「乗り物」カテゴリーの記事

【爆速対決】ガソリン車「日産GT−R」と電気自動車「テスラ モデルS」でドラッグレースをやったらこうなった

日本車の中でも、世界トップクラスの知名度を誇る『日産 GT−R』。新車価格が1000万円前後でありながら(NISMOエディションを除く)、数千万円以上のスーパーカーに勝るとも劣らない性能を誇る人気のマシンだ。

そんな『日産GT−R』と同価格帯でありながら驚異のパワーを持つ電気自動車『テスラ モデルS』では、どちらが速いのだろうか? 今回はそんな疑問を解決してくれる動画をご紹介したい。果たして、日本屈指のガソリン車と高級電気自動車の勝負の結果やいかに!

続きを全部読む

【魔改造】爆速バイク「スズキ・ハヤブサ」のエンジンを2基搭載したスポーツカーの走りがヤバイ

1900年初頭に “織り機” の製造会社として創業され、今や世界的乗り物メーカーへと成長した「スズキ」。そんなスズキがこれまで開発したマシンの中でも、抜群の性能を誇るバイクが『ハヤブサ』だ。

最高速を重視したエンジンを備える『ハヤブサ』は、超ド級のパワーを持つバイクとして知られているが……なんと、そのハヤブサのエンジンを2基も搭載した超ハイパワーなスポーツカーが登場! モータースポーツファンから大きな注目を浴びている。

続きを全部読む

【手汗注意】バイクのプロライダーってすげえ! 事故寸前なのに絶対ミスをしない運転の視点映像

暑すぎずに寒すぎない。今の季節は最高のバイクシーズンと言ってもいいだろう。バイクは加速がよければ、小回りも利いて視界も広々! 大自然の中で風を切って走るのなんか最高である。

ただ、一歩間違えれば死と隣り合わせとなるのもバイクというもの。事故には十分に気をつけたいところだが、バイクのプロライダーはちょっとやそっとでビビることなんてないようだ。というのも、オフロードレースを走るプロは、見ている方が怖くなるくらいすごい運転をするのだ。

続きを全部読む

【ホンダの本気】海外版『新型オデッセイ』のCMで怪獣が大暴れ!  PRなのに映画並みの大迫力!!

日本が世界に誇る自動車メーカー「ホンダ」の中でも、1994年に登場してから未だに人気の衰えないミニバンが「オデッセイ(ODYSSEY)」だ。日本モデルと仕様は大きく異なるものの、北米でもミニバン販売台数1位になるほどの売れ行きだという。

そんな中、海外版の2018年モデル『新型オデッセイ』のCMがネットで公開された。さすが世界トップの映画大国である米国のCMだけあって、大迫力の映像となっているのでぜひご覧いただきたい。

続きを全部読む

1700万再生を突破! マッチ棒だけで「F1マシンのモデルカー」を作り上げる動画が芸術的だと大人気!!

工場の自動化が進み、家庭でも3Dプリンターによって簡単にさまざまな物を作り出せるようになった現代。しかし便利になる一方で、ロボットやコンピューターなしでは成り立たない世の中になっていることも確かだ。

そんな中、マッチ棒だけを材料に、手作業でF1マシンのモデルカーを作り上げてしまう動画「How to Make Amazing F1 Racing Car from Matches Without Glue」が公開され、芸術的すぎると海外で大変な人気を博している。

続きを全部読む

【地獄絵図】バイク天国・ベトナムの大渋滞を撮影した視点映像がカオスすぎ! スクランブル交差点の混雑がもはや子供レベル!!

世界有数の「渋滞大国」とも言われているベトナムは、圧倒的なバイク保有率を誇ることで知られている。中でも経済都市のホーチミンは、当たり前のように渋滞することでも有名だ。

世界レベルの渋滞がどれほどのものか。整備されている日本だと想像できないが、現在 YouTube にアップされた動画「Driving through the world’s busiest roundabout in Ho Chí Minh – Vietnam」がやっぱりベトナムの渋滞はヤベえと見る人を驚かせている。

続きを全部読む

死と隣り合わせの恐怖運転! 道なき道をマウンテンバイクで疾走する視点映像が超ガクブル

「スポーツに怪我はつきもの」とはよく聞く話だが、怪我を恐れていてはうまくいかないのもスポーツだ。ただ、スポーツにもいろいろあり、中にはどう考えても危険すぎるだろっていう種目だって存在する。

