中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

大阪府泉南郡熊取町出身。「フリサト」と「ソレカラ」という二つのバンドでギターを弾いてます。死にかけのところを奇跡的にロケットニュース24に拾われました。

「中澤星児」担当の記事

【立ちそば放浪記】「ハラペーニョ冷やかけ」に「フォアグラエスプーマもり」! 独自の道を突っ走る上野『喜乃字屋』が癖になるウマさ!!

男の子なら誰しもが憧れる冒険。そして、どうやらそれは大人になっても変わらないようだ。私(中澤)は、今でも月一くらいでドラゴンボールを探したくなる

そんな冒険心が燃え上がるそば屋を上野で発見した。看板に堂々と書かれた「ハラペーニョ冷やかけ」や「フォアグラエスプーマもり」という意味不明なメニューの数々……つかむっきゃない、このドラゴンボール! オラ、ワクワクすっぞ!!

続きを全部読む

リンキン・パークのチェスター・ベニントン、自殺した7月20日は「亡き親友の誕生日」だった / クリス・コーネルの告別式で歌った『ハレルヤ』が悲しすぎる

デジタルとヘヴィネスを融合させたサウンドで2000年代の音楽に革命を起こしたリンキン・パーク。2017年7月20日、そんなリンキン・パークのボーカリストであるチェスター・ベニントンが自宅で死亡しているのが発見された。

一夜明けて悲しみが広がっているチェスターの死。ロサンゼルス郡検視局は自殺と見て捜査を行っているという。しかし、7月20日とは……。この日は、チェスターにとって特別な日だったのかもしれない。なぜなら、亡き親友クリス・コーネルの誕生日が7月20日なのである。

続きを全部読む

【ホンマや…】最近のファンタジーは『○○』がない! アラサーオタクの「ジェネレーションギャップ」を描いたマンガに共感の嵐

ファンタジーは、男の子も女の子も一度は憧れる世界。中でも、多感な時期に見たファンタジー作品は、ずっと心に残っているものだ。

今年35歳の私(中澤)は、「剣と魔法のファンタジー」と言えば『スレイヤーズ』。そんなアラサーが最近の『ファンタジー』に感じる違和感を描いたマンガが話題となっている。当時のファンタジーにあって今のファンタジーにないものとは一体!?

続きを全部読む

ワンオクのTaka、リンキン・パーク「チェスター・ベニントン」の死に悲痛な気持ちを吐露「悲しすぎて。もう空っぽ」

突然の悲報に世界が揺れている。2017年7月20日、ロックバンド「リンキン・パーク」のヴォーカルであるチェスター・ベニントンがロサンゼルスの自宅で死去しているのが発見されたのだ。スポニチによると、自殺と見られているという。

2000年代のロックをけん引する存在だったリンキン・パーク。その影響力は計り知れず、日本でも今朝から大きな話題となっている。そんな中、ワンオクロックのTakaが Instagram に悲痛な気持ちを投稿しているのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【クイズ】3枚の心霊写真のうち合成されていないものはどれでしょう

嘘かホントか心霊写真。これだけテクノロジーが発達した世の中であっても、心霊特番の人気は尽きない。結局幽霊っているの? いないの? いつだって未知の世界は私たちの心を惹きつけてやまない。

だがしかし、最近のテクノロジーをもってすれば、写真の修正や合成が思いのままなのもまた事実。そこで、一つクイズを出したい。3枚の心霊写真の中で、ガチで撮影されたのはどれでしょうか?

続きを全部読む

【挑戦】吐き気がするほどキモいおっさんの痛車を「東京オートサロン2018」に応募してみた!

どんなことであっても、最初の一歩を踏み出す人は偉い。初めてフグを食べた人しかり、初めて火を使った人しかり、そんな先人たちのチャレンジの上に、今日の我々の生活が成り立っている。

そして、世界広しと言えども「吐き気がするほどキモいおっさんの痛車」を作ったのは、おそらく本サイトが初めてなんじゃないだろうか。伝えたい、この一歩。というわけで、東京オートサロンに「吐き気がするほどキモいおっさんの痛車」を応募してみたぞ!

