佐藤英典 (Hidenori Satou)

ライター

自称コストパフォーマー。時々さとっしー。元ブラスバンド(トランペット)でバンドマン(ベース)だったのに、自分でも呆れるほどのリズムオンチ。尊敬する人、ザキヤマさん。

「佐藤英典」担当の記事

【超豆知識】ブルゾンちえみの後ろの2人の正式な名前は「with B」ではなく……

現在大ブレイク中の芸人「ブルゾンちえみ」。ネタの一部はパクリではないのか? との噂もあるのだが、実際のところ、そのネタ元とされる本を見てみると、たしかに影響を受けた感じも否めない。

それはさて置き、ブルゾンさんの後ろにいる2人の男性、「with B」について、その名前さえも知らないという人も多いと思う。「with B」とはブルゾンさんの「B」ではない。実はコレ、2人のコンビ名から来ているものなのだ。彼らの名前は……。

続きを全部読む

【レア】なんと鯛めし食べ放題! 虎連坊の1000円ランチはコスパ良好!! 東京・新宿三丁目

いろいろな飲食店を食べ歩いていると、常々思うことがある。それは「ご飯おかわり無料!」についてだ。以前なら価値のあるサービスだったのかもしれないのだが、最近は珍しくない。むしろ、一般化してきているので、大きな看板を掲げてまで、触れ込む必要がないように思う。

それならいっそ、東京・新宿三丁目のお店「虎連坊」のように、鯛めしのおかわりを無料にして欲しい。同じご飯おかわり無料であることに変わりはないのに、とても得した気分になるからだ。

続きを全部読む

【動画あり】どうしてこうなった!? NHKが関西地方向けに放送した『どらむでクッキング♪』が攻めすぎている件

あまたのテレビ番組があるなかで、「料理番組」は需要があるにもかかわらず、もう伸びしろがないように思える。なぜなら、飲食店を紹介するか、レシピを紹介して、その味を伝える。やることはそれだけだからだ。今までのテレビ史においても、斬新な試みはすでにやり尽くされた感がある。

しかし、その料理番組の常識を覆す試みが始まっていた! それも何とNHKでだッ!! 料理番組に新風を吹き込もうとしているのは、関西地方向けにすでに放送された『どらむでクッキング♪』である。料理しながらレシピを紹介しつつ、その横でドラマーがビートを刻むというもの。なんだコレ!? どうしてこうなったーーッ!

続きを全部読む

GUのセルフレジが便利すぎてたまらん! 早くユニクロ・GU全店舗で導入して欲しい!!

週末のユニクロは大抵混雑している。特に主要駅に隣接する店舗では、レジに長蛇の列。気軽な気持ちで買い物に来たはずなのに、買うのに時間がかかってしまって、店を出るころにはぐったりとしてしまうことさえある。

「ファストファッション」のはずなのに、早く買えないじゃないか! ……という不満を抱えている人もいるはず。そんな不満を解消するためか、ユニクロの仲間「GU」ではセルフレジを本格的に導入開始した。実際に使ってみると、会計がめちゃめちゃ早い! これぞファストファッションと言いたくなるほど、手軽に購入できてしまう。コレいいやんけ!

続きを全部読む

【検証】高身長(190センチ)イケメンは何を着ても似合う? ド派手な原宿系スタイルにしてみたら猛烈にカッコ良くなった!

ブサイクは生まれた時からリスクを背負って生きているようなものだ。何をやっても目立たないし、何をやっても怒られるし、何を着ても似合わない。無難に全身ユニクロでそろえるのが精いっぱいである。

では、イケメンならどうなのか? しかも高身長なら、何を着ても似合うのだろうか? そこで身長189センチで細身のイケメンにお願いして、色彩感覚の狂った原宿系スタイルに挑戦してもらった。そうしたところ……、可愛らしさはないけど、めちゃくちゃカッコよくなっとるやないか! 高身長イケメンは何着ても似合うのは本当だった!!

続きを全部読む

全国の地元めしが集結する食フェス「クオーゼイ in 日比谷公園」に行ってみた! もっともコスパの高い商品はコレッ!!

春だ! 祭りだ! 食フェスだ! ということで、東京・新宿ではシュラスコの祭典「新宿サンバ・シュラスコフェス2017」が始まっている。実は同じく東京の日比谷公園でも、食に関するイベントがスタートした。こちらは地元めしに特化したイベント「第4回! 地元めしフェス “クオーゼイ” in日比谷」である。

名前がカッコ悪いのだが、このイベントは北は北海道から南は沖縄まで、地元で愛されるめしを一同に会した催し。開催初日の2017年4月6日に会場の日比谷公園に行ってみた!

