用事がない限り、ナカナカ足を運ばないであろう庁舎。奈良県庁は観光地のど真ん中に建物があり、普段から屋上を一般開放したりしている。そして2017年9月1日、庁舎食堂がリニューアルして職員以外も利用できるようになった。

さっそく記者も足を運んでみたが、ワンコイン中心のお手頃価格メニューがずらり。タイミングが良ければ、大和ポークなどを使ったスペシャルランチも提供されるとのこと。そしてなにより嬉しいのは、景色が最高なところ! 奈良公園を一望できて、とっても気持ちが良いぞ。

・とにかく景色が良すぎる

奈良県庁の食堂は以前より一般の人も利用できたのだが、改修工事のため2014年から閉鎖されていた。リニューアルオープンに伴い食堂の面積が広くなり、眺めが良くなったそうだ。なるほど、ガラス窓が広く取られていて、その景色が良く見えるつくりになっている。記者が利用した時は、あいにくの天気だったが……。

しかし逆に言えば、そんな状況でさえ眺望の良さを感じることができたので、晴れていればかなりの絶景スポットであることは間違いない。興福寺境内をはじめ、奈良公園が一望できるので、奈良観光の途中で立ち寄るのもオススメだ。

・米や野菜は奈良県産

さて、気になるランチメニューを紹介しよう。記者は日替わりメニュー(税込520円)を注文。日替わりは毎日、数種類用意されており、その中から選ぶことができる。この日は豚の角煮・甘海老クリームコロッケ・白身魚のムニエルバター醤油ソースの3種。記者は甘えびのクリームコロッケを選択だ。

ちなみに米や野菜の多くは奈良県産を使用している。あまり知られていないかもしれないが、奈良は野菜が美味しいのだ。また、日替わりメニューにはメインのほか小鉢もついており、これで520円は満足である。コロッケもえびの旨味が詰まっていて、食べ応え十分だった。

リニューアルを記念し、奈良県庁の食堂ではオープン記念メニューなどもしばらく提供されるようだ。時期は未定だが、冒頭に書いたように今後は大和ポークなどを使った少し豪華目のランチも展開されるとのこと。奈良に訪れた際には一度、足を運んでみてはいかがだろうか。一味違う奈良を楽しむことができるかもしれないぞ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 奈良県庁 庁舎6階食堂
住所 奈良県奈良市登大路町30
時間 11:00〜14:30(L/O14:00)
定休日 閉庁日

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼食堂は食券制です

▼日替わり定食のほか、麺類や特別メニューなども充実

▼とにかく景色が最高

▼甘えびクリームコロッケを食べてみた

▼お米は奈良県産

▼小鉢類に使用されている野菜も奈良県産

▼食堂は奈良県庁の6階です