「お酒」にまつわる記事

ワインのおすすめの楽しみ方「ワインを人に例える」

ブドウの果汁を発酵させて作るお酒「ワイン」。そのまま飲んでもおいしいワインだが、今回は、誰かと一緒に飲むときにおすすめしたいワインの楽しみ方を紹介しよう。その楽しみ方とは、ワインを人に例えるというものである。

当然のことかもしれないが、同じワインでも飲む人によって、感じ方は全く違う。その感じ方の違いをはっきりさせられると、「この人はこのワインを飲んで、そんな風に感じたんだ!」というような発見と驚きがあり、もっと楽しい時間を過ごせるようになる。

続きを全部読む

お酒を飲んだ後のシメにラーメンはもう古い!? 福岡の夜は「カツ丼」でシメるべし / 中洲『博多 藪』

お酒を飲んだ後にどうしても欲しくなってしまう「シメ」。一体、何キロカロリー摂取してるんだ……なんて罪悪感にも襲われるが、ついつい足が向かってしまう人も多いハズ。ただ、人生長いもの。ギルティな味を噛み締め、翌朝に後悔することがちょいちょいあってもいいだろう。

シメの選択肢は地域によって異なるが、もし福岡でシメるならばラーメンやうどんの麺類であることがほとんど。ましてや屋台もあるため、第一候補はとんこつラーメンとなってしまうものだ。確かにそれもイイ。むしろスゴくイイのだが、最高なシメの存在も知っておいた方がいいだろう。聞いて驚くなかれ。まさかの「カツ丼」でシメるのだ。

続きを全部読む

世界「酒飲み国家ランキング」がこれだ! ヨーロッパ強すぎ!! アジアでは日本や韓国が健闘

ビールに日本酒、焼酎、ワイン……一部の人の間では「命の水」と呼ばれるお酒。しかし全ての人がそう思う訳ではなく、「アルコールの匂いや味が苦手」「体質的に合わない」「苦い思い出があり断酒している」という人も存在する。

そしてアルコールを消費する量は、国や地域によっても大きく違ってくるようだ。そこで今回は世界各国の「アルコール消費量ランキング」をお伝えしたい。

続きを全部読む

その発想はなかった! ワイン用コンドームが爆誕!!

ワインを買って一旦栓を抜いたら、早めに飲んでしまわないと風味が落ちてしまう。また、瓶を倒してコルク栓が抜けて、中身がこぼれてしまうアクシデントなども起こりがちだが、そんな問題を解消してくれるアイテムが登場!

なんと、瓶の口にピタっとはめる、ワイン用コンドームが爆誕したというので紹介したいと思う。「その発想はなかった!」と、思わず目からウロコな商品がなかなかユニークだぞ!!

続きを全部読む

お酒が身体に合うのか試してみよう! バンソウコウと消毒用エタノールで簡単にできる「アルコールパッチテスト」

新年度を迎えてから、2カ月が経とうとしている。新入社員の皆さんはすでに職場に慣れただろうか? ひょっとしたら、飲み会や上司との付き合いの飲みにウンザリしているかもしれない。まして、酒が弱い人にとっては苦痛なのではないだろうか。

そもそもアルコールが身体に合わないという人もいる。しかしそれを説明するのは難しい。そこで参考になるのが、アルコールパッチテストだ。専用の道具がなくても、簡単に調べる方法があるので紹介しよう。

続きを全部読む

【超ハイパーライフハック】誰にもバレずに仕事中に酒を飲む方法 / 湯たんぽで身体の内側と外側同時にポッカポカ

おい! 誰だよ、「もう春はすぐソコ」って言ったヤツ。出て来いよ! 気まぐれに桜が咲いたくらいで、浮かれてんじゃないぞ! 桜はそんな軽はずみじゃないんだよ。誰とでも付き合う浮気な人間と一緒にすんな!!

