原田たかし (Takashi Harada)

ライター

福岡県出身の九州男児。中国・上海、東京など各地を転々としている。得意分野はスポーツ全般。自身はバスケ、ラグビー、サッカーを経験。好きなスポーツ選手はロナウジーニョ、ダルビッシュ有、上原浩治。お酒(特にビール)が好きだが、メタボの足音が忍び寄っているため最近は控え気味。運動はあまりしないので、せめてもの抵抗でロングブレスダイエットはしている。

「原田たかし」担当の記事

【謎多き居酒屋】メニューに「汁ありのアレ」! 福岡の最終兵器と噂の『つどい』は絶対に笑う料理が出てくるユニーク店だった!!

福岡にちょっと変わった居酒屋があるけど知ってる? そう聞かれたのは、つい先日のこと。話によると、そこは「福岡の最終兵器」と噂のお店で絶対にニンマリ笑ってしまうらしい。

おいおい、何があるんだよなんて想像したら気になって仕方がない。まったくどうしてくれるんだ……ということで、福岡市中央区薬院にある『つどい』の扉を叩いてみることにした。

続きを全部読む

【超攻撃的サッカー】ゴールキーパーが自陣をガラ空きにしたままドリブルで大爆走

近年、サッカー界ではゴールキーパーの役割が変わりつつある。これまでは守備に専念というイメージであったが、好まれているのは足元の技術が高く、最後方から攻撃を組み立てられる選手。日本でいえば、浦和レッズの西川周作選手が有名で「攻撃的なゴールキーパー」は重宝されつつある。

まずは自分の技術に自信がなければできないだけに難しいプレーだが、オーストラリアリーグに超攻撃なゴールキーパーが実在! 何を思ったのか、彼は相手に囲まれながらもドリブル突破を試み、自陣をガラ空きにして爆走したという。

続きを全部読む

【衝撃】漫画『キャプテン翼』の高橋陽一先生が描いた「大谷翔平」が10頭身でも違和感ゼロ

2017年4月17日、北海道日本ハムファイターズは20日より漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一先生が描いた「大谷翔平グッズ」を発売することを発表した。オリジナル作画をデザインしたTシャツやタオル、マフラーなど11種14アイテムが販売されるという。

ただ、気になるのはその出来。高橋陽一先生の描くキャラたちは10頭身で小顔が特徴だが、大谷翔平選手は193センチの長身ながら超小顔。これまでにない完璧な再現度となる可能性があるからだ!

続きを全部読む

【神業動画】思わず二度見! ロードバイクで「仮面ライダー乗り」をした選手が集団後方からまさかの白熱デッドヒートを演出!!

圧倒的なスピードで疾走し、順位を競うスポーツといえば「ロードレース」。バイクのタイヤやハンドルを見てわかるように、いかに空気抵抗を少なくして速く走れるか。そこに重点が置かれているのは説明するまでもないだろう。

まさに極限状態とも言える状況でレースは行われるのだが、常軌を逸した乗り方をした選手が海外で話題だ。なんとシートの上に腹を乗せてスーパーマンのようになって運転! いわゆる「仮面ライダー乗り」をしてしまったという。

続きを全部読む

【神業】スカッとしすぎて脳が快感! 1万6000個のドミノを使って『スーパーマリオ』を完全再現した動画がもはや芸術!!

パタパタパタッと倒れる様子が爽快感溢れる「ドミノ」は、並べて倒すという単純な動きながら、子供から大人まで楽しむことができる。並べる集中力だけでなく、倒したときに得られる感動など、いろんなメリットがあるのも特徴だ。

誰しも一度はやったことがあるだろうが、海外に芸術的なドミノを完成させた猛者(もさ)がいたのでお伝えしておこう。なんと彼は1万6636個ものドミノを使い、『スーパーマリオ』の世界を完全再現してしまったというのだ!

続きを全部読む

【酒好き必見】鉄なべに乗ったアツアツ餃子とビールの組み合わせがマジ最高! 福岡県北九州市を訪れたら絶対に『小倉 鉄なべ』へ行くべし!!

知らない土地へ行った時に楽しみのひとつとなるのが、なんと言ってもグルメである。北海道ならジンギスカン、大阪ならたこ焼き、福岡ならとんこつラーメン……といったように名物は是が非でも食べておきたいもの。土地は舌でも知ることができるだけに、外せないルートと言っていいだろう。

ただ、定番のものがある一方で「新機軸」が人気になっている場合もしばしば。例えば今回ご紹介する『小倉 鉄なべ』もそう。アツアツの鉄なべに入れたまま餃子が提供されるスタイルは福岡発祥。そしてこれが人気で、尋常じゃないくらいウマかったりするのだ。

続きを全部読む

どれだけタバコのポイ捨てが危険なのか一発でわかる動画がコレだ!!

