「グルメ」カテゴリーの記事

テレビにも雑誌、インターネットにも載っていない、日本や海外のちょっと変わったグルメやレシピを、ロケットニュース24テイストでたくさん紹介しています。

【検証】揖保乃糸の『特級品』は本当にウマいのか? 他のグレードと食べ比べてみた

兵庫県「揖保川」の流域で生産される大人気の手延そうめんが「揖保乃糸」だ。コンビニ、スーパー、ネット通販などなど、あらゆる所で見られる揖保乃糸は、そうめんの日本代表といっても過言ではない。

そんな揖保乃糸に、熟練工場が製造している『特級品』があるという。普通のグレードでも十分ウマいというのに、いったいどれほどウマいのだろうか? 食べ比べてみることにした。

続きを全部読む

【大差】ローソン、セブン、ファミマの「ミニクロワッサン」を食べ比べてみた結果 → 1社だけ格が違ェェェエエエ!

サクッとした皮とフワッとした中身がハーモニーを奏でるクロワッサン。どことなく上品でお洒落なイメージが漂うパンだが、最近ではコンビニで普通に手に入るのも嬉しい。

中でも、小さいクロワッサンがいっぱい入っている「ミニクロワッサン」の袋詰めはお菓子にも食事にも使えて便利。そんなミニクロワッサンは主要コンビニ3社でだいぶ違う。そこで、どれがウマイか食べ比べてみたところ……1社だけ格が違ェェェエエエ

続きを全部読む

【1日40個限定】ネコ型をした『いろねこ食パン』がカワイすぎ! 大阪新阪急ホテルで販売中だニャ!!

数カ月前に、ウサギの形をした食パンが話題になったことは記憶に新しい。形が変わることで慣れ親しんだパンが、ああも魅力的に見えるのかと驚いたものだ。そんな驚きも冷めやらぬうちに、今度は大阪でネコの形をした食パンが誕生した。

いやいや……何でもかんでも動物型にすれば良いというものでもないだろう。第一、ネコ型という点に、あざとさを感じるよ。そんなことを考えながらも買いに行った記者であったが、いざ目の当たりにしてみると一瞬でひれ伏す可愛さであったことを報告したい。

続きを全部読む

【知っ得】元スタバ店員が教える「ラテはトールが1番損している」理由

全世界2万2000店舗以上を展開するスターバックス。日本のみならず、地球全域に新たなカフェスタイルを根付かせた、米国シアトル発のカフェチェーン店である。他のカフェチェーン店も悪くはないが、やはりスタバ様とは格が違う……気がする。

それはさておき、今回はスタバの定番メニュー『スターバックスラテ』にまつわる使える知識をお伝えしよう。過去にスタバで働いていた元店員さんによると、スターバックスラテはサイズによって味の差があり、中でも「トールは損しているよ」と教えてくれたのだ。

続きを全部読む

【公式検証】しゃぶしゃぶ温野菜の食べ放題で1番元が取れるのは何なのか?「肉・野菜・その他」で挑戦したらこうだった

やあ、みんな! 食べ放題はお好きかな? 心置きなく無我夢中で食事に没頭できる食べ放題って最高だよな!! 食べ放題の日だけはダイエットもカロリーも関係なし! 好きなだけ食事を楽しもうぜ!!

……だけど、ぶっちゃけ食べ放題でこう思ったことは無いかな? 「結局どれが一番元が取れるの?」と。いやらしい話だけど、人間だもの仕方ない。例えばしゃぶしゃぶチェーン店『温野菜』の場合、一体何をどれくらい食べれば元が取れるのだろう……?

続きを全部読む

どこに座っても特等席! 店内が劇場型になっているラーメン店『麺劇場 玄瑛』は東京進出もしている福岡屈指の人気店

突然だが、皆さんは外食をする時、どこの席に座るようにしているだろうか。店員さんに指定された場合は仕方ないが、自由であれば私(筆者)はできる限り厨房の様子が見える場所を選ぶようにしている。

なぜなら、その場所こそ特等席。目の前で料理人のプロフェッショナルな仕事を観察することができるからである。もし座れなかったらガッカリ……となる訳だが、そんな心配をする必要がないラーメン店が福岡県に存在する。その名も『麺劇場 玄瑛』だ。

続きを全部読む

【悲報】『日本一分厚いたい焼き』を超えるたい焼きが存在した! 東京・新橋「銀座たい焼き櫻家」

以前の記事で、日本一分厚いたい焼きについてお伝えした。そのお店「けんぞう」では、通常のたい焼きの倍の厚さの商品を販売している。縦置きにして自立する驚異のたい焼きだったのである。「日本一」と謳うくらいだから、これ以上の厚さのたい焼きはないだろう。そう思っていたら……あった!

