世界で有名な日本人といえば? 何人か名前は挙がるが、スタジオジブリの宮崎駿監督を外すことはできないだろう。先日、そんな監督が “最後の最後となる長編アニメの制作” を発表、スタッフ募集に海外から応募が殺到したのだとか。

それはさておき──

中国では「巨匠・宮崎グズオ」が発見されていた。

・巨匠「宮崎グズオ」

「宮崎グズオ」が発見されたのは、上海市の古北・水城路エリアである。このエリアの名を聞いてピンと来た人もいるはず。海賊版DVDだ。買うのも、日本に持ち帰るのもダメなアレである。

わりとシッカリしたDVDの箱には、私たちがよく知っている宮崎駿監督がプリントされている。白髪、優しさと厳しさを秘めた瞳、そしてお馴染みのエプロン姿。誰がどう見ても宮崎駿監督である。

だがしかし!! そこに印字されている日本語は「宮崎グズオ」! 繰り返す、「宮崎グズオ」!! 

中国語では「宫崎駿」と印字されているのに対し、日本語の方は「宮﨑グズオ」。わざわざ氏名の本来の表記である「立」の方の「﨑」の字を使う気のつかいようなのに「グズオ」。「駿」のままでよかったのに、なぜ……?

・偶然か、必然か

中国で間違った日本語表記を見たことがある人も多いだろう。有名なところでいうと「ン」「ソ」「る」「ゐ」に置き換わっているなどだ。たいていの文字の間違いは「“日本語がわからない=文字の見分けがつかない人” が間違っちゃったんだろうな」と納得できる。

しかし、グズオは「オ」だけあっているものの、「グ」は「ハ」と似ても似つかないし、「ヤ」と「ズ」だってかすりもしていない。だったら……もしかして中国では「グズオ」と呼ばれている!? 中国人に聞いてみたところ

「聞いたこともない。宫崎骏(ゴンチー・ジュン)って普通に中国語読みするだけよ」

とのことであった。

偶然か。わざとか。一瞬、「本物を完コピするのはさすがにマズイので、ちょっと変えて言い逃れしようとしている説」も頭をよぎったが、それも不自然だ。

どんな意図があったのかは不明だが、「グズ」という聞き覚えがあり、かつパワーがある文字に収まるとは。このDVDを作った者よ、お前の存在には薄々気づいていた……お前はいったい何者だ。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼宮崎グズオ。ブルーレイと書いているがDVD

▼どうやら日本で発売された複数のDVDを勝手に1つにまとめたもののよう。「○in1」スタイルだ


▼わざわざ中国では使わない「立」の「﨑」の字を使う気のつかいようなのに、なぜ「グズオ」なのか

▼中国から写真のみを送ってもらったため、中身の確認はできなかった。なおコピー商品の日本への持ち込みは違法。ダメだからね!