原田たかし (Takashi Harada)

ライター

福岡県出身の九州男児。中国・上海、東京など各地を転々としている。得意分野はスポーツ全般。自身はバスケ、ラグビー、サッカーを経験。好きなスポーツ選手はロナウジーニョ、ダルビッシュ有、上原浩治。お酒(特にビール)が好きだが、メタボの足音が忍び寄っているため最近は控え気味。運動はあまりしないので、せめてもの抵抗でロングブレスダイエットはしている。

「原田たかし」担当の記事

【新種か】羽ばたいていないのに飛ぶ鳥が激写される

この世にはまだまだ未知なる生物が存在する。深海はもちろん、ジャングルの奥深くや山奥など、謎に包まれている未踏の地は多く、実をいうと地球は人間の知らないことだらけと言っても過言ではない。

そしてもし新しい発見があれば「新種か」とザワつくものだが、まさに今、世にも不思議な映像がネットで拡散されているのでご報告だ。一体、何があったのかというと……ズバリ、羽ばたいていないのに飛ぶ鳥が激写されたのである!

続きを全部読む

メガネあるある50連発

視力の悪い人が日常生活を送る上で欠かせないメガネ。今となってはPCメガネや伊達メガネといったようにさまざまな種類が登場し、おしゃれアイテムとしても幅広く使われている。

ただ、メガネを使っていない人からしたら、どのような生活をしているのかわからないというもの。そこで今回は、メガネにまつわる「あるある」を50個厳選してみた。メガネっ子もそうでない人も楽しんでいただけたら幸いだ!

続きを全部読む

FF8のイケメン主人公に憧れる男性が520万円で整形して大変身

日本ではあまり馴染みがないものの、海外で「整形手術」は決して珍しくない。美しくなるためなら整形するのは、国によって当たり前。中には、納得のいく顔になるまで大金をつぎ込む人だっていたりする。

あっと驚くような変身を遂げたらニュースで取り上げられることもしばしばだが、マレーシアの男性が話題になっている。なんと彼は、人気ゲーム『ファイナルファンタジー(FF)8』のイケメン主人公であるスコール・レオンハートになるよう整形したというのだ。

続きを全部読む

【ポケモンGO】ついに「伝説のポケモン」が登場 / 公開されたPVにはミュウツーらしき姿も!

2016年7月22日、日本を熱狂の渦に巻き込んだ『ポケモンGO』。あれから1年、レイドバトルなどの新機能が実装され、何かとモヤモヤしつつも随分とゲームは進化した。しかし……だがしかし! ついに時はきた!

そう、なんと待ちに待った「伝説のポケモン」が登場することになったのだ。公式HPではすでにPVが公開されており、サンダーやフリーザー、ルギアにホウオウなど、その姿も確認できるぞ!

続きを全部読む

ドラレコつけていてよかった! 当たり屋の標的になった女性が魔の手から逃れる一部始終

ここ数年、右肩上がりで普及率が上昇している車グッズといえば、ドラレコことドライブレコーダーだ。もし何かあった時にレコーダーの映像が動かぬ証拠となって活躍してくれるため、愛車に装着している人も多いのではないだろうか。

ドラレコは日本だと事故に遭った時のことを想定して着けることがほとんどだが、海外ではそれだけが目的ではない。なぜなら、当たり屋が突っ込んできて、不当な金額を請求してくることがあるからだ。今回ご紹介する動画もまさにいい例である。

続きを全部読む

これぞ犬馬一体! 巧みに馬を乗りこなすワンコがお見事!!

人馬一体(じんばいったい)。これはご存知のように、まるで騎手と馬が一心同体になったかのように巧みに乗りこなすことを指す。この言葉は馬以外に使われることもあり、車メーカー「マツダ」が製品コンセプトに掲げたように、車やバイクなどでも当てはまる。

それを聞いて「ヘェ〜!」と思う人もいるかもだが、驚くのはまだ早い。なにせ、新たな「人馬一体」が海外で誕生。なんでも、ワンコが馬を巧みに乗りこなすらしい……って、マジかよ! とても信じられない話だが、これがマジだった。

続きを全部読む

周りがまったく見えていない! ながらスマホがどれだけ危険なのかよくわかる動画

日常生活をする上で、なくてはならない存在となったスマホ。電話をはじめ、カメラやゲーム、音楽だって聴けるため、便利すぎる優れものだ。それだけに、常にスマホを触っていないと落ち着かないという人も多いだろう。

しかしつい先日、アメリカで14歳の少女が入浴中にスマホを使用して感電死する痛ましいニュースがあったように、スマホは危険を伴うことを忘れてはいけない。特に「ながらスマホ」は絶対にやってはダメだ。今一度どれだけ危険なのか、使い手は知る必要がある。

