たしている。

そんなFacebookの世界にエリザベス女王でお馴染みの英国王室が公式アカウントを開設したのだ。

続きを全部読む