「知識」カテゴリーの記事

『世にも微妙なグルメガイド』は”いろんな意味で危ない料理”を出すレストランがたくさん掲載されている。ちょっと危険な香りのするグルメガイドである。前回、取材班はブログ管理人に、衝撃を受けたカレー屋のベスト3を教えてもらったが、今回は刺激的なラーメン屋のベスト5を教えてもらった。もし食べてみたいという奇特な人がいるならば、詳細情報をこの記事に載せるので実際に行ってみるのもアリかもしれない。
■5位 ココアラーメン 菊や

ココアのスープに普通の麺が入っているラーメン。ほかに例えようがない、ネーミングそのまんまのラーメンである。「思ったより問題なく食べられる味だからすごい。単にココアと麺を融合させていると思ったら大間違い。麺に合うココアを何種類も試して、いちばんラーメンのスープになりえるココアを使用しているのです。森永ココアがソレだそうで、森永さんおめでとうございます(笑)」(管理人)。

店名:菊や
業種:ラーメン
住所:東京都足立区千住大川町10-3

営業時間: 11:00~15:00 / 17:00~20:00
定休日:月曜

■4位 カエル入りラーメン 来福軒

カエルをフライにしたものをラーメンに入れている。鶏肉に似たその食感は、非常にラーメンに合うらしい。「注文を受けてから新鮮なカエルをさばいて、フライにします。いままでは店の近所で購入できたそうですが、いまは遠くまで行かないと買えないそうです。ほかにもカエル料理があり、店主のカエル好きがうかがえます」(管理人)。
店名:来福軒
業種:中国料理
住所:愛知県名古屋市中区金山5-7-7

営業時間: 11:00~14:00 / 18:00~21:00
定休日:第三土曜日

続きを全部読む

海外旅行に危険はつき物。とはいえ、そのほとんどの危険は、自分さえしっかりとしていれば防げるものが多いという。しかし、当編集部の記者は危機感がユルかった。ギリシャへ放浪の旅に出ていた記者のクレジットカードを盗まれ、日本円にして約400万円を使い込まれてしまったのである。

なんともマヌケというか、なんとも悲しい話である。楽しいはずの海外旅行が、目の前が真っ暗になったという。では、みなさんも同じ経験をしないよう、今回の事件について詳しく話していこう。

続きを全部読む

インドには、政府公認の麻薬ショップがある。もちろん、インドでも麻薬は違法だし、違反すれば日本と同じように(または日本以上に)厳しい罰を受けることになる。だが、インドで唯一麻薬を扱うことが許されている麻薬ショップがあるのだ。取材班は、麻薬ショップに詳しい現地コーディネーターと共に潜入取材を行った。

インドで唯一、堂々と麻薬が売られている店は、ラージャスターン州のジャイサルメールにある。ここは砂漠の城塞都市で、インドのなかでも辺境の地とされており、あまり観光客は訪れない。この地に麻薬ショップがある。

現地人や欧米のガイドブックがいうには、インド公認の麻薬ショップということだが、本当にそうなのかまったくの不明であり、取材班がうかつに潜入することは望ましくない。そういうこともあり、現地コーディネーターがカメラを持って潜入。どんなところでどんなものが売られているのか、撮影することとなった。

続きを全部読む

富士そばといえば、安価でありながら味わい深いそばやうどんを堪能できる、そば屋の老舗である。そこに、富士そばが「ネットで話題!」としている料理があるというのだ。いったい、どんな料理がネットで話題なのだろうか? 取材班は「自称・ネットで話題の料理」を調べるべく、富士そばへと向かった。

富士そばの店の前まで来ると、ガラスケースに料理の見本が飾られていた。すると……あった! 確かに、「ネットで話題」と書かれている。その料理は、普通のレストランにはない、かなり画期的な料理だった! その正体は……。

続きを全部読む

『世にも微妙なグルメガイド』というブログがある。「普通に営業している普通じゃない料理のある普通じゃないお店を紹介」と称して書かれたそのブログは、日本中の”いろんな意味で危ない料理”を出すレストランを紹介している。

ある意味このブログは、ユニークな料理を出すレストランのデータベースと化している。取材班はブログ管理人に、衝撃を受けたカレー屋のベスト5を教えてもらった。詳細なレストランのデータも掲載しているので、週末に食べに行ってみるのもアリかもしれない。しかし、移転や閉店の可能性もあるのであしからず。

