「漫画」カテゴリーの記事

動画共有サイトのニコニコ動画で生放送をしている青年がいるのだが、その青年が「あまりにも地獄のミサワのキャラクターに似ている」と話題になっている。地獄のミサワとは、最近非常に人気のある漫画家のひとりで、独特なキャラクター描写とシュールなストーリー展開が人気の漫画家でもある。

この青年の名は樹堂さん。そんな彼は、地獄のミサワが描くキャラクターにそっくりな表情をしていると話題になっているのである。実際に彼の生放送を見てみると、本当に地獄のミサワが描くキャラクターにソックリ!「地獄のミサワが彼を見て漫画を描いた」と思えるほどそっくりである。

続きを全部読む

人気テレビアニメーションといえば『けいおん!』だ。漫画雑誌の4コマ漫画として誕生したこの作品は、テレビアニメーションとしても絶大な人気を誇っている。メインのファン層は成人男性と思われ、関連グッズやDVDなどが飛ぶように売れているという。

そんな『けいおん!』をテーマにしたフェアを開催しているコンビニエンスストアといえば、ローソンだ。対象商品を購入する事で『けいおん!』グッズが手に入るなど、様々なキャンペーンを開催している。

そんなローソンで『けいおん!』のくじ引きがスタートしたのだが、オタクたちがくじを引きまくったり、くじ全部を買い占めるという事態が発生している事が判明した。くじを引きまくるのは理解できるが、くじの買い占めまでするとは……。

続きを全部読む

人気テレビアニメーション『イナズマイレブン』の公式サイトで行われている、登場キャラクターの人気投票。上位のキャラクター3人は特製のオリジナル壁紙が作られることになっており、ファンならば必見の人気投票となっている。

しかし、そんな人気投票で異変が発生しているという。なんと、あまり目立たない脇役キャラクターが1位になっているというのだ。そのキャラクターとは五条勝(ごじょうまさる)というユーモアのある顔つきをした人物で、常識的に考えて1位になるのはありえないキャラクターといえる。キャラクターが100人いるとしたら、90位くらいにいるようなキャラクターといえる。

続きを全部読む

週刊少年ジャンプで『ブリーチ』を連載中の人気漫画家・久保帯人(くぼたいと)先生が、「深夜アニメのキャラの見分けがつかない」とコメントしている事がわかった。深夜アニメのキャラクターを見ていても、誰が誰なのか見分けられないらしい。

続きを全部読む

自分で考えた空想世界のキャラ設定をノートにビッシリまとめてみたり、魔法が飛び交うファンタジー小説を執筆してみたり、「学園祭で全校生徒の前でバンド演奏」などの妄想をしてしまったり……という経験は、日本人ならば誰にでもあるはずだ。特に中学2年の頃にやってしまうことが多いため、これらの恥ずかしい行動は「中二病」と呼ばれている。

そんな中二病は、日本独特のものだと思われていたが、実はそうでもなさそうだ。

続きを全部読む

アジアの裏路地にひろがる深淵を検証すべく、世界を旅して15年。

タイ・バンコクで「コピーゲームの殿堂」といえば、中華街の果てにあるドブ板市場「サパーレック(サパーンレック)」が世界的に有名だが、そのサパーレックと地続きに繋がった四階建ての小ぶりな「タワー」はあまり知られていない……たぶん……。

この建物。人呼んで「ピロムプラザ」は、かつて中古カメラ屋の集まる硬派な雑居ビルだった(この界隈は中古カメラ・双眼鏡の店が多い)。しかし今では階段脇に『テレビマガジン』の表紙が誇らしげに飾られ、崇め奉られていることからもわかるように、カメラ屋は隅に追いやられ、主にフィギュアだの雑貨だのトレカを扱うマニア向けショップが台頭。サパーレックとまた一味違った「趣味の世界」を形成している。

続きを全部読む

ローソンのとある店舗の飾りつけが、尋常じゃないくらい『けいおん!!』だらけになっている事が判明した。ローソンは人気テレビアニメーション『けいおん!!』とコラボレーションしたイベントを開催中なのだが、店舗によっては『けいおん!!』のキャラクターを店内にちりばめ、まさに『けいおん!!』だらけになっている支店があるのだ。

続きを全部読む

人気のジャンプ漫画家が一般人のインターネットユーザーに対して「喧嘩なら買ってやるからさ俺と顔合わせろよ」と怒りをあらわにしている事が判明した。インターネット上で不愉快な発言をされ、腹を立てたものと思われる。

続きを全部読む

人気声優の平野綾(ひらのあや)さんが、日本テレビの人気番組『人生が変わる1分間の深イイ話』で、「好きな人はいます」と激白した事が判明した。「100パーセント断られないところまで距離を縮めてから告白する」という内容の発言もしており、インターネット上では物議をかもしている。

平野綾ファンにとってあまりにもショックな発言だったため、インターネット掲示板やブログでは絶望の声が多数書き込みされている。確かに、大好きな美人声優が「好きな人はいます」なんて発言をしたら、ファンが涙目になっても仕方がない。以下は、インターネット上に書き込みされた視聴者たちのコメントである。

続きを全部読む

2010年11月7日午前3時ごろにフジテレビで放送された深夜のニュース番組で、女子アナウンサーが『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とハッキリ言えず、「こちら葛飾区亀有公園前はし、はしゅ、は、はひ、派出所」と、何度も言い間違えるというハプニングが発生した。

このハプニングが発生したのはスポーツ報道番組『すぽると!』が放送される前に数分間だけ放送される小ニュース番組で、このようすを見ていたインターネットユーザーからは「噛みすぎ」や「つまりすぎwwwwwwwww」などの声が寄せられている。

続きを全部読む

いま、インターネット上で超話題になっているパチスロ機が存在する。それは12月6日にホールに導入される予定の『走れメロス』で、なぜかパチンコやパチスロをやらない人までも大注目しているのである。それはどうしてか? なんと、メロスが走らないのである!

