「コラム」カテゴリーの記事

今回は、最近起きているノラ猫たちの生活の変化についてお伝えします。前回お伝えしていた「猫の名前募集」の詳細は、本文末に掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

さて、一見平和なノラ猫たちの日常。好きなときに私の部屋に来て、好きなようにエサを食べ、眠りたいだけ眠る。まったく申し分のない暮らしぶりでしょう。しかしある日突然、その平穏が壊される出来事が起きたのです。それは、うちの界隈に住む成猫「デカトラ」の登場でした。

続きを全部読む

アジアの裏路地にひろがる深淵を検証すべく、世界を旅して15年。

タイ・バンコクで「コピーゲームの殿堂」といえば、中華街の果てにあるドブ板市場「サパーレック(サパーンレック)」が世界的に有名だが、そのサパーレックと地続きに繋がった四階建ての小ぶりな「タワー」はあまり知られていない……たぶん……。

この建物。人呼んで「ピロムプラザ」は、かつて中古カメラ屋の集まる硬派な雑居ビルだった(この界隈は中古カメラ・双眼鏡の店が多い)。しかし今では階段脇に『テレビマガジン』の表紙が誇らしげに飾られ、崇め奉られていることからもわかるように、カメラ屋は隅に追いやられ、主にフィギュアだの雑貨だのトレカを扱うマニア向けショップが台頭。サパーレックとまた一味違った「趣味の世界」を形成している。

続きを全部読む

アメリカでは今、「Young me/Now me(昔の私と現在の私)」というインターネットサイトが人気を集めています。運営しているのは、ロサンゼルスに住むゼ・フランクさん。フランクさんは同サイトを訪れた人々に、昔の写真とそれをマネて撮影した現在の写真を投稿してくれるよう呼びかけました。

続きを全部読む

お笑い芸人の気になる一言を取り上げて解説していくこのコーナー。記念すべき第1回は、11月10日放送の深夜バラエティ『ピカルの定理』(フジテレビ系)のトークコーナーで、キングオブコメディの今野浩喜が発したこの一言。

「ピースさんもものすごい面白かったです。……ただ、2位だった」

10月スタートの同番組では、この日の放送で新レギュラーの座を狙うキングオブコメディが登場。彼らを出迎えるトークコーナーが設けられていた。

続きを全部読む

野良猫たちが部屋に入ってくるようになり、次第に私との距離も縮まってきた。今では猫じゃらしで仲良く遊ぶことが出来る程だ。

しかし、それでも触ろうとするとすぐに逃げてしまう。猫たちに触りたい……。私に足りないものは何なのか、真剣に考えた。考えている時にふと猫たちを見ると、とても美味そうに餌を食べている。なんとも言えない恍惚の表情である。

「猫の餌を食べてみたい……」そんな思いが脳裏をよぎった。そうだ! 猫の餌を食べる事で、猫たちの気持ちがわかり、彼らに近づく事ができるのではないか!

その気持ちを養うために、実際に猫たちが食べている物を自分でも食べ、また一歩でも彼らに近づけるよう、努力することにした。

続きを全部読む

今、Twitterで話題となっている「悲しすぎるネパールカレー屋」がある。店主のつぶやきを見ると、ほとんどがつたない日本語でのネガティブな発言となっており、哀愁を誘う内容。

しかしブログや掲示板での評価を見ると、どれも美味しいと絶賛されている。美味しいのに客が来ないとは、これまた悲しい。そこで、実際にカレー屋を訪問し、どのような店であるか取材する事にした。

続きを全部読む

悲しすぎるネパールカレー屋

カレーというと、もはや国民食といっていいほど日本人に定着した料理だ。日本式のカレーも美味しいが、ナンやサフランライスで食べるインドカレーも美味しい。そんな日本人に愛されてるカレーだが、東京都板橋区に珍しい「ネパールカレー」のレストランを発見した。

そのレストランの名は『だいすき日本』。日本が大好きなネパール人店主が、2010年10月19日に新規オープンした店のようだ。しかしこの店、経営状況がよろしくないようで、店主がTwitterで悩みや今の不安な気持ちを語っているのである。彼がTwitterに書き込みしたつぶやきは以下の通りだ。

続きを全部読む

猫たちが来るようになって、随分騒々しくなりました。というのも、猫がたくさん出入りしているからです。その数、通常4匹。多いときには6匹ということもあります。今回はうちにやってくる猫たちをご紹介したいと思います。

続きを全部読む

アジアの裏路地にひろがる深淵を検証すべく、世界を旅して15年。

今回入手したのは「カンボジア・プノンペンの薄汚れた横丁に、さる世界的スーパーセレブがひっそり、お忍びで、おしゃれなレストランを経営しているらしい」という、事実なら世界的スクープに違いないとっておきの噂。で、苦労して探し当てたのがこちらのお店、その名も「ランボーレストラン」である!

ど真ん中のネーミング、Google画像検索の臭いがプンプンする写真、高さ4メートルの電飾看板はインパクト抜群。スタローンの発案だとすれば、これまでにない直球勝負の気合いを感じる。

続きを全部読む

あれ? 最近ちょっと近視になってきたかな? と感じているアナタは、このアインシュタインの画像を見て「自分が近視かどうか」をチェックしてみてはいかがでしょうか? いま、インターネット上で「近視の人にだけマリリン・モンローに見えるアインシュタインの画像」が話題を呼んでいるのです。

この画像は、近視の人だけマリリン・モンローの画像に見え、普通の人はアインシュタインの画像として見えるのだそうです。なんとも不思議な画像ですが、いったいどんな仕組みなのでしょうか?

