中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを弾いてます。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われました。

「中澤星児」担当の記事

【実話】霊を信じず「心霊スポット検証」をしていた男が急病で倒れて動けない状態に / 男「マジで呪われた」

あなたは幽霊を信じますか? 「いる」とは断言できないけど、「いない」とも断言できない……そんな半信半疑の人が一番多いのではないだろうか。私(中澤)もその1人だったのだが、ちょっぴりその存在を信じてしまうような事件が発生した。というか、現在進行形で発生している

なんと、心霊スポットに潜入リポートしていた本サイトの記者・りょうが、突然急病に倒れたのである。そして「呪われた」とか言い出した。落ち着け! 一体何があったんだ!?

続きを全部読む

【喫煙者の恥】JR渋谷駅ハチ公口前の閉鎖された喫煙所に集まる「謎の集団」……3カ月経っても続くひどい状況

2016年11月1日、JR渋谷駅ハチ公口前にあった喫煙所が閉鎖になったことは記憶に新しい。あそこで多くの時間を過ごした者としては、「まさか閉鎖されるなんて……」と、喫煙者に対する世間の風当たりの強さにヘコんだものだ。

閉鎖から約3カ月が経ち、そろそろ跡地も綺麗になった頃かと思いきや、そこには想像を絶するひどい状況が広がっていた。

続きを全部読む

マイクロソフトが注意喚起! 『ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。』という件名のメールは詐欺なのでご注意を!!

情報の早さと深さでは他の追随を許さないインターネット。「気になるものがあればまずは検索」という癖がついている人も多いだろう。世界の裏側とも一瞬でつながれるインターネットは、現代社会を形作っている大きな要素の一つ。しかし、それは言わば光の側面。そして、光があるところには闇もある

「ネットの闇」として有名なものの1つがフィッシング詐欺。自分が信頼している有名企業の名前でメールが来ると、思わず見てしまう人もいるのではないだろうか。2017年1月31日、マイクロソフトがツイッターでフィッシングメールの注意喚起をしているためお伝えしたい。

続きを全部読む

【ブチキレ】34年間「担々麺」を食べたことがない男がミシュランで星を獲得した『鳴龍』に行ったらこうなった

すっかり浸透した感のある「担々麺」。噂によると、担々麺専門店や「つゆなし担々麺」まで存在するらしい。だが、私(中澤)は、生まれて34年間担々麺を食べたことがない。したがって、どんなものを担々麺と呼ぶのかさえ知らない。一体、担々麺は何を根拠に「担々麺」とか名乗っているんだ?

味噌ラーメンや塩ラーメンのように「○○ラーメン」じゃダメなのか。お前だけちょっとわがままちゃうか。そんなに目立ちたいのか。小学校の体育教師ならそう言うだろう。そこで、担々麺が体育教師に怒られないレベルでオリジナリティーがあるのかどうか確かめに行くことにした。

続きを全部読む

『耳をすませば』のエンディングに隠された秘密! あの通学路風景は実は「○○」を描いてた

2017年1月27日、金曜ロードSHOWで放送された『耳をすませば』。日本全国が青春の切なさに悶えたことは、Twitterトレンドに『耳をすませば』関連のワードがランクインしまくったことでも明らかだ。朝焼けの街を2人で見ながら「雫、大好きだ!」と告白する天沢聖司くんは全中学生の憧れと言えるだろう。

そんな青春ストーリーの締めくくりに爽やかな後味を残すエンディング。名曲『カントリーロード』をバックに通学路が映されているのだが、このエンディングに秘密が隠されていることを皆さんはご存じだろうか? 「金曜ロードSHOW!」の公式ツイッターアカウント・スタンリーいわく、このエンディングは「○○」を描いているのだという。

続きを全部読む

【動画あり】東京電力に電話したら自動音声が悪女すぎた

何かおかしい。目が覚めた時、唐突にそう思った。いつもと同じ部屋で迎える同じ朝のはずなのに、この違和感は何だ? 何かが決定的に足りない。物の配置は……変わってないな。そこで気づいた。つけっぱなしで寝た電気毛布が冷えていることに。電気止められとるやないかーーーーい

冬の送電停止は夏より辛い。なぜなら、お湯が出なくなってしまうからだ。夏なら冷水のシャワーでもなんとかしのげるが冬は無理。というわけで、即行で電気料金を支払い、問い合わせ番号に電話したところ……私を待っていたのは衝撃のメッセージだった。まさか、こんな悪女な自動音声があるなんて

続きを全部読む

【FRIDAY砲】『8.6秒バズーカー』のはまやねんが不倫について「全くの誤解」とツイッターで釈明 / ネットの声「写真撮られて何が誤解?」

「ラッスンゴレライ」という謎の言葉を繰り返すリズムネタで大ブレークした8.6秒バズーカー。一時はネタをコピーしている人をよく見かけるほど一世を風靡した彼らだが、その火が消えるのは思ったよりも早かった。

