2017年8月30日、台北で幕を閉じた “学生のオリンピック” こと「ユニバーシアード夏季大会」。終わってみれば日本は金メダル獲得数が37個と、国別でトップに! メダル総数でも1位となり、若き選手たちの活躍に東京五輪への期待が高まっている。

日本の強さを世界にアピールした形となったが、別方面でも日本人選手が注目されている。なんと男子サッカー代表が、選手村近くの公園を自主的に掃除していたのだ! その行動もさながら、理由も素晴らしいと台湾で感動を呼んでいる。

・台湾で若者が公園を清掃 → サッカー日本代表だった!

8月29日早朝のこと。新北市にある選手村近くの公園で、ほうきやゴミ袋を持った青年たちが掃除している姿が目撃された。「清掃業者かな」と思った人もいたようだが、青年の背中に書かれていたのは「JAPAN」の文字。日本の男子サッカー代表だったのである!

彼らは、誰に頼まれたわけでもなく自主的に清掃していたのだ。すると、地元議員の蔡淑君氏のもとに住民らから「彼らにお礼を伝えてほしい!」と電話が殺到。午後に蔡市議らが選手村を訪問し、詳細をFacebookで公開したことで、大きな話題となった。

・理由も感動的だと話題

台湾メディア「ET Today」や「AppleDaily」によると、発起人は旗手怜央(はたで・れお)選手だそう。公園を散歩していたところ、ゴミをポイ捨てする人がいることに気がついたという。なかにはユニバ出場の選手もいたもよう。すぐに公園の清掃スタッフが対応するものの、その様子を見て何かできないかと掃除することを思いついたというのだ。

旗手選手は掃除の理由を「公園は子供が遊ぶ場所だから、キレイにしないといけないと思った」と話しているといい、そのシンプルかつ温かい思いが、再び感動を呼んでいる。

この報道に、台湾ネットユーザーからは

「感動した……!」
「地元だ! なんだか申し訳ない。でもありがとう!」
「なんという民度の高さ」
「国民の素養と教養の高さが出てるよなぁ」
「頭が下がるわ」
「朝見たとき、業者だと思っていた。サッカー日本代表だったなんて!!」
「台湾人も見習わなきゃ。ありがとうニッポン」
「これが真の外交だよね」
「試合も頑張って! 応援してます!!」

などの声が寄せられている。

また、蔡議員も

「日本チームの行動に多くの台湾人が心を動かされました。彼らの温かな行いを日本の皆さんにも知ってほしいと思います」

とコメントしている。

・試合も勝利! 金メダルに輝く

そんなサッカー日本代表は試合でも大活躍! この日の夜に行われた決勝戦でフランスを撃破し、見事優勝に輝いたのだ。決勝当日のことだったのか!! まさにフィールド内でも外でも金メダルの活躍だ。そんな彼らが、日本サッカー界をになっていくと思うと……ワクワクがとまらないというものである。

参照元:FacebookET TodayAppleDaily台湾(中国語)、時事ドットコム
執筆:沢井メグ

▼旗手選手、日本代表の姿に気がついたネットユーザーが撮影、公園の公式Facebookに寄せたという


▼ニュース動画