けんぞうを超えるたい焼きを販売しているのは、都内に4店舗を展開する「銀座たい焼き 櫻家(さくらや)」である。ここのたい焼きも自立する。しかもけんぞうのものより、分厚い。日本一分厚いたい焼きは、櫻家ではないのか……。

続きを全部読む

【新食感】洋菓子のBAKEが『生どら焼き』専門店をオープン! ふわっふわな和洋折衷ぶりにドラえもんも思わずルー語を操るレベル / 池袋「DOU」

当たり前のことを書くが、あのドラえもん氏も愛した「どら焼き」は和菓子である。カステラ風の生地で餡(あん)を挟んだ定番中の定番で、その変わらぬおいしさはドラえもん氏を虜(とりこ)にするのも頷ける。個人的にも大好きな和菓子だ。

そこへ先日、洋菓子で有名な「BAKE」が、どら焼き専門店をオープンしたという情報が入ってきたのだから驚きでしかない。チーズタルトなどが人気の「BAKE」がどら焼き? しかも、ただのどら焼きではなく、『生どら焼き』だというのだ。何それ気になるよ、ドラーえもーーーーん!

続きを全部読む

【第24回】グルメライター格付けチェック『バナナ』編 !「1本700円の超高級バナナ」vs「コンビニのバナナ」

カレーやシチューなどの “加工食品” と、自然のままを味わう肉や野菜などの “素材” ではどちらの方が味の差があるのだろうか? 加工食品の方がごまかしが効く気もするが、本当に美味しい野菜はそのまま食べても驚くほど美味しい。

第24回を迎えた『グルメライター格付けチェック』は、素材で勝負! シリーズ初となる果物でライター達の味覚をチェックすることにした。しかもお題は1本700円の超高級バナナ……いったいどんな味なのか想像もつかない。

続きを全部読む

【うどん巡り】香川県の人気店は1日でどれだけ行けるのか検証してみた / 9軒まわって総額2742円ッ!!

日本一小さな県「香川県」は、讃岐うどんのテーマパークである。県内には約900軒のうどん屋があると言われており、一杯100円のかけうどんを食べるために、小さな製麺所にも大行列ができるそうだ。もし効率よく人気店を巡るのならば、出発前に作戦を立てておく必要があるだろう。

そこで今回は、うどん巡り初心者の筆者が1日でどのくらい人気店を回れるのか検証してみた。県内に住む知人や観光協会の方から頂いたアドバイスをもとに作戦を立て、朝早くから昼過ぎまで、ただただ食べまくってきたのでさっそくご覧いただきたい!

続きを全部読む

意外な場所に意外な料理! 東京・東武練馬で「内モンゴル料理」を食す / 練馬区『あむ亭』

見知らぬ街を歩いていて、思いがけない飲食店の看板を発見すると、思わずテンションが上がる。どこでも見かける大手チェーン店の看板は正直見飽きてしまって、街の特徴を奪っているように見えるからだ。え? ここでこんな料理出してるの!? そんな驚きがあってこそ、街を歩く楽しさではないだろうか。

最近、東京・練馬区のある街を歩いていたところ、思わぬ外国料理を提供するお店を発見した。そのお店「あむ亭」では、内モンゴル料理を提供している。え? こんなところで内モンゴル料理!? これは入ってみるしかない! ということで、実際にランチを食べてみた。

続きを全部読む

青いソフトクリームがカワイイ上に超ウマい~!!  大阪「海遊館」の『ジンベエソフト』はさっぱりラムネ味で夏向きやで!

大阪の水族館「海遊館」のアイドル的存在と言えば……そう、ジンベエザメだ。たゆたいながら堂々と水槽を泳ぐ様は、一度見たら忘れられないこと請け合い。ジンベエザメは灰色の体に白色の斑点が特徴だが、その模様が陣兵衛羽織(じんべえばおり)に似ているところから名付けられたんだって。

そんなジンベエ模様を、目と舌で感じることのできる商品があることをご存じだろうか。同館で絶賛発売中の「ジンベエソフト」だ。青色と白色のコントラストが美しいミックスソフトで、トッピングのつぶつぶ砂糖菓子がジンベエ感を存分にかもしだしているぞ! 

続きを全部読む

背脂タップリのラーメンが中毒不可避! 映画『君の名は。』の聖地近くにある『宝来』は隠れた名店

ネットが主流となった今の時代、どこの店がおいしいかは検索したらマッハで表示される。ヒジョーにありがたい時代になったものだが、それがすべてかといえば決してそうではなく、情報が少なくともおいしい飲食店は確実に存在する。

例えば今回ご紹介する東京・四谷にある中華料理屋『宝来』もそのひとつ。大通りに面していないこともあって見落とされがちだが、ブラリと入ってみたら中毒不可避なラーメンを提供してくれる超穴場の隠れた名店だったのだ!