続きを全部読む

【ネタバレなし】実写映画『銀魂』で原作者の空知先生が選ぶおすすめポイント11選「小栗くんのアゴ芸」「佐藤二朗」

現在、大ヒット公開中の実写映画『銀魂』。小栗旬さんや橋本環奈さんなど豪華キャストのイメージを覆す熱演・怪演っぷりが話題を呼んでおり、アニメ原作としては異例の盛り上がりを見せている。

そんな中、実写版『銀魂』のTwitterアカウントで、原作者である空知英秋先生が選ぶ「おすすめポイント11選」が公開されていたためお伝えしたい。

続きを全部読む

【相思相愛?】ASKAが「CHAGE&ASKA」の復活に言及 / 一方、Chageのニューシングルがこちら

J-POPの黄金期だった90年代。ミリオンヒットが連発し、CD、カラオケなどの音楽ビジネスは最盛期を迎えた。そんな音楽バブルの頂点にいたのが「CHAGE&ASKA」である。だが、人生山あり谷あり

近年のASKAさんは、音楽以外の部分で話題になることが多かった。それだけに、音楽活動を再開した時、ホッとしたファンは多いのではないだろうか。なんとこの度、チャゲアスの復活についてASKAさんがブログで言及している。

続きを全部読む

【最も美しい日本刀】「天下五剣」のひと振り『三日月宗近』を見てきた! 滴るように艶やかな刀剣画像17連発!!

滴るようにキラめく刃、完成された曲線美……日本刀は、武器としてだけではなく美術品としての評価も高い。中でも、天下に名だたる名刀5振りは「天下五剣」と呼ばれている。

お宝中のお宝であり、普段お目にかかる機会もなかなかない天下五剣。なんと、その中で最も美しいと言われる『三日月宗近』が、東京国立博物館で展示されているぞ! というわけで、さっそく見に行ってきた!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】のど越し抜群のそばが “冷やし” にベストマッチ! 真夏のオアシス・西新宿『大橋や』

灼熱の日差しにギラリと光るガラス張りビル群、いつの間にか鳴き始めた蝉の声。じーわじーわ。梅雨どこ行った!!!! アスファルトを叩き割りたくなるほどに夏である。水……水をくれ……。

そんな時、立ち上る陽炎の向こう側にそば屋がゆらめいていることに気づいた。看板に書かれた文字は『大橋や』。西新宿という炎熱地獄にオアシスを見た

続きを全部読む

くら寿司、スシロー、はま寿司の「ミルクレープ」を食べ比べてみた結果 → 半端ないミルクレープを出している店を発見!

今や回転寿司は、寿司だけを食べる場所ではない。コーヒー、うどん、サラダなど、なんでもござれなサイドメニューは、寿司屋という名のファミレスと化している。中でも、最後の締めとして重宝されるのがデザート

というわけで、回転寿司大手のくら寿司、スシロー、はま寿司で「ミルクレープ」を食べ比べてみたところ……なんじゃこりゃあ! とんでもないミルクレープがあったァァァアアア!!

続きを全部読む

【コラム】北海道の一般道で「九死に一生」を得た話

調子に乗りすぎると手痛いしっぺ返しを食らうことがある。これまでの人生で何度となく繰り返し、身に染みているはずの教訓。

だが、やっちまった。やっちまったよ……。パトカーの中で私(中澤)はとても後悔していた。神よ……願わくば、時間を10分巻き戻してくれ。あの時の自分を殴りたいんだ

続きを全部読む

超絶クオリティーの中国アニメ『武塾』にワクワクが止まらない! 飛び交うチョーク、駆け上がる机!! 90秒に見る中国の “今”

パクリ作品・作画崩壊の宝庫と言われる中国アニメ。中国人でさえ「中国のアニメはダメだ」と嘆いているとかいないとか。だがしかし、そんな中国アニメで超絶クオリティーの作品が生まれていることは、以前の記事でもお伝えした通りだ。

つまり、現在の中国アニメは玉石混交。そして芸術において、新しいムーブメントは常にそんなカオスの中から生まれてくる。今回、またしても超絶クオリティーすぎる中国アニメが爆誕したためお伝えしたい。飛び交うチョーク! 駆け上がる机!! たった90秒なのにワクワクが止まらねェーーーー!

続きを全部読む

【夢の競演】メロンパンとあんパンが融合した『メロンあんパン』が激ウマ! あんこから皮まで全てが凶器の最強パンがコレだ!!