■5位 カチカチに凍ったカレーライス

ガチガチに凍っているキーマカレーを、アツアツのライスに乗せて食べる、ネーミングそのまんまのガチガチに凍ったカレーライスである。シャリシャリしているため、普通のカレーにはない新鮮な食感が楽しめるのだとか。「突然レストランに行っても作ってもらえないんです。キーマカレーを凍らせるために、前日までに予約しないといけないんですよ。店主のカレーにかけた情熱なら、本当は1位にしたいところですね。変わりダネなだけでなく、非常に美味しいんです」(管理人)。
店名:カレー屋 nagafuchi

業種:カレー

住所:東京都港区西新橋3-5-1

営業時間: 11:00~21:00

定休日:日曜、祝日

席数:29席(カウンター7席、テーブル22席)

■4位 コーヒーカレーライス

コーヒーでライスを炒め、コーヒー色に染まったライスにカレールーをかけたものだ。粉コーヒーを隠し味でカレーに入れることはあるが、ライスをコーヒーで炒めるという発想には驚きである。「ここは新宿タカシマヤの地下にあったんですが、いまはなくなってしまいました。ですが、タカシマヤの地下で買い物をする OLや主婦たちに向けて、このようなメニューを作った店主のセンスに敬意を表したい。味ですが、コーヒーの苦味がきいてて美味しいです」(管理人)。
店名:カフェ・ド・ラ・シテ

業種:喫茶店

住所:渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
新宿タカシマヤ地下1階

営業時間: 10:00~20:00

定休日:水曜(休まない日もある)

席数:8席(カウンター8席)

続きを全部読む


 
<前回までの『パスポートは眠れない』は>
 「僕の名は羽鳥ヒカル。21歳の元ニート。バングラデシュで家を借りてニートの神になろうと思ったが挫折。その後タイへと向かい、そのままなりゆきでラオスに入国。ビエンチャンの町からあてもなく先に進んでルアンパバンへ。そこから中国四川省の成都を目指した。成都にはかわいいパンダがいるからだ! ラオスからバスで中国のメングラに到着。そのまま昆明行きの寝台ベッド付きバスに乗り込んだ。車内の納豆のような刺激臭にガマンしつつ……。そしてついに昆明に到着。ついにパンダのいる成都への列車に乗ったはいいが、16時間もの間、普通座席での旅となった。そして僕は、日本人が良く集まる宿に泊まりつつ、パンダを堪能。何の目的もなくチベットへと飛んだものの、早々にカメラをスラれてしまう。僕はラサに長いしたくなくなり、陸路でネパールへと向かい、国境が目前となった」(前回の話はこちら)。

 
ネパールが近くなるにつれて標高が低くなってきたのか、高山病の症状がやわらいできた。頭痛や意識が朦朧(もうろう)とすることもなくなり、頭が冴えてきたのがわかる。そして、変化してきたのは気分だけではない。いままで岩や砂利ばかりだったのに、風景にどんどん植物が目に入るようになってきた。

続きを全部読む


 
こどもばんぐみ『ジキジキブンブン』は、こどもにおくる、こどものための、インターネットこどもばんぐみです。”どうが”と”きじ”でおたのしみくださいね。でも、”どうが”がしゅやくなので、”どうが”をみたほうがたのしいですよ。
 
<ジキジキブンブン だい2かい ないよう>
・どうぶつのまねをしよう
みんなのいえには、いぬやぬこがいるかな? どうぶつってとってもかわいいよね。たまに、なきごえをまねしたくなるよね。いろんなどうぶつのなきごえをまねして、ともだちやパパやママを、たのしみせてあげよう♪ にゃ~ん♪
 
・おてつだいをしよう
パパもママも、きっとおてつだいしてあげればよろこぶはず! きっと、おてつだいをしてしっぱいしても、おこられないよ。だって、おてつだいをしてくれる、やさしいキミのことをみんなが”あいしている”のだから。
 

続きを全部読む

不動産コンサルタント大杉卓弥氏に独占インタビュー

昨今、引っ切りなしにアメリカ系外資企業をはじめとした破綻が起こっている。メリルリンチ、リーマン、AIG、ミューチュアル等々、つい先日まではエリートの代名詞だった、名だたる企業が次々と破綻に陥っているのである。そして我が日本でも、ゼネコンやデベロッパー等の不動産関係会社等が日々淘汰され続けており、その余波はいまだ消える気配がない。