続きを全部読む

【浪漫食堂】カレー南ばん発祥の店「朝松庵」で南ばんそばをすすりながら、発案者の苦労に思いを馳せる

そば屋の定番のひとつに、「カレー南ばん」がある。定番メニューでありながら、それがいつどこで生み出されたのか、そのルーツを知る人は少ないだろう。諸説あるのだが、その起源の1つとされるお店が東京・中目黒の「朝松庵」である。

このお店の2代目が研究を重ね、そば・うどんに合うカレーを作り上げ、現在に至るまでの80年以上、一子相伝でその味を守り続けているそうだ。世にカレー南ばんが広まったのは、このお店の苦労によるものなのだとか。

続きを全部読む

【マッスル検証】オッサンが4カ月真剣にポールダンスに挑戦した結果! 順調に細マッチョになっていくと思ったら……

2016年末からポールダンスのレッスンを受け始めた私(佐藤)。早いもので、4月を迎えて4カ月が経過した。最初の3カ月は目に見えて変化し続けてきたのだが、ここへきて急に変化に乏しくなってきてしまった……。

どうやら週1回のレッスンに身体が慣れてきてしまったらしい。この3カ月間の身体の様子を比較してみると、変わっていないのでは……。

続きを全部読む

【天国】3600個の「からあげクン」を食べ尽くすイベントが神すぎた! 12体の “からあげクン” 登場に来場者大興奮ッ!!

もしもこの世に天国があるとすれば、それは好きなものを好きなだけ食べられる場所である。ローソンの人気ホットスナック「からあげクン」が食べ放題だったとしたならば、きっと多くの人にとってそこは天国であり得るだろう。

そんな天国イベントが、東京・渋谷で開催された! 実は4月15日は「からあげクン誕生日」に正式に認定されたのである。それを祝して2017年4月3日に『おめでとう! ありがとう! ローソンからあげクンお誕生日会!』が行われたのである。

続きを全部読む

【カンフー速報】香港映画界の大スター! サモ・ハン・キンポーがTOKYO MX『5時に夢中!』に出演するぞ~ッ!!

香港映画のレジェンドといえば、サモ・ハン・キンポーである! ジャッキー・チェンもユン・ピョウももちろん偉大だが、サモ・ハンなくして、香港映画は語れないだろう。

2017年4月6日には、監督・主演を務める『おじいちゃんはデブゴン』の舞台挨拶のために、新宿武蔵野館にやってくるという。それに先立って、TOKYO MXの「5時に夢中!」に出演するというのだ!! 世界のサモ・ハンが「5時に夢中!」に出演するなんて……マジかよッ!

続きを全部読む

今年度の新入社員は「ポケモンGO」型? 過去のタイプを確認したら、何でもアリの “カオス” だった!

公益財団法人日本生産性本部が発表したところによると、今年2017年の新入社員は「キャラクター捕獲ゲーム型」なのだとか。つまり、2016年夏にリリースされた「ポケモンGO」型であるという。

何をもってそんなことを言っているのか、よくわからないのだが、この組織が過去に発表した新入社員の分析を見ると……これは何でもアリやな……。

続きを全部読む

【衝撃】赤いきつね・緑のたぬきの「仕送りボタン」で商品が1年分届いたらこうなる! 足の踏み場もなくなる勢いで笑った

都会のひとり暮らしは寂しいものだ。実家から離れ、夢を追う人にとっては、なおのこと寂しさが募る。せめて家族の温もりを感じることができれば……。これから就職で都会に出て行く新社会人は財布の中身も寂しく、どこかで心細さを感じているかもしれない。そんな人たちに朗報だ!

東洋水産は、ボタンひとつで「赤いきつね」または「緑のたぬき」が365日、いつでも届く仕送り代行キャンペーンを開始するぞ~! 1回につき1箱(12個入り)、最大30回仕送り可能!! つまり、360個もの赤いきつね・緑のたぬきが届くことになる。一体どんな感じになるのか、たしかめてみたぞ!

続きを全部読む

【豆知識】ドラえもんの「どら焼き」のモデルになった商品を売る店『時屋』の特大どら焼きがデカすぎるッ!!

ドラえもんの大好物といえば、どら焼きである。そのどら焼きのモデルになった商品を販売するお店が、東京・新宿にある。小田急ハルク1階の甘味処「時屋」だ。

ここには、途方もないデカさの商品が存在する。その名も「特大どら焼き」(2750円)。実際に購入してみたところ、顔が大きいと言われる編集長GO羽鳥の顔よりデカかった!!