という訳で、まだ寒い。朝夕は気温が一桁台の日もザラだ。という訳で今日は、身体の内側と外側を同時に温めるすごいライフハックをお伝えしたい。しかもだ! 仕事中に酒を飲むことが出来てしまう禁断の裏ワザである。決してマネしないように。

続きを全部読む

【保存版】日本酒のスペシャリストが教える「熱燗にオススメの日本酒」10選!

暦は12月、季節はすでに冬。いくら飲み会が多いとはいえ、いつまでもビールやハイボール飲んでる訳には行かない。だって寒いやん? ということで冬にぴったりのお酒、そう熱燗を飲もうと思うんだけど、酒のことは良くわからんと言う人にお伝えしたい。

3000円で時間無制限飲み放題の「KURAND SAKE MARKET」商品開発部の方に、熱燗にオススメの銘柄を聞いたぞ。忘年会シーズンの参考にして欲しい。

続きを全部読む

3000円で100種のお酒飲み放題! しかも時間無制限の「KURAND」が渋谷にも誕生 / 店長のオススメの10選はコレだッ!!

以前の記事で紹介した、酒好きにとっての楽園「KURAND SAKE MARKET」。このお店は、3000円で100種類のお酒が飲み放題、しかも時間無制限という信じられないシステムを採用している。

東京・池袋と浅草に店舗を構えているのだが、新たに渋谷にもオープンするぞ! もはやKURANDの快進撃は止まらないッ! 今回は新店舗の店長坂本さんに、コレは飲んでおけ! という10銘柄を選んでもらったぞ!

続きを全部読む

質問「お前ら! どんなモノの中毒になってるか教えておくれ!!」ネットで寄せられた回答50連発

基本的に人間は快楽に弱い。お酒、美味しい食べ物、官能やテレビゲームなど、快楽気分に浸らせてくれるモノたちから、甘い手で “おいでおいで” と手招きされたら……抗えるはずがない! そして中毒になってしまうんだああああああ!!

けれども、どんなものに快楽を覚え、中毒に陥るかは人それぞれ違うはず。ということで今回は、海外サイト Reddit 上に掲載された「お前ら、どんなモノの中毒になってるか教えておくれ! ただし合法のモノに限る」という質問に寄せられた回答を、ドドンと50連発お届けしちゃうぞ!!

続きを全部読む

「8色に分かれる魔法のような虹色カクテル」がスゴい!! コツをつかめば家でも作れそうだぞ!

食べるのがもったいないような、創意工夫を凝らしたアートとも呼べる料理があるが、お酒だって負けてはいない。そんな飲むのがもったいなくなってしまう、8色に分かれる虹色カクテルを作り出す女性バーテンダーが話題になっている。

芸術の秋ということもあり、虹色カクテルの作り方と話題のバーテンダーを紹介したいと思う。もちろん虹は7色だが、1色プラスされたカラフルなカクテルが出来上がる場面は必見だ。作り方のデモンストレーション動画は、「Rainbow shots in the Aloha state 」で確認できるぞ!

続きを全部読む

二日酔いは血糖値が関係しているため「意外な食品に症状の解消効果がある」と判明

ひどい二日酔いほど辛いものはない。少しでも症状を和らげようと濃いコーヒーを飲む人もいれば、迎え酒でさらにお酒を飲んでしまう人もいる。そんななか、ある研究で「二日酔いは血糖値が関係しているため、意外な食品に症状の解消効果がある」と判明したのだ。これから二日酔いになった時のために、ぜひ一読をお勧めしたい。

続きを全部読む

お酒を飲むと異性が魅力的に見える「ビール・ゴーグル効果」が実験で明らかに

合コンや飲み会で知り合った異性と連絡先を交換し、次に会ったら何か違った……という経験をした人は結構いるのではないだろうか。お酒を飲み過ぎると何かと失態を犯しがちだが、ある研究で「少量のお酒でも、異性の魅力を判断する能力が狂いがちになる」という興味深い結果が発表されたのである。

続きを全部読む

ビール会社が発表した「お酒に酔いにくくなる方法」に海外ネットユーザーから大反響

「お酒の席は好きだけど、すぐに酔っぱらって失態を演じてしまう」なんて人に朗報がある! なんと、お酒を一晩中飲んでも酔いにくくなる「ある方法」をビール会社が発表し、海外ネットユーザーの間で大反響を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

