2017年9月6日に観測された太陽フレア。毎日新聞によると爆発規模は最大級の「Xクラス」とのこと。人体に影響はないものの、過去には人工衛星の故障や大規模停電、GPSの誤差が大きくなるといった被害があったという。

さらに太陽フレアの発生によって注目されているのがオーロラだ。中でも日本では「北海道で見える可能性がある」と言われていた。ふふふのふ……。そう!

筆者が住んでいるのは北海道! もしかしたら見えるかも!! ……とワクワクしていた昨日9月8日だったが、いくら空を見上げても、オーロラのオの字も見えなかった

・何度も空を見上げた

筆者は今朝、胸を躍らせながら目を覚ました。なぜなら先述の通り、今住んでいる北海道でオーロラが見られるかもしれないというニュースが、前日から飛び交っていたからだ。そして、何度も外に出て空を見上げてみたところ……

ない! ないのだ! 四方八方どこを見渡してもオーロラが見えないのだ!! しかもこの日の北海道は、オーロラよりも蜃気楼が見えるんじゃないかってくらいの快晴。結局、まだ明るい日中は、大地の上に広がる青い空を眺めただけに終わった。

でもまあ、昼間だし。やっぱり本番は夜だろ……と、ニヤニヤしながら日没を待った。

そして夜が訪れ、真っ暗闇の中、外に出て空を見上げてみると……

ないよ! やっぱり、ない! オーロラはどこにもない!! 私の瞳に映ったものは、名作マンガ『星の瞳のシルエット』ならぬ、黒い木々のシルエットだけだった。

まだ明日の夜もオーロラが見える可能性はあるらしいが……果たして本当なのだろうか? そう疑いながらも、きっと筆者は明日も見上げることだろう。この広い北海道の大地の上に広がる大空を。何度も。何度も。

参考リンク:毎日新聞
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

オーロラの気配が全く見えない

A post shared by K.ナガハシ (@kei.nagahashi) on

オーロラのオの字もありません

A post shared by K.ナガハシ (@kei.nagahashi) on