親子といっても、「母親と息子」と「父親と娘」は異性ということもあり、「母親と娘」と「父親と息子」とは微妙に関係性が変わってくるように思う。

特に父親は、かわいい娘がワルい男にもて遊ばれでもしたら、何をするか分からない……といった感じになってしまうかもしれない。そんな父親の気持ちを、あるパパが「俺の娘とデートするためのルール」と題して、世界中の男子に宛ててSNSで発信! その内容がカッチョ良すぎるので紹介したいと思う。

・父親が綴った「俺の娘とデートするためのルール」


世界中の男子に宛てた「俺の娘とデートするためのルール」を、自身の Facebook ページに投稿して話題を呼んでいるのは、J・ウォーレン・ウェルチさんという男性だ。

プロフィール写真を見ると、グラサンをかけてワイルドな髭を生やした彼は、かなりコワモテな印象……。しかも、正義の味方であるアメコミ・ヒーロー『キャプテン・アメリカ』のTシャツを着ているのもあり、彼の娘さんに手を出そうものなら、なんだかコワいことをされそうな気がしなくもない。

・パパが掲げるルールがカッチョ良すぎ

さて、かなり硬派な見た目のJさんは、「俺の娘とデートするためのルール」に一体どんな条件を掲げているのだろうか!? 

「娘のルールが何なのか、本人に聞いてくれ。父親の過保護が必要な娘を育てた覚えはない。娘がデート相手からリスペクトを持って扱われるようにと、威厳を振りかざすことはない。娘を尊重してくれ。そうしなかったとしたら、娘は俺の助けなんかなくても、アンタが特別な男じゃないと見切るだろうよ」

と綴っているのである。カッチョ良すぎ~!

・父と娘の信頼関係が分かるメッセージが美しい!

娘が「daughters」と複数形になっていて、Jさんは Facebook にオリジナルの詩や格言などを投稿していることもあり、おそらく自分の娘だけではなく、世界中の父親を代弁した言葉でもあると思われる。

要は、こまごまとしたルールを挙げなくとも、自分なりのルールをもとに相手を選べる娘は、変な男には引っ掛からないだろう……と、娘に絶大な信頼を置いているのだ。父と娘の絆が深く、お互いに信頼し合っていることがよ~く分かる、なんとも素敵なメッセージではないだろうか。

つい親は、子供が何歳になっても心配したり過保護になったりしがちだが、「ここぞ!」という時こそ信頼して、全ての判断を子供に任せることも大切なのかもしれない。

参照元:Facebook @J. Warren Welch
執筆:Nekolas

▼Jさんが綴った「俺の娘とデートするためのルール」はこちら