ダイエットを成功させるために知っておくべき5つのこと 「1日1本のビールは1年で221個分のドーナツのカロリーに相当」など

春の気配を感じるようになり、装いも暖かい季節に向けて段々と薄くなってくる。冬の間にしっかりため込んだ余分な脂肪を落として、これからの季節に備えたいという人に「ダイエットを成功させるために知っておくべきこと5つ」が取り上げられたので伝授したいと思う。

続きを全部読む

【調査結果】飲みに行くことが心の健康につながると改めて実証される

「また飲みに行くの?」と散々突っ込まれている人に朗報! 飲みに行く時に使える言い訳が、また1つ増えたもよう。アルコールがメンタルヘルス上、有益にもなることを、イギリスの研究機関が実証したのだ。

何となく知っていたことでも、研究機関のお墨付きがあればさらに心強いもの。どうやら、友人などグループで飲む方が良いらしい。

続きを全部読む

二日酔いにならずにお酒を楽しむための4つの注意点 「ワインなど色が濃いお酒には要注意」など

忘年会ですっかり飲み過ぎて、次の日にひどい二日酔いを経験した人はたくさんいるのではないだろうか。これから年末年始にかけて、まだまだ飲む機会が増えるだろう。そこで、お正月シーズンにかけて、二日酔いにならないための飲み方や注意点をいくつか紹介したい。

続きを全部読む

「痩せたいならまず酒をやめろ」という調査結果 / 1回の飲み会で約1000キロカロリーのアルコールを摂取

食欲の秋ということで、つい食べ過ぎて体重増加中……という人もいるのではないだろうか? 揚げ物やスイーツのカロリーは気にする人も、意外に見落としがちなのがお酒だ。

液体なので気軽にグイグイいっていたら、ビックリするほどのカロリーオーバーに、なんてことも少なくない。ときに、ちょっと飲んだだけで1000キロカロリーものアルコールを摂取してしまうこともあるのだ。「痩せたいならまず酒をやめるべき」と、あるダイエットサプリメント会社が警鐘を鳴らしている。

続きを全部読む

世界の酔っ払い大国ベスト9が発表される / ドイツは4位でロシアが3位! 意外な国が1位だった

気がつけばもう10月。あと2カ月もすれば忘年会シーズンに突入だ。宴会で飲みまくって、日頃のストレス発散を楽しみにしている人も多いだろう。お楽しみには欠かせない “お酒” だが、世界の人々は一体どんなお酒をどれぐらい摂取しているのだろうか? 「世界の酔っ払い大国ベスト9」が発表されたので紹介したい。

9位:ウクライナ

ウクライナの人々はウォッカを好んで飲む。WHO(世界保健機関)によると、ウクライナにおける個人のウォッカ消費量は世界第3位にランクインする。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】二日酔いで最も苦しむのは29歳だと判明 / もう若くないのに現実を認めないのが理由

夏といえば冷たいビール! ビールといえば飲み会にビアガーデン!! 次の日は最悪の二日酔い……。夏真っ盛りの今、すでにこんなパターンを経験している人がたくさんいるのではないだろうか。二日酔いは誰にとってもつらいものだが、なかでも「二日酔いで最も苦しむのは29歳」という興味深いデータが発表され、酒好きの間で話題になっている。

続きを全部読む

専門家「酔っ払うと出身地の訛りが出るのは脳に負担がかかっているから」 / 体力低下中にも同じ現象が起こる

普段の生活では出身地の方言を使わなくなったのに、なぜか酔っ払うと地元訛り(なまり)で喋っていたという経験はないだろうか。こんなとき、意識して訛りを隠そうとしてもなかなか隠しきれないものだ。

ある専門家によると、これはアルコールが脳に負担をかけることが原因なのだとか。しかも、実は同じ現象が、疲れているときや体調を崩しているときにも起こるという。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2