これらの多くは、昨年顕在化したサブプライムローン問題に端を発する事はこれまで繰り返し論じられてきたことであるし、詳細を知りたければ丁寧な解説をした著書も数多くある。デリバティブ商品の構造的問題云々まで網羅した専門書だってたくさんある。

続きを全部読む


 
どこの国にも満員電車はあるかもしれないが、インドの満員電車は尋常ではないらしい。ということで、取材班はインドへと飛んで自由席に乗ってみることにした。
 
インドの鉄道にはいくつかクラスがあり、自由席とは2等車のことで「座れれば大ラッキー、乗れたらラッキー、乗れなかったら諦める」といわれるほど、すさまじいものらしい。

どうして乗れたらラッキーなのだろうか? 鉄道列車は乗れなきゃ意味がないと思うのだが……。
 
しかし、取材班はインドの鉄道駅に行ってその意味がはっきりとわかった。誰一人として乗るために並ぶ者はおらず、しかも全員が大きな荷物を持っている。

続きを全部読む


 
チベットはあまりにも広大な地域であり、首都・ラサをのぞけば、人口が密集した地帯は少ない。そんなチベットでは、道路を走ってすれ違う車同士が、知り合いである確率が高いというのだ。

チベットで外国人のコーディネーターや運転手をしている男性ドライバーによると、「チベットじゃあ、すれ違うヤツラはみんな俺の知り合いだよ」とのこと。本当だろうか?
 
取材班は半信半疑だったが男性ドライバーに運転してもらい、ラサからネパール方面に車を走らせてもらったところ、何もない荒野ですれ違った車を見るやいなや、クラクションを鳴らしてストップ。相手の車もストップし、なにやら話しだした。

続きを全部読む


 
「コーヒー好きになるのはどうしたらいいの?」と悩んでいるのは、ブログ『六本木で働いていた元社長のアメブロ』を書いている、元ライブドア社長の堀江貴文氏だ。通称・ホリエモンさんの悩みを解消するべく、取材班は人生のご意見番・日本一まずいラーメン屋の『彦龍』へと向かった。

 
皆さんは、ブログ『彦龍の紀彦さん』をご存知だろうか? 日本一まずいラーメン屋の『彦龍』の店主が、思うがままに独断と偏見で人生相談に乗るという、絶大な人気を誇るブログだ。『彦龍のノリヒコさん』として書籍化もされ、いまだ人気は衰えない。この記事では、そんな『彦龍』の店主・原憲彦さんに、世間で苦悩している人の悩みを解決してもらう。今回は、ホリエモンさんの悩みを解消してもらおうというわけだ。

 
『彦龍』の店主・原憲彦さんには「元ライブドア社長のホリエモンさんがコーヒーが苦手だと言っていますが、コーヒーを好きになる方法を知りたいそうです。そのような方法はあるでしょうか?」と聞いてみた。

続きを全部読む

 
皆さんは、朝起きたときに突然クシャミが出たり、鼻水が出たり、鼻づまりになった経験はありませんか? 風邪をひいていたり、鼻炎アレルギーでもないのに、寝起きのときだけそんな症状が出てしまう。それを『モーニングアタック』といい、原因も究明されているのです。
 
『モーニングアタック』とは、私たちが起きているときに機能している交感神経と、睡眠しているときに機能している副交感神経の移行が脳内でうまくいかず、そのときの弊害としてクシャミや鼻水、鼻づまりが発生するという症状です。
 
寝ているうちに顔面や布団に積もったチリやホコリが鼻から入って粘膜を刺激し、クシャミや鼻水を発生させることもあるそうですが、いくら部屋を清潔にしていても朝からクシャミが止まらないという人は、『モーニングアタック』の可能性を考えてもいいかもしれないですね。
 
そんな『モーニングアタック』ですが、いくつか予防することができる方法があるそうです。取材班が行きつけの医師にお話をうかがったところ、「寝不足にならない、疲れすぎない、ストレスをためない」というのが『モーニングアタック』の予防につながるらしい。また『アレジオン』というアレルギーを抑える薬も、人によっては効果的なのだとか(入手や使用には医師の処方箋が必要)。
 
『モーニングアタック』で悩んでいるOLの東山さん(24歳)は、『モーニングアタック』予防のために「寝る前に12時間くらい効果がある鼻炎カプセルを飲んでいます」とのこと。それにより、わずかですが寝起きに『モーニングアタック』の症状がやわらぐのだとか。しかし、健康のためにもずっと医薬品ばかり飲んで症状を軽減させつづけるわけにいかないですよね。
 
