「グルメ」カテゴリーの記事

目立っている吉野家

多分、いちばん目立っていると思われる吉野家が、中国・瀋陽市にあるという。中国といえば目立った電飾の看板や、上海のようなハデなネオンサインをイメージさせるが、いったいどんな感じで目立っているのだろうか? 取材班は、真実を確かめるべく中国瀋陽市の吉野家へと向かった。

そして、ついに取材班は目立っている吉野家を発見した。これは目立っているというより……あなりアレである!

続きを全部読む

毛虫パン

なんと、中国に毛虫パンが! 毛虫パンが発見されたのは、中華人民共和国の北東部遼寧省にあり、北朝鮮国境の町として密かに脱北者が多いとされている丹東市だ。

「また中国か!」と怒ることなかれ。農薬や毒が入っていた餃子と違い、これはわざと毛虫パンとして売られているものであり、体に害はない(たぶん)。しかし、食用の毛虫がミンチにされて入っているかもしれない。取材班はさっそく丹東に向かい、毛虫パンの実態を確かめることにした。

続きを全部読む

市販のカレールーを究極の形で出すレストラン開店!

カレーといえばインド! インドといえばインド人! しかし今回は日本の話だ。なんとオトナの街・六本木に、『バーモントカレー』や『こくまろカレー』などの市販のカレーを作って出しているレストランがあると聞き、取材班は『ジャワカレー』を食べてる途中だったが、六本木へと向かった!

続きを全部読む


インドにおいて、インド料理はもともと右手で食べるものとされている。箸やスプーン、フォーク類を使用せず、素手で食べるのだ。それくらいのことならば、日本人の皆さんも知っているかもしれない。しかし、本格派を目指すため「寿司は素手で食べるもの」と同じような考えで「インド料理は素手で食べるもの」を実行してはならない。

続きを全部読む

サイゼリヤに対する返金詐欺はすぐにバレる


大手ファミリーレストランチェーン『サイゼリヤ』にて、メラミン入りのピザが料理として出されていた騒動で、それに便乗した犯罪が発生している。現在『サイゼリヤ』はピザを食べてしまったお客に対して、レシートがなくてもピザ代金を返金できるようにして対応をしている。
 
その裏をかいた犯罪が、食べてもいないのに返金を要求するというものだ。

たとえば、ソーシャルネットワーキングサービス『mixi』の日記で、『サイゼリヤ』のピザを食べてもいないのに、ウソをついて返金を要求したことを告白する日記が書かれ、『2ちゃんねる』やブログなどでかなり話題となっている。
 
『サイゼリヤ』は、そのような詐欺犯罪を防御する対策はとっているのだろうか? 取材班は、『サイゼリヤ』六本木店に取材をしてお話をうかがった。

続きを全部読む

象印の炊飯ジャーCMに初音ミク登場か?


象印といえば、日本の美味しいご飯を支えてきた電子炊飯ジャーの老舗だ。ご飯を炊くというただ一点に対し「より美味しく」を追求し続けることは、容易ではないだろう。そんな伝統ある象印のコマーシャルに、インターネットで爆発的にブレイクしているボーカロイド『初音ミク』の歌声を使用していると、もっぱらのウワサなのである。

当編集部でもこのコマーシャルを見て確かめてみたところ、「初音ミクの歌声です」と言われたら信じてしまうかもしれないほどよく似ている。確かに、『初音ミク』といわれれば『初音ミク』である。当編集部は、さっそく象印に真相を聞いてみた!
続きを全部読む

危険なスイーツのベスト5を発表

『世にも微妙なグルメガイド』は”いろんな意味で危ない料理”を出すレストランがたくさん掲載されている。ちょっと危険な香りのするグルメガイドである。取材班は今まで『世にも微妙なグルメガイド』の管理人に、衝撃を受けたカレー屋のベスト5刺激的なラーメン屋ベスト5を発表してもらった。今回は危険なスイーツのベスト5を発表していただく(情報は刻々と変わるので、営業時間の変更や移転などがある場合があります)。

続きを全部読む

伝統的修理法! ファミコンソフトが壊れたら舐めて直す

現在のゲームソフトはニンテンドーDSを除き、記録媒体として CD や DVD などの光ディスクを採用しています。しかしファミコンソフトはカートリッジというロムカセットでした。とあるゲーム業界の著名人は過去に「最近のゲームはカートリッジじゃなくなったから、放り投げたり雑に扱えなくなった」と、カセットの古き良き時代を語っていました。確かに、光ディスクになってからは傷がつかないように神経質になりましたよね。

