「乗り物」カテゴリーの記事

【貴重映像】佐藤健もビックリ! トヨタ社長がスバルの車で激しいドリフト

自動車に興味はなくとも、誰もが名前を知っている「トヨタ自動車」。しかし、同社の現社長『豊田章男(とよだあきお)』さんについて詳しい方は、それほど多くはいないだろう。

先日、そんな世界的自動車メーカーの社長である豊田さんの意外な一面が見られる動画を同社がネットで公開。そこに収録されているのは、なんと他社製のマシンに乗り、超アグレッシブな走りをみせる豊田社長の姿だった。

続きを全部読む

ドラレコつけていてよかった! 当たり屋の標的になった女性が魔の手から逃れる一部始終

ここ数年、右肩上がりで普及率が上昇している車グッズといえば、ドラレコことドライブレコーダーだ。もし何かあった時にレコーダーの映像が動かぬ証拠となって活躍してくれるため、愛車に装着している人も多いのではないだろうか。

ドラレコは日本だと事故に遭った時のことを想定して着けることがほとんどだが、海外ではそれだけが目的ではない。なぜなら、当たり屋が突っ込んできて、不当な金額を請求してくることがあるからだ。今回ご紹介する動画もまさにいい例である。

続きを全部読む

【挑戦】吐き気がするほどキモいおっさんの痛車を「東京オートサロン2018」に応募してみた!

どんなことであっても、最初の一歩を踏み出す人は偉い。初めてフグを食べた人しかり、初めて火を使った人しかり、そんな先人たちのチャレンジの上に、今日の我々の生活が成り立っている。

そして、世界広しと言えども「吐き気がするほどキモいおっさんの痛車」を作ったのは、おそらく本サイトが初めてなんじゃないだろうか。伝えたい、この一歩。というわけで、東京オートサロンに「吐き気がするほどキモいおっさんの痛車」を応募してみたぞ!

続きを全部読む

【魔改造】超高級イタリア車の「V8エンジン」を搭載して走るバイクがこちらです

爆速で知られるバイク「スズキ・ハヤブサ」のエンジンを積んだスポーツカーや、フェラーリのエンジンを積んだトヨタ86など、魔改造を施した乗り物が続々と登場している昨今。なんと、フランスでも衝撃のモンスターマシンが誕生していた。

それは今から10カ月ほど前。圧倒的なパワーを誇るバイク生み出したのは、自動車カスタムメーカー「ラザレス(LAZARETH)」だ。さて、自動車用の超パワフルなエンジンを搭載したスペックやデザインはどうなっているのだろうか。

続きを全部読む

公共交通機関の「ひじ掛け」は誰のもの? 当たり前のようにして使う人は一体何なのか

公共交通機関を使う時、周りに迷惑をかけないようにすることは当たり前だ。しかし、当たり前をできない人がいるのもこの世の中。おそらく、誰しも一度は他人の信じられない行動を見かけたことがあるのではないだろうか。

例えば公共交通機関のひじ掛けもそのひとつ。もし我が物のように堂々と使って、腕が隣まではみ出してこようものなら “ひじ掛け戦争” 待ったなしの大罪である。百歩譲って子供なら許せるが、いい歳をした大人は迷惑行為だということをわからなければいけない。あれをやる大人は一体何なのか。

続きを全部読む

【コラム】北海道の一般道で「九死に一生」を得た話

調子に乗りすぎると手痛いしっぺ返しを食らうことがある。これまでの人生で何度となく繰り返し、身に染みているはずの教訓。

だが、やっちまった。やっちまったよ……。パトカーの中で私(中澤)はとても後悔していた。神よ……願わくば、時間を10分巻き戻してくれ。あの時の自分を殴りたいんだ

続きを全部読む

ドリフトキングの土屋圭市が「本物のパトカー」を運転した結果 → 繰り出すドリフトに警察も絶句

「ドリフトキング」こと土屋圭市さんは、数々の輝かしい功績を残してきた “ドリフト走行” の第一人者だ。もはやその存在は、日本屈指のレジェンドドライバーとして知られている。

今回ご紹介するのは、そんな彼が本物のパトカーでドリフトを繰り出す激レア映像。あまりにドリドリする走りには、運転のスペシャリストである警察官も言葉を失うほどの衝撃を受けたようだぞ。

