「どら焼き」にまつわる記事

【豆知識】ドラえもんの「どら焼き」のモデルになった商品を売る店『時屋』の特大どら焼きがデカすぎるッ!!

ドラえもんの大好物といえば、どら焼きである。そのどら焼きのモデルになった商品を販売するお店が、東京・新宿にある。小田急ハルク1階の甘味処「時屋」だ。

ここには、途方もないデカさの商品が存在する。その名も「特大どら焼き」(2750円)。実際に購入してみたところ、顔が大きいと言われる編集長GO羽鳥の顔よりデカかった!!

続きを全部読む

【第8回】グルメライター格付けチェック『どら焼き』編 !「文明堂の高級どら焼き」vs「コンビニの100円どら焼き」

ここ最近、“ネットリテラシー” に関する話題が尽きない。バイラルメディアやキュレーションメディア、さらにはデマまとめサイトが問題となり、ネットの情報が必ずしも正しいとは限らないことが明るみになりつつある。我々ロケットニュース24も “伝える側” にいるが、本当に正しい情報をお届けできているだろうか? 

例えばグルメ情報を扱うにしても、記者たちの舌がトンチンカンではお話にならない。そこで開催されている大好評企画が『グルメライター格付けチェック』である。第8回となる今回は「どら焼き」でライター達の味覚をテストしてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

ローソン限定の『宇治抹茶の生どら焼』が甘さ控えめで激烈に美味! ドラえもんが2度と未来に帰るとか言わなくなるレベル

こ~んにちは~、ぼぉくドラえもんでぇす。うぅふぅふぅっ。何の前触れもなく、唐突にドラえもんの真似をしたのは理由がある。これから絶品の「どら焼き」を紹介したいからだ。どら焼きといえばドラえもん。異論は認めない。

2016年4月12日よりローソン各店で発売開始された『宇治抹茶の生どら焼』。何を隠そう、これが激烈なウマさなのだ。宇治抹茶な上に、生どらだぞ。生どら。普通のどら焼きよりもスペシャル感がパないネーミングからして、ドラえもん発狂レベルの逸品である。忘れずにゲットすることをオススメしたい。

続きを全部読む

【至福】10分限定! どら焼きの名店が手掛ける激レア「うさパンケーキ」がウマすぎてツラい / 東京・御徒町『うさぎやCafe』

ドラえもん……だけではなく、みんなが大好きなどら焼き。東京にも名店と呼ばれる和菓子店は多いが、中でも御徒町の『うさぎや』は、都内屈指の超人気店といえるだろう。個人的には、世界No.1どら焼き店だと割りとマジで確信している。

そんな『うさぎや』が、近所にカフェをオープンさせたのは2015年のこと。美味しそうなスイーツがズラリと並ぶが、中でも目玉は「開店から10分間のみ提供されるパンケーキ」だという。んんんモウッ! それ絶対に美味しいヤツじゃない!!

続きを全部読む

【グルメ】銀座に行ったら「木挽町よしや」のどら焼きを買おう! 手土産にしたら絶対喜ばれるぞ

東京・銀座には有名店や老舗が数多く存在する。そのなかには、手土産で知られるお店も少なくない。たとえば、以前紹介した「新世界グリル梵」は、ビーフヘレカツサンドの専門店で、持ち帰って編集部メンバーに食べてみてもらったところ、全員が大絶賛した。

そこで今回はやはり銀座の老舗和菓子店「木挽町よしや」に行き、ここのどら焼きを持ち帰ってみたところ……。またしても、全員大絶賛。ここのどら焼きは手土産として鉄板といって良いだろう。

続きを全部読む

開発に1年! スリーエフが本気で作った『どら焼き(150円)』がコンビニと思えないウマさな件 / 余計なものが一切ない清く正しい和菓子の味

コンビニと言えば、セブン、ファミマ、ローソン……そして忘れちゃいけないスリーエフ! スリーエフは正直ちょっと地味な印象だが、スイーツのウマさが異常。もちぽにょマジ最高だ。

そんなスリーエフが、“絶対の自信作” と豪語する和菓子を発売したぞ。それは、「どら焼き」。何でも開発に1年を費やした超力作だというのだ。スイーツに定評があるスリーエフの自信作とは、一体どれほどのものなのだろう? 実際に購入して食べてみた!!

続きを全部読む

1日200個限定! 文明堂の「焼き立てどら焼き」を直売するどら焼き専門店が東京・新宿御苑にオープンしたぞ~ッ!!

カステラ1番、電話は2番♪ といえば、文明堂である。説明するまでもないことなのだが、和洋菓子の製造販売を行っている。その文明堂がスゴイお店を出していた。

そのお店とは、「どら焼き専門店」である! ウマそう~ッ!! 名前聞いただけでウマそうじゃないかッ! 2016年1月21日にオープンしたということで、翌日に行ってみると……。すでに行列! さすが文明堂ブランド。名前聞いただけで、そりゃ並ぶって。

続きを全部読む

【売り切れ必至】文久元年創業・東京屈指の「激ウマどら焼き」は大判よりも “小判” を選ぶべし! 人形町『清寿軒』

脈々と受け継がれる江戸文化の影響で、東京には美味しい和菓子屋さんが数多くある。例えばどら焼きなら、上野の『うさぎや』や浅草の『亀十』などが有名だが、忘れちゃいけないのが人形町の『清寿軒』だ。

文久元年(1861年)創業という、なんと150年以上の歴史を誇る老舗中の老舗で、名物はどら焼きの「小判」である。大切なことだからもう1度言おう。『清寿軒』のどら焼きには大判と小判があるが、マストで買うべきは「小判」なのだ。

続きを全部読む

【栃木グルメ】怒涛のレモンラッシュが止まらない!「レモン牛乳」に続くは『レモンどらやき』だ!!

以前の記事で「レモン牛乳」が戦後60年近く栃木県民に愛され続けている飲料だということをご紹介した。私(筆者)も実際に飲んでみて、どこか懐かしいその味わいに「なるほどな」と思ったのだ。だがしかし……。

「レモン牛乳」に便乗したのかは定かではないが、栃木県を走る高速道路のサービスエリアで見かけたレモン関連商品の多さには正直度肝を抜かれた。中には「ちょっと強引じゃない?」と感じるものが多々あり、中でも最も違和感を覚えたのが、今回ご紹介する「レモンどらやき」である!

続きを全部読む

【グルメ】ドラえもんのどら焼きの「モデルになったどら焼き」が存在する!? 実際に食べてみた

国民的人気漫画といえば『ドラえもん』である。いや、世界中で漫画が発行され、アニメも放送されている現状を考えると、「地球規模で愛されている漫画」といえるかもしれない。

・モデルになったどら焼き
『ドラえもん』に登場するドラえもんの大好物は「どら焼き」だ。ドラえもんがどら焼きを食べている描写を見て、どら焼きを食べたくなった人もいるのではないだろうか? 実は、ドラえもんの大好物であるどら焼きには「モデルになったどら焼き」が存在するという。そう、実在するらしいのだ。

続きを全部読む

【銘菓】月に3日しか販売しない笹屋伊織の「どら焼き」が激レアなのに激安で激ウマだった!

皆さんは「どら焼き」と聞くと、どのような形を思い浮かべるでしょうか。おそらくほとんどの方が、円形を想像されると思います。

・月に3日しか販売しない
ところが、京都の菓匠「笹屋伊織」のどら焼きは、まったく形が違います。このお店、290年以上の歴史を持つ老舗で、銘菓として知られるどら焼きはなんと棒状。しかも月にたった3日しか販売していないという激レア和菓子なのです。そして激ウマ!

続きを全部読む