一体彼らは今どこで何をやってるのか? ……と思っていたら、2017年1月27日発売の『FRIDAY』で、8.6秒バズーカーのはまやねんの不倫が報じられている。しかも、このスクープに対して、本人がツイッターで釈明コメントを出していた。

続きを全部読む

『ペンパイナッポーアッポーペン』の商標が “赤の他人” に出願される!「君の名は」「スマスマ」「ゲス不倫」など1万1249件も / ベストライセンス株式会社

昨年2016年、ネットから火がつき世界に旋風を起こしたピコ太郎さんの『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』。当然、この商標は所属レーベルのエイベックスが押さえているものかと思いきや……現在、「ペンパイナッポーアッポーペン」の商標を “赤の他人” が出願しているという。

その会社の名前は「ベストライセンス株式会社」。2017年1月24日、最新の商標登録出願の概要をつぶやくTwitterアカウント「商標速報bot」が、ツイートしたことがキッカケで明らかになったこの事態。気になったので、この会社が出願している商標を調べてみたところ……1万1249件って正気かよ!?

続きを全部読む

【突撃】伝説的ロックバンド『ギターウルフ』がベーシストを募集! ベースを弾いたことがないギタリストが応募してみた!!

記憶に新しいピコ太郎さんの『PPAP』の世界的ヒット。26年ぶりにアメリカビルボードチャート100位以内に日本人がランクインしたということでも話題になった。その言葉が示す通り、日本人ミュージシャンの世界進出が成功する例はほとんどない。そんな数少ない成功例の1つが「ギターウルフ」である

1987年に結成され、早い段階からアメリカツアーなど世界を視野に入れた活動を続けてきた彼ら。なんと、そんなギターウルフが公式HPでベーシストを募集していた。売れないバンドマンである私(中澤)にとって、ギターウルフは憧れの存在。超入りたい……。というわけで、応募してみたぞ! ベース弾いたことないけど。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】丼をまたぐスーパー海老天! 『つぼみ家』の「大海老そば」が蟹もビビッて後ずさりするレベル!! 東京・四ツ谷三丁目

甲殻類の王者である蟹。そんな蟹もビビって後ずさりするレベルの海老が四ツ谷にいる。四ツ谷三丁目にあるそば屋『つぼみ屋』の「大海老そば」の海老だ。丼をまたぐその姿は威風堂々。もはや「超・海老そば」と言っても過言ではない。

続きを全部読む

【衝撃事実】女優の江角マキコ(50)← は?

2017年1月23日、女優の江角マキコさんが引退を発表した。この突然のニュースに、現在ネットは騒然としている。日刊スポーツによると、代理人の弁護士を通じ、報道各社にFAXで発表したという。

なになに? 「女優の江角マキコ(50)が23日、芸能界を引退する意向を明らかにした」……って、ファッ!? 江角マキコって50歳なの!? 『ショムニ』が18年前ってマジかよ!

続きを全部読む

【予想外】「マイニンテンドーストア」がオープンして速攻でサーバー落ち → エラー画面の怪獣『ニンゴジラ』がかわいすぎて全てが許される

昨年2016年に公開され大ヒットを記録した怪獣映画『シン・ゴジラ』。庵野秀明監督という新世代の才覚で、モノクロの時代から続く『ゴジラ』が現代によみがえったことは記憶に新しい。

そんな『シン・ゴジラ』を彷彿とさせる『ニン・ゴジラ(ニンゴジラ)』が、現在ネットで話題となっている。この言葉を初めて見た時、私(中澤)は思った。「任天堂が広告かなんかで『シン・ゴジラ』をパロったのかな?」と。しかし、調べてみたところ、真相が完全に予想の斜め上だった。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】都内屈指のそばつゆは四ツ谷にあり!『浅野屋』のつゆがウマすぎて気がついたら恋してた

突然だが、恋って何色だと思う? 『恋は桃色』という歌があるけれど、本当にそんな綺麗な色だろうか。確かにウキウキする気持ちもなくはないけれど、どちらかと言うと私(中澤)は、嫉妬や苛立ちなどで不安定になることの方が多い。したがって、色に例えるならむしろ複雑で暗い……そう、そばつゆのような

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。四ツ谷に素晴らしいつゆを出すそば屋があったためご紹介したい。時に甘く、時に辛く、ゆずの香りがほのかに漂うその味は、まさに恋の味

続きを全部読む

【淫行疑惑】成宮寛貴さんを終わらせた「フライデー砲」が狩野英孝さんにさく裂 / ネットの声「またかい」「狩野淫行」「狩野援交」

2016年、週刊文春のスクープを指して「文春砲」という言葉が流行ったが、2017年は「フライデー砲」が取って変わるかもしれない。昨年末、成宮寛貴さんを引退に追い込んだ週刊誌『FRIDAY』の「コカイン疑惑報道」は記憶に新しい。その「FRIDAY」がまたも大砲をぶっ放した

標的は、「イケメン」を自称するタレントの狩野英孝さん。記事には「17歳現役女子高生と淫行疑惑!」との文字が躍る。このスクープにネットは騒然としている。

続きを全部読む

【ウマい爆盛り】とんかつとカレーに溺れる! 東京・大鳥居『どん八食堂』のかつカレーがデカ盛りな上にウマい!!