続きを全部読む

人工知能スゴすぎ! 無人のレーシングカーを運転する動画が未来を感じる驚きの走り

街で電気自動車を見かけるのが当たり前となった昨今、最近では自動運転機能が搭載された車種まで登場し、自動車開発はいよいよ新時代に突入したといえる。

それらの技術の進歩を受けて、人工知能が操縦する自動運転車レース「ロボレース」が2017年に開催予定だ。そこで先日、同レース専用マシンの走行シーンが公開されたのだが、これが未来を感じる驚きの走りだったのでご紹介したい。

続きを全部読む

【爆速マシン】ポルシェが700馬力の新型モンスター「911 GT2 RS」を発表 / 時速100km到達までわずか2.8秒

フェラーリと並び、スポーツカーの代名詞として君臨し続ける「ポルシェ」。そんなポルシェのラインナップの中で、1963年に登場して現在も改良を重ねながら製造・販売されているのが、同社のフラッグシップシリーズ「911」だ。

長い歴史の中で「911」には様々なバリエーションが用意されているが、先日その頂点に立つ新型車『911 GT2 RS』が発表された。シリーズ史上最強となるモンスターマシンの全貌を、超高画質なプロモーション動画とともにご覧に入れたい。

続きを全部読む

【検証】東京は信号が多すぎる! 車とランニングどちらの方が早いのか試してみたらこうだった

あなたは日本にいくつの信号があるかご存じだろうか? 警察庁によると日本には、実に20万7738もの信号が存在するという。これを1k㎡あたりの信号密度で計算すると、イギリスの5倍、アメリカの16倍だというから、日本はまさに「信号大国」と呼んで差し支えあるまい。

中でも信号がもっとも多いのは東京都で、都心ともなれば「走った方が早いんじゃねーの?」と思うこともしばしばである。……というわけで今回は、東京のど真ん中で、車とランニングはどちらが早いのか検証してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【対決動画】遅い車に乗った「運転上手」と速い車に乗った「素人ドライバー」がサーキットでタイムを競うとこうなる

ドライバーが持つ技術と経験を駆使し、チューンナップされた車を操るカーレース。テクニックとマシン性能、どちらも優れていなければ勝てないのは言うまでもないが……しかし、あえて選ぶとすれば、どちらが重要なのだろうか? 

海外の人気 YouTube チャンネル「Donut Media」が、遅い車に乗った「運転上手」と速い車に乗った「素人ドライバー」を対決させるという、たいへん興味深い動画を公開して人気を博している。さて、どちらが勝つのかに注目だ。

続きを全部読む

【おそロシア】3台の車を合体させた改造車の走りがマジでヤバい

スピード、乗り心地、デザインなどなど、世の中には様々なポイントを追求した自動車があるが、今回は何のために作られたのか、目的がイマイチ理解できない改造車をご紹介したい。

ロシアで作られたその改造車は、3台の自動車を合体させた “おそロシア” なマシンとなっているもようだが……いったいどんな走りを見せてくれるのだろうか? その改造車の全貌を動画と共にご覧いただこう。

続きを全部読む

【ディズニー愛】ディズニーランドに2000日連続で通い続けたおじさんが話題に

夢と魔法の王国「ディズニーランド」。精巧に作られたアトラクションやスペクタクルなショーが楽しめるディズニーランドは、多くの人に愛されており、世界中にファンを持つ。

アメリカのジェフ・ライツさん(44歳)もそのファンの一人で、ディズニーの世界にどっぷりハマってしまった。しかし、そのハマりっぷりがハンパない。なんと2000日続けて、カリフォルニアのディズニーランドリゾートに通い続けたのだ! 

続きを全部読む

【魔改造】3000馬力にパワーアップした「日産 GT−R」が時速400km超で世界最速記録を更新!