タバコは所定の灰皿へ。当たり前のことだが、残念なことに世の中には当たり前をできない人がいる。ここ数年、条例で厳しく取り締まられている日本では、確実にその数は減少しているものの、いまだに吸い殻が路上に落ちている光景を見かける。

街を汚すだけでなく、危険も潜んでいるタバコのポイ捨て。中には下水道に捨てる人も少なくないが、そんな人にこそ見て欲しい動画がある。見ているだけでゾッとする内容は、もしあなたがタバコをポイ捨てする人ならば今すぐにでもやめようと思うだろう。

続きを全部読む

『進撃の巨人』あるある50連発

2017年4月、待ちに待ったTVアニメ『進撃の巨人』Season2の放送が始まった。社会現象になった人気は今も健在。毎週の放送が楽しみすぎて、すでに心臓を捧げているファンも多いことだろう。

ネットでも話題沸騰中とまだまだその進撃は止まらないといったところだが、今回はそんな『進撃の巨人』をピックアップ! あるあるネタを50個チョイスしたのでドドンと紹介しよう。ネタバレがない範囲なので、アニメしか見ていない人も安心して欲しい。

続きを全部読む

【九死に一生】絶叫マシンで致命的な事故! 乗っていた女性が宙づり状態になって絶体絶命の大ピンチ

遊園地で欠かすことのできないアトラクションなのが、なんと言っても「絶叫系」。普段味わえないスリリングな体験は夢空間だからこそできること。もし遊びに行ったら何回でも乗ってしまうほど好きな人も多いだろう。

しかし、楽しい一方で恐ろしいのが思わぬトラブル。絶対に事故が起きないよう整備されているはずなのに、ありえないことが現実のものとなる場合がある。そう、例えば今回ご紹介する動画「Woman Falls from Ride and Dangles by Feet」のように……。

続きを全部読む

【お見事】アナグマが自分の倍以上デカい牛を地面に埋める貴重映像が撮影される

こいつはプロの犯行だな。もし刑事が調査したならば、そんな声が聞こえてきそうな動画が話題になっている。犯行内容を聞いて驚くなかれ。なんとアナグマが自分の倍以上デカい牛を神隠しのごとく連れ去ってしまったのだ。

動画に収めることに成功したのは、アメリカ・ユタ大学。生態調査のために仔牛の死骸をグレートベースン砂漠に放置していたところ、数日間で完全消失。調べてみると、犯人はまさかのアナグマで、しかもプロフェッショナルとも言える仕事ぶりが映っていたという。

続きを全部読む

ミシュランに掲載された煮干しラーメンが超絶品! 富山県氷見市の『貪瞋痴(とんじんち)』は審査員も悶絶したと思われる犯罪的なウマさ

食において絶大な信頼を寄せられる『ミシュランガイド』。もし同誌で紹介されようものならお客さんが殺到し、行列必至の人気店となる。それもそのはず、ミシュランに載った店は間違いないところが多い上に、本当においしいからだ。

これまで東京をはじめとする大都市を中心に取り上げていたミシュランだが、2016年には特別版として『富山・石川(金沢)』を発行。そして富山県氷見市では『貪瞋痴(とんじんち)』というお店が掲載された。

続きを全部読む

【珍プレー】海外サッカーでマジで笑えない「志村うしろ!」事件が発生

自分の背後から迫る恐怖をネタにしたコントといえば、志村けんさんの「志村うしろ!」。身の危険に気づいていない志村さんに対し、客席から救いの声が飛ぶも絶対に気づかない……という鉄板ネタはあまりに有名だ。

周知の通り、これはネタだからこそ笑いに変わるのだが、海外サッカーでマジで笑えない「志村うしろ」が発生! YouTubeにアップされた動画「Campestrini se quedo dormido y le regalo el gol del triunfo a Carlos Fierro」で確認できるように、迫り来る恐怖から悲劇が生まれてしまった。

続きを全部読む

【衝撃映像】猛毒を持つ「キングコブラ」と完全密着! 心を通わせる男に世界が仰天!!

象さえ殺す。そう言われているのが、ヘビの中でも猛毒を持つキングコブラ。たった一噛みだけで20人の人間を死に至らせるとも言われており、絶対に近づいてはいけないことは周知の通りだ。……ところが!