続きを全部読む

コンビニエンスストアのローソンが開催している『けいおん!!』フェア。ローソンでキリンの『午後の紅茶』を購入すると懸賞に応募でき、オリジナルTシャツやフィギュア、ギターなどが当たるのだが、その賞品がインターネットオークション『Yahoo!オークション』(以下、ヤフオク)に出品され、高値で落札されているのである。

続きを全部読む

人気漫画『海猿』や『ブラックジャックによろしく』シリーズなどの作者として有名な佐藤秀峰先生が、恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』シリーズの美少女・姉ケ崎寧々ちゃんのイラストを描き、『ラブプラス』ファンが不快感をあらわにした事件は記憶に新しい。以前、佐藤さんは太めでヒゲを濃く生やした寧々ちゃんをリアルに描き、『ラブプラス』ファンから怒りのコメントが殺到したのである。

そんな佐藤先生が、またまた寧々ちゃんのリアルなイラストを描き、インターネット上に公開したのである。今回もゴッツイ感じの寧々ちゃんとなっており、猛烈に怒りながら鼻息を荒くしている寧々ちゃんが描かれている。血のようなものが飛び散っているため、寧々ちゃんが人を殴っている可能性もある。

続きを全部読む

京都府国勢調査のために作られたオリジナル『けいおん!』ポスターが、71000円という高額で取引されている事が判明した。この京都府国勢調査『けいおん!』ポスターはインターネットオークション『Yahoo!オークション』に出品されたもので、最終的に71000円で落札されたのだ。そんなにプレミアがついているものなの!?

続きを全部読む

涼宮ハルヒは人気作品の美少女キャラクターだが、イギリスのオタクショップに展示されているポスターに、全身にタトゥーを入れたハルヒが展示されている事が判明した。

続きを全部読む

藤子不二雄先生の漫画に登場する有名なキャラクターといえば、ラーメンが大好きな小池さんですよね。あらゆる藤子不二雄先生の作品に登場していますので、皆さんも何度か漫画で見たことがあるのではないでしょうか?

そんな、ラーメン大好き小池さんの本当の名前が、鈴木さんなのをご存知でしたか? 公式設定でも、小池さんは鈴木さんなのです。ワケがわかりませんが、その理由を解説しましょう。

続きを全部読む

現在休載中の人気漫画『ワンピース』だが、今後どんなストーリーになっていくのか気になるところ。しかし、「きっとこうなるんじゃない?」とストーリー予想をしている人たちがおり、読んでみるとけっこう「あるかも!」と思ってしまうものが多いのだ。

インターネットユーザーたちが考える、『ワンピース』でいずれ確実にあるだろう展開の予想案をいくつか抜粋して紹介したいと思う。もしかすると、あなたと同じ考えを持っている人がいるかも!?

続きを全部読む

人気漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクターのなかで最強といわれているのが、主人公の孫悟空だ。では、『ドラゴンボール』で最弱といわれているキャラクターをご存知だろうか?

そう、それがヤムチャである。ヤムチャは生粋(きっすい)の地球人なので仕方がないかもしれないが、クリリンや天津飯よりも弱く、ヤムチャはすぐに死んでしまうキャラクターとして知られている。

そんな『ドラゴンボール』史上最弱キャラクターのヤムチャだが、『ヤムチャ200000人でフリーザを倒す方法を本気で考える』という話題がインターネット上で話題となっている。普通に戦えばヤムチャが200000人がいてもフリーザは倒せないが、どうにか勝てる方法を探るというわけだ。

続きを全部読む

人気漫画家が17歳の女子高生にワイセツ行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕された。女子高生に2万円を渡してホテルでワイセツ行為をしたという。インターネットニュースサイト『スポニチ』によると、この漫画家は「交際中の彼女とうまくいかず、むしゃくしゃしていた」と発言しているという。

この事件はインターネット上でも大きな話題となっており、「なんか困った漫画だな」や「ペンネームだけじゃなくて本名だせよ」、「彼女が居るのに女子高生に手を出したのか。それはイカン」などの意見が書き込まれている。

続きを全部読む

集英社の『ウルトラジャンプ』で連載されている人気漫画『銃夢 LastOrder』(ガンム ラストオーダー)の作者木城ゆきと先生が、自身のブログで集英社への怒りをぶちまけている。

同漫画は現在、『ウルトラジャンプ』で再開未定のまま休載中なのだが、6月10日のブログで休載の発端(ほったん)について触れ、「少し前に『ブラよろ』の佐藤先生を批判するようなことを書いたけど、全面撤回する。佐藤先生、あんたは正しい。大手出版社はクソだ」と、佐藤先生を肯定し、集英社を批判しているのだ。

『ブラックジャックによろしく』の作者・佐藤秀峰先生は、以前から出版社の漫画家に対する扱いが不十分だとして、漫画家の地位向上を目指して様々な発言をしてきた人物である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 157
  4. 158
  5. 159
  6. 160
  7. 161
  8. 162
  9. 163
  10. 164
  11. 165
  12. 166