「グルメ」カテゴリーの記事

24時間営業の飲食店が多くある日本。ファーストフード店やファミリーレストランが抱えている問題として「長居する客」という現実的な問題があります。打ち合わせや友だちとの会話で2~3時間居座ってしまったという人も多いとは思いますが、ファーストフード店やファミリーレストランにとって一番の問題は「ホームレスの長居」のようです。

一般客とホームレスとを区別するような対応はしてはならないというのが、ファーストフード店やファミリーレストランの表向きのルール。しかし、裏ルールとしてはホームレスの長居を防止するための対策があるようです(たとえ文書化していなかったとしても存在するようです)。

続きを全部読む

タイで寿司ブームが発生していることは、既にご存知の方も多いはず。やや割高だが和食レストランでは定番のように寿司がメニューに掲載されているし、屋台の寿司まで登場しているほどの大人気。

屋台の寿司屋は中国の成都で第一号の『一休寿司』が誕生し、タイの首都・バンコクでもポツリポツリと出現。2009年現在、ミャンマー国境が近いタイの町・カンチャナブリーでも、屋台寿司が好評を得ている。なんと、放課後の女子大生や女子高生、そして女子中学生や女子小学生にも大人気らしいのだ。

続きを全部読む

オーストラリア・シドニーの最高裁判所で2005年、ケンタッキー・フライドチキン(以下、KFC)のチキンツイスターを食べ、知的障がい者になったとされる11歳の少女とその家族らが1千万オーストラリアドル(約8億円)の訴訟を起こした。

2005年10月、オーストラリアシドニー西部にあるビラウッドアウトレット(Villawood outlet)のKFCでモニカさん(Monika) 当時7歳はチキンツイスターを注文した。 続きを全部読む

北京ダックの醍醐味といえば、あのパリパリッとした食感と、その皮にたっぷりと含まれた肉のウマミだ。ネギや薄くのばした荷葉餅(餃子の皮に似た形状の中華パン)に乗せて食べれば、この上ない幸せを感じられる美味しさである。

しかし、どうやら日本では北京ダックは皮のパリパリ感とその味だけを楽しむものと思われているようだ。実は、本場北京の北京ダックの多くは、皮とその内側の肉を一緒に楽しむのが普通であり、皮だけしかその味を堪能できないのはもったいないことなのである。

続きを全部読む

スコットランドのブリュードッグ(Brewdog)というあるビール会社が、英国で最もアルコール度がきついビール、東京 (TOKYO) を発売した。価格は1本、9ポンド99ペンス(日本円で約1,500円) 続きを全部読む

米国の有名レストランチェーン店のデニーズ(Denny’s) が基準値以上の塩が入った食べ物を販売した問題で結局客らの告訴で法廷に立つことになった。

24日、ロサンゼルスタイムズを始め複数のメディアはニュージャージー州に居住するNick DeBenedetto さん(48)が、ニュージャージー高等裁判所に被害補償を要求する告訴状を提出したと報道した。 続きを全部読む

マクドナルド・ハンバーガーの主な原料の供給先である米国の食品加工工場内の機械の中で女性死体が発見され衝撃を与えている。

米・フォックスニュースはカリフォルニア州、ロサンゼルスにあるゴールデン・ステート・フード(Goden State Foods)という1つの食品加工工場にある機械で21日(現地時間)午前、この会社従業員(40・女)が遺体で発見されたと23日伝えた。 続きを全部読む

アメリカ合衆国・ウィスコンシン州の高速道路151号線で、大量のビールを運搬中のトラックが横転し、高速道路がビールの洪水のような状態になるという事故が発生しました。あたりにぶちまけられたビールはバドワイザー製のライム果汁入りビール『バドライト・ライム』で、周囲はホップとライムの香りが漂っていたとのこと。

このことを報道したウィスコンシンステートジャーナルによると、この横転事故の後始末をした作業員は「ビールだらけとはいえ、さすがにビールを飲みたいとは思えない状況だった」とコメントしています。

続きを全部読む

景気低迷で危機に瀕したスターバックスが米国内一部の店舗で新しい看板を掲げて酒をメニューに追加するなどの新しい実験を始めたとCNNが16日(現地時間)報道した。 続きを全部読む

米・ファストフードチェーンのマクドナルド社は、ヨーロッパ本社をイギリスのロンドンからスイス、ジュネーブに移すことにしたと12日(現地時間)に明らかにした。 秋には新本社を開く計画でマクドナルドのスポークスマンは、「イギリスの高い企業税率のためだ」とし、 「 1年前から計画していた」と説明した。 続きを全部読む

一般的な平均所得のタイ人の金銭的感覚と物価を、ファーストフード店を例に出して解説していこう。日本において “ファーストフードは安い” という印象があるが、その考えは世界的にみると正しいとはいえない。

続きを全部読む

イギリスBBCの報道によると、北朝鮮のテレビ局・朝鮮中央通信が異例のテレビコマーシャル(以下、CM)を放送し、話題になっているという。このCMの内容は北朝鮮産のビールを宣伝するもので、「これこそ北朝鮮のトレンド! ストレス解消ビールだよ!」というのが、このビールのウリのようである。

続きを全部読む

タイやマレーシアなど、アジア諸国の一部のマクドナルドには、日本にはない定番のドリンクメニューがあるのをご存知だろうか? コーラやストレートティーと並んで大人気のこのドリンクは、それらの国のマクドナルドにとってなくてはならない人気商品となっているのだ。その飲み物とは……!?