何かとスーパーサイズなアメリカ。ちょっとやそっとのデカさでアメリカ人は動じないだろうが、どう考えてもビックリする爆盛り食堂が、京急空港線「大鳥居駅」に存在する。その名も『どん八食堂』だ。

からあげ、とんかつを主戦力としたメニュー全てに爆盛りサイズが用意されているこの食堂。中でも、No.1がかつカレーの爆盛り『ダブルかつカレー(1000円)』である。お盆サイズの大皿に「これでもか」と盛られたとんかつとカレーライスの山は、まるでパーティーの大皿料理。アメリカ人も小皿に取り分けるレベルだ

続きを全部読む

【カツ丼490円】すかいらーくグループのとんかつ店「とんから亭」が激ウマ! 豚のウマみが噴き出しすぎてつゆの味がわからないレベル

ファミリーレストランと言えば「ガスト」。食事はもちろん、喫茶店代わりにも気軽に使えるファミレスチェーンの王道である。そんな「ガスト」を経営しているすかいらーくグループが、とんかつ・からあげ専門店を新たに始めていたことをご存知だろうか。

その店の名は『とんから亭』。カツ丼が490円(税抜)という高コスパ店である。安いからと言って侮るなかれ。衣に閉じ込められた豚の風味はガチだ! 

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】そびえ立つ十割そばのエベレスト! 東京・京橋『恵み屋』の裏メニュー「キロ盛り」が “漢” すぎる!!

神に会っては神を斬り、仏に会っては仏を斬る──硬派なそば道「立ちそば放浪記・羅刹」の時間だ。漢(おとこ)ォォォオオオ! そばと言えば、「そば」と「つゆ」が魂であることは言うまでもないが、その2つのみで戦おうというそば屋はほとんどない。笑止千万ッ!!

そんな中、匂い立つような男っぷりを感じさせるそば屋が東京・京橋の『恵み屋』である。なんと、このそば屋に揚げ物トッピングはない。まさに、そばとつゆのみでの裸一貫、ふんどし一丁の勝負! 漢・漢・漢ォォォオオオ!!

続きを全部読む

SNSで話題の「アパホテル」に潜入した結果 → 何から何まで “右寄り” すぎた

レストランや温泉などもある都市型ホテル「アパホテル」は、新宿、渋谷、池袋など都内の都市部では定番のホテルの1つだ。ド派手な衣装がトレードマークの名物女社長・元谷芙美子さんをテレビで見たことがある人も多いだろう。

そんなアパホテルが現在、SNSで話題となっている。今朝からツイッターのトレンドにランクインするなど、その話題っぷりは加熱する一方。しかし、一体アパホテルの何がそんなに熱いのか? 実際に行って確かめてみたところ……驚くほど “右寄り” の実態が見えたぞ!

続きを全部読む

【おむすびの日】「ローソン」「セブンイレブン」「ファミリーマート」の中でガチで激ウマだった「コンビニおにぎり」トップ3

22年前の1月17日、阪神淡路大震災が起こった。大阪の泉南にある私(中澤)の実家も相当揺れたのだが、12歳だった当時、その揺れ以上に衝撃だったのは、窓の外からうるさいほどに聞こえてくる「ドドドドド!」という音だった。地球の底から大地を突き上げるような音。22年経った今も、あの時ほど「世界の終わり」を感じたことがない。

そんな阪神淡路大震災の際、ボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから、感謝の気持ちを忘れないために制定されたのが「おむすびの日」だという。おむすびと言えば、コンビニの主力!

そして、コンビニおにぎりと言えば、我々ロケットニュース24も相当数食べている。というわけで、「ローソン」「セブンイレブン」「ファミリーマート」の中でガチで激ウマだったコンビニおにぎりを3つ厳選してみたぞ!!

続きを全部読む

【無料】リニューアルしたマクドナルドのコーヒーがウマい

現在、マクドナルドがコーヒー無料キャンペーンを行っていることをご存じだろうか。コーヒーのリニューアルに伴い、2017年1月16日から20日の期間限定で開催されているこのキャンペーン。朝7時から10時の間にマクドナルドに行けば、タダでリニューアルしたコーヒーを味わうことができる。

これは出社前にひと息つくにはもってこいだ。というわけで、さっそくマクドナルドの新作コーヒーを味わってみたところ……普通にウマいやんけ

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 35