続きを全部読む

『スリラー』や『バッド』などの大ヒット曲を多数リリースし、皆に惜しまれながらも2009年6月25日にこの世を去った、20世紀最も成功したアーティストであり、キング・オブ・ポップと呼ばれているマイケル・ジャクソン。

マイケル・ジャクソンの代表的なパフォーマンス「ムーンウォーク」は、1983年5月に彼の故郷モータウン25周年コンサートで披露し、全世界で話題となった。この技法は現在でも多くのダンサーがライブなどで使用しており、そのスタイルは進化し続けている。彼ほど多くの音楽に携わる人間に影響を与えた人物は他におらず、これからも現れる事はないだろう。

しかし彼の凄さは、決してメロディやパフォーマンスだけではない。若者の生き方へ向けたメッセージを曲にした『ビート・イット』(今夜はビート・イット)や、破壊されゆく自然、金銭のために殺される動物などを概説し、環境破壊や貧困問題について訴えた『アース・ソング』など、彼の音楽に込められたメッセージ性こそ、ファンを一番強く引き寄せている部分である。

続きを全部読む

1996年に第一作が任天堂から発売されたゲーム、『ポケットモンスター』。最新作の『ポケットモンスターブラック・ホワイト』は国内で400万本販売。更にキャラクターグッズも数多く発売され、ポケモンブームの勢いは衰え知らずの状態だ。

ポケットモンスターは、海外でも知名度は非常に高く、残念な事にぬいぐるみなどの偽グッズも数多く出回っている。ブログサイト「コヤログ 韓国のまいにち」よると、ポケットモンスターの人気キャラクター「ピカチュウ」の偽物が乗り物となっており、見た目が非常に怖いとのこと。

続きを全部読む

暴走族顔負け! 民主党中前茂之さんの選挙カー箱乗りが凄すぎる

超危険な車の乗り方、「箱乗り」。箱乗りとは車の窓に腰掛け、上半身を車外に露出する乗り方で、暴走族などが行う違法な行為だ。間違っても車に乗る人は真似してはいけない。

しかし、衆院北海道5区の補欠選挙に民主党からの擁立で出馬した中前茂之さんが、暴走族顔負けのとんでもない「箱乗り」を選挙カーでしていると、インターネットユーザーの間で話題となっている。

続きを全部読む

見ると絶対後悔する映画や、鑑賞時間の無駄としか思えない「Z級映画」を紹介する、見てはいけない映画レビュー。

今回ご紹介する映画は『トレジャーゾンビ』だ。ジャケットには威風堂々と「秘宝アドベンチャー」と書かれており、タイトルロゴのデザインからはアクション映画『ハムナプトラ』を連想する事ができる。トレジャーハンターとゾンビ軍団の熾烈な争いがあるのかと思いきや、やっぱりそんなシーンは、ない。

続きを全部読む

見ると絶対後悔する映画や、鑑賞時間の無駄としか思えない「Z級映画」を紹介する、見てはいけない映画レビュー。

今回ご紹介する映画は『ゾンビVSゾンビ』だ。ジャケットでは赤と緑に分かれた大量のゾンビと、「もっと肉をくれ~!!」といった、いかにもおどろおどろしいフレーズがあり、ゾンビ同士の熾烈な争いを感じさせる。しかし、そんなシーンは、ない。

続きを全部読む

35年以上も人々の間で愛され続け、俳優・伊藤英明のCMが現在放送中の『ダイドーブレンドコーヒー』や、ウルトラマンや仮面ライダー、坂本竜馬などの缶デザインで飲んでも美味しく見ても楽しめる『復刻堂』シリーズ等、様々な人気飲料を開発しているダイドードリンコ株式会社(以下ダイドー)。

飲料メーカーというイメージの強いダイドーだが、ドリンクの販売以外にも力を入れて取り組んでいるのをご存じだろうか。

続きを全部読む

新しい日本の玄関口として注目を集めている羽田空港。本格国際化となる国際定期便の運航開始日10月31日まであと少し!ということで、連日テレビで特集が組まれているのはご存じの通りだが、実は新滑走路(D滑走路)はセキュリティ的にはかなり甘い状態で、テロの標的になる可能性があるのだという。その理由は「巨大桟橋」とも呼ばれる、新滑走路の構造そのものにあった!

続きを全部読む

世界初!薬きょうも出るしBB弾も出る究極の電動ガンが登場

ガン、それは男のロマン。銀玉鉄砲から始まり、BB弾が出るエアガン、ある人はガスガンを通ったかもしれないし、電動ガンでブイブイ言わせてる人たちも多いだろう。

しかし何かワイルドさが足りない。……そう、「薬きょう」の存在である。銃を撃った時に出る、口紅のような形をした金属製の殻、あれがいわゆる薬きょうだ。

電動ガンをフルオートで撃ち、と同時に薬きょうもフルオートで飛び出したら……そんな男の夢の電動ガンが、ついに登場したのでご報告だ!

続きを全部読む

新メニュー”牛鍋丼”が大ヒット中の牛丼チェーン「吉野家」。定期的に期間限定メニューを発売し、話題となっている事もよくある同店だがあえて人気メニューの”牛鍋丼”を販売していない店舗があるという。
続きを全部読む

皆さんは人に自慢できるトリビア(雑学)をお持ちだろうか? 誰しもひとつぐらいはネタになるようなトリビアを知っていると思う。トリビアは「どうでもいい事なのに知ると面白い」という特徴を持っている。

そんなトリビアだが、とある掲示板でインターネットユーザーが自分のトリビアを書き込みし、多くの人たちを驚かせている。いったいどんなトリビアが書き込みされているのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 122
  4. 123
  5. 124
  6. 125
  7. 126
  8. 127
  9. 128
  10. 129