しかし、カートリッジでも壊れるときは壊れます。学生時代、お小遣いをためて購入したファミコンソフトが壊れてしまい、嘆いた人もいることでしょう。そういうときはメーカーに連絡をして修理をするものですが、個人的に直そうと試みた人も多くいました。では、その根拠のない修理法をいくつかご紹介しましょう。

続きを全部読む

『世にも微妙なグルメガイド』は”いろんな意味で危ない料理”を出すレストランがたくさん掲載されている。ちょっと危険な香りのするグルメガイドである。前回、取材班はブログ管理人に、衝撃を受けたカレー屋のベスト3を教えてもらったが、今回は刺激的なラーメン屋のベスト5を教えてもらった。もし食べてみたいという奇特な人がいるならば、詳細情報をこの記事に載せるので実際に行ってみるのもアリかもしれない。
■5位 ココアラーメン 菊や

ココアのスープに普通の麺が入っているラーメン。ほかに例えようがない、ネーミングそのまんまのラーメンである。「思ったより問題なく食べられる味だからすごい。単にココアと麺を融合させていると思ったら大間違い。麺に合うココアを何種類も試して、いちばんラーメンのスープになりえるココアを使用しているのです。森永ココアがソレだそうで、森永さんおめでとうございます(笑)」(管理人)。

店名:菊や
業種:ラーメン
住所:東京都足立区千住大川町10-3

営業時間: 11:00~15:00 / 17:00~20:00
定休日:月曜

■4位 カエル入りラーメン 来福軒

カエルをフライにしたものをラーメンに入れている。鶏肉に似たその食感は、非常にラーメンに合うらしい。「注文を受けてから新鮮なカエルをさばいて、フライにします。いままでは店の近所で購入できたそうですが、いまは遠くまで行かないと買えないそうです。ほかにもカエル料理があり、店主のカエル好きがうかがえます」(管理人)。
店名:来福軒
業種:中国料理
住所:愛知県名古屋市中区金山5-7-7

営業時間: 11:00~14:00 / 18:00~21:00
定休日:第三土曜日

続きを全部読む

富士そばといえば、安価でありながら味わい深いそばやうどんを堪能できる、そば屋の老舗である。そこに、富士そばが「ネットで話題!」としている料理があるというのだ。いったい、どんな料理がネットで話題なのだろうか? 取材班は「自称・ネットで話題の料理」を調べるべく、富士そばへと向かった。

富士そばの店の前まで来ると、ガラスケースに料理の見本が飾られていた。すると……あった! 確かに、「ネットで話題」と書かれている。その料理は、普通のレストランにはない、かなり画期的な料理だった! その正体は……。

続きを全部読む

『世にも微妙なグルメガイド』というブログがある。「普通に営業している普通じゃない料理のある普通じゃないお店を紹介」と称して書かれたそのブログは、日本中の”いろんな意味で危ない料理”を出すレストランを紹介している。

ある意味このブログは、ユニークな料理を出すレストランのデータベースと化している。取材班はブログ管理人に、衝撃を受けたカレー屋のベスト5を教えてもらった。詳細なレストランのデータも掲載しているので、週末に食べに行ってみるのもアリかもしれない。しかし、移転や閉店の可能性もあるのであしからず。

■5位 カチカチに凍ったカレーライス

ガチガチに凍っているキーマカレーを、アツアツのライスに乗せて食べる、ネーミングそのまんまのガチガチに凍ったカレーライスである。シャリシャリしているため、普通のカレーにはない新鮮な食感が楽しめるのだとか。「突然レストランに行っても作ってもらえないんです。キーマカレーを凍らせるために、前日までに予約しないといけないんですよ。店主のカレーにかけた情熱なら、本当は1位にしたいところですね。変わりダネなだけでなく、非常に美味しいんです」(管理人)。
店名:カレー屋 nagafuchi

業種:カレー

住所:東京都港区西新橋3-5-1

営業時間: 11:00~21:00

定休日:日曜、祝日

席数:29席(カウンター7席、テーブル22席)

