「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にまつわる記事

【衝撃の事実】マンガ『こち亀』、SFだった

亀有公園前派出所の警官・両津勘吉の破天荒な日常を描いた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、通称「こち亀」。時事ネタを扱う話からホロッとくる人情話まで、個性的なキャラたちが魅力のマンガである。この度、そんな「こち亀」がSFだったことが発覚したためお伝えしたい。

続きを全部読む

【結果発表】ついに『最強まんがキャラ』が決定! ドラゴンボールの「ベジット」を抑え栄光の1位に輝いたのは……!!

男ならば誰もが一度は “最強” に憧れる。最も強い……ただそれだけなのに、これほど男をシビれさせる言葉は他にない。特に少年時代は最強にインスパイアされるもので、愛読していた漫画の中に最強を見出すこともしばしばである。

だが、世界観やルールの違いなどで「漫画界最強のキャラ」を決めるのは不可能だと思われていた。そこでルール無視、シンプルにアンケートで最強キャラを決めようというのが『最強まんがキャラ決定戦』である。今回はその結果発表、総勢9971票の頂点に立った最強まんがキャラをここにご報告したい。

続きを全部読む

【アンケート】『最強まんがキャラ決定戦』開催! 史上もっとも強いのは一体誰なんだ!?

漫画作品において “最強キャラ” は必要不可欠である。敵やライバルが強ければ強いほど、主人公の強さも引き立ち、ストーリーも面白くなっていく。フリーザがメチャメチャ強かったから、悟空も超サイヤ人になれたのだ。

そして漫画を愛する人ならば、きっと誰もが「こいつこそ最強!」というキャラクターが1人くらいはいることだろう。だがしかし、ジャンルの違いなどで結論が出にくいことも事実……。そこで今回は、長年の論争に終止符を打つべく『最強まんがキャラ決定戦』の開催をここにお知らせしたい。

続きを全部読む

【裏ワザ】亀有っ子直伝! こち亀を無料で読む方法がコレだ!!

こち亀こと、こちら葛飾区亀有公園前派出所。1976年から40年に渡り連載され、コミックは200巻を刊行、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録にも登録された日本を代表する人気漫画である。

老若男女問わず愛されているこち亀だが、200巻を揃えようとすると、金銭的にも収納スペース的にもなかなかヘビーなことは否めない。ところがどっこい、なんと「こち亀を無料で読む方法」があるというのだ。マママ……マジかよ!

続きを全部読む

こち亀の40周年記念パーティーで『HUNTER×HUNTER』休載中の冨樫先生が激写される! ネットの声「冨樫仕事しろ(笑)」

週刊少年ジャンプで40年間も連載を続けた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。2016年9月17日、このマンガが200巻の発売を区切りに連載を終了したことは記憶に新しい。

先日、そんな『こち亀』の40周年記念パーティーが行われたようで、その様子を投稿したマンガ家・江口寿史先生の Twitter のつぶやきが話題になっている。さっそくその投稿を見てみると、さすがは “生ける伝説” と化していた『こち亀』。歴戦のマンガ神たちが集合してるーーーー! あれ、富樫先生……腰は?

続きを全部読む

【下町の謎】いつも「シャッターが半開きの菓子店」に潜入! その理由が感動的でホッコリしちゃうぞーッ!!

東京都葛飾区亀有といえば、人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の舞台として有名で、週末には多くのファンがこち亀ゆかりのスポットを訪れている。だがその一方で、こち亀とは無縁のすご~く気になる店が存在するのだ。

それが「内山菓子店」。地元民さえ知る人ぞ知るお店である。というのも、いつもシャッターが半開きで、とても営業しているようには見えないのだが……その理由が、下町ならではの人情にあふれていたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

『こち亀』トリビア45連発! あなたはいくつ知ってる?

40年って長い……。40年前の1976年と言えば「徹子の部屋」が放送を開始したり、武者小路実篤が亡くなったり、日本初のドライブスルーができた年みたいだよ! いやはや『こちら亀有公園前派出所』は本当に、長くにわたって私たちを楽しませてくれていたんだなぁと、改めて感じる次第である。

40年で200冊という、前代未聞のボリュームを誇る『こち亀』。週刊少年ジャンプの創刊が48年なので、ジャンプと共に歩んできた漫画と言っても過言ではない。そんな偉大なる『こち亀』に敬意を表して、今回は知っているようで知らない『こち亀』トリビアを紹介していくぞ。

続きを全部読む

【こち亀】夏季五輪の年にしか登場しない『日暮熟睡男』は本当に4年に一度の男なのか調べてみた結果!!

連載年数40年、単行本200冊出版という壮絶な足跡を残して2016年9月17日に連載終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。記者は200冊全巻を読み返してみて、改めて『こち亀』のパワーは計り知れないと感じた次第である。愛される理由は数あれど、魅力のひとつが “個性豊かなキャラクター” たちにあるのではないか。

こち亀の愛読者はご存知だろうが、中でも夏季オリンピック開催時期にしか登場しない日暮熟睡男(ひぐらし ねるお)のインパクトは大だ。登場回数は少ないはずなのに、印象に残るよね! しかしながら、日暮さんって本当にオリンピックごとに出てくるのか。気になったので調べてみたぞ。

続きを全部読む

【保存版】約30時間かけて『こち亀』全200巻を読み返してみた → オススメの10話はコレだ!!

