「漫画」カテゴリーの記事

【4コマ】「ファンは宝物です!」 by アイドル

続きを全部読む

【衝撃】伝説のアニメ・ゲームが何年前か調べてみた / To Heart → 20年前、ハルヒ → 11年前、まどか☆マギカ → 6年前……

伝説の学園ラブコメゲーム『To Heart』。メインヒロインの中にロボがいるなど、発売当時そのシナリオの幅広さに胸を突きさされる男子が急増したゲームである。このゲームからギャルゲーにハマった人も多い「伝説のギャルゲー」だ。

そんなゲームが発売されて今年2017年で20周年を迎えたことが話題となっている。「前だ前だ」とは思ってたけど20年!? 衝撃すぎたので、他の一世を風靡した名作について2017年5月24日現在、何年が経過しているのか調べてみたところ……『魔法少女まどか☆マギカ』でさえ6年前だと!?

続きを全部読む

【漫画】「昔、痴漢にあった時の話」がツイッターで話題 / 作者が作品に込めた思いとは?

ここ最近、有罪・冤罪問わず連日のように「痴漢を疑われホームに飛び降りた」系のニュースが飛び込んでくる。中には「おそらく冤罪だったのに、電車にはねられ死亡した」……などという救いのないケースもあり、痴漢と痴漢の冤罪が再び社会問題化している気配だ。

そんな中、ツイッター上で公開された漫画「昔、痴漢にあった時の話」が話題になっている。今回は漫画をご紹介するとともに、作者がこの作品を描いた動機、またこの時期に発表した理由などについても触れていきたい。

続きを全部読む

舞台版『キャプテン翼』の第2弾キャスト発表! 立花兄弟キターッ!! これは「スカイラブハリケーン」あるで!!

国民的なサッカー漫画『キャプテン翼』の舞台化が発表された。最新の技術を駆使し、ダンスやアクロバット、イリュージョンを取り入れて、作品の世界観を再現するという。そうすると、ぜひとも見てみたいのが、アクロバティックなコンビプレーを炸裂させる、立花兄弟のアノ技だ。

そう、「スカイラブハリケーン」である。それを見るために重要なのが、立花兄弟が舞台版に出演するかどうか。2017年5月24日に発表された第2弾解禁キャストを見ると……、立花兄弟キターッ! これはマジで実写版スカイラブハリケーン、あるでッ!

続きを全部読む

【4コマ】我慢するな! 全部ブチまけろ!!

続きを全部読む

【4コマ】恐怖! 殺人カップラーメン

続きを全部読む

【4コマ】空を自由に飛びたいな~♪

続きを全部読む

【大迷惑】『北斗の拳』を読まずに漫画を語るなとか言ってくる「ケンシロウおじさん」は何のつもりなのか? そんな男はジャギにも劣る

漫画を読む──。忙しい毎日に追われる中で、それはささやかな癒しの時間である。ありがたいことに、2017年の日本では素晴らしい漫画が毎週のように発表されている。漫画好きの私(あひるねこ)は、週末にそれらを一気に読むことを楽しみにしているのだ。

しかし。最近私(あひるねこ)の近くに、事あるごとに “ある作品” を読むことを強要してくる男がいる。その作品とは、1980年代の作品『北斗の拳』。名作なのは知っているが、「『北斗の拳』を読んでいないヤツは漫画を語るな」とまで言ってくるこの「ケンシロウおじさん」は、一体何のつもりなのか?

続きを全部読む

【4コマ】残り物には○○がある

続きを全部読む

【4コマ】会いたくて会いたくて震える

続きを全部読む

【マジかよ】聖闘士星矢がハリウッド映画化決定!「不安しかない」「楽しみすぎて小宇宙(コスモ)が爆発しそう」など意見が真っ二つ!!