例えば今回ご紹介する動画「GoPro Awards: Remy Metailler’s Crazy Urban DH Run in Mexico」に収録されているダウンヒルレースもそのひとつ。マウンテンバイクに乗り、あってないような道を猛スピードで駆け抜けていく「命がけ」な姿は、思わず目をそらしてしまうほどの恐怖を持ち合わせている。

続きを全部読む

多額の罰金よりも効果あり! ロシアの駐車違反取り締まりがマジでおそロシア

駐車違反は他人の迷惑になるため、絶対にやってはいけない行為である。しかし「ちょっとだけなら……」という自分本位な人も少なくないため、なかなかゼロとはならないものだ。

そんななか、ロシアで新たな駐車違反取り締まりが注目を浴びているのでご紹介したい。まさかまさかのそのまさか! 思わぬ方法でバンバン取り締まっていく男たちの詳細は、次の通りとなっている。

続きを全部読む

【超絶グルメレポ】豪華客船で限界まで食い倒れてきた / 船上で味わう世界の料理はヤバいよ編

1度きりの人生、なにか豪華で贅沢でビッグな経験をしてみたい。しかし、コンビニで定価のカップ麺を買うことすらためらう私(あひるねこ)だ。そんなものとは無縁だろう……と思われた翌日、気付いたら豪華客船の上でクルーズをしていたのだから、何が起こるかわからないものである。

先日、クルーズ客船会社「スタークルーズ」に誘われて、2泊3日のクルーズ旅行に行ってきた。旅の最大の楽しみというと、やはり「食」。これに尽きる。実際、船上では様々な世界の料理を楽しむことが出来たのだが、そのどれもが豪勢かつ美味のため昇天。完全にヤバかったため、ぜひその模様をお伝えしたい。

続きを全部読む

【動画あり】ロールスロイスが世界最高額の新型自動車を発表 / 1台なんと約14億円!

各国のセレブたちに愛され続ける英国の超高級車メーカー「ロールスロイス(Rolls Royce)」。フレデリック・ヘンリー・ロイスとチャールズ・スチュアート・ロールズの2人が1900年代初頭に立ち上げた、たいへん歴史の深い自動車会社だ。

先日、そんなロールスロイスが、驚くべき価格の新型車を発表して世界中から大きな注目を浴びている。高価なことで知られる同社の中で、なんと史上最高級の自動車だというのだ。

続きを全部読む

【絶景】豪華客船から眺める「日の出・日の入り」は息を呑む美しさ / 南シナ海に昇った太陽が水平線へと沈んでいく瞬間

この地球上でもっとも神秘的な場所といえば、それは海だろう。あまりに広大で、あまりに深いその姿には、時として恐怖すら覚えてしまう。水平線に太陽が昇り、そして沈んでいく光景の、えも言われぬ美しさときたら筆舌に尽くしがたい。

先日、豪華客船「スーパースター ヴァーゴ」に乗ってクルーズ体験をした時の話だ。デッキから日の出・日の入りを眺めることが出来たのだが、思わず息を吞んでしまった。障害物は一切なし。眼前に広がる南シナ海の水平線、太陽、雲、すべてが美しい。絶景とはまさにあのことだろう。

続きを全部読む

【画像多数】豪華客船で2泊3日のクルーズ体験をしてきた!「スーパースター ヴァーゴ」で行く優雅すぎる船の旅レポート!! 超ビッグなゲストも登場

突然だが、あなたは豪華客船でクルーズ旅行をしたことはあるだろうか? おそらく、多くの人が「ない」と答えるはずだ。あるという人は、なんとなく「あるザマスよ」とか言いそうな気がする。そう、ザ・庶民である私(あひるねこ)にとって、そんなものは夢のまた夢だと思っていた……。

しかし! 奇跡は起きた!! なんと、アジアを中心とする世界屈指のクルーズ客船会社「スタークルーズ」に誘われて、2泊3日のクルーズ体験をすることが出来たのだ。人生初の豪華客船。明らかになる意外なコスパぶり。超ビッグなゲストまで登場……。いろいろありすぎたが一言で表現すると、クルーズ最高ーーッ!!