世界は広いもので、インドネシアのスマトラ島にはキングコブラと心を通わせる男性がいるらしい。なんでも4メートルのキングコブラを自分の体に巻きつかせ、素手で取り扱ってしまうという。

続きを全部読む

【感動動画】両腕のないバスケ少年が劇的なスリーポイントを決めて勇気づけられる人が続出

現在、バスケットボールにまつわる1本の動画が海外で反響を呼んでいる。その輪の中にいるのは、アメリカ・フロリダ州の中学生「ジャマリオン・スタイルズくん」。13歳のバスケ少年である。

ただ、彼には両腕がない。バスケは手を使うスポーツだけにプレーするのも難しい……と思いきや! なんと動画「13 year old with no arms or prosthetics Jamarion Styles hits buzzer beater! AMAZING!」では、彼が劇的なスリーポイントを決めているのだ!

続きを全部読む

中畑清さんの『仕事と上手く向き合う方法』が目からウロコ! 「やったミスは必ず生きる」「プレッシャーは幸せなこと」

2017年も早いもので新年度を迎えた。この春からスーツを着て働き始めた新社会人は、戸惑いながらも会社に慣れようと奮闘中。教える側も彼らを一人前にできるよう、丁寧に接していることだろう。

ただ、社会の大海原では何かと苦労があるもの。新社会人でなくとも「仕事を円滑に進めたい!」と常日頃から思っている人も多いハズだ。そこでどのようにしたら上手くいくのか。横浜DeNAベイスターズで監督を務め、チームを変えた中畑清さんに聞いてみた!

続きを全部読む

【社会人必見】絶好調! 中畑清さんに「上司としての心構え」を聞いてみた

新年度を迎えた2017年4月。この春、新しい部下を持った人も多いのではないだろうか。ただ、立場が変われば環境も変わるもの。上に立つ人もラクではなく、新社会人との人間関係に頭を悩ませることもあるに違いない。

どうすれば部下と良好な関係を築けるのか。毎年のように繰り返される永遠のテーマだが、そのアドバイスは成功した経験のある上司に聞くべきであろう。ということで、横浜DeNAベイスターズ前監督・中畑清さんに「上司としての心構え」を聞いてみた!

続きを全部読む

歯医者あるある30連発

できることなら病院は行きたくないが、人生においてどうしても避けられないのが「歯医者」である。誰にだって虫歯のひとつやふたつはあるもの。歯石取りや歯周病を考えると、健全な歯で一生を過ごすことの方が難しいと言ってもいい。

芸能人じゃなくても歯は命! ということで今回は、そんな身近な存在の歯医者をピックアップ。誰もが怯え、子供ならば泣き出すほど怖い歯医者にありがちなことを30連発でまとめてみた。さて、あなたはいくつ当てはまるだろうか。

続きを全部読む

どう見ても志村けん! 二度見をしてしまうレベルで志村兄弟が激似

春は出会いと別れの季節。学校に入学式と卒業式があれば、社会に出てからも入社と退職がある。当然、誰もが通る道であり、この春に出会いもしくは別れを体験した人も多いことだろう。

そして2017年3月30日、東村山市役所では志村けんさんの兄である志村知之さんが退職し、職場に別れを告げた……のだが、その様子を写した1枚の写真がネットで話題になっている。というのも、お兄さんが弟の志村けんさんに激似らしい。

続きを全部読む

世界が認めた日本の絶景! 123基の赤い鳥居が並ぶ「元乃隅稲成神社」は神秘を感じる美しさ

一度でいいから見てみたい。心の底からそう思う絶景は、誰にでもひとつやふたつあるだろう。もしそれが世界も認める景色ならばなおさら。是が非でも見ておきたいものである。

ということで今回ご紹介するのは、以前にアメリカの CNN が認めた絶景「元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)」。ここは、白狐のお告げにより昭和30年に島根県津和野町太鼓谷稲成から分霊され、123基の赤い鳥居が並ぶことでも知られている神社だ。

続きを全部読む

思わず三度見してしまう「奇跡のペアルック」が激写される

今となってはそこはかとなく恥ずかしい対象となっているが、一昔前には同じ服を着る「ペアルック」が流行った時期もあった。主にカップルが着用し、当時はその愛を確かめ合うひとつの手段でもあったものだ。

あのフィーバーから数年……海外で驚くべきペアルックが撮影されていたのでご報告したい。写真を見たところ飲食店の日常を写した1枚であり、なんの変哲もないごく普通の光景のようだが……よーく見てみると……うおっ、これは!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 123