1980年代から90年代にかけて、つまり現在の30~40代のおっさんが夢中になった漫画のひとつに『聖闘士星矢』がある。黄金期の少年ジャンプに掲載され、累計発行部数は3500万部、アニメやゲームでも絶大な人気を誇った “おっさん殺し” の作品だ。

映画.comによると、そんな聖闘士星矢がまさかの実写映画になるという……。しかも日本映画ではなく、本場ハリウッドで製作されるというから驚きだ。この件についてネット上では、早くも様々な意見が飛び交っている。

続きを全部読む

【4コマ】夢の国の現実

続きを全部読む

【意味不明】「北斗の拳」を読まずして少年漫画を語るヤツは何のつもりなのか?

Jリーグを語る上で “キングカズ” こと三浦知良の存在は絶対に欠かせない。ジャニーズを語る上でSMAPが、牛丼を語る上で吉野家が欠かせないように、少年漫画を語る上で絶対に欠かせない存在が『北斗の拳』である。

男ならば誰しも『北斗の拳』を読んでいてあたり前……だとつい最近まで思っていたが、なんと『北斗の拳』を読んだことがない男性がチラホラいるらしい。さらにいえば、そのくせ漫画好きを公言しているから驚きだ。君は一体……何のつもりなんだ?

続きを全部読む

【超限定】「キャプテン翼モナカ」が足立区と葛飾区だけで販売中 / 中身は至って普通のモナカ

名作レベルの漫画ともなると、フィギュア・Tシャツ・ゲームは当然として多くのコラボ商品になる。中には「それはどうなの?」と理解し難いものもあるが、今回はサッカー漫画の大傑作「キャプテン翼」がコラボした『キャプテン翼モナカ』をご紹介したい。

クッキーならまだわかるし、「キャプ翼弁当」なんてのもありそうだ。だがしかし、なぜピンポイントでモナカになったのかはよくわからない。しかも、発売している足立区一帯では密かに話題になっているというから驚きだ。

続きを全部読む

【4コマ】目まいにお悩みの方へ

続きを全部読む

やれやれ、もしも勇者が村上春樹だったらこうなる / ネットの声「すこぶる面倒くさい」「このパーティー入りたくない」

村上春樹さんには優れた点が2つある。まず、チーズがウマそうなこと、それからワインもウマそうなことだ。だが、6月にデートした女の子とはまるで話が合わなかった。僕が南極について話している時、彼女は村上春樹のことを考えていた。やれやれ……。

ノーベル文学賞候補として毎年名前が挙がっているという村上春樹さんは、日本を代表する小説家と言っても過言ではない。オリジナリティーにあふれた言い回しは、完全に独自の世界観を構築しており、ついつい真似したくなってしまう。そんな村上春樹さんが「もしも勇者だったら……」というマンガがネットで話題だ。

続きを全部読む

【世界の終わり】『進撃の巨人』の超大型巨人、ガチで現る

845年。超大型巨人及び鎧の巨人によってすべての日常が「ウォールマリア」とともに破壊された。その日人類は思い出した。奴らに支配されていた恐怖を。鳥籠の中に囚われていた屈辱を──。

謎の巨人と人類の闘いを描いたマンガ『進撃の巨人』。圧倒的な絶望感と物語に散りばめられた謎が話題を呼び、2017年5月17日現在、アニメ2期が放送中である。そんな中、マンガの中だけではなく、現実にも超大型巨人が出現したという情報が入ったためお伝えしたい。世界……終わった……。

続きを全部読む

【4コマ】男は全員イケメン説

続きを全部読む

【悲報】週刊少年サンデー、瀕死状態

3大少年マンガ雑誌と言えば、ジャンプ、マガジン、サンデー。特に、マンガ雑誌全盛期だった90年代に青春を送った者ならば、この3つのどれかを手に取ったことくらいあるだろう。そんな3大少年マンガ雑誌の1角がヤヴァイことになっている。

2017年5月16日、一般社団法人日本雑誌協会「JMPA」が2017年1月から3月の雑誌の印刷部数を公開した。HPに期間と雑誌名を入力することで発行部数を検索できるこのサイト。前述の3つのデータを検索してみたところ……サンデーが……サンデーがァァァアアア

続きを全部読む

【4コマ】計算高い女はモテるのか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 166