続きを全部読む

【コラム】車を運転していてマジで死にかけた話

酒やタバコが20歳以上と法律で定められているように、車を運転するのも年齢制限がある。運転免許証を取得できるのは、周知の通り18歳。この春に高校を卒業し、すぐに免許を取得した人も多いのではないだろうか。

しかし、そんな取り立てホヤホヤな時期が一番危ないと言っても過言ではないことを覚えておいて欲しい。なぜなら、私(筆者)は免許取得してわずか数カ月後……マジで死にそうになった経験があるからだ。

続きを全部読む

ギリギリ攻めすぎ! ドリフトのプロが公道を本気で爆走するとこうなるっていう動画

この世にはあらゆる分野に「プロフェッショナル」が存在する。そしてプロの中でも抜きん出た存在になるには、努力、経験、知識、時には運も必要となってくる。まさに、選ばれし者だけがプロ中のプロになれるといえよう。

そんななか、YouTube に新たなプロ動画が公開されていたのでご報告したい。日本トップクラスの有名プロドライバーが公道を爆走する姿は必見。やはり「さすがプロフェッショナル!」といった素晴らしい走りであった。

続きを全部読む

【対決】「220万円のスーパーバイク」と「8500万円のスーパーカー」ではどちらが速いのか?

自動車に比べて維持費が安く、マシンとの一体感が得られることで人気なのが「バイク」だ。コンパクトで重量も軽いため、自動車に比べてスピードが出やすい点も特徴と言える。ただ、どれほど優れているのか、明確に知っている人はそういないだろう。

そこでお届けしたいのが、スーパーバイクの代表格「BMW・S1000RR」と、スーパーカー「ポルシェ・918スパイダー」のスピード対決動画である。果たして、どちらが勝利を収めるのだろうか?

続きを全部読む

【動画あり】運転中でも変形できる「リアルなトランスフォーマー」がロシアで爆誕! ハンドメイドで作った天才に世界中から熱視線

トレーラーやスポーツカーなどがロボットに変形する、CG技術を駆使した大人気映画『トランスフォーマー』。これまで劇場では4作品が発表され、来る2017年8月4日には続編も公開予定だ。

そんな中、本物の自動車がロボットに変形する、リアルなトランスフォーマーをハンドメイドで作ってしまったロシア人が登場した。現在、世界中から注目を浴びているそのロボットをぜひ動画でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画】1998年製と2015年製のトヨタカローラを衝突させるとこうなる

低燃費化や自動運転機能の搭載など、時代と共に進化していく自動車。数々の新技術が開発されているが、事故でも起きない限り性能を確かめ難いのが、衝突時の安全性能である。ではもし、数年以上前の車と最近の車を衝突させた場合、一体どうなるのだろうか……。

そんな疑問に答えてくれるのが、1998年製と2015年製のトヨタ・カローラを衝突させる様子を収めた実験動画「ANCAP crash 1998 Toyota Corolla in to 2015-built counterpart」だ。果たして2台の安全性能はいかに!

続きを全部読む

【爆速映像】中国メーカーの電気自動車がランボルギーニ超え! 市販車の最速記録を更新する

「世界の工場」と呼ばれる中国。食品から精密機器まで、ありとあらゆるものを製造しているのはご存知の通りだ。「メイドインチャイナ」はありふれすぎているだけに信用できないと思われがちだが、そんな時代はもう終わったのかもしれない。

なぜなら、中国の電気自動車メーカーが開発した電動スポーツカー「Nio EP9」が、ドイツの名門サーキットで市販車の最速記録を更新。電気自動車だけでなく、ガソリン車も含むすべての市販車の頂点に立ったからだ。

続きを全部読む

阪急電鉄の「#フォロワーが体験した事が無さそうな体験」ツイートがガチで秀逸 / ネットの声「秘密の通路?」「ホグワーツ城行けそう」

建物と建物の間を縫うような細い路地。ずっと続くこの路地の向こうには、不思議な世界が広がっているかもしれない。私(中澤)は、子供の頃からどこに続くかもわからない路地が大好きだ。

現在、Twitterでハッシュタグ「#フォロワーが体験した事が無さそうな体験」が流行っている。タイムラインを見ていくと、とっておきのエピソードを語る一般ユーザーに紛れて、有名企業アカウントも参戦しているのだが……そんな中、阪急電鉄が不思議な世界の入り口を彷彿とさせるツイートをしていたためお伝えしたい。

続きを全部読む

猛スピードの逃走車を瞬時に確保! 無理やり停める「スパイクストリップ」の威力が想像以上にスゴい

海外でありがちなシーンのひとつに「ド派手なカーチェイス」がある。犯人の乗った車が、ヒャッハーと言わんばかりにハイウェイを飛ばして警察から逃走。最後は車を降りて走る……なんてところまでワンセット感があり、オーソドックスな形だ。

しかし、時代が変われば使う道具だって進歩するもの。今では、無理やり停車させるスパイク(鋲)のついた「スパイクストリップ」を使って捕まえることもしばしばで、映画などでも見られるようになってきた。あれってどれくらいスゴいの? なんて思ったことのある人もきっといるだろう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6