続きを全部読む

タイの定番屋台料理として人気を博しているバナナのフライやバナナの串焼きだが、ここ最近は欧米人観光客にも人気のようで、多くの欧米人観光客がブラリと散歩がてら見つけたバナナの串焼き屋でバナナの串焼きを購入しているという。

このようなフルーツを加熱する料理はマレーシアでも愛されているが、その味の美味しさたるや、日本にはない素晴らしい風味を持っている。バナナは加熱すると酸味が増したような味わいになり、非常にフルーティーになる。フルーツなのだからフルーティーなのは当然だが、常夏の国にピッタリのフルーティー加減になるのである。しかめっ面になるほど酸っぱく、それでいて尾を引く甘さなのだ。

続きを全部読む

インド人やネパール人が素手で食事を食べることは、多くの人たちが知っていることだ。それが伝統であり、それが文化であり、インド人たちの先祖も太古からそうしてきた。ちなみに、左手はお尻を洗ったりするときに使用し、右手は食事に使用するという。

しかし、どうしてスプーンやフォーク、箸、もしくはそれらと同じように食事をするためのアイテムを使わずに素手で食べることを選んできたのか? それには宗教も大きくからんでくることだろうが、素手で食べることでの利点があるとインド人のアヴドゥル氏は語る。

続きを全部読む

日本人のサラリーマン、男子学生、フリーター、とにかく忙しい人やちょっとフトコロが寂しい人たちの味方といえば、吉野家だ。すぐに食べられる、安く食べられる、そして美味しい!

そんな三拍子そろった吉野家だが、家族で入ったり恋人同士で入ったりすることに抵抗感を感じている人が日本には多くいるようだ。現に、客層はサラリーマンや学生が多いようで、あまり家族連れで入っているのを見たことがない。

しかし、お隣中国の吉野家は別だ。中国において吉野家はマクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどのファーストフード店と同列とされており、中国人の所得からするとやや高額な料理となっている。

続きを全部読む

モンゴルには外資系大手ファーストフード店がないということを以前お伝えしたが、ロシア系列のハンバーガーショップが一店舗だけモンゴルの首都・ウランバートルの中心地で営業している。

このハンバーガーショップはベルリンセンターという建物に入っており、モスクワバーガーとして人気を博している。モンゴルで売られているハンバーガーはお世辞にも日本人の口に合うとは言えず、非常に甘みのあるものが多い。

続きを全部読む

日本テレビ『The サンデー NEXT』(2009年5月31日放送)で、池袋の焼肉店『清江苑』の韓国人シェフが「床に肉を叩きつけて美味しくする」として、土足で人間たちが歩く地面に牛肉を叩きつけているシーンが放送され、「衛生的に問題があるのでは?」とインターネットの掲示板で指摘させていた件で、新たな事実が判明した。

ロケットニュース24編集部が実際に『清江苑』(池袋店)に取材をしてお話をうかがったところ、「実はテレビ局のディレクターに言われてやったことで、実際はあんなことしていません」とコメント。なんと、日本テレビのディレクター(もしくは番組制作会社のディレクター)に言われ、あのようなシーンを撮影することになったというのだ! さらに驚きの事実がある。

続きを全部読む

日本人に人気の美味しい中華料理のひとつといえば、麻婆豆腐だ。フワフワトロトロの豆腐にピリ辛のソースが絡み合って、ヤミツキになるうまさ。その絶妙な味は、何杯もご飯をおかわりしたくなる魔力を持っている。そんな麻婆豆腐は当然ながら、お隣、中国発祥の料理である。

しかし、ラーメンも餃子も中華料理でありながら、中国のそれとは違う味や食材になっている。そう、もともとは中華料理なのだが、日本独自の料理になってしまっているのだ。ということは、麻婆豆腐も中国と違うのだろうか? ということで、麻婆豆腐を世界で初めて作った四川省・成都の『陳麻婆豆腐』の麻婆豆腐と、日本の麻婆豆腐を比べてみた(写真は『陳麻婆豆腐』の麻婆豆腐)。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 401
  4. 402
  5. 403
  6. 404
  7. 405
  8. 406
  9. 407
  10. 408
  11. 409
  12. 410
  13. 411