2017年8月末に米テキサス州を直撃して、甚大な被害をもたらした大型ハリケーン「ハービー」。大洪水が発生したため、ハリケーンが去った後も、自宅に戻れずに立ち往生する人々が後を絶たないようだ。

そんななか、自宅の様子を見に戻ったある地域住民があり得ない珍客と遭遇! リビングルームに巨大なワニを発見し、ビックリ仰天したニュースが話題になっているので紹介したいと思う。

・自宅に戻ったらリビングに巨大なワニが!

英ニュースサイト『Mail Online』によると、米テキサス州ハンブルに住むブライアン・フォスターさんが自宅に戻ると、なんということか、リビングルームに9フィート(約2.7メートル)もの大きさのワニがいるのを発見したという。

その様子を撮影した画像を見ると、テーブルの下にジっとしているワニが写っていて、まさかの珍客に誰でも相当ビビってしまうのではないかと思う。

・野生保護局に救出されて野生へ返されることに


ワニは、ブライアンさんが現れても攻撃姿勢にはならなかったようだが、そのまま放置しておく訳にもいかずに警察に通報。ほどなくして到着した野生動物保護局の職員が、噛みつかないようにワニの口をダクトテープで巻いて外に運び出し、待機していたバンに収容されたとのこと。

巨大なワニを担ぐのに男性4人が必要だったそうで、保護されたワニは再び野生に戻される予定だという。

・自宅で野生動物と遭遇する可能性は大いにアリ

リビングにお邪魔していたワニは、生息地から洪水で流され、水圧で開いたドアや崩れた壁から家に入り込んだのではないかと見られている。ブライアンさんのように、ハリケーンで被害を受けた自宅で危険な野生動物と遭遇するケースは少なくないと考えられ、当局は地域住民に注意を促している。

ハリケーンで自宅が大きな被害をこうむっただけでも大変なのに、ワニに襲われでもしたら「泣きっ面に蜂」どころではない。ひとまず、ブライアンさんに危害が及ばずに何よりであった。

参照元:Facebook @Harris County Constable Precinct 4Mail Online(英語)
執筆:Nekolas