続きを全部読む

突然エアコンが故障した! 熱帯夜を過ごす羽目になって得た教訓

毎日厳しい暑さが続いている日本列島。都心では今年初の猛暑日を記録し、梅雨の10日連続真夏日なんて珍しい天気にもなっている。こまめな水分補給が大事だと呼びかけられるのが今の時期だが、私(筆者)はエアコンのチェックもオススメしておきたい。

なぜなら、夏にエアコンが壊れたらマジで地獄。私事で大変恐縮な話なのだが、実際にエアコンが突然故障し、地獄の熱帯夜を過ごす羽目になってしまったからである。

続きを全部読む

公共交通機関の「ひじ掛け」は誰のもの? 当たり前のようにして使う人は一体何なのか

公共交通機関を使う時、周りに迷惑をかけないようにすることは当たり前だ。しかし、当たり前をできない人がいるのもこの世の中。おそらく、誰しも一度は他人の信じられない行動を見かけたことがあるのではないだろうか。

例えば公共交通機関のひじ掛けもそのひとつ。もし我が物のように堂々と使って、腕が隣まではみ出してこようものなら “ひじ掛け戦争” 待ったなしの大罪である。百歩譲って子供なら許せるが、いい歳をした大人は迷惑行為だということをわからなければいけない。あれをやる大人は一体何なのか。

続きを全部読む

実をいうと「やよい軒の朝定食」がかなり良い

お腹が空いて力が出ない。なんてことにならないためにも大切なのが朝食の存在だ。朝をしっかり食べれば1日が充実……ではあるものの、これがなかなかどうして難しい。朝の忙しい時間に追われていると、食べる暇さえないことだってあるし、外食メインの暮らしなら簡単なもので済まそうとするからだ。って、私(筆者)のことだ。

そんなある日、私がコンビニの朝ごはんを無限ループするのもさすがに飽きてきたなぁ……と思っていたところ、「やよい軒の朝食は良いよ」という話を耳にした。内心、松屋の「ソーセージエッグ定食」よりも最強の朝食なんてあるの? とも思ったが、確かめてみる価値はあり。なにせ、安定感に定評のあるやよい軒だから期待ができる!

続きを全部読む

濃厚とんこつラーメンなのに食後の罪悪感がないと噂の『かなで食堂』に行ってみた / 福岡県春日市

いよいよ2017年も夏直前。7月下旬から8月になると、ちびっこたちが夏休みに突入し、賑やかなシーズンの到来となる。海やプールで遊ぶ機会が増えるため、大人は「できる限り太らないようにしたい」と思うのが今の時期だ。お腹いっぱい食べたいけど夏は我慢をしなければいけない……なんて悩む人も多いだろう。

しかし、もう大丈夫。なにやら、とんこつラーメンの本場・福岡県には「濃厚とんこつラーメンなのに食後の罪悪感がない」お店があるらしいのだ。ラーメンを食べて罪悪感がないなんて、そんなことあるのだろうか。実際に確かめてみることにした。

続きを全部読む

ミシュランも認めた「コシなしうどん」がウマすぎて昇天 / 福岡県博多区『葉隠うどん』は紛れもない実力店だった

福岡といえば、ラーメンにもつ鍋、さらには明太子! 一昔前ならそんな定説ばかりだったが、時代の流れもあってか徐々に変化。とんこつ以外のラーメンが少しずつ出店しているかと思えば、コシのない博多うどんが全国区でも有名になってきている。

中でも必ずと言っていいほど名前が挙がるのが、福岡県博多区にある「葉隠うどん」。ここはミシュランガイドのビブグルマンを獲得したことがあるお店だが、実際に行ってみたら想像以上の実力店で驚いた。

続きを全部読む

【動画あり】ネイマールも認めた12歳の天才少年が上手すぎ! ブラジルの新至宝「ルシアニーニョ」

次から次に新しい才能が彗星のごとく現れるサッカー界。日本でもJリーグ最年少ゴール記録を更新した16歳の久保建英選手(FC東京)が活躍しているように、才能のある選手は10代からでも圧倒的な存在感を放つ。

そしてそれがサッカー王国のブラジルであれば尚更のこと。弱冠12歳の「ルシアニーニョ」くんが、新たな至宝として注目を浴びているのもいい例だろう。もう先に言ってしまうが、彼の名前は今から覚えておいた方がいい。

続きを全部読む

【閲覧注意】ヒアリに刺されるとこうなるって動画

ここのところ、危険な外来生物「ヒアリ」が日本各地で発見され、大きな問題となっている。先日は新潟県長岡市でヒアリ発見か(後に別種と判明)との情報も錯綜し、今では薬剤を置くなど対策をする港も出てきた。

ヒアリは “絶対に上陸させてはいけない殺人アリ” とも言われるだけに不安は尽きないが、知っておいた方がいいのが「もしもの場合」。そう、ヒアリに刺されたらどうなるのかということ、そしてどう対応したらいいのかである。

続きを全部読む

【プロ野球】川崎ムネリンがインタビューで英語ペラペラ! なぜ国境を越えて愛されまくるのか一発でわかる動画がコレだ!!