乗り心地、燃費、安全性、デザインなどなど……各自動車メーカーが特徴を活かした自動車をリリースしている中、スピードに特化していることで世界的人気を誇るのが『日産 GT−R』だ。

そんなスピードが売りの『日産 GT−R』を、海外のカスタムショップが約3000馬力にチューンアップ。先日行われたイベントで世界最速記録を更新したという。今回は、そのマシンの勇姿を収めた動画をご紹介したい。

続きを全部読む

【神対応】自殺しようと線路に立ち入った乗客を駅員が抱きしめ慰める → 乗客全員も一丸となって励ます

国土交通省によると、電車の運休・遅延の約半分が自殺に起因しているという。自殺防止灯やホームドアの設置といったさまざまな対策もとられているが、啓発ポスターなどを貼ることは逆効果との指摘もある。思い詰めている人はそういったポスターが目に入らないだけでなく、「ここで自殺ができる」と思ってしまうからだ。

では思い詰めている人にどう訴えればいいのか? 今回ご紹介する動画には、そのヒントが隠されているかもしれない。自殺をしようと線路内に立ち入った男性を抱きしめ、慰め続ける駅員の姿が映っているのだ。

続きを全部読む

【爆速対決】ガソリン車「日産GT−R」と電気自動車「テスラ モデルS」でドラッグレースをやったらこうなった

日本車の中でも、世界トップクラスの知名度を誇る『日産 GT−R』。新車価格が1000万円前後でありながら(NISMOエディションを除く)、数千万円以上のスーパーカーに勝るとも劣らない性能を誇る人気のマシンだ。

そんな『日産GT−R』と同価格帯でありながら驚異のパワーを持つ電気自動車『テスラ モデルS』では、どちらが速いのだろうか? 今回はそんな疑問を解決してくれる動画をご紹介したい。果たして、日本屈指のガソリン車と高級電気自動車の勝負の結果やいかに!

続きを全部読む

【魔改造】爆速バイク「スズキ・ハヤブサ」のエンジンを2基搭載したスポーツカーの走りがヤバイ

1900年初頭に “織り機” の製造会社として創業され、今や世界的乗り物メーカーへと成長した「スズキ」。そんなスズキがこれまで開発したマシンの中でも、抜群の性能を誇るバイクが『ハヤブサ』だ。

最高速を重視したエンジンを備える『ハヤブサ』は、超ド級のパワーを持つバイクとして知られているが……なんと、そのハヤブサのエンジンを2基も搭載した超ハイパワーなスポーツカーが登場! モータースポーツファンから大きな注目を浴びている。

続きを全部読む

【手汗注意】バイクのプロライダーってすげえ! 事故寸前なのに絶対ミスをしない運転の視点映像

暑すぎずに寒すぎない。今の季節は最高のバイクシーズンと言ってもいいだろう。バイクは加速がよければ、小回りも利いて視界も広々! 大自然の中で風を切って走るのなんか最高である。

ただ、一歩間違えれば死と隣り合わせとなるのもバイクというもの。事故には十分に気をつけたいところだが、バイクのプロライダーはちょっとやそっとでビビることなんてないようだ。というのも、オフロードレースを走るプロは、見ている方が怖くなるくらいすごい運転をするのだ。

続きを全部読む

【ホンダの本気】海外版『新型オデッセイ』のCMで怪獣が大暴れ!  PRなのに映画並みの大迫力!!

日本が世界に誇る自動車メーカー「ホンダ」の中でも、1994年に登場してから未だに人気の衰えないミニバンが「オデッセイ(ODYSSEY)」だ。日本モデルと仕様は大きく異なるものの、北米でもミニバン販売台数1位になるほどの売れ行きだという。

そんな中、海外版の2018年モデル『新型オデッセイ』のCMがネットで公開された。さすが世界トップの映画大国である米国のCMだけあって、大迫力の映像となっているのでぜひご覧いただきたい。

続きを全部読む

1700万再生を突破! マッチ棒だけで「F1マシンのモデルカー」を作り上げる動画が芸術的だと大人気!!

工場の自動化が進み、家庭でも3Dプリンターによって簡単にさまざまな物を作り出せるようになった現代。しかし便利になる一方で、ロボットやコンピューターなしでは成り立たない世の中になっていることも確かだ。

そんな中、マッチ棒だけを材料に、手作業でF1マシンのモデルカーを作り上げてしまう動画「How to Make Amazing F1 Racing Car from Matches Without Glue」が公開され、芸術的すぎると海外で大変な人気を博している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7