とうとう終わってしまった。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が終わっちゃったよぉぉぉー! これからは毎週、両さん(主人公・両津勘吉)に会えないなんて。アラサー記者にとって、週刊少年ジャンプを開けば『こち亀』が載っているのは、この世の常識だっただけに寂しすぎる。

……とは言うものの、40年にわたり連載を続けるのは並大抵のことではない。これは作者の秋本治さんに敬意を払う意味でも、改めて読み返さねばなるまい。ということで、記者が約30時間かけて200冊全巻読み返してみたぞ。今回は、その中から是非とも読んでほしいと思う作品10話を紹介し改めて『こち亀』の魅力を振り返りみたい。

続きを全部読む

【画像多数】こち亀のJR亀有駅が両さん一色になっちゃった! 楽しすぎて電車に乗り遅れるなよォォオオ!!

本日2016年9月17日、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の最終200巻が発売された。それを記念して、同日から30日までの期間限定で、JR亀有駅「こち亀」が占拠しているぞ!

実際に見に行ってみると、フロアや階段、壁やエスカレーターなど、あらゆる場所がこち亀一色で正直ビビった! な、なにこれスゴすぎ……。では、駅構内がどれくらい こち亀だらけなのかご覧いただこう。

続きを全部読む

【検証】こち亀の地元 “亀有銀座商店街” で「両さん来ました?」と聞いたら何と答えてくれるのかやってみた

2016年9月17日発売号で最終回を迎える長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。舞台となる東京都葛飾区亀有には、主人公の両津勘吉が勤務する派出所のモデルが実在し、「両さんいますか?」と聞くと「パトロール中です」と返答する……という都市伝説を以前の記事で検証した。

そこで今回は、原作とのゆかりが深い「亀有銀座商店街 ゆうろーど」の老舗店で実験することに。「両さん来ました?」と聞いたら何と返答してくれるのかを試してみたぞ。

続きを全部読む

【都市伝説】こち亀のモデル “亀有駅北口交番” で「両さんいますか?」と聞いたら「パトロール中です」と返してくれるのか検証してみた

2016年9月17日発売号で、約40年もの歴史に幕を下ろす週刊少年ジャンプの長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。舞台となる東京都葛飾区亀有には、原作に登場するスポットが数多くあり、主人公の両津勘吉が勤務する派出所のモデルとなった交番も存在する。

こち亀ファンの間では、その交番で「両さんはいますか?」とたずねたら「今パトロール中です」と返答してくれる……という夢にあふれた都市伝説があるらしい。事実ならメチャ素敵やん。ということで、実際に検証してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【こち亀】亀有駅周辺の『こち亀銅像』全15体まとめ / オススメは感涙必至の「少年両さん像」だ!

1976年から週刊少年ジャンプで連載されている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、約40年におよぶ連載に幕を下ろすこととなった。幅広い世代に愛された作品だけに、今回の発表を受けて寂しく思う人も多いだろう。

さて、そんな「こち亀」の舞台である葛飾区亀有駅周辺には、全15体ものこち亀銅像があるのをご存知だろうか? 連載は2016年9月17日発売号で終了するが、ここに来ればいつでもこち亀のキャラクターに会えるぞ。

続きを全部読む

【仕事しすぎ】あのキティさんが『こち亀』とコラボした結果 → 両さん眉のキティちゃんが爆誕! 日本橋高島屋の「こち亀展」でデビューするぞ!!

国民的、いや世界的アイドルであるにもかかわらず「仕事を選ばない」ことで有名なキティ・ホワイトさん(通称:キティちゃん)。様々なキャラクターや商品とコラボしては、その姿でファンを魅了。次は何とコラボするのかワクワクしている人も多いだろう。

そんなキティちゃんが、同じく国民的人気漫画とコラボしたという。今までも、様々な漫画キャラとタッグを組んできたが、史上最強レベルのインパクトを放っていると話題になっている。それは『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両さんだ!

続きを全部読む

集英社太っ腹ッ! 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の1~100巻を無料配信してるぞ~ッ!! 100時間限定だから急げッ

週刊少年ジャンプで連載中の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)。1976年の連載開始から、いまだに続く長寿漫画である。これが無料で配信しているのをご存じだろうか? なんと100巻無料! マジかよ、集英社太っ腹!! 100時間限定ですでに配信が開始されているので、1巻から読み直したいという人は急げッ! 間に合わなくなってもしらんぞーーッ!!

続きを全部読む

2010年11月7日午前3時ごろにフジテレビで放送された深夜のニュース番組で、女子アナウンサーが『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とハッキリ言えず、「こちら葛飾区亀有公園前はし、はしゅ、は、はひ、派出所」と、何度も言い間違えるというハプニングが発生した。

このハプニングが発生したのはスポーツ報道番組『すぽると!』が放送される前に数分間だけ放送される小ニュース番組で、このようすを見ていたインターネットユーザーからは「噛みすぎ」や「つまりすぎwwwwwwwww」などの声が寄せられている。

続きを全部読む

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)は週刊少年ジャンプで絶賛連載中の国民的マンガだが、その単行本169巻の表紙に登場している、美少女キャラクターのデッサンが「変すぎる」と、インターネット話題になっている。

『こち亀』169巻の表紙には、纏(まとい)ちゃんという美少女キャラクターが幼女の肩に手をまわしているシーンが描かれているのだが、纏ちゃんの顔と胴体の大きさと位置を考えると、腕の大きさや位置が不自然だというのだ。

続きを全部読む