続きを全部読む

【フレッシュマンに忠告】入った会社がイヤならすぐに辞めればいい / もっと厳しい現実が待ってるから

今日から新年度、新入社員の皆さんは期待と不安に胸を躍らせていることだろう。こんなことをお伝えするのも、アレなんだが、考えているほど社会は甘くない。無力感に苛まれることもあるだろうし、「なんでそんなことを言われないといけないのか?」と憤ることもあるだろう。

イヤになることばっかりかもしれない。耐えられないと思うことだってあるだろう。そう感じたら、すぐにそんな会社は辞めてしまえばいいと思う。ただし、会社で感じた憤りや理不尽を超える厳しい現実が待っているから……。

続きを全部読む

【頭の体操クイズ】マッチ棒でできた「10」から1本動かして “1” にしなさい

春なのになかなか暖かくならなくて、何を着て良いのか迷ってしまう今日この頃。みんな、元気にやってるか! 風邪なんかひいてないか! とりあえず、クイズをやっておこう。頭を使えば気が紛れるはず。悩みも吹っ飛ぶかもしれないぞ~!

ということで、さっそく問題です。マッチ棒でできた「10」から1本動かして “1” にしなさい!!

続きを全部読む

【画像多数】人間椅子がツアーファイナル(赤坂ブリッツ)で宣言「次はさらに大きいところでやります!」

自分の好きなアーティストの曲を初めて聞いた時のことを覚えているだろうか? 耳にしたその瞬間に、雷に撃たれたような衝撃を受け、歌詞やフレーズが頭から離れなくなる。誰でも一度はそんな経験をしたことがあるのかもしれない。私(佐藤)もロックバンド「人間椅子」の曲を初めて聞いた時に、度肝を抜かれたことを鮮明に記憶している。

そんな人間椅子の約30年の活動を辿るようなライブが行われた。2017年3月25日、「ライブ盤リリース記念ワンマンツアー『威風堂々』」のツアーファイナルである。超満員の赤坂ブリッツで、レア曲を連発してファンを魅了したのである。

続きを全部読む

【想像を超えた未来】俺の知らない間に、空気清浄機は歩き始めていた……

1973年生まれの私(佐藤)にとって、21世紀は遠い未来のはずだった。子どものころに思い描いていた未来には、『ドラえもん』のようなロボットが人間の生活を助けてくれるものと信じ、『スターウォーズ』の世界のように、宇宙へ簡単に行けるものとばかり思っていた。しかし実際の21世紀はそうではない。

せいぜい、お掃除ロボットが床掃除をするのがやっとで、ソフトバンクの「Pepper」は話相手になるのがやっとだ。そんななか、意外すぎるモノが歩行を始めていた。それは、空気清浄機である……。そこに未来が来たのか……。

続きを全部読む

【エイプリルフール】 地味だがジワジワ来る! 西武新宿線・野方駅周辺のお店の「ジョーク貼り紙」が今年も来た!!

今日4月1日は「エイプリルフール」。ネット上では有名企業が手間と時間とお金をかけて、結構大がかりなことをやっている。それはそれで面白いんだけど、手作り感のあるかわいいジョークがあっても良いのではないか? と思ってしまう。

かわいいウソでホッコリするのも、エイプリルフールの醍醐味。それを味わうことができるのが、西武新宿線野方駅周辺である。駅周辺の店舗には、ジョーク貼り紙が掲示されており、それを見るとメッチャ和む! これ、ジョークになってんのか? と思うものまで含めて、心が和むのだ。

続きを全部読む

シズル感がハンパない! 肉バル『Salt』のSBPボウルは食べるのが惜しいほどフォトジェニックッ!! 東京・中目黒

「シズル感」という言葉がある。これは英語の「sizzle」(肉などを焼くときのジューという擬音)が元であり、それが転じて、購買欲や食欲を刺激するという意味の言葉として、用いられるようになった。

言葉だけだと何のことなのかわからないのだが、「こういうの!」と言われたらわかるはず。たとえば、東京・中目黒にある肉バル『Salt』のレアステーキ丼「SBPボウル」を見れば、シズル感がわかるはずだ。これはシズってる! シズりまくってるッ!!

続きを全部読む

【悲報】「プレミアムフライデー離れ」深刻化! 15時に帰れない人相次ぐ / 企業の呼びかけむなしく歯止めかからず

月の最終金曜日といえば、「プレミアムフライデー」である。今さら説明するまでもないことだが、政府と経済界が提唱し、最終金曜日は15時に帰ろうという働きかけだ。

すでに一般に浸透しているはずの取り組みなのだが、驚いたことに15時に帰れない人がいるという。しかも、企業が呼びかけているにもかかわらず、ネット上の声を見ると15時に帰ることを断念する人が後を絶たないようだ。これは……いわゆる「プレミアムフライデー離れ」が、深刻化の一途をたどっていると言えるだろう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 158