■4位 コーヒーカレーライス

コーヒーでライスを炒め、コーヒー色に染まったライスにカレールーをかけたものだ。粉コーヒーを隠し味でカレーに入れることはあるが、ライスをコーヒーで炒めるという発想には驚きである。「ここは新宿タカシマヤの地下にあったんですが、いまはなくなってしまいました。ですが、タカシマヤの地下で買い物をする OLや主婦たちに向けて、このようなメニューを作った店主のセンスに敬意を表したい。味ですが、コーヒーの苦味がきいてて美味しいです」(管理人)。
店名:カフェ・ド・ラ・シテ

業種:喫茶店

住所:渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
新宿タカシマヤ地下1階

営業時間: 10:00~20:00

定休日:水曜(休まない日もある)

席数:8席(カウンター8席)

続きを全部読む



『MOTHER2』に登場したトンカツ屋

ゲームのなかに登場するアイテムや食べ物は実在しないものがほとんどだが、『MOTHER2』には店名まで名指しされて“ある料理”が登場する。東京都・神田にあるトンカ屋『かつまん』(勝漫)の“ひれかつ定食”だ。

『かつまん』のトンカツは、『MOTHER2』のフォーサイドという街の住人が「オレだったらニッポンへいって トーキョーの「かつまん」の ヒレカツていしょくを 3かいくらい くっちゃうね」と大絶賛している。それほど言うのだから美味しいトンカツなのだろう。取材班は、実際に『かつまん』に行ってみることにした。

『かつまん』は任天堂の東京支社から徒歩2分のところにある。もしかすると、『MOTHER2』の開発陣が通っていたのかもしれない。いや、キャラクターのコメントを書いている、シナリオライターの糸井重里氏が通っていた可能性のほうが高いかも?

取材班の調べでは17:30から開店となっていたが、17:10分の時点ですでに“営業中”となっていた。なかに入ると、板前さんふたり、ウェイトレスのおばさんがひとりいた。撮影に関しても「写真や動画を撮る方はよくいらっしゃるんですよ♪ ご自由にどうぞ」と、寛大な心で許してもらえた。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=0H-EpNYC6aA&hl=en&fs=1%5D

高画質な『YouTube』で観る(高速インターネット推奨)
より高画質な『eyeVio』で観る(高性能パソコン推奨)
動画に意見できる『コニコニ動画』で観る(会員登録必要)

肝心のひれかつ定食だが、サイズは小さいものの、厚みがあり、脂身がまったくない。ひれ肉とはいえ、ここまで脂身のないトンカツはなかなか珍しい。しかも、けっこう柔らかいので美味しくいただけた。

味は、ソース、おろしポン酢、スイスソルトから選ぶことができ、テーブルに置かれているので切られた肉ごとに味付けをして味わうことができる。オススメは、スイスソルトだ。雑味がなく、肉のうまみをそのまま楽しむことができる。お好みでマスタードをつけるといい。

『MOTHER2』に登場した『かつまん』のひれかつ定食は、確かに美味しかった! また神田に行くことがあれば、寄ってみたいと思わせる店である。

あの人はこんなグルメ記事も読んでいます
ラーメン二郎を家で作る“家二郎”とは? 【涙のラーメン】涙の100円ラーメン 店主ガス代が払えず新聞配達も 【ラーメン二郎 探訪】ラーメン二郎 三田本店「ニンニク入れますか?」 まじウマ! タイで薄味のラーメソ屋が大人気 1杯たったの30円ラーメンが大繁盛
記者:石原慎太朗
Respect:まんかつ



スペインの飲み物・スイソは何?

スペインではスイソという飲み物があるらしい。飲むと幸せになる飲み物なのだとか。でも、男が飲むと馬鹿にされるという話も……。男だって飲みたいものは飲みたいッ! これは実際に飲んでみるしかない! ということで、取材班はスペインのバルセロナへと飛んだ。

バルセロナのランブラ通りにある喫茶店に入った取材班は、店員にスイソを注文。……したのだが、「なんのこっちゃ? そんなのネーヨ!」と言われて終わり。もしかしてガセネタか? 

