「そうめん」にまつわる記事

【最強レシピ】そうめんに「牛丼の具とキムチ」をぶっかけるだけ!『キムチ牛そうめん』が頭がおかしくなるほど鬼ウマい!!

とにかく暑いこのシーズン、毎年お世話になるのがそうめんだ。おそらくここ数週間、ヘビロテでそうめんを召し上がっている方も多いことだろう。麺つゆで食べるそうめんももちろん最高だが、今回は「そろそろそうめんに飽きてきた」という人向けに、とっておきのレシピをご紹介したい。

そのレシピとは、そうめんに牛丼の具とキムチ、さらには少量のゴマ油を垂らしただけの料理なのだが、これがめちゃめちゃウマい! 頭がおかしくなるくらいウマい!! しかも調理時間はたったの5分ほどと、完全無欠のまさに “最強レシピ” なのだ。

続きを全部読む

空前のそうめんブーム到来! 初心者はまず「阿波や壱兆」のすだちそうめんを食すべしッ!! 東京・東中野

つい数年前まで、「そうめん」は他の麺類の格下的存在と認知されていた。実際に私(佐藤)はそうめん専門家・ソーメン二郎氏に意見を聞き、格下と見られる理由について執筆している。

それから月日を経て……来ている! 確実に波が来ている!! そうめんは、格下麺類の位置付を脱却しつつあるようだ。本物の味を知らない人は、今年の夏こそ真価を確かめるべきだ。その第一歩として、東京・東中野にあるそうめん専門店「阿波や壱兆」に行ってみるといいだろう。

続きを全部読む

あの「はなまるうどん」から『そうめん』が登場 → 食べてみた結果、残酷な事実が判明する

超ハード系モチモチ麺を武器に日本全国400店舗以上を展開する はなまるうどん。庶民にとっては丸亀製麺と並ぶ、心強い激ウマうどんチェーンである。

そんなはなまるうどんが、2017年6月2日より『うどん県のそうめん』なる新メニューの発売を開始した。はなまるが……そうめんだと? 確かにうどんとそうめんの原料はほぼ同じだが、果たしてそのお味はどんなものなのだろうか?

続きを全部読む

【検証】揖保乃糸の『特級品』は本当にウマいのか? 他のグレードと食べ比べてみた

兵庫県「揖保川」の流域で生産される大人気の手延そうめんが「揖保乃糸」だ。コンビニ、スーパー、ネット通販などなど、あらゆる所で見られる揖保乃糸は、そうめんの日本代表といっても過言ではない。

そんな揖保乃糸に、熟練工場が製造している『特級品』があるという。普通のグレードでも十分ウマいというのに、いったいどれほどウマいのだろうか? 食べ比べてみることにした。

続きを全部読む

【最強レシピ】絶対試してみるべき!「冷やし豆乳坦々麺」が簡単&激ウマでやみつき間違いなし!!

GWを目前に控え、本格的に暖かくなりはじめた今日この頃、これからの季節に食べたくなるのが「そうめん」だ。そこで、そうめんの味を飛躍的にグレードアップさせる「冷やし豆乳坦々麺」のレシピをご紹介したい。

以前からネットで話題となっており、多くのバリエーションが存在する、冷やし豆乳坦々麺。今回はそれらを参考に、より少ない食材で簡単に作れる、究極のレシピを考案したので、ぜひお試しいただきたい。

続きを全部読む

【伝説グルメ】本当に川に流す「リアル流しそうめん」がMAX美味 / ミシュラン史上初の7つ星を獲得するレベル

夏の風物詩、そうめん。暑い盛りには、どの家庭でもそうめんが大活躍したことかと思うが、あなたは本当にそうめんのポテンシャルを最大限に引き出しているだろうか? 簡単に言えば、そうめんを一番美味しく食べられているだろうか

かく言う記者も、つい先日まで普通にそうめんを食べ「そうめん最高!」なんてほざいてた。今思えば恥ずかしい限りである。もしあなたが今回ご紹介する『リアル流しそうめん』を体験してしまったら、もう後には戻れないハズ……。実践の際は覚悟していただきたい。

続きを全部読む

【攻めすぎ】そうめん『揖保乃糸』にはパスタもあった / ゆで時間1分チョイで十分という奇跡! 超高速すぎて笑った

「そうめんやっぱり揖保乃糸♪」皆さんご存知のとおり『揖保乃糸(いぼのいと)』は、たつの市など兵庫県の揖保川中流域で生産される手延そうめんであり、日本で最も有名なそうめんブランド。揖保乃糸と言えばそうめん。そうめんと言えばやっぱり揖保乃糸。

そんな揖保乃糸には、中華麺もあることは以前の記事でお伝えしたが、なんとパスタまで存在するという。もう、同じ麺だからって攻めすぎでしょ!? でも中華麺は美味しかったので期待できるかも? さっそくネットで購入して食べてみた。