続きを全部読む

【天国かよ】金賞が集結した「からあげカーニバル2017」が新宿小田急にて開催中! 一番ウマいから揚げはこれだ!! トップ3を勝手に発表

日に日に暑さが増していく今日この頃。夏にかけて食欲が落ちていきそうだが、から揚げだけは話が別である。いや、むしろ から揚げ欲は高まるばかり。今日は「から揚げェ……から揚げをよこせぇぇぇえええ!」という、すべてのから揚げLOVERに朗報である。心して聞くように。

本日2017年5月24日より新宿小田急にて、全国から人気専門店8店が集結した「からあげカーニバル2017」なるイベントが開催されているのだ。そこで、現場に突入し全店のから揚げをゲッツ! そのトップ3を独断と偏見で決めてみたぞ。諸君、1番ウマいから揚げがこれだ!!

続きを全部読む

【センス抜群】「デザイナーは昇進したはず」と称賛された雑誌の表紙がコレだ / トランプ大統領を食べ物で表現! そこには皮肉たっぷりな意味が!?

ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任して以来、氏は数多くの雑誌の表紙を飾ってきた。ロケットニュースでも、TIMEの表紙のトランプが猫耳をつけてるっぽくてカワイイとの記事を紹介したことがあった。

そして今度は、「食べ物でトランプ大統領を表現した雑誌の表紙」がセンス抜群だと話題になっているのである。使用している食べ物も意味アリなようで、ネット民からは、「表紙のデザイナーは昇進したはず」といった称賛の声が挙がっているのだ!

続きを全部読む

福岡なのにとんこつラーメンがなくてゴメンナサイ! 入る前から店主が謝罪しているけどウマいと評判の『久屋』に行ってみた

突然だが、あなたは飲食店で店主から烈火の如くブチギレられた経験はあるだろうか。いまだに私(筆者)はないが、ちまたでは礼儀や作法を重んじる店があれば、高菜をラーメンより先に食べるとブチギレる店もあるなんて噂も聞く。

そしてにわかに信じがたいところだが、驚くべきことに福岡県南区には逆パターンが存在しており、なんと店に入る前から店主が謝罪しているラーメン店があるという。気になったので、実際に行って確かめてみることにした。

続きを全部読む

日本一分厚い! たい焼きの価値観を根底から覆す「けんぞうのたい焼き」は完全に自立するぞ!! 東京・北区

たい焼きといえば、薄皮でアンコたっぷりが良品と思われる傾向がある。たしかに、薄い皮の中にアンコでもクリームでもたっぷり入っている方がうれしいのだが、その価値観を根底から覆す一品が存在した!

そのお店、「たい焼きけんぞう」のたい焼きは薄皮という概念を完全に無視している。むしろ「日本一分厚いたい焼き」を自負しているほどだ。実物を見ると……なんじゃコリャ!? 一般的なたい焼きの倍の厚さ。縦置きにすると自立するぞ!

続きを全部読む

【スタバ新作】ごくごく飲めちゃう『コールドブリューコーヒー』が爆誕! ありそうでなかった水出しアイスコーヒーだよ

スターバックスと言えば、ここ最近フラペチーノの印象が強い。しかしながら、みんな忘れていないかい? スタバって、コーヒーチェーンなんだぜ。そんな専門店であるという底力を見せつけてくれる新作が、2017年5月24日に登場した。

商品名は「コールドブリュー」。簡単に言うと、水出しで抽出したアイスコーヒーのことだ。さっそく飲んでみると、いくらでも飲めてしまいそうな爽快感のあるドリンクだった。コーヒー好きはこの夏、リピートしちゃいそうな予感! 

続きを全部読む

【小声】バーガーキングが密かにやってるキャンペーン『キングボックス』がマクドナルドより断然お得

ハンバーガーチェーンと言えばマクドナルド。好むと好まざるとにかかわらず、その店舗数と浸透ぶりは他の追随を許さない。一時期は低迷した業績も、ここ最近は回復傾向にあると言われており話題になることも多い。王者のプライドここにありだ。

そんなマクドナルドの対抗馬・バーガーキングが、現在、ひっそり展開しているキャンペーン『キングボックス』をご存知だろうか。690円でハンバーガー、ポテト、ドリンク、ナゲット、スイーツまでついてくるこのキャンペーン。大きな声では言えないが……マクドナルドのバリューセットなんて目じゃねェェェエエエ

続きを全部読む

【謎】新商品「ポテトチップス 岩下の新生姜味」を食べ進めていたら、なぜか後半は「たこ焼き」の味になった

過去に「どう見てもアレにしか見えないペンライト」や「アレがそびえ立つ部屋」など、大胆な展開が話題となった『岩下の新生姜』。そんな岩下の新生姜も、今年2017年で発売30周年を迎えるという。

そこで本日2017年5月23日、30周年記念商品として発売されたのが「ポテトチップス 岩下の新生姜味」だ。なんとこのポテトチップスは「わさビーフ」でおなじみの山芳製菓と、約2年半もの歳月をかけて開発したコラボ商品とのこと。いったいどんな味がするのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 416