あんパンしょくパンカレーパンジャムバタチーズだんだんだん! 『アンパンマン』でもお馴染みのあんパンは菓子パンの中でも最強の存在だ。一方、「中身よりも皮勝負」という異色の作りで不動のヒロインとなっているのがメロンパン。

そんな2つのパンが1つとなった最強の菓子パンを発見したのでお伝えしたい。その名も『メロンあんパン』! 次世代の菓子パンを統べる者である!!

続きを全部読む

【炎上】『沖縄料理は絶望的にマズい』という記事を掲載した雑誌に非難殺到「人間のカス」「確かにマズいが本にして販売するのは違う」

独特の “クセ” がある沖縄料理。そのクセの強さだけに、好き嫌いはわかれるところだが、現在、この沖縄料理をめぐって炎上騒動が起きている。炎上しているのは、とある月刊誌に掲載されている『沖縄料理絶望的にマズい』という記事。

実食して正当な評価を下すと前置きした上で、「韓国料理すら失笑する低レベルっぷり」などなど過激な言葉が並んでいる。これにネットでは非難の声が殺到していた。

続きを全部読む

【爽快】北国限定のコカ・コーラを買いに北海道まで行ってみた!「冷やすと萌える」キン冷えコークがなんまら夏の味!!

湿気をはらんだ風、どこまでも続く雲のベール……憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ。外を歩けば、まるで湿った綿の中を進んでるように、ムワッとした空気がまとわりついてくる。仕事なんてやってられっかーーーーーー

そんな時、北国限定のコカ・コーラがあるという情報をキャッチした。青森・岩手・秋田の北東北3県と北海道でのみ発売されているコカ・コーラは、冷やすととんでもないことが起こるという。これは調査が必要だ! 北海道行ってきまーす!!!

続きを全部読む

【完コピ】実写映画『鋼の錬金術師』でクオリティー高すぎなキャラが発見される / 原作ファン「原作に忠実」「○○がクソ可愛い」

近頃グッと増えたマンガ・アニメ作品の実写化。個人的には、テクノロジーの最先端を表現に駆使するのは大賛成だが、2次元の強固な世界観を表現しきれずファンの反感を買う例は多い。

以前の記事でご紹介したが、実写化キャストのビジュアルが解禁されたダークファンタジー『鋼の錬金術師』にも批判が殺到している。そんな中、唯一完璧にキャラ作りに成功しているキャストが発見されたのでお伝えしたい。完コピすぎィィィイイイ

続きを全部読む

【悲報】実写映画『鋼の錬金術師』、キャスト発表と同時に批判殺到「拒絶反応が…」「まだ声優やアマチュアのコスプレのほうがクオリティ高い」

マンガもアニメも大ヒットを記録した『鋼の錬金術師(ハガレン)』。本作は、19世紀のヨーロッパをモチーフに、旅する錬金術師兄弟エドとアルの絆を描く壮大なダーク・ファンタジーだ。

2017年7月13日、そんな『ハガレン』の実写映画版のメインキャストが発表されたのだが……発表直後から批判が殺到しているのでお伝えしたい。無理めなところにチャレンジしすぎィィィイイイ!

続きを全部読む

【マンガかよ】藤井聡太四段の14歳最後の対局に解説のプロ棋士が絶句!「マジか……」連発で解説になってねェ!!

努力ではどうしても超えられない壁を、まるでそこに壁などないかのように超えていく人たちがいる。そんなズバ抜けた才能を指して、驚きと憧れを込めて我々はこう呼ぶ。「天才」と──。弱冠14歳にして、将棋界の最多連勝記録を打ち立てた藤井聡太四段は、まぎれもなく天才の1人だろう。

そんな藤井四段の14歳最後の対局が凄かった。解説者のプロ棋士たちが「マジか……」「なんでこうなるのかね」と絶句するその様子は完全にマンガ! 主人公すぎる!!

続きを全部読む

【藪からキャット】怪しい藪をつつくと……きゃわわ! マレーシアで「超つついてみたい藪」が発見される!!

いらないことをして災難に会うという意味のことわざである「藪をつついて蛇を出す」、略して「藪蛇」。実際、ついつい突っ込みすぎて藪蛇になった経験がある人は多いのではないだろうか。全くもって藪はヤヴェー

だがしかし、怪しい藪があればつついてみたくなるのが人情だ。そんな本能に負けてかどうかは知らないが、現在、藪をつついて予想外のものが出てきた動画が話題になっている。動画の撮影者が藪をつんつんすると……きゃわわ

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 47