取材班は現地コーディネーターのフランカさんと合流後、空港近くの喫茶店に。フランカさんいわく「スペイン語の発音が悪いからじゃないの?」とのこと……。普通の喫茶店ならば、どこにでもあるというのだが。

フランカさんに発音を習い、リベンジということで取材班がイソを注文。「スイソください」と言ったのだが、「ファー? なんのこっちゃ?」的な反応の店員。ここでフランカさんに甘えるわけにいかない! 「スイソ! スイソですスイソ!」と連呼していたら、「スイソか! 早く言えよ〜♪ でもなんでスイソなんて飲みたいの? お客人は男だよな? お子ちゃまか?」と店員。えっ!? スイソは子どもの飲み物なのか?「今もって来るから待ってな」と言い残し、恰幅のいい店員が厨房へ。

フランカさんがなぜか苦笑しているなか、スイソが到着。パフェやフラッペのごとくたっぶりとホイップクリームがコーヒーの上に乗っている。ちょっと飲んでみると、かなり甘い! 確かにこれは子どもがすきそうだ!

あとでフランカさんに聞いたところによると、スイソは別に子ども向けというわけでなく、店員が日本人の取材班をからかっただけとのこと。実際は大人でも飲むし、女性には特に人気なのだという。男はあまり飲まないのか……。確かに、男のコーヒーという感じはしなかった。

でも、毎日スターバックスで生クリームたっぷりのドリンクを飲んでいる人ならば、特に抵抗なく飲める気がした。かなり甘いが、それも店によって違うのだという。皆さんもスペインに行く機会があったら、スイソを飲んでみるといい。

あの人はこんなグルメ記事も読んでいます
ラーメン二郎を家で作る“家二郎”とは? 【涙のラーメン】涙の100円ラーメン 店主ガス代が払えず新聞配達も 【ラーメン二郎 探訪】ラーメン二郎 三田本店「ニンニク入れますか?」 まじウマ! タイで薄味のラーメソ屋が大人気 1杯たったの30円ラーメンが大繁盛
記者:インターニューススタッフ
Respect:フランカ・セフィローズ


まじウマ! タイで薄味のラーメソ屋が大人気

「こんな美味しいラーメソ食べたことがない!」と、日本人をうならせているラーメソ屋がタイの首都・バンコクにあるという。取材班は、どんなラーメソなのか調べるためにタイへと飛んだ!

取材班が向かったのは、バンコクにやってきた旅行者が多く集う繁華街・カオサンストリート付近。ここに、世界一美味しいといわれているラーメソ屋があるという。しかも、価格が30バーツ(90円)と激安で、日本人観光客のみならず、多くのタイ人や欧米人旅行者に人気だという。そしてウワサのラーメソ屋にやってきた取材班は驚いた。なんと、日本語でちゃんと「ラーメソ屋」「スープ、ワンタン、麺、激うま!」と看板に書いてあるではないか!

続きを全部読む


ダックファットフライズ(フライドポテト)

肥満大国、アメリカ。がんや心臓病の原因ともなるトランス脂肪酸をいち早く槍玉にあげ(槍玉とはいえ健康に害を及ぼすので正しいのだが。)大手ファーストフードチェーンもトランス脂肪酸の使用を中止している。本当はファーストフードを食べないのが一番体に良いのだが。

続きを全部読む

つんと鼻をさすような澄み切った空気が山のふもとであることを実感させてくれる。建物、木々、目に入るものがクリアに見えるのも決して気分のせいだけではないだろう。

コロラド州ボルダーはコロラド州の州都デンバーから車で約30分ほどの標高5,430フィートに位置する小さな大学町だ。日本ではマラソンランナーがキャンプをする町としてニュースに取り上げられることが多いが、最近ではLOHASのメッカとしても有名になった。

そこにLOHASのメッカらしいユニークなレストラン、”The Kitchen”がある。2008年度のザガットでも全米トップレストランのひとつとして選ばれているこの店はボルダーのダウンタウンにある。入り口は小さいが太陽の光が気持ちよく入る心地よい店だ。地元に根付く“コミュニティビストロ”として地消地産をモットーに地元で取れた新鮮で安全な食材が使われ季節を感じるメニューが揃っている。

そしてなんといってもこの店のユニークな点は店内で出されるもののほぼ100%がリサイクル、もしくはリユースされているということだ。

店で使用されるナプキンなどのペーパー類、ストローなどは生物分解され土に返ることができるもの。客に出す食材としては使えなくなった食材は開いてしまったワインの残りなどは従業員へ。ワインのコルクはマットとしてリサイクルする団体に。食べ残しはコンポストに入りその後その食べ物が来た畑へと戻される。電気も風力発電を利用と、そのこだわりは徹底している。