ムネリンこと川﨑宗則選手がシーズン開幕直後に福岡ソフトバンクホークス入団し、早いもので約3カ月が経った。アメリカ帰りということで序盤こそ調整に時間を要したが、今ではチームに欠かせない存在となったのはご存知の通りだ。

そのムネリンといえば、国境を越えて愛される明るいキャラクター。ただ、日本球界に復帰したことで、もう英語でヒイヒイ大爆笑を生み出す姿は見られない……と思いきや、英語でインタビューに受け答えしている動画が YouTube に公開されていた。もちろん、ムネリン節は炸裂だ!

続きを全部読む

【超有能】ヒアリかどうか判別してくれるTwitterアカウント「ヒアリ警察」がマジでスゴい

強い毒を持つアリ「ヒアリ」が国内で相次いで見つかり大問題になっている。兵庫にはじまり、大阪、愛知、さらには東京とその規模は拡大中。ヒアリは殺人アリと言われるだけに、もはやアリを見るだけでビビってしまう人も少なくないだろう。

専門家でもない限り自分でヒアリと判断できず、恐怖心が芽生えるばかりだが、現在頼りになる存在が話題になっている。「ヒアリだと思ったそのアリ、本当にヒアリですか?」と Twitter で投げかけているヒアリ警察さん(@_Solenopsis)がそうだ。

続きを全部読む

一目惚れした「パンダのぬいぐるみ」を買えない10歳の少年が取った行動に胸キュン / 心温まる展開に思わずほっこり

突然だが、皆さんはぬいぐるみに一目惚れをしたことがあるだろうか。30代後半のオッサンが、いきなり「これカワイイ! これマジやばい!!」と、ぬいぐるみに出会って4秒で即買いすることなんて絶対にあってはならないが、子どもならばよくある話。幼い頃、気に入ったぬいぐるみは誰でもひとつやふたつあるだろう。

さて、そんなぬいぐるみの中でもカワイイと圧倒的な人気を誇るのが「パンダ」だが、海外で胸ズッキュンのエピソードが発生。とある少年がパンダのぬいぐるみに一目惚れしてしまい、買うために取った行動がカワイイとニュースになっている。

続きを全部読む

ヴィッセル神戸に加入間近のポドルスキが来日前から『キャプテン翼』愛がだだ漏れ状態

2017年7月6日、ついに大物ストライカーが来日する。そう、元ドイツ代表であり、数々のビッグクラブでプレーしてきたポドルスキ選手のことだ。サッカーファンなら必ず知っている大物だけに、彼のJリーグ参戦を待ち望んでいるファンは多いことだろう。

これから加入するヴィッセル神戸にフィットできるのか。そして日本の文化に慣れることができるのかなど、不安に思う人もいるかもだが、どうやらその心配はなさそうだ。なぜなら、彼は来日前からすでに日本に馴染んでいるようなのである。

続きを全部読む

【野球】6歳の少年がまさかの三重殺を完成! 見事なプレーに称賛の声が相次ぐ

3つのアウトで攻守交代する野球では、時として思わぬプレーを目にすることがある。そのひとつがアウトを一気に3つ重ねるトリプルプレー。別名・三重殺とも言われ、これは年に1回あるかないかの滅多に見られないプレーだ。

それもそのはず、トリプルプレーはランナー2人以上、そしてノーアウトの大ピンチでしか成立せず。しかも身体能力や頭脳など、さまざまな能力が求められる。だが、そんなトリプルプレーを6歳の少年が成立させたというから驚きだ。

続きを全部読む

恐怖! 人を襲う「暴走トイレ」がロシアに出現

私たちの生活と切っても切れない関係にあるトイレ。便座に腰掛けホッと一息。今では汚いというイメージは一新され、安堵できる空間へと変貌を遂げた。何をするにしてもトイレなしでは生きていけず、もはや友と言っても過言ではないだろう。

しかし、いつなんどきでも友という訳ではないらしい。なんでも海外でトイレが暴走し、その様子を見た人を恐怖のどん底に突き落としているというのだ。トイレが暴走する時点で明るい未来が見えないが、一体どういうことなのだろうか。詳細は次の通りである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 116