続きを全部読む

【最強レシピ】あえて長く茹でる! ネットで話題の「4分そうめん」が驚きのウマさ

突然だけど……もう梅雨って明けてるの? 仮に明けてないにせよ、ちょっとこの暑さは異常! おい、夏!! 本気出すの早すぎるぞーーーッ!! 仕上がり早すぎィィィイイイ! ……と、無慈悲なまでの暑さが続くこんなとき、大活躍するのが「そうめん」だ。

好みにもよるだろうが、私(P.K.サンジュン)は通常なら2分のところ1分ちょっとしか茹でない歯切れのイイ硬さが好み。だがしかし……いまネット上で、わざと表示時間より長く茹でる、通称『4分そうめん』が驚くほどウマいと話題になっているのだ。

続きを全部読む

【知らなかった速報】そうめんの『揖保乃糸』には「中華麺」もある → 感想「乾麺なのに生よりチュルッチュルン! 飲めるレベルでチュル美味い!!」

「そうめんやっぱり揖保乃糸♪」でお馴染みの『揖保乃糸(いぼのいと)』は、兵庫県手延素麺協同組合が有する手延そうめんの商標にして、日本で最も有名なそうめんブランドのひとつである。揖保乃糸と言えばそうめん。そうめんと言えばやっぱり揖保乃糸。

……と、思っていたのだが! 揖保乃糸には「中華麺」も存在するというではないか。ファーーーーーーッ!!!! 中華麺ってラーメンとかにするアレでしょ? 揖保乃糸、アイデンティティ崩壊したのか!? 気になって仕方がないので、実際に食べてみた!

続きを全部読む

【そうめん】史上最強に激ウマい! 超簡単「羽鳥式ピリ辛つけそうめん」の作り方

誰がなんと言おうと、夏といえば「そうめん」である。冷やし中華という声もあるが、ビールと冷たいかき氷とUFOと力説する者もいるが、夏といえばそうめん、異論は認めない。ちなみに私(筆者)は「揖保乃糸」派、つゆは「創味のつゆ」一択だ。

そんなこんなで今回は、メチャクチャ簡単に作れるのに究極レベルに激ウマな『羽鳥式ピリ辛つけそうめん』の作り方を紹介したいと思う。本当にカンタン、マジで3分足らずで完成する。しかも “いつでも使える具材” を使っているのがポイントだ!

続きを全部読む

【最強レシピ】超簡単で激ウマ!『ニラそうめん』はこの夏絶対に試すべき!!

つい先日の記事で、栃木県は日光宇都宮道路「日光口パーキングエリア」で発見した『ニラそば』についてご紹介した。ニラとそばを茹でただけの単純な料理であったが、それが激ウマ! こ、これは使える……!! そう確信した筆者は、すぐさまアレンジレシピを開発! それが『ニラそうめん』DAッ!!

食べてみたところ、予想通りメチャウマで、しかも超絶簡単! キ、キターーーーー!! これは絶対にみんな試すべき!! なんなら今晩やるべきッ!! ただ、ちょっとだけコツもあるので、そちらもあわせてご紹介するぞ!

続きを全部読む

【最強レシピ】そうめんに「豚丼の具」をのせて食べると激ウマッ! 今年は『のせ系そうめん』が流行の予感!!

仕方がないこととはいえ、アラスカ移住を本気で考えたくなる陽気の日本列島。暑い……暑い&暑い! こんな暑さ全開のこの時期に、食卓で活躍してくれるのが「そうめん」だ。

毎日そうめんでもいいくらい、そうめんが大好きな筆者だが、毎日「麺つゆ」だけだと流石に飽きてくる。今回はそんな「そうめんは好きだけど他の食べ方があればなー」という人に、オススメのレシピをご紹介したい。激ウマで超簡単、そうめんの新たな可能性を感じるレシピだぞ!

続きを全部読む

【混ぜるなキケン】「スタバのアイスコーヒー + めんつゆ」でそうめんがウマかったので “カフェラテ” でもやってみた

先日、衝撃的なレシピが公開された。それはスタバのアイスコーヒーで麺つゆを割ってそうめんを食べると結構ウマいという、あまりに斬新、あまりにショッキングなレシピ。そして、意外にも6人中4人から「結構イケる」との評価をうけたということ。

そんななか、ある熱心な読者の方から「コーヒーがウマイならカフェラテは?」という声が届いた。……ま、まじかよ! 明らかにキモチワルイ……! しかし、「牛乳ラーメンが普通においしいので、調合しだいではイケるのでは?」とのこと。確かに一理ある……。というわけで、早速試してみたよ!

続きを全部読む

【衝撃グルメ】“スタバのアイスコーヒー” に “めんつゆ” を入れてそうめんを食べると結構イケる / 騙されたと思ってやったらマジだった!!