『モーニングアタック』にお困りの方は、医師に相談して効果的な治療をしてもらうのが得策のようです。医師によると、もともと鼻炎アレルギーの人ほど『モーニングアタック』になった場合の症状はひどくなるらしいので「私って鼻アレルギーだけど、もしかして『モーニングアタック』になっているかも?」という方は、お気をつけください。
 
 
<あの人はこんな最近の記事も読んでいます>
マクドナルドの秘密! タイのドナルドは日本語上手!
ゲームメーカー美少女コンパニオン集【東京ゲームショウ2008】
ゲームメーカー美少女コンパニオン集【東京ゲームショウ2008】
今年のゲームショウで注目のベスト3【東京ゲームショウ2008】
当取材班の乗った長距離バスから人が転落・その瞬間の動画
 
執筆:インターニューススタッフ


 
マクドナルドの人気キャラクターといえば、陽気な表情がステキなドナルドだ。海外ではロナルド・マクドナルドという名前だが、日本では親しみやすさを考えてドナルドと呼ばれている。そんなドナルドだが、日本以外のアジアでも大活躍。なんと、タイのドナルドは日本語を話すことができるというのだ!
 
その実態を確かめるべく、取材班はタイへと飛んだ。

取材班は、タイのバンコクでマクドナルドイベントに参加しているドナルドに遭遇。さっそく会話をしようと近づいたところ、なんとドナルドから話しかけてくれた。その会話は以下の通り。

続きを全部読む

旅に危険は付き物というが、あえて危険に身をさらすことはない。ネパールでバスの屋根に乗って旅をすることが日常的となっており、よく人が転落して死傷事故の発生につながっている。当取材班が乗ったバスからも屋根から人が落ち、道路にたたきつけられた。そのときの動画を含めて、この先をお読みいただきたい。
もし、あなたが転落の現場に居合わせたなら、保護や看護は現地の人に任せたほうが良い。非常にこのような事故に慣れており、われわれが手を出すことはむしろ邪魔になることが多いからだ(現地人談)。もし手を貸すにしても、現地人に助けを求められた場合や、どう考えても手を貸さなくてはらならい状況と判断した場合にしておこう。

また、治療薬を持っている場合は何を持っているのかを伝え、要求された場合に援助してあげることにしよう。気持ちはわかるが、何もしないこと(要求された場合のみに手を貸すこと)という考え方も、場合によっては必要なのだ。いちばんよいかたちとしては、「手が必要な場合は何でも言ってほしいと伝えておくことだ。


高画質な『YouTube』で観る(高速インターネット推奨)
より高画質な『eyeVio』で観る(高性能パソコン推奨)
動画に意見できる『ニコニコ動画』で観る(会員登録必要)
このようなバス転落事故について旅行代理店スタッフのネパール人・ガラさん(41歳)はこう語る。「もう文化だから乗るなっつったって乗るんだよね。危ないと思ってるけど自分は落ちないと思ってるし。カーブもあるし道路には穴はあるし、落ちて当たり前。もし落ちたのがわかったらすぐに運転者とかバスガイドに伝えてほしい。日本人は絶対にまねしちゃいけない、たまにいるんだよ、真似して屋根に乗っちゃう白人が」。


 
街を歩く良い子のみんなから聞いた、ゲームに関する疑問や質問に答えていく『ゲーム相談室』のコーナー。今回は、伊藤清太郎くん(11歳)の疑問・質問を解決していきます。伊藤君の疑問・質問は以下の通りです。

 
「スクエニのゲームに『不思議のダンジョン』と『不思議なダンジョン』というふたつのゲームがありますが”の”と”な”の違いはなんですか?」(伊藤清太郎 11歳 男子)

 
編集部調べでは、『不思議のダンジョン』シリーズはスーパーファミコンで発売された『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』がシリーズの第一作で、『不思議のダンジョン 風来のシレン』、『ポケモン不思議のダンジョン』などが発売され、すべて開発はチュンソフトが担当している。そして『不思議なダンジョン』というタイトルは、スクウェア・エニックスが開発した『チョコボの不思議なダンジョン』シリーズにのみ使用されているようです。