しかしそれを大きなセールスポイントとして謳っているわけではなく、「普通に大切なことだから。」と行っているだけのことらしい。まさにLOHASのメッカにあるレストランだけのことはある。

出されるものの味は確かで食材が丁寧に扱われているのがわかる。食べておいしい、体にもよい、そして環境にもやさしい。ぜひ機会があれば訪れてほしい地に足がついたすばらしい店だ。

愛知県豊橋市で、メロンパンならぬレモンパンを発見!その名も「初恋レモン」。地元メディアでも注目されている話題の一品のようだ!外のビスケット生地にレモンの果汁を練り込み、中にはレモン風味のクリームチーズと、まさにメロンパンならぬレモンパン。実際、試食してみたが…これがなんと激ウマ!サクサクした食感に、口の中いっぱいに広がるレモンの甘酸っぱさとクリームチーズの濃厚さは相性抜群!その名のとおり初恋の思い出がよみがえってくるような優しい味だ。

このパンを開発したパン屋さん、社会福祉人「ら・ばるか」さんを訪問した。「ら・ばるか」さんは社会福祉法人のとおり、障害を持った方々が共に働くパン屋さんだ。代表である夏目浩次さんにお話を伺うことができた。お店をはじめられたきっかけが、授産施設で働く障害者の月収が1万円に満たない実情を知り、その雇用改善のために脱サラして始められたそうだ。ただ商売をやる上では、「福祉だから…」という甘えは捨て、パンそのもの味で勝負してゆくという気概をもってやってこられた。そんな中、地元果樹園で完全無農薬で作られたレモンに出会い完成したのが、初恋レモンなのだという。無農薬レモンは日本全国でも珍しく、皮まで食べられるという。そんなレモンをそのまま丸ごと、余すことなく使用しているそうだ。

そんな作り手の情熱と優しさ、そして素材にこだわっているからこそ、「初恋レモン」は美味しい。皆さんも「初恋レモン」を食べに豊橋市に訪れることをオススメしたい。

社名: 社会福祉法人「ら・ばるか」 住所: 愛知県豊橋市菰口町4-2-2 URL: http://www.labarca.or.jp/ 電話&FAX: 0532-31-3120


まずいラーメン屋・彦龍が船場吉兆に喝

日本一まずいラーメン屋として世界的に有名な『彦龍』が、残り物を別の客に出していた料亭・『船場吉兆』に対し、「残飯を客に出すなんてとんでもねえ。残飯は自分で食うもんだ」と一喝する言葉を発表した。

『彦龍』は東京都文京区千駄木にある、まずいラーメンの店。今回のコメントは『彦龍』の店主・原憲彦さんが常連客に漏らしたもので、「こういう店が多いからオレみたいにマジメな店も誤解されるんだ。とばっちり食らうのはいつもマジメな店なんだよ!」と、かなり怒りをあらわにしていたという。

その『彦龍』では残飯をどうしているのか? 店主がいうには、「人の食ったのなんて気持ちわりィ」という理由でほとんど捨てるが、場合によっては残飯を食べてしまうこともあるという。「一口しか食わねえで残しやがる客がいるんだよ! もったいねえだろ!」というのが、残飯を食べてしまう理由とのこと。「カワイイネーチャンの残飯なら喜んで食っちゃうヨー♪」と、冗談なのか本気なのかわからない発言もしていたとか(たぶん冗談だろう)。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=2RMWe-gaglc&hl=ja%5D

<彦龍オススメランキング>
1位 彦龍ラーメン 2位 ダウンタウンラーメン 3位 ラーメン 3位 餃子 3位 チャーハン
<彦龍食べ残しランキング>
1位 彦龍ラーメン 2位 餃子 3位 ダウンタウンラーメン 3位 ラーメン 3位 味噌ラーメン

「人の味覚は人それぞれ。10人いるなかで9人がクソまずいって言っても、1人がうまいって言えばうまいラーメンなんだよ」と語る『彦龍』店主の原さん。たとえどんなにクソまずくても、船場吉兆より信用のおける飲食店であることは間違いなさそうだ。

注目ピックアップ さらに詳しく読みたい方はこちら 『彦龍』公式ブログ(更新お休み中)
記者:ささきなつみ
  1. 1
  2. ...
  3. 398
  4. 399
  5. 400
  6. 401
  7. 402
  8. 403
  9. 404
  10. 405