もうすぐ7月、そうめんの季節がやってくるー!! バテて食欲のないときでもチュルンと食べられるそうめんは、まさに日本の夏のライフガードだ。だが、その一方で「毎日同じ食べ方で飽きる」と毎年のように言われている。

……と、毎年そうめんの食べ方に悩んでいる人にコッソリお伝えしたい! そうめんのつゆにあるものを足すと、めんつゆのウマさをキープしつつも、風味が変わってなかなかイケるのだ。「スタバのアイスコーヒーをめんつゆに入れる」。これだけだ。

続きを全部読む

【意味不明】流しそうめん世界大会開催決定! しかしそうめんは流さないという謎ルール

来たる2014年8月31日、神奈川県相模原市でユニークなイベントが開催される。そのイベントとは「流しそうめん世界大会」というものだ。このイベントは相模原青年会議所の主催で、相模原市市制60周年記念事業として行われる。

イベントでは、そうめんに関するさまざまな競技(?)が用意されているそうなのだが、メインは6種類の麺が登場する対戦型の催しなのだとか。当然そうめんもその6種類に入っていると思われるのだが……。よく見ると、そうめんが入ってないじゃないかッ! どこが流しそうめん世界大会なんだよッ!!

続きを全部読む

そうめん専門家のソーメン二郎氏とそうめん専門店の美人店主が「ソーメン二郎」という名のまったく新しいそうめん料理を開発!

今年は猛暑の影響もあってか、そうめんがジワジワと人気を集めている。何となく「そうめんが好きじゃない」と考える人もいるだろう。しかし本来のそうめんは、料理の仕方で本来のおいしさを発揮する、潜在能力の高い麺である。そのおいしさを追求してみようということで、3人のそうめん専門家が立ちあがった!

・3人のそうめん専門家が「ソーメン二郎」に挑戦!

1人はそうめん専門家としてテレビや雑誌でも取り上げられる機会の多い、ソーメン二郎氏。そしてもう1人は2014年8月31日に「第1回流しそうめん世界大会」の運営に携わる相模原青年会議所の浦上裕生氏。そして最後に、東京・東中野で半田そうめん料理の専門店「阿波や壱兆」を営む美人店主田中さんである。3者が知恵を出し合って、ラーメン二郎に匹敵する麺料理「ソーメン二郎」を完成させることになった。一体どんな料理に仕上がったのだろうか?

続きを全部読む

【検証】ゆで時間マイナス30秒! そうめんを藤井フミヤさんオススメの通称「フミヤスタイル」で食べてみた!!

昨日もそうめん。今日もそうめん。きっと明日もそうめん……。でも全っ然構わない! 風味豊かでのど越し爽やか、むしろ三食そうめんでもウェルカムじゃ!! だがしかし……もっとおいしくそうめんを食べたい! 缶のめんつゆ韓国風もいいけれど、他に方法はないものか?

そんなことを考えていると、そうめんの茹で方に通称「フミヤスタイル」なるものが存在するとの情報が! フミヤとはあの藤井フミヤさんである! そこで「フミヤスタイル」を徹底調査し、実際に試してみたのでご報告したい!!

続きを全部読む

【保存版】そうめん専門家による「そうめん」の真の魅力を徹底解説! なぜそうめんは格下扱いされてきたのか

承知の通りラーメン、そば、うどんは、食べるお店も全国的に数え切れないほどある。有名店には行列が出来て、有名ブロガーが紹介した美味い店はすぐに話題になる。ぬぬ、そうめんはどうなんだ! なぜそうめんは格下に見られるのか? そうめんの魅力について、徹底的にお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【そうめん】「揖保乃糸」が保存しづらすぎるので問い合わせてみた → 冷たい返事だなと思ったら最後の最後は神対応で泣いた

動けば暑い。動かなくても暑い。暑い暑い暑い……あっつーーい!! 灼熱フルスロットルの日本列島だが、この時期の食卓に欠かせないのがそうめんである。以前の記事で紹介したように、缶のめんつゆを使ってもよし! 韓国風にアレンジしても激しくウマイ!! そのそうめんで最も有名なブランドといえば揖保乃糸(いぼのいと)であろう。

揖保乃糸とは、兵庫県手延素麺協同組合が有する手延そうめんの商標で、パッケージを見れば誰もが「あのそうめんね」となるはずだ。その揖保乃糸だが、とにかく保存しづらい。なぜこんな仕様なのか? 問い合わせてみたら、思わぬ展開になったのでご紹介したい。

続きを全部読む

【ご当地食材】関西の夏はコレや! 冷たい麺にはヤマモリの「缶のめんつゆ」やで!!

冷たい麺類が欠かせない季節になってきた。そうめん・そば・うどん・冷やし中華……。おいしいだけでなく、夏バテで食欲がないときでもノドの奥にチュルチュルとすべり込む冷たい麺は、この時期なくてはならない存在だ。

関西で、冷たい麺類とセットで欠かせないのが「缶のめんつゆ」だそうだ。冷蔵庫に常備されていて、そうめんやもりそばは、缶のめんつゆで食べる家庭が多いらしい。一体どんな味なんだ……? というわけでさっそく食べてみたぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2