 
このことについて、スクウェア・エニックスにお話を伺いました。

「『不思議のダンジョン』シリーズは、”自動生成マップ””ターン制バトル”を特徴とするRPGでございます。主人公として、これまで「トルネコ」や「ヤンガス」など、『ドラゴンクエスト』シリーズでおなじみのキャラクターが登場しております。また、『チョコボの不思議なダンジョン』シリーズは、『ファイナルファンタジー』シリーズでおなじみのチョコボが”不思議なダンジョン”を冒険するダンジョンRPGでございます。それぞれが独自のシリーズとなっております」(株式会社スクウェア・エニックス インフォメーションセンター)

 
なるほど。基本的な部分は同じシステムでありながら、『不思議のダンジョン』と『不思議なダンジョン』には、それぞれ独自性のある楽しみが盛り込まれているわけですね。
 
それゆえの”の”と”な”の違いなのかもしれない。語感の関係上で変更されたという噂もあるが、”の”と”な”の違いはあれど、ハマること間違いなしのゲームであることに間違いはなさそうです。
 
 
あの人はこんな最近の記事も読んでいます

元ライブドア社長「宇宙にニンテンドーDS持って行く」/ 任天堂「想定外」

【CRAZY GAME NEWS】『Google Maps』に『ゼルダの伝説』登場か

【世にも微妙なゲーム伝説】実写版『ゼルダの伝説』リアルに登場!

【世にも微妙なゲーム伝説】ソニーで『ゼルダの伝説 ギャメロンの杖』

【CRAZY GAME NEWS】本当につまらない『マリオ』ベスト10を発表

 
執筆:インターニューススタッフ

「人間はキスをするとき30本ほどの筋肉が動きまくり、これが良い方向に働くと長期的に自信が高まるだけでなく、血液循環もよくなる」と、『体のふしぎ事典』の著者であるユルゲン・ブラーター氏が発表した。

続きを全部読む

meta-creation_date: 11/24/2007 12:00:00


神秘のバイオ燃料登場!

最近、エネルギー問題がクローズアップされてきている。中国などの発展や中東情勢に端を発する石油価格の高騰、バイオ燃料需要増加による穀物価格の急騰など、短期間に急展開して、すでに我々の家計にも影響してきているのが現状だ。特に最近聞かれるようになったバイオ燃料にはなじみのない人も多いと思う。いったいバイオ燃料とはどんなものなのだろうか。

そもそもバイオ燃料とは、食物などから作り出したアルコールを燃料にしたものだ。20世紀の終わりごろ、メタノールを原料としたアルコール燃料が出てきたのを覚えておられる方もいらっしゃるかと思うが、メタノール自身が天然ガスなどの化石燃料を原料としている点と熱量が十分でないことなどから、実用には結びつかなかった。しかし、近年トウモロコシなどの作物を原料とするエタノール燃料は、生産方法の確立によって実用化に向けて急速に広まりつつある。

そのエタノールの生産方法とは、バイオマスとよばれるトウモロコシやさとうきびなどの作物を発酵させ、蒸留して作るというものである。これは我々が日頃いただく、アルコール飲料のアルコールを抽出しているのとほとんどかわらない。

すでにブラジルでは国家的に導入を図っており、アメリカのエネルギー省もバイオマス計画として動き出している。自分たちの酒や食事が、車の燃料になる日も近いのかもしれない。

執筆:鈴木和久
イラスト:ピョコタン

不思議なこともあるもので、外国語なのに日本語と同じ発音と意味を持つ言葉がいくつか存在する。その代表たる言語といえば、ゲルマン民族が多く使用しているドイツ語だろう。

とても有名なたとえになるが、日本語の「あっそう」は、ドイツ語の「アッソウ」と同じ意味と発音をしている。どちらも「へぇー、そうなんだ」という意味なのだ。ちなみにスペルは「Ach so」で、聞こえは確かに「アッソウ」。

また、ドイツ語には驚いたときに発する「ナヌー!?」という言葉がある。これは日本人が良く使う「なぬぅ!?」という発音と意味が同じである。つまり、ドイツに行ったとき、驚くことがあったら「なぬぅ!?」と叫べば、あなたはドイツっ子と思われるに違いない。

余談になるがドイツ語は英語の起源とされており、ドイツ語があったから英語があるともいわれている。そう考えると、ドイツ語はなかなか奥が深い言葉といえるだろう。

文責:リヒャルト・アルビオン記者
翻訳:姉妹社
  1. 1
  2. ...
  3. 748
  4. 749
  5. 750
  6. 751
  7. 752